山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

大白森山

2017-03-07 | 2016-17山スキー
山域山名:那須連山・大白森山、鎌房山(福島県)
期  日:2017年3月5日(日)
参 加 者:みやぶー、よしさん、はな、あらいぐま、こまっぴー、ふくせんぱい、栗ペア、きむてつ
行動記録:羽鳥湖スキー場TOP1270m(9:10)→鎌房山1510m(9:50/10:10)→大白森山1642m(11:20/12:15)~東面滑降~1390m(12:45/1300:)→鎌房山(13:35/13:50)~羽鳥湖スキー場(14:05)
<天候:晴れ>

今日は熊トレ初級メンバー向け企画で那須連山北方の大白森山へ。

ぎっくり腰のリハビリにちょうどよいお手軽ツアーのつもりだったが、期待した那須連峰の眺めと山頂オープンバーンもあってなかなか楽しめした。


入山口となる羽鳥湖スキー場。初めて来たが、広くてなだらかで特徴のない(これが売りか)ゲレンデ。




クワッド1本乗るだけでスキー場TOPから入山。




鎌房山山頂の近くまで林道切り開きを行く。ここまでなら、山スキービギナーでもボーゲンさえできれば、迷うことなく気軽に来れるでしょう。




鎌房山山頂。




那須連山北面の眺め。




赤面山、三本槍岳。




甲子旭岳。




今日目指す大白森山。







いったんコルへ下る。




三角斜面がよく目立つ。







細長い山頂稜線。




大白森山山頂。




小白森山と二岐山。







今日のハイライト、三角斜面滑降へ。







自分のラインを一番南端に刻む。







1498m北尾根1380m台地からは、標高差250mとは思えない高度感があった。




小白森山も印象派。




上手から○手まで大人のお絵かき(笑)




旭岳にどうやったらラインが引けるだろうか。




シールで鎌房山に登り返してから、




あとは切り開きを滑れば、ゲレンデまでアッという間でした。






『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大戸沢岳 | トップ | 東谷山 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。