月夜の上機嫌

こんにちは。水島努といいます。なんとなくの日記です。アニメに関するはなしが、若干多いかも。

カスカベボーイズのつばきのこと。(ネタバレありです)

2010-03-22 | クレヨンしんちゃん
ブログのコメント欄に以下のメッセージを頂戴しました。

「質問です。クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの最後、椅子が5個から6個に変化したのは、つばきちゃんと関係あるのでしょうか?よろしくお願いします」

大変申し訳ないことなのですが、「椅子の数の変化」は演出意図でもなんでもなくて、単純にミスです。登場人物であるつばきとは何の関係もありません。深読みをさせてしまって本当にごめんなさい。

「カスカベボーイズ」はいろんな人から質問を受けます。
それはわたしの構成の悪さのせいです。
今まで聞かれたことをちょっと書いてみます。

☆「つばき」は「シロ」なの?
ずいぶん前ブログのコメント欄にも書いたのですが、少なくても製作中はそんな意識はありませんでした。
カスカベボーイズ」はシナリオが完璧でない状態で実作業に入っており、特にラストのくだりは「しんのすけは何かをきっかけとして立ち直る」みたいなことしか(自分のせいですが)書かれてありませんでした。
「そうだ。立ち直るきっかけはシロにしよう!」と思いついたのはずいぶんと後のことでした。
なのでつばきがいなくなって変わりにシロがやってきた、というのははっきりいってたまたまです。
ただ、初号試写(はじめて冷静に、一本通して見られる状態)のときに、「つばきとシロ」は何か関係がありそうに見えるなあと、無責任に思ったのも事実です。
意図としては「違う存在」だけど、そうかも知れない。というのが正直な私の答えです。

☆登場人物はみんな横文字なのになんでつばきだけ日本語?
本当はつばきも花の関する名前を使った横文字にする予定でした。シナリオには「つばき(仮)」と書いてあります。
しかし特に良い名前が見つからず、かといって椿の英語名のカメリアじゃあちょっとなあ、ということでそのままにしました。

☆つばきは何で一人だけはだしなの?そして何でラストは靴をはいているの?
結果として裏設定になってしまったのですが、つばきは今作品のボス役、「ジャスティスラブ」の前でなんらかのミスをしてしまい、それ以来「靴はくの禁止!」という理不尽な言いつけを受けたのです。そのためずっとはだしでいます。
ラストは、幸せなシーンなので、靴をはかせています。

とまあ、たたけばほこりが出まくるような感じの「カスカベボーイズ」ですが、
質問あったらいつでも受け付けます。




ジャンル:
ウェブログ
Comments (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォームアップはできてるし。 | TOP | しっかりしろセガ。 »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すがり)
2010-03-22 03:52:34
時間があればくじびきアンバランスの話を聞かせてください!
ずばり (イカ)
2011-01-17 02:25:05
つばきは何者なんですか?
どういう存在を意図して作られたキャラクターなのかkwsk
Unknown (Unknown)
2011-01-17 03:27:28
qa
Unknown (幽)
2011-06-04 16:41:35
つばきちゃんに親はいるんですか?
Unknown (savoia)
2011-08-16 21:51:09
つばきちゃんはどっちの世界の人だったんですか
Unknown (みずしま)
2011-08-19 03:14:23
「つばき」というキャラは映画の住人です。
親はいないと思います。
Unknown (naoki)
2011-08-31 13:29:58
水島さんは、もうクレヨンしんちゃんには戻ってきてくれないんですか?戻ってきてほしいです!!
Unknown (あんのー)
2012-01-15 17:33:50
久しぶりに今日DVD借りて見ました。

クレしんの映画の中では一番好きな映画かもしれません。

つばきの正体についてggったらここにつきました。結構いきあたりばったりの作品だったんですねw

楽しめました ありがとうございました
Unknown (名無し)
2012-04-22 19:58:08
つばきは映画の人物だったんですか?
なぜ切ないラストなのか? (エックス)
2012-07-26 07:56:41
いつもはハッピーエンドの映画クレヨンしんちゃんなのにカスカベボーイズだけはなぜか切ないラストでなんだかなと思います

あっ戦国も切ないラストでしたね~

しかしつばきちゃん=シロではないの初耳ですな

ファンのなかでもつばきちゃん=シロの図式が
傑作 (Unknown)
2013-04-03 23:48:29
何度みてもこの映画はいいですね
クレヨンしんちゃんの映画の中でも豚のひずめや大人帝国、戦国と並んで傑作だと自分は思ってます。
またいつか水島さんにクレヨンしんちゃんの映画を作ってほしいです。
Unknown (Unknown)
2014-04-01 05:08:52
ひろしはなぜ最後振り向いたんですか?
好きです ( )
2014-04-21 01:21:31
私はつばきちゃん=シロとは全く思わず、
二次元キャラ(映画の中の住人)に自分の理想の存在を見つけて、恋しても
それは絶対叶わないもので、諦めるしかない
そういうメッセージなんだろうなって思って見てました。

確かこの作品を見たのは高校生の時で、たまたまTV放映されてたのですが、
つばきちゃんに惚れるしんちゃん同様、え、何このつばきちゃんってキャラ。クレしんらしかぬ絵柄で可愛い・・とにやにやしながら見ていて、
ラストでもうつばきちゃんとは二度と会えない→夢の中でダンスする二人のEDとなるのを見て
異様に虚しい想いになった記憶がありますw

それにしてもまさかこのカスカベボーイズを製作したのが、ガルパンでも熱狂させてくれた水島監督だったとは・・!
これからも応援してます!
Unknown (つばきとしんのすけ)
2014-11-28 16:26:13
カスボーみました。今回のはあまり泣けませんでした。
まず、つばきが帰らなかった事が1番で、もうひとつはつばきが帰らないと知った、
しんのすけの泣きっぷりが、イマイチだった事です。
なぜ、あんなに好きだったつばきに、いじけるだけだったのでしょうか?
「アッパレ」では声を出して泣いたのに。このままでは納得いきません!!!
カスボーの続きをやってほしいなぁ
つばきちゃん (まっち)
2015-01-31 15:40:51
監督さんが意図や意味ないとか言っちゃうと寂しいわー。ツバキのことは、見た人の感じたことが正解ですって言って欲しかったなー
たとえ、製作上の成り行きでああなったとしても、夢を与えてくださいよ。。
Unknown (Unknown)
2015-04-13 11:31:29
まあシロ=つばきは流石に無理があるし
これに関しては別にいいんでないの?
Unknown (通りすがり)
2016-04-17 19:02:31
最近この映画見たが、こんなBlogで裏話をべらべらと。。恥じを知れ。上にも書いてるが視聴者の妄想(夢)を壊すわ、演出家の癖に重要な部分で浅はかな演出だわ、本来もっとよい映画になる様な内容なのに台無しだな・・・ クレしんの映画でイラっとしたの始めただわ。
Unknown (Unknown)
2016-08-16 00:44:58
うーん、なんか勘違いしてる人がいますが、クレしん映画はお涙頂戴映画ではありませんよ
大人や戦国だけでなく、過去作もしっかり見てから語りましょうね、滑稽ですから
承認するんですねw (ねーやん)
2016-08-17 19:29:04
初めまして。この映画大好きなので思わずコメントさせて頂きます。
上の名前すら名乗らない通りすがりさんの、笑ってしまう愚痴コメントにすら承認している潔さと気風の良さに感服いたしました。承認制のコメ欄だと都合の良いコメしか認めない方が多い(体感)ので素直に感心します。

記事についてですが、私は大歓迎大拍手です。
雑誌やTVなどの大きいメディアで暴露するなら「夢を壊すな」と言う意見もまだ解らなくもないですが、個人のブログで質問に答えている訳ですから、そこはお茶を濁すのではなく、誠実に回答する監督の姿勢に評価こそあれ、貶すコメには理不尽を感じました。

ところでコメントにある
 Unknown (みずしま)
 2011-08-19 03:14:23
 「つばき」というキャラは映画の住人です。
 親はいないと思います。
と言う書き込みは監督本人のものなのでしょうか。

長々と失礼致しました。
Unknown (Unknown)
2016-08-21 19:01:19
ただ難癖つけたいだけのアンチがわいているようですね・・・(笑)

この映画は小さい頃に視聴したことがあったのですが、最近になって見直す機会があり、とても楽しめました
ちょっぴり切ない感じのこの気持ちがなんだかとても懐かしく感じます
ありがとうございました!

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。