ドリームの気まま日記−高知ブログ−

高知のドリーム不動産のオヤジ、ドリームの高知ブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ等、高知の情報を気ままにご紹介

路傍酒場 玄〜KURO オープン!

2016-05-26 | お客様ご紹介

追手筋のHUMPビル2階に「路傍酒場 玄〜KURO」オープン!

 

オープンに乾杯!

オーナーは、土佐備長炭窯元 炭玄  の代表者 黒岩氏です。

 

お通し。

焼魚のオリーブオイル漬、南蛮漬、筍辛子酢味噌、振り出しから楽しいですね。

 

ポテトサラダ。

卵好きのオヤジには、添えられたゆで卵とジュレが嬉しいなぁ。

 

珍味ピータン。

 

魚盛り合わせ。

右から、金目鯛、笛吹鯛、鰹、鰆。

 

笛吹鯛はお初でしたが、上品な風味でハマりました。

 

揚げ豆腐。

絶妙の揚げ加減。

 

金目鯛の西京焼。

脂の乗った金目に、香ばしい味噌が良きハーモニー。

それぞれの料理はレベル高く、ビールが進みます。

 

 路傍酒場 玄〜KURO 

所在:高知市追手筋1-10-5 HUMPビル2F
電話:080-5662-6317
地図

☆ポチして頂ければ感謝、感謝です☆ 

         


  

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知のサイクリング ポタリング74

2016-05-23 | サイクリング

9時にサンピア集合。

自宅出発直前にタイヤトラブルで遅刻しちゃって、ゴメン。

この日はTANとサシでのポタリング。

 

この日のテーマはTANが未経験なので、香北町猪野々の「猪野々商店で、ニラ入りやきそば」です。

あとスイーツは道中決めようと、出たとこ勝負。

オヤジ二人がマジな顔して「スイーツはあの店どう」?な〜んて会話で進みます。

 

穏やかな土佐山田町の大法寺地区。

ルートラボに載ってないので、今回はルート図は載せることができません。

 

お馴染みの高架下にて休憩。

とてもまったりと、くつろげるのですが・・・

 

列車通過時は、どえらい騒音でビビります。

 

県道218号沿いの、土佐山田町の佐岡コミュニティーセンター。

やっこねぎ飛ばし大会開催中。

 

のどかなダム湖を眺めつつ、バカ話でちんたら進みます。

 

 

物部川北岸の県道218号から、南岸の国道195号に一旦移動。

 

理由はこれなんです。

復旧はしばらく先のことでしょう。

 

香北町猪野々地区に到着。

吉井勇記念館、前回は歌人のお勉強をしました。

 

 

猪野々商店。

 

オーナーは高知市から移住されて10年。

地区の方々の人情が良く住みやすいそうです。

近隣には10組程の移住者がいらっしゃるとは、驚きました。

吉井勇が惚れたのも、なんとなく理解できますね。

 

ニラ入りやきそば、ソース味。(塩味もあります)

大量のニラが投入されております。

ニラの風味に天かすのコクが絡み、紅ショウガが良きアクセント。

青海苔じゃないとこが業師だなぁ。

お初のTANもイタく気に入ったので、誘って良かった。

 

新明賀橋からの眺望、左が猪野々地区。 

 

ここも土砂崩れ。

こんなにのどかで良き風情の地区に災害多発とは、天災は無情。

 

国道195号に出て帰るとします。

 

慎重な協議?の末、アンパンマンミュージアムの「韮生の里食堂」のソフトクリームに決定。 

 

長い協議をしてソフトクリームに至ったというのに、TANは「ソフト飽きたき別にする〜」。

急きょオヤジ二人がスイーツ探し・・・

 

リンゴジャムのパンに決定。

ジャムとレーズンの相性が良く、生地も旨し。

今や、オヤジはスイーツが外せませぬ・・・

 

TANの勧めで、県道385号(香北野市線)に乗っかります。

オヤジはお初のコースです。

 

幅員は広く、車は少なくて走りやすい。

 

ピーク直前にカフェ。

満腹なので寄りませんでしたが、予約制なのかな?

 

テクニカルに造られた棚田を眺めつつ下ります。

 

道すがら紫陽花を発見。

艶やかで魅力的な花ですが、雨をまとうと更に艶やかになるんです。

でも、梅雨は大嫌いなんです。

 

なかなかに良きポタリングルートでした。

 

龍河洞に出てきました。

この後、鏡公園で大休止して帰りました。

そして夜はポタリングの醍醐味、打ち上げ!

焼肉店にて開催、生ビールが殊更に旨し。

走行距離:83キロ

☆ポチして頂ければ感謝、感謝です☆ 

         


  

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知のサイクリング ポタリング73

2016-05-20 | サイクリング

 

この日はとらちゃんとサシで、郷ノ峰峠越えです。

 

 

鏡地区より県道6号で郷ノ峰峠を目指します。

 

いつも気になる豆腐店。何時か訪ねてみましょう。

ここから峠ピークまで約16キロの登りです。

 

この日は二人きりなのでバカ話しながら、ゆったりと登ります。

 

シリアスな表情のとらちゃん。

じつはいつものバカ話てんこ盛りで、笑い疲れた隙間のショットなんです。

 

 

 

爆笑しながらピーク2キロ手前の吉原公園に到着。

休憩してましたが、雨がヤバそうなので早々に切り上げます。

 

 

美しい緑の茶畑。この時期ならではの風情ですね。

秋は曼珠沙華が咲き乱れます。

 

 ずいぶん高度を稼いできました。

 

ピークに到着。

ここからは、ちょいと前まではウィンドブレーカーを着て下りましたが、今や不要。

 

国道439号への分岐。

 

633美の里にてランチ。

 

焼き鳥に心惹かれましたが、ビールへの未練たらたらになりそうなのでパス。

 

唐揚げ定食うどん付。

唐揚げ、ごはん共にボリュームたっぷりなのに、うどんも付いている。

やはりお腹はパンパンです。

 

とらちゃんは、蕎麦とおにぎりのセット。

 

外の席で缶コーヒーを楽しんでいたら、隣席にカワイイお方が着席。

おりこうなワンコでした。

 

超満腹なので食事が逆噴射しないように、緩やかに踏みながら「高知アイス」に到着。

 

タイミング良く、座れたのでラッキー。

 

席からの眺望。

 

雨が降りそうで寒いからアイスをやめて、天日塩クリームのロールケーキセット。

仁淀ブルー?のクリームは濃厚な旨味、そして生地とのハーモニーがイイ。

お腹がパンパンなのに、スルスルと完食。

甘い物は別腹なんですね。

 

仁淀川を眺めながら、ゆったりとポタリング。

 

枝川に帰ってくれば、ほぼ終了です。

旨しランチとスイーツに満足のポタリングでした。

走行距離:92キロ

☆ポチして頂ければ感謝、感謝です☆ 

         


  

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

びっくりドンキー 高知インター店

2016-05-16 | お客様ご紹介

この日のランチは、ハンバーグが食べたくなったので、びっくりドンキー 高知インター店。

 

お世話させて頂いて、もう10年。

今やこの界隈のランドマークですね。

 

独特のインテリア、ドンキーワールド?

お子様には楽しいでしょう。

 

 

迷わず、定番のハンバーグセットを発注。

 

まずはサラダ。

 

ライス、味噌汁、そしてハンバーグのプレート。

 

卵好きのオヤジは、目玉焼き乗せタイプ。

 

奇をてらわないシンプルなハンバーグに、卵のまろやかさが加わり旨し。 

満足のランチでした。

 

びっくりドンキー 高知インター店

所在:高知市北久保12-17
電話:088-861-3511
地図

☆ポチして頂ければ感謝、感謝です☆ 

         


  

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知のサイクリング ポタリング72

2016-05-13 | サイクリング

GWのこどもの日、テーマは「久礼で鰹とスイーツ」。

須崎市安和の海岸、絶好のポタリング日和です。

 

この日のルートです。

 

土佐市の高岡高校の分岐から、県道287号で家俊へ向かいます。

上天気で湿度も低く快適。

 

「道の駅 かわうその里すさき」にて小休止。

 

バイクラックがありがたし。

 

ゆるキャラ、かわうその「しんじょう君」。

愛嬌ありますね。

 

安和の海岸に到着。

ここからは、殆ど海岸線沿いのルートで久礼まで行けます。

 

素晴らしい眺望が続きます。

 

いつも山深く出かけるオヤジ達に、海沿いのルートは新鮮。

素晴らしい風景を愛でながらのバカ話は、楽しいなぁ。

 

 

笑い過ぎてお腹が痛くなったので、眺望の良きポイントにて小休止。

記念撮影したりして、はしゃぐオヤジ達。

 

 

久礼の大正市場。

 

GWだけあって、どえらい人出です。

 

 

順番待ちの人の多さに唖然として、鰹は断念。

なんせ週に2〜3回は食しておりますので、未練はござんせん。

 

各々ゲットしたブツを持って、海岸で食べることにしました。

 

久礼湾を望む、ふるさと海岸で泳ぐ鯉のぼり。

こどもの日ならではの風情ですね。

 

鯛めしと、ウルメ(鰯)フライ。

みんな其々ゲットしたブツで、久礼湾を眺めながらアウトドアランチ。

一歩間違うと、浮浪者達の昼メシ状態ですけどね・・・

 

風工房にて、苺タルトとアイスコーヒー。

苺単品でもハイレベルなタルトは、秀逸。

ランチと打って変わってゴージャス。

 

ラッキーにも窓辺の席に座れました。そこからの眺望です。

オヤジ4人がパラレルに並んでこの風景を観ながら、スイーツでおしゃべり。

う〜ん・・・絵になりませんね。

 

満腹で帰路につきます。

 

良き風景にルンルン(死後)ポタリングです。

 

 

須崎市の、良く整備された街並。

 

浦ノ内コースで帰ることにしました。

 

浦ノ内にて大休止。

バカ話しながらも、ゆったりと休めました。

 

みんなも回復したようで、ここからはちょいとハイペース。

 

仁淀川河口大橋を渡って流れ解散。

「おっしゃ〜!もうちょいじゃ〜」。パフォーマーTAN。

走行距離:113キロ

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加