ドリームの気まま日記−高知ブログ−

高知のドリーム不動産のオヤジ、ドリームの高知ブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ等、高知の情報を気ままにご紹介

炭火やきとり 弐階屋(にかいや)オープン!

2015-05-22 | お客様ご紹介

はりまや橋商店街に、炭火やきとり 弐階屋 オープン!

一般的な焼き鳥の店ではなく、関東風の表現でヤキトンの店です。

 

珍しい木造アーケード街。

 

人気の横浜家系ラーメンとさの家の弐階です。

 

 

オープンに乾杯〜!

 

コアなサッポロファンの店主は、サッポロしか置いておりません。

高知におけるサッポロの営業力は、同業他社と比較すれば脆弱。

バイクレースに例えれば、予選落ちや周回遅れのレベル。

それでも、マイノリティーながらもコアなファンに支持されているとは、

なんともシアワセなメーカーですね。

イイ製品造ってるのになぁ・・・

 

お通しのキャベツ。

胡麻風味のタレとの相性がイイ。

 

真っ当な炭で焼きます。

 

店主は北九州で修行を積まれての開業。

塩焼きの塩は、複数の塩と香辛料そして胡麻で構成されております。

それを丁寧にすり鉢で擂って仕上げるという、手間隙かかったブツです。 

 

豚バラ。

 

 上質な四万十ポークは臭みが無く、脂身の旨味と甘味と深いコクが官能的。

 

手羽先。

 

つくね。

こちらはタレ焼きです。

 

ここで、サッポロラガー(通称赤ラベル)にチェンジ。

なんとも希少なビールですね。

 

 アスパラベーコン。

 

白軟骨。

 

海老。

 

豚足。

下茹でしたのを焼き、タレと柚子胡椒で頂きます。

関節のコリコリ、腱のトロトロ、皮のパリパリ、絶妙のハーモニー。

ちょいと酸味のあるタレが秀逸で、柚子胡椒の風味がダメ押しです。

 

なんとなく昭和の風情漂う、オヤジにやさしい店です。

 

炭火やきとり 弐階屋

所在:高知市はりまや町1-4-22
電話:088-856-6616
地図

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

  

 

コメント

フェニックスバーガー 開業10周年

2015-05-18 | お客様ご紹介

この日のランチは、高知地裁前のフェニックスバーガーに決定。

早いものでもう10年経ったとは、店主と二人で苦笑い・・・

 

火の鳥フェニックス君?が、お出迎え。

 

ちょいとアメカジ風の店内。

 

ハンバーガーの絵たちがカワイイ。

 

 

 

手造りベーコンが素晴らしいので、ベーコンバーガーに心惹かれましたが、

スタンダードのハンバーガーにしました。

 

 

バンズがバゲットタイプに変更となりました。

小麦と塩のみでシンプルな、食感の良いバゲットはオヤジの好みゆえありがたし。

 

ビーフ100パーセントのパティ。

散りばめられた粗びきがアクセントとなり、肉の滋味を堪能できます。

外はパリパリ中はしっとりのバンズ、シャキシャキ野菜、旨味たっぷりのパティ、ピクルスが効いた秀逸なソース。

そして邪魔をしないスープとコールスロー。

うむむ、店主の情熱が込められた集大成ですね。

 

ハンバーグランチ、ハンバーグ カレーライスも気になりました・・・

  

フェニックスバーガー

所在:高知市本町5-2-13-1F
電話:088-877-8657
地図

 

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

  

 

コメント (4)

スーパーカブ110 クロスカブ 其の五

2015-05-15 | スーパーカブ110 クロスカブ

新参のクロスカブ、お初の遠出です。

図らずも?スーパーカブ110と2台のカブ主となりました。

右脚の負傷でサイクリングができないので、カブ三昧です。

 

仁淀川沿いに国道194号を北上します。

 

633美(むささび)の里にて昼食。

 

お目当てのツガニ蕎麦が午後1時過ぎなのに完売。その他のツガニ関連も全て完売。

ツガニ目当てだったので、なんとも無念・・・

なんだか腑抜けて、かけ蕎麦にしました。

 

なかなかのボリュームです。

 

景観良き川を眺めながら、ひたすら北上します。

 

 

ずいぶん山深くなってきました。

 

この分岐を東に入り、県道17号で大川村、早明浦ダムへ向かいます。

 

 

コンクリートの擁壁よりも、少しは柔らかな風情です。

 

道路幅の狭い山間コースなのに、50キロ制限とは心地良し。

 

時々カブから降りて眺める風景に癒されます。

 

水と光と風、野暮なオヤジでも心に何かを感じます・・・

 

 

道すがら、良き風景に出会えるので山深いルートは堪えられません。

 

本山町への分岐、いつかは左折して別子ダム方面へも行ってみたいものです。

 

吉野川沿いに心地よくコーナーが続くコースを進みます。

 

 

早朝浦ダム到着。

 

晩春の穏やかなダム湖畔。

 

ダムより本山町の中心部を望みます。

 

大豊町より国道32号経由で南国市の、道の駅 南国風良里。

ここまで来れば帰ったも同じ。

退屈なナラシ運転はまだまだ続くがじゃった・・・

 

走行距離:149キロ 

 

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

コメント

高知では稀少なインド料理店「マサラ百石店」にてランチ

2015-05-12 | お客様ご紹介

近頃は、ランチで和食が続いておりました。

たまには、ガツンとくるカレーにしました。

 

店内はゾウさんだらけです。

 

 

チキンカレーBセット。

ナンも美味しくて悩むとこですが、ライスにしました。

ここのライスはハイレベル。

 

バイオレンスな辛さは望まず、穏やかに2辛です。

オヤジにはこのあたりの辛さが、美味しさもよ〜く味わえます。

 

当たり前なのでしょうが、厨房のタンドールで焼かれた、真っ当なタンドリーチキン。

流石に専門店ならではの風味ですね。

 

深いコクと食欲そそるスパイスの香りにて、完食です。

食後は、なんだか元気になった気分になります。

暑くなっても、時々活を入れに来るとしましょう。

 

インド料理 レストラン マサラ百石店

所在:高知市百石町2-34-14 コーポマリーゴールド1F
電話:088-832-6393
地図

 

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

 

コメント

スーパーカブ110 クロスカブ 其の四

2015-05-08 | スーパーカブ110 クロスカブ

クロスカブ納車しました。 

レッドとイエローというポップなカラーしかありませんでしたが、今年になってグレーが追加されました。

シブいか地味かは微妙でしょうが、オヤジにはお似合いのカラーでしょ。

 

病気のため乗ることができなくなった父より譲り受けた、スーパーカブ110。

父の体調が回復すれば返還することにしました。

そして、そうあって欲しいと願っております。

 

棚ボタ株(カブ)主でしたが、これで真っ当な株主になれました。

しかし・・・こんなにカブにハマるとは思ってもおりませんでした・・・

 

スーパーカブとの違いを、あれこれと見受けます。 

もし、間違っていてもご勘弁です。

 

ライト及びハンドル周りが、すっかり別物。

 

フロントブレーキのロック機構。

使うことは、まず無いでしょうね。

 

前後のサスペンションも違っており、こちらがサスストロークが長い。

 

シートは、スーパーカブのブツよりも厚くてコシがあります。

74キロの体重にはこちらがシックリきます。 

 

フロントとリアのウィンカーの形状が異なり、いびつ・・・

 

リアドラムブレーキが、こちらが大きい。

8キロ程重いからでしょうか?

 

タイヤはサイズもブロックパターンも異なっております。

クロスカブでは林道(未舗装路)を探索するつもりですが、このタイヤでこなせるかなぁ?

 

右脚の低温火傷がなかなか治らず、完治までまだ2ヶ月はかかりそう。

ロードレーサーはうっすらと埃を被っております。

しばらくは彼女(カブ)達に遊んでもらうことだけしか、楽しみがなくなりました。

 

さてさて、また退屈なナラシ運転が待っております。

野点袋ラーメン?でも造りに、景色の良いとこへ出かけるとしましょう。


☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

 

コメント (4)