ドリームの気まま日記−高知ブログ−

高知ドリーム不動産のオヤジ、ドリームの高知ブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ他、高知の情報を気ままにご紹介

鈴木食堂(高知) 胡麻風味辛味噌冷やしらーめん

2014-07-31 | お客様ご紹介

冷たい麺シリーズ、連綿と続きます(笑)

土佐道路沿いにある、鈴木食堂。

こってり味噌ラーメンがウリなのですが、冷たい麺を求めました。

 

オーナーの実家は札幌の有名ラーメン店、高知を愛して頂き開業されました。

まさに、Iターンを推奨する 高知家 のノリですな。

 

胡麻風味辛味噌 冷やしざるらーめん 780円。

鮮烈な赤い味噌だれは、ググッと食欲をそそります。

濃ゆい胡麻の風味と、スパイシーな辛味噌のコクが旨し。

 

サッポロ西山製麺所直送の、ちぢれ太麺。

独特の風味とコシがあり、辛味噌だれによく絡みます。

次回は、もう一品の醤油だれ(ワサビ付)を発注しますぞ。

 

鈴木食堂

所在:高知市城山町199-3
電話:088-834-3323
地図

☆ポチして頂ければ感謝です☆                 


 

 

 
   


高知の不動産はドリーム不動産
 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

國丸 土佐道路店の、仙台味噌つけ麺

2014-07-29 | 食べ歩き 飲み歩き

冷たい麺シリーズ、続行しております。

この日は、圀丸土佐道路店を訪問。

 

 

連日の暑さにヘバりそう。

ついつい、まさにズルズルと冷たい麺に身を任す軟弱オヤジです。

 

仙台味噌つけ麺。

麺1.5倍サービスだったので、セコく発注。

チャーシューにゆで卵、ボリューム満点。

 

そして仙台名物、笹かま。

これで牛タンがのっかていれば、仙台パラダイスですな。

 

太めのちぢれ麺はつけダレとよくなじみ、骨太の食感です。

 

麺は冷たいのですが、つけダレはホット。

仙台味噌(白味噌)ベースのつけダレ。

出汁にはいろいろ業が潜んでおり、複雑な旨味が楽しめます。

薬味にもひと工夫されております。

改めて、味噌の調味料として実力を味わえました。

 

同行者は味噌ラーメンと炒飯のセット。

こちらもまた、旨そう。

 

圀丸 土佐道路店

所在:高知市鴨部1095-1
電話:088-850-9238
地図

☆ポチして頂ければ感謝です☆                 


 

 

 


   


高知の不動産はドリーム不動産
 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

土佐自然堂の、冷麺

2014-07-26 | お客様ご紹介

猛烈な暑さに参っております。

お昼は冷たい麺がイイですね。

 

 

大橋通商店街にある「土佐自然堂」を訪れました。

 

 

 

きっちりと管理が行き届いた店内は、居心地良し。

どうやら禁煙となったようですな。

 

メニューは訪れる度に新しいブツがあり、店主の情熱が反射されております。

 

冷たい麺シリーズなので、決め打ちの「冷麺」。

丁寧に盛られた具は、いかにも生真面目な店主らしいなぁ。

トマトは皮むきされてます。

酸味が程良く、細めの麺との相性もイイ。

 

細めの麺をオヤジ好みのやや硬めに茹でており、食感とのど越しが楽しめます。

このシリーズではオヤジとしましては、お立ち台確定の好感度でした。

 

土佐自然堂

所在:高知市本町2-1-17
電話:088-872-5667
地図

☆ポチして頂ければ感謝です                 


 

 

 



   


高知の不動産はドリーム不動産

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

高知のサイクリング ポタリング28

2014-07-23 | 自転車

今回のテーマはTANの提案で「日高村でオムライス」に決定。

ウッチーと三人で出かけました。

 

今回は、事務所のある上町→伊野→仁淀川西岸(県道299)→仏峠→加茂→日高→伊野→前里のルート。

 

仁淀川西岸の国道299は、車の交通量が少なく良き風情のルート。

しかし、路面は小石が散らばっており、荒れているのが残念。

 

その小石をTANの前輪がヒットしてパンク。

この日は集合場所に来る途中にウッチーもパンク。

再スタート時には、お恥ずかしやオヤジは立ちゴケ、振り出しから波乱含みです。

 

沈下橋への分岐。

   

サイクリング気分満点の沈下橋。

 

「仁淀ブルー」は、ず〜っと遡上せねば観れないでしょうね。

 

 

またしてもTANのリクエストで、高知アイス売店。

チープな露店かと想定していたら、なんだかこ洒落ている。

こんなナリのおやじ3人組が入店すれば、浮きまくりは不可避。

「や〜めた、や〜めた。」で、スルー。

すかさずTANの提案で、日高にある「芋屋金次郎」のアイスに変更。

 

柳瀬橋。

 

県道299号に戻り、仏峠を目指します。

 

涼しい峠道をオヤジはぜ〜ぜ〜と暑苦しく登りますが、TANは余裕こいております。

 

仏峠のピーク。

 

ずいぶんと山深く進みました。

 

緩やかな下りのルートが、心地よく続きます。

 

JR岡花駅周辺。

 

芋屋金次郎日高店にて、紫芋アイスクリーム。

疲れた身体に冷たいアイスがありがたし。

 

ひだかオムライス街道と銘打ったイベントの参加店を訪ねるがお休み、ここで2店め。

「ここも、やってないがかや〜!」空腹の3人のオヤジたちは苛立ちます(笑)

営業日の設定は店側の自由でしょうが、日曜日に営業してない店があるとは残念無念。

 

3店めでやっと辿り着いた、サンフラワー。

 

う〜む、個性的なインテリアですな。

 

ピッチャーでお水を頂き、ありがたし。

 

このサイクリングも遂にハイライト、オムライスセット750円。

 

 

波乱含みのサイクリングでしたが、仁淀川の風景と仏峠のマイナーサイクリングロードの風情を堪能できました。

 

走行距離:83キロ

 

 

☆ポチして頂ければ感謝です                 


 

 

 


   


高知の不動産はドリーム不動産

コメント (4) |  トラックバック (0) | 

カフェ・ジュアン

2014-07-19 | 食べ歩き 飲み歩き

閑静な文教地区の永国寺町に、カジュアルな佇まいで存在する「 カフェ・ジュアン 」。

ブックバンド(死語)で本を抱えた学生が、お茶でも飲んでいそうです。

 

あれこれと、ちりばめられた雑貨に癒されます。

 

この日のランチメニューは、チキンソテーセット680円。

まずはコンソメスープ。

 

ワンプレートにて出てくるのが、なんだか楽しいですな。

 

ミートボールは昔懐かしの甘い味付けで、郷愁感を誘います。

 

メインのチキンソテー、きっちりとソテーされております。

和風ソースと大根おろしの相性がイイ。

 

 

食後のドリンクは、コーヒー等100円。

このハーブティーが100円とは、お得感ありですな。

良き店発見で、ちょいと幸せ気分です。

 

カフェ・ジュアン

所   在:高知市永国寺町6-40-1F
電 話:088-855-6587
駐車場:有
地 図

 

☆ポチして頂ければ感謝です                 


 

 

 

 


   


高知の不動産はドリーム不動産
 

コメント (2) |  トラックバック (0) |