山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

2016立山初滑り<その1>

2016-12-04 | 2016-17山スキー
山域山名:立山室堂・浄土山(富山県)
期  日:2016年11月19日(土)~21日(月)
参 加 者:みやぶー、くり♂
行動記録:
11/19 熊谷(6:00)=扇沢(9:50/10:30)=室堂2420m(12:00/13:10)→雷鳥荘(13:40)
<天候:雨>

11月半ばまでは室堂の積雪は順調に増えて、恒例の立山詣ででシーズンイン…になると思っていたが、
週初めに土砂降りの雨が降り…、その後も雪と雨が交互と今年もダメか?…、
いやまだ30㎝もあるじゃないか!とイチかバチかのギャンブル気分で決行した。

一番バスに乗る必然性がないので、のんびりと埼玉を出る。扇沢には当然雪のかけらもなく強い雨が降っていた。
改札前TVの室堂ライブカメラを見ると、雨、気温2.5℃の文字が。これを見て上がるのを止めたスキーヤーもいた。




黒部平も。。




室堂に着いて外を見ると土砂降りの雨。。。




レーダーをチェックし、少し待てば雨域が抜けそうなのでしばし待合いで待機。




雨は上がったので、雷鳥荘に向けて出発。まぁ~雪はほどほど付いていて、絶望というほどではない。(最初の覚悟次第)




歩き出したら、再び降り出した雨と西風でビショビショに。




雷鳥荘に到着。




普段なら300名近いスキーヤーでごった返すのだが、ほとんどキャンセルで今日は50名。
それも登山者ばかりで、スキーとボード合わせて10本あるかないかだった。
この雪と天候では、みんなそうでしょう。


11/20 雷鳥荘(8:00)~称名川渡渉点2270m(8:05/8:20)→2520m(9:10/9:20)→山崎カール2660m(9:35/9:50)~称名川渡渉点(10:10/10:20)→雷鳥荘(10:35)
<天候:朝曇り後雨>

朝方は視界あり。稜線も雪が少ない。




とりあえず雷鳥平で雪の付き方を見て決めようと小屋下斜面を滑る。雪は凸凹ハードバーンに時々板が潜るソフトモナカのミックス。(ほとんど苦痛に近い)




称名川を渡渉して、一番雪付きが良さそうな山崎カールに向かう。小走り谷は雪上を土砂が流れた跡があった。













ここまで上がれば、それなりの斜面がある。積雪自体は少ないが、雨降ったあとに沈んだので意外と岩は隠れていた。




ガスが下りてきて、視界がどんどん悪くなってきた。山崎カール底2660mまで。




雪質はひどいが、これぐらいはちゃんと滑れないと一人前の山スキーヤーではない。







時間は早いが、渡渉して雷鳥荘に戻る。小屋に入ったらすぐに雨が降り出した。正解。




あとは温泉と暖かい談話室でこれしかないでしょう。今晩は18名とさらに閑散としていました。





11/21 雷鳥荘(7:55)~称名川渡渉点2270m(8:00/8:15)→浄土沢2500m(9:25/9:40)→一ノ越2705m(10:00/10:10)→浄土山2831m(10:50/11:25)~室堂(11:50)
<天候:快晴>

前夜の雨(最後はほんの少し降雪)が上がり、今朝は放射冷却で氷点下に冷え込んだ。







ガチガチ斜面を滑って雷鳥平へ。テントパーティはアイゼン脱着の雪上訓練中。




今日も称名川を渡渉。










今日は全山アイスバーン状態、シール登行はほんの少しで、すぐにアイゼンに切り替える。







浄土沢を詰める。













祓堂で浄土山東面を観察。




一ノ越。




浄土山と龍王岳。




雄山。




御山谷は雪付きが悪い。




今日は雪面が硬いので尾根ルートで浄土山を目指す。




今春に滑った龍王岳山頂ルンゼはがとんど垂直に見える。










剣をバックに。




浄土山山頂から五色ヶ原、薬師、黒部源流の山々。










では、この斜面をいただきます~。




硬いバーンにうっすら新雪が乗って、スキーがよく走りました。




最高!! やっぱり来て大正解♪






これだけ雪が硬いと地雷もない。







ターミナルまであっという間でした。




今シーズンもよろしくお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立山その2

2016-12-02 | 2016-17山スキー
先週に続いて再び立山室堂へ。

行動できたのは11/26(土)だけでしたが、
積雪も少しだけアップして、浄土山&雄山山頂から至福のパウダーランしてきました。

11/26























































翌日11/27は、吹雪とホワイトアウトでホテルから1歩も外に出ずに退散しました。


詳細は後日にUPします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念…

2016-12-02 | 日記
立山でまた雪崩による犠牲者が出てしまった。
しかも未来のある若者が自然の脅威にのまれてしまった。

彼らが入山した日に自分も室堂に入ったので、おそらく1番バスで見かけた彼らだろう。

JANの報告を見たが、視界のない悪条件時にしかも相当深いラッセルであったはず。
ルートミスらしいが、どうしてあそこへ行ってしまったのか。
とても残念でならない。

ご冥福をお祈りします。


また、ひとつ残念なことが。

2009年1月に積丹岳で遭難したボーダーを救助に向かった道警救助隊の
救助活動に過失があったとして損害賠償を求めた最高裁判決が出た。

要救助者は救助活動中に不幸にして亡くなられたが、
最高裁判事は、救助活動に過失があったと認定した。
これで裁判は確定してしまった。

先月に雪の積丹岳に登ったが、日本海に突き出た半島の山、あの山容であれば、厳冬期の風は想像を絶する。
しかも、稜線の南側は崖になっているので、巨大な雪庇ができるだろう。

極限に近い寒さと吹雪で視界も限られる中、命がけで救助活動をしていた隊員に仮にミスがあったとしても、過失が問えるだろうか。
裁判官は、山岳遭難者救助は警察の責務と言っているが、たとえ責務だとしても現場における壮絶な救助活動を知っているのだろうか。

裁判は法律論だからと片づけていいのだろうか。

この判決が山岳救助現場に、あるいは意識の低い登山者達に悪影響を与えないか危惧してしまう。

命を救おうと一生懸命活動している方々を間近で見ているので、とても残念な判決だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ

2016-11-19 | 日記
PC不調で久しぶりのUPです(泣)

晩秋もあちこちの山を登ってました。


10/22 祝瓶山







10/23 御所山(船形山)







10/30 大高山










11/4 北海道遠征・積丹岳










11/6 渡島半島・恵山










今週末はいよいよ立山室堂へ。火曜日の雨でせっかく積もった雪が。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストックカンリ遠征&「チョコレートはどこから」講演会

2016-10-20 | 日記
10月15日は宮代町図書館で開催された「環境教育ネットワークたねのもり」主催の
環境と未来を考える講演会に行ってきました。

たねのもりで活動されている柴山さんは、
この夏にインドヒマラヤザンスカールのストクカングリ峰(6153m)に単独アルパインスタイルで登頂されましたが、
その遠征報告を聞くのが目的でした。




基調報告は「身近なところから始まる世界の環境問題」で、
共栄大学教授の高橋先生からの講演でした。




専門は生物多様性の保全と保護地域の拡大に係わる国際的な環境問題を研究されているそうですが(難しい話しも多かった…)、
要はチョコやコーヒーの原料作物栽培、エビの養殖など、途上国が先進国と呼ばれる消費国の「利潤」のために、
古来からの環境と社会も破壊されている現状を訴えておられました。




そのあとには、NPO法人ACEの自主制作映画の「バレンタイン一揆」の上映。




若い頃にインドやネパール、トルコやモロッコなどを旅したが、
貧しい家庭の子供は、学校には行けずに家族労働者として働いていたのが当たり前の日常の光景でした。

時代が変わり、昔の最貧国にも資本投入や開発が進んでいるが、その恩恵は一部の富裕層に限られているのが現実で、
アフリカでこのような活動をしているNPOがあることを知りました。

ネットで見たら、イオンがフェアトレードに積極的だったりして。


そして、インドヒマラヤザンスカールの暮らし&ストクカングリ峰登頂報告。

























写真をみて、身近な方が海外登山を実践されていると、とても刺激になりますね。

荘厳なヒマラヤの高峰、氷河、植物が生えない茶色の山肌、青黒い空と日本では味わえないあの空気感、そして緊張感。

自分は最後に海外の山に行ったのが、トレッキングですが15年前のインドヒマラヤセントラルラホール山群。

体力も年と共に落ちていくので、ピークに立つとなるといつがリミットか。

その準備は漠然とでも今から始めないと、夢は現実にならないだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加