ドリームの気まま日記−高知ブログ−

高知のドリーム不動産のオヤジ、ドリームの高知ブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ等、高知の情報を気ままにご紹介

高知のサイクリング ポタリング71

2016-05-05 | サイクリング

「さあ〜て今日も、爆笑でイキますか〜」。 ムードメーカーTAN。

この日のテーマは「萩ノ茶屋で、ちゃんぽん」なんともシンプル・・・

 

 

クロモリロード メイフラワー号2は、土佐の男のバーエンドキャップ。

 

仁淀川大橋を西進。

 

近年、仁淀川は「仁淀ブルー」で周知されてきたようです。

 

日高村日下の踏切。

ここから県道291号(谷地日下停車場線)に乗っかり、県道53号の分岐へ進みます。

 

 

途中の峠より。

 

地床谷の分岐にて大休止。

恒例のバカ話に爆笑しまくりで、腹が痛い・・・

 

国道56号の土佐市甲原の分岐へ下ります。

 

 

 

ず〜っと下りっぱなしなので快適。

 

 

国道56号へ合流。

 

県道47号に乗っかり、浦の内を目指します。

 

 

浦の内湾。

 

穏やかな浦の内湾を眺めながら、とらちゃんのハイペースで進みます。

 

宇佐のコンビニにて小休止。

 

マリンスポーツに、最適のシーズン到来ですね。

 

萩ノ茶屋。

 

迷うことなく全員「ちゃんぽん」発注。

澄んだ鶏ガラベースのスープは、コクがディープ。

塩分高めですが、大量発汗した身体にはありがたし。

魚貝類のダシが入っていると思うのですが、ハズレだったらご勘弁。

 

秀逸なスープとやや細めの麺で、スルスルと食べ進めます。

 

仁淀川河口大橋。

パラグライダーがふわふわと心地良さそう。

しかし、オヤジは高所恐怖症なんです。

 

いろんなアウトドアレジャーに良きシーズンとなりました。

ウッチーとトラちゃんは、この橋を渡った分岐で流れ解散。

  

TANとオヤジは、上町にて終了。

 

走行距離:76キロ

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺や 堀 オープン!

2016-05-02 | お客様ご紹介

高知地裁対面に「麺や 堀」オープン!

 

隣はコインパーキングです。

 

 

お会計は券売機です。

 

 

シンプルに「ラーメン」を発注。

スープは鶏ガラ、豚のとある部位、昆布、魚介類等で構築されております。

濃厚なスープなのですが、魚介類の風味が加わっており良き風味です。

 

炙り叉焼、メンマ、海苔等々、それぞれ秀逸な面子が揃っております。

 

濃厚スープと相性の良いストレート麺は、浅草 開花桜の特製麺。

満足の一杯でした。

 

麺や 堀

所在:高知市升形1-22 藤村ビル1F
地図
営業時間:11:00〜15:00
定休日:日曜・祝日

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知のサイクリング ポタリング70

2016-04-29 | サイクリング

今回は4名です。この日のテーマは「仏峠を越え、恋は水色を鑑賞し、越知でランチ」です。

ルートは最下部のルート図をご参照願います。

 

出発して鏡川沿いを遡上しかけたら、ウッチーがパンク。

まだ1キロも進んでおりませぬ。波乱の幕開けか?

 

 

国道33号からパワースポットと噂の小村神社を右折し、県道299号に乗っかります。

 

仁淀川の眺めを楽しみなら進みます。

 

この日は曇天ながらも無風で、良きコンデションです。

 

 

仏峠越えの始まりです。

激坂は無く、越える者に優しい、正に仏様のように慈悲のある峠です。

そして、恒例の馬鹿話も始まり、笑い過ぎて力が入らない。

 

仏峠のピーク。

 

 

黒岩地区への分岐で大休止。

ほどなくして、「恋は水色」が流れだします。

右手を眺めて「あそこから聞こえてくるぜよ〜」。

 

発信源はここでした。

このタイプの拡声器?に、JBLやアルテックなんかの製品があったら面白いなぁ。

 

 

茶所の風情。

 

整備された、魅力的な緑色の茶畑はライブで観ると、息を呑むほどに美しい。

この時期ならではの風情ですね。

まるで、観せるために造られたのか?と錯覚してしまいます。

 

黒岩地区を経由し越知を目指します。

 

 

越知の商店街。

 

ウッチーお勧めの店。

 

ドカ喰いTANは、ソープトルコライス。

サラダ・ピラフ・ナポリタン・トンカツと、まるで洋食のオールスター。

そして、ボリュームもスゴい。

 

オヤジ達3人は、トリプルセット。

サラダ・パスタ・オムライスのセットで、ドリンクとスイーツ付。

ダブル炭水化物ですが、ポタリング時にはエネルギー補給となり、ありがたし。

 

無情にもTANのトルコライスには、スイーツがセットされてなかった!

そして、単品でのスイーツの設定もなし。

ドカ食い+スイーツ狂のTANの落胆ぶりときたら、それはそれは・・・

申し訳ないが、どえらく面白い表情でした。

その表情を撮影しそこねて残念。

 

美味しいランチに満足。ウッチーのエスコートに感謝、感謝。

 

炭水化物パワーで、佐川→日高を目指します。

 

何処で仕掛けるのか?戦々恐々のとらちゃんの「鬼曳き」。

やはり、穏やかには終了させないようで日高に入る辺りから始まりました。

ここまでは、穏やかなちんたらポタリングだったのに、一気に地獄。

これも良きスパイスとしておきましょう。

近頃は、地獄をちょいと覗きたいオヤジです。

 

咥内坂を下れば、もう帰ったも同じ。

 

上町にて解散。

 

すぐに湯船に入りたいのを我慢して、チェーン清掃をしました。

地味なんですが効果はバッチリ。

そして、湯船でうたた寝し、値千金のビールで晩酌しながら時代劇専門チャンネル。

オヤジのささやかなシアワセの休日でした。

 

走行距離:76キロ

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美容室 ヴィヴィアン ヴェルデ(Viviean Verde)オープン!

2016-04-26 | お客様ご紹介

 

 

朝倉地区の国道56号線(土佐道路)沿角地に、美容室 ヴィヴィアン ヴェルデ(Viviean Verde)オープン!

弥右衛門地区の、ヴィヴィアン ロッソに続いてのご縁となりました。

 

約100坪の店舗に駐車場16台。

角地で車が停めやすく、運転が苦手な女性には寄りつきやすいですね。 

 

さて、店舗内部ですが無粋なオヤジには、美容室はよくわかりませぬ・・・

下手な説明ですが、せめて映像と共に楽しんで頂ければ幸いです。

 

ルーミーな店舗内は、天井も高く心地良いです。

 

スペースの余裕たっぷりのレイアウトは、心地良いでしょうね。

 

 

メンズコーナーもあります。

 

スパのコーナーもあり、なかなかに幅広い構成です。

 

キッズルーム、フェエラーリなんですね。

この隣にはお遊びゾーンもあり、お子様連れのママさんも落ち着いて過ごせます。

 

 

美容室なのに無粋なオヤジには、カフェのように感じられるステキな店でした。

 

美容室 ヴィヴィアン ヴェルデ(Viviean Verde)

所在:高知市朝倉甲505-10
電話:088-844-6859
地図

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

灯り

2016-04-21 | お客様ご紹介

はりまや町の「灯り」を訪問。

 

 

コアなサッポロファンのオーナーなので、当然にサッポロ生。

高知ではマイノリティーなのですが、何故だかこの界隈だけはサッポロファンのオーナーの店が多いんですね。

 

お通し。芽キャベツとはお久しぶり。

 

 

生本マグロ 三種盛。

 

中トロが気に入りました。

 

古民家を思いっきり大改造されております。

 

白身魚のタルタルフライ。

丁寧に造られたタルタルソースが秀逸。

 

ジョッキは対面の店「ゆるり」とリバーシブルになっております。

 

アボガドとチーズのホワイトグラタン。

濃厚なチーズと野菜のハーモニーが、サッポロ生を進ませます。

 

改装古民家の風情を楽しみつつ、旨きビールと肴を楽しめました。

 

灯り

所在:高知市はりまや町2-4-19
電話:088-856-7716
地図

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


 

       

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加