美撮りに夢中!

自然と戯れることが大好きです。
美しいものを美しく撮りたい!!

高柴山の“ヤマツツジ”群落!!...【2017.5.27(土)】

2017-05-28 18:54:57 | 日記

桜の季節が終わり、大好きなツツジが見頃になってきた。

この週末は、去年から気になっていた“ヤマツツジ”の群落に行ってみることに...

ヤマツツジは、街中に咲くピンク色のツツジとは違い、小ぶりで可愛く、オレンジ色が美しい!!

 

標高884mの高柴山の山頂に群落しているので、登山口から30分あまり、久しぶりのプチ登山を楽しんだ。


...でも、この歳になると、30分あまりとはいえ、結構疲れるもんだ(^_^;)!!


頂上付近には、オレンジの絨毯が...来て良かった(*^_^*)。。。



展望台から眺めると...


8部咲きの、高柴山“ヤマツツジ”群落。(福島県田村市)


ちょっと寄ってみると...


                                                           オレンジが眩しい!!


樹上では、野鳥が囀っていた。


                                      美声の囀りだったので、もしや“オオルリ”か、“キビタキ”かなと思ったが、まさかの“ホオジロ”だった!!


そういえば、花見山公園でも、この声を聞いたことを思い出した。


今週末は好天予報だったので、黒いアゲハの訪花シーンを期待したが...

まさかこんなに涼しいとは...天気が良くなかったのが惜しまれる(^_^;)!!







                                                     














































 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

会津盆地の“只見線”!!...【2017.5.22(月)】

2017-05-24 17:00:32 | 日記

会津盆地の田んぼに水が入り、田植えが始まった。

この時期、その田んぼが水鏡になり、大好きな光景を醸し出してくれる。

 

この日も、風があまり吹かないであろう早朝から会津入りした。



まずは、前日、仕事終わりに撮影したSLとDCから。。。

田んぼに写り込んでくれるかな、と思って、斜め前方から撮ってみたが...


“SLばんえつ物語(磐越西線)”。【喜多方市にて】

平凡な写真になってしまった(^_^;)!!


その後立ち寄った、夕方の会津盆地では...

                                                    磐梯山を横目に疾走する“只見線DC(キハ40系)”。

                             


翌日、早朝の会津盆地は、好天だったが、春霞で山並みは微かに見える程度。

でも、風はなく、田んぼは水鏡に。。。


只見線DCの後方には、わかり辛いですが、残雪に覆われた飯豊連峰が微かに見える。


只見線は、一日の運行本数が少ないので、通過を待っている間は、線路脇を舞っていた“バシロ”を撮影していた(*^_^*)。


“ウスバシロチョウ”。

...これも、わかり辛いですが...(^_^;)!?



                                             この花はお気に入りのようで、入れ代わり立ち代わり吸蜜にきた“バシロ”。


再び、只見線DC登場。。。


                                                      3輌編成の“キハ40系”。


非電化区間は、架線柱や電線がないので、スッキリした画が撮れるので大好きだ(*^_^*)!!


この後、会津盆地を見下ろすポイントへ。。。


通過する間際に、遠目の樹上に飛び込む猛禽類を発見...


“サシバ”かな!?...桐の枝に止まっていた。

慌てて、三脚から望遠をはずして撮影。



                                               田んぼのパッチワーク(!?)の中を駆け抜けるDC。

                                               午前中は、逆光ぎみなので、白っぽく写ってしまったが...好きな景色だ!!



今まで、只見線といえば、山間部ばかりで撮影していたが、今回撮影した会津盆地を疾走する“只見線DC”も中々魅力的だった。


会津でも、季節はずれの3日連続の真夏日。

南会津の湿原でも、春を通り越して、一気に初夏の装いになってしまったのかも...

気になってきた(*^_^*)。。。








 















































 


 

 



 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

“快晴の会津”!!...【2017.5.19(金)】

2017-05-19 18:40:13 | 日記

久しぶりに、休みの日に快晴予報だったので、会津地方をブラッとしてきました。

 

飯豊連峰の残雪と、新緑の美しさには、目を奪われました(*^_^*)。

 

印象的なシーンを、時系列的に掲載させて頂きます。


                                                        日の出前の“猪苗代湖”。 

                                                        【撮影:EOS7D MK2 + SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM】


霧の中の磐越西線(キハ40系)。【西会津にて】

                                                         1時間後...霧が晴れた。

                                                         残雪の飯豊連峰を望む!!

                                                         【撮影:EOS7D MK2 + EF24-105mm F4L IS USM】


川とは思えない“只見川”の新緑。

【撮影:EOS7D + SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM】


                                                          南会津の“新緑沼!”。

                                                         【撮影:EOS7D + SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM】

沼で見つけた唯一のトンボ...“オツネントンボ”。  

【撮影:EOS7D MK2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ  USM】


今週末、一気に気温が上がるようだ。

南会津の湿原にも、本格的な春が訪れそうだ(*^_^*)。。。







 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“SL只見線新緑号”試運転!!...【2017.5.16(火)】

2017-05-17 16:20:22 | ウスバシロチョウ

5/20(土)~5/21(日)の2日間、SL只見線新緑号(会津若松駅 ⇔ 会津川口駅間)が走るにあたり、この日、試運転が行われた。

 

昨年は、上り列車(会津川口 ⇒ 会津若松)を撮影した第一橋梁で、今年は、初めて下り列車(会津若松 ⇒ 会津川口)を撮影することにした(*^_^*)。

SLが橋梁を通過するのは11時過ぎだが、6時間も前から現地入りして、まずはDCの撮影からスタート...

 

【撮影:EOS7D MK2 + EF24-105mm F4L IS USM】


早朝6時過ぎに、第一橋梁を通過した4輌の上り列車。

あえて、新緑と遠景を意識したので、列車がわかり辛いと思いますが...(^_^;)。


その後、通過するDCも撮影した(*^_^*)。

新緑がきれいだったので、寄ってみたり、離れてみたり。。。


この日、天気予報に反して、午前中、時より雨に打たれた。

しかし、新緑の輝きには奏功...“SL新緑号”の名前通りになった(*^_^*)!!


少々遅れて通過する“SL”。


 

                                                   第一橋梁を通過する、下り“SL只見線新緑号”試運転。(会津若松 ⇒ 会津川口)。


 

下り列車だったので、SL醍醐味の爆煙撮影は叶わなかったが、この景色には、ドップリ癒されてしまった(*^_^*)!!

 

ノンビリ移動して、大好きな終着の会津川口付近のポイントで待つこと数分...


                                                          穏やかな只見川沿いをひた走る“SL”。


上りSLは撮影せず、会津の“バシロ(!?)”を撮って帰宅した。。。


【撮影:EOS7D MK2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM】


 

 

                                                          “ウスバシロチョウ”。

                                                          まだ、羽化し始めという感じで、どの個体も綺麗だった。


こちらでも春本番になってきた(*^_^*)。


...美蝶が舞う!!


いい季節になってきたなぁ~。。。








 

 


 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

福島県産“ギフチョウ”比べ!?...【2017.5.9】

2017-05-12 18:49:14 | ギフチョウ

前回の拙ブログにおいて掲載させて頂いた“ギフチョウ”が、もしかしたら異常形質の“イエローテール型”個体

かもしれないと思い、比較対象として2個体をアップさせて頂きます。(表翅だけですが...)

 

※イエローテール型とは、後翅肛角紋の赤色が、後翅外縁のオレンジ紋と同色のオレンジ色に置き換わる

  形質群で、劣性遺伝で発生されると言われています。

 

以下の2個体は、共に発生してから時間が経過していると思われます。

 

【撮影:EOS7D MK2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM】

 

                                             いわゆる通常型の“ギフチョウ”。

 

                                       もしかしたら“イエローテール型”!?...の“ギフチョウ”。

 

1枚目は、あまり鱗粉が剥がれ落ちていない痛んだ個体!?

2枚目は、かなり鱗粉が剥がれ落ちてしまって、赤色の後翅肛角紋と後翅外縁のオレンジ紋が色褪せてしまった

個体...なのかな!?

よくわかりませんが...

 

まぁ、ちょっと変わったタイプの“ギフチョウ”に出会えたことには間違えないので、とてもいい思い出に

なりました(*^_^*)。

 

この蝶に関してコメントをくださった皆様、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加