ドリームの気まま日記−高知ブログ−

高知ドリーム不動産のオヤジ、ドリームの高知ブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ他、高知の情報を気ままにご紹介

自宅近くの 居酒屋 勇魚海

2015-05-03 | 食べ歩き 飲み歩き

休日の夜に外食となったら、できるだけ自宅近くですませたいオヤジです。

そんな場面では、愛宕町にある「 居酒屋 勇魚海 」が最短距離のお気に入りの店です。

 

お通し。

主人が呑兵衛なのでしょうか?ちょいと唸らすアテえを供してくれる店です。

 

いつもホールショットは、刺身盛り合わせ。 

 

山菜の天麩羅盛り合わせ。

晩春の風情を漂わせております。

 

穴子の天麩羅。

サクサク衣と、ねっとりとした食感の穴子が良きハーモニー。

 

茄子田楽。

白味噌と赤味噌が楽しめます。

赤味噌がアテにイイんですよ。

 

タイの西京焼。

味噌床の風味が、オヤジ好みです。

 

ラストラップは、焼鯖寿司。 

休日の夜ボケ〜っと、旨しビールとアテを楽しめてシアワセでした。

 

居酒屋 勇魚海

所  在:高知市愛宕町3‐5−4
電  話:088‐871‐3732
地図

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

  

コメント

スーパーカブ110 其の参

2015-04-30 | スーパーカブ110

 

右脚の火傷が思いのほか重症で、2ヶ月程は運動はドクターストップです。

当然に自転車に乗ることは叶わず、トホホ・・・

せめてもの楽しみは、カブでのツーリングです。 

ちょいと早起きして、自宅前里より出発。

 

国道55号を東進し、室戸スカイライン。

 

展望所。

 

 

ネコちゃん達がいる。

近隣に人家も無いから、猫好きの方たちがエサを定期的に与えているのでしょうね。

 

エサを依存しているから、人懐っこいかと思い近寄れば・・・

撫でさせそうで、撫でさせない、そこは野良ネコならでの間合いでした。

なんとも平和です。

 

コース途中に廃墟発見。

虚無感満載、往時を偲んでみました。

 

南斜面は勾配がキツいけど、眺望は素晴らしい。

 

天候も良く、穏やかな風景に癒されます。

 

中岡慎太郎像。

 

 

御厨人窟 (みくろど) 

弘法大師の青年修行時の居宅。

この窟からの、空と海の眺望にて「空海」とい法名をゲットしたそうです。


夫婦岩。

 

単調な海岸線沿いのルートが続きます。

信号もほとんど無く、つい眠くなります・・・ 

 

日和佐の薬王寺。

 

日和佐城。

 

この日和佐にて昼食。

 

きつねうどんと、おでん。 

食後の珈琲を楽しむ店に寄る時間は無く、ソク出発です。

 

県道19号から国道195号への分岐。

 

川口ダム。

ここからは那賀川沿いのコースとなります。

 

木頭村にて。

那賀川の景観が素晴らしく、今後はこの界隈の林道を探索してみたいものです。

 

ちんたらとカブツーリング、なんだか癒されてイイ気分。

走行距離305キロ。

ふと、昔自転車で同じコースを走ったことを思い出し、現在の体力低下に落胆しました・・・

 

 


☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

コメント (6)

K i K i オープン!

2015-04-27 | お客様ご紹介

中央公園西のパークサイドテラス1階に、 K i K i  オープン!

 

2階から上は、人気のレストラン等が入居しております。

 

 

鏡面仕様のコンクリートの壁面を、巧みに利用されています。

 

このお店は、ウェアとバッグがメインのセレクトショップ。

 

ハイクォリティな、定評あるブランドを厳選されております。

ウェアのブランドは、スタイルベーシックがイチ押しだそうです。

 

 

 

 バッグのブランドでは、ヴァグリエとのことです。

 

無粋なオヤジには詳しいことは分かりませんので、画像でお楽しみください。

 

  

 

 

 

対面が公園というのは、良い雰囲気ですね。

1階にセンス良いショップに入って頂き、ビル全体の雰囲気も更に良くなりました。

 

K i K i

所在:高知市本町1-1-13
電話:088-855-3793
地図

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

コメント

カワサキ マッハ

2015-04-24 | バイク

近所のバイク店で遭遇した、カワサキ 500SS MACH掘D名離泪奪廊掘

1969年から発売された初期型のようです。

友人が所有してたので、何度か借りて乗ったことがあります。

暴力的なこのバイクは、今でもオヤジには魔力を効かせます。

 

 

当時は最高速、ゼロヨン共に国内最速を誇っておりました。

とにかくパワフルでピーキーなエンジンでした。

 

その暴力的な(クセになる)加速を生み出す2サイクル3気筒エンジン。

メカニカルノイズと振動が大きかったです。

 

そして排気の白煙がスゴくて、まるで煙幕。

こいつに追い越されて煙幕喰らったら、ムカつくでしょうね。

 

なんとも懐かしいフォルムのシート。

暴力的なGと振動で、スベるんです。

 

このタンクのフォルムが好きでした。

シンプルなラインが、いかにもマッハlってノリです。

 

フレームがエンジンに負けているので、ハンドリングをカバーしたかったステアリングダンパー。

 

ビギナーだった頃のオヤジには、乗りこなせないマシーンでした。

なんせパワーはあるが特性はピーキーで、ツボにハマればハリケーン。

ブレーキは効かない、曲がらない、なんともじゃじゃ馬でした。

 

しかし、後発の750(H2)に乗ったときは、更にショックを受けるがじゃった・・・

現在、もしもこの兄弟に乗れるならば、コーナーはおっかないからやめといて

一度でいいから、ストレートを思いっきり全開でウィリーしながら、煙幕張ってみたいなぁ。

 

カワサキのバイクは男心をくすぐる、なにかがあるみたいです。 
 

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

 

コメント (2)

鍋焼きラーメン ばさら追手筋店 オープン!

2015-04-19 | お客様ご紹介

須崎市の鍋焼きラーメンで有名な「ばさら」が、高知市追手筋にオープン!

高知市のラーメンファンには福音でしょうね。 

 

店内は木を活かした、馴染みやすい雰囲気です。

 

この内装が年輪を重ねて、イイ味を醸し出すのでしょう。 

 

須崎市のご当地キャラクター「しんじょう君」も、「鍋焼きラーメン」ファンのようです。

 

 食券購入にて発注です。

 

 

オープンおめでとうございます!

 

唯一のアテ、キムチ。

も少しアテを増やして欲しいなぁ・・・

 

主役登場まで、チビチビと呑りながら待ちます。

 

鍋焼きラーメン登場。

当然ですが鍋にて、スープは沸騰した状態にて供されます。

看板にある、鍋焼きラーメンの七つの掟は順守されてますね。

 

生卵、親鳥の身、ちくわ、ねぎ、掟どおりの具材ですね。

親鳥の鳥がらから抽出された、滋味とコクが濃厚な醤油スープはハマります。 

 

生卵の処遇には3パターンあるそうです。

1ソク崩す 2最後に崩す 3ソク別皿にすくい出し、すき焼きやカルボナーラ風で楽しむ

オヤジは3の派生です。秀逸な親鳥のスープに生卵を混ぜたくないパターン。

別皿に多めのスープと共にすくい出し、半熟状態になったら、そのまま食べます。 

そして、スープと麺は純粋(?)に楽しみます。

 

カンスイがガッツリ効いた、細めのストレート麺。

この麺がスープに良くマッチしております。

 

次回は「激辛バージョン」を食べてみましょう。

 

 

ばさら追手筋店

所在:高知市追手筋1-7-14
地図 

☆ポチして頂ければ、感謝感謝です☆                 


  

 

コメント (4)