名古屋餓狼会のBLOG

名古屋を拠点とした餓狼伝説SPECIALの普及・推進・応援・情報etcブログです。新規・復活プレイヤー大歓迎!

【大会情報】10/15(土)アーバン(フェドラ)大須 第15回オオスタウン杯・東西戦概要

2016年09月22日 | 1.告知・伝言

10/15(土)アーバン(フェドラ)大須店でのガロスペイベントに関して、
詳細が決定しましたので、告知します。遅れていて申し訳ありません。
ひとまずは以下スケジュールと概要をご確認ください。

10/15(土)アーバンスクエア大須店
第15回 餓狼伝説SPECIAL大会 オオスタウン杯 大会概要
13:00 ~ 「フリープレイ開始
17:00 ~ 「初・中級者大会」
19:30 ~ 「東西戦」
参加費は500円になります。
※当日はガロスペ対戦筐体を5台稼動予定です。

■レギュレーション・概要
17:00 ~ 「初・中級大会」
 □シングルトーナメント大会になります。敗者復活はありません。

19:30 ~ 「東西戦」概要
 □チームは、基本はエリアで分けます。
  「東チーム」 北海道・東北・関東・北陸・甲信越・北陸勢の方
  「西チーム」 東海・近畿・中国・四国・九州勢の方
 □20対20人くらいのメンバーによる勝抜き戦。(人数は都合により多少増減します)
 □選定メンバーは、原則初・中級者大会に参加していない方で、かつ実力を考慮したガチ勢で構成します。


どうもこんばんは。公明です。
いよいよ、来月にガロスペ東西戦のイベントが迫って来ました。
去年は大将戦までもつれ込み、AKIRAさんが公明を破り、東チームが勝利を収めました。
そのときの動画はこちらです↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27487757 その1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27487595 その2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27488183 ラスト
事前に見ておいていただけると、より今回の東西戦もお楽しみいただけるかと思います。
対戦自体も劇的な内容ばかりで凄くエキサイトしますよ!

さて、今回のアーバン(フェドラ)でのイベントは2つあります。1つめは「初・中級者大会」。
今回は、北海道や、九州のほうまで、各地から遠征者が来る情報が入っています。
これもある意味で、全国規模の初・中級者大会ができると考えております。
最近はじめた方や、少し分かってきて、なるべく同じレベルで自分の腕を試してみたい方など、
是非是非ご参加ください!名狼会一同で、盛り上げてみせます。

そして、2つめのメインイベントが「ガロスペ東西戦」になります。
去年は21時から開始しましたが、想像以上の盛り上がりもあり、終了したときには、
閉店間際でした。その反省を踏まえ、今回は19時半~20時までの間のどこかで開始とさせていただきます。

ここで一つご理解を頂きたいことは、時間の都合上、参加者全ての方を東西戦のメンバーに入れてしまうと、
例え1時間前倒しをしたとしても、とてもではありませんが、閉店までに終えることは出来ません。
故に、全ての方が東西戦に参加できるわけではないことを、ご理解ください。
上の詳細にも書きましたが、本当に切り詰めたところの戦いをお見せしたいという想いもあり、
選定メンバーは、原則初・中級者大会に参加していない方で、かつ実力を考慮したガチ勢で構成します。
とさせていただいております。
なので、最近はじめた方や、中級者の方は、初・中級者大会の方に積極的にご参加ください。
本当に申し訳ないですが、巡り会わせで、各イベントに参加できないという可能性もどうしても含んでいます。
ただ、今回は本当に各地から色んな有名プレイヤーが来るので、定額フリープレイの参加だけでも
かなりの価値はありますので、絶対に来て損はさせないということだけ、お伝えしておきます。

もちろん、我々名古屋勢としても、ご参加したい方全て参加して欲しいという思いは当然あります。
ですが、本当に申し訳ないのですが、企画の趣旨・仕様上、各地から遠征する時間なども考慮すると、20時くらいからの開催が妥当であり、そうなれば、20人構成で対決するのが企画としては適当だと判断したことによるものです。
名古屋勢一同、全ての方を参加させられないことを心苦しいと感じていることは、ご理解いただければ幸いです。

さあ、準備は整いました。1年に1度のガロスペイベント東西戦!
今年はどちらの勝利になるのか、エキサイティングな試合!ドラマ!乞うご期待ください!


(公明)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月27日(土)と9月10日(土)にアーバン大須店様にて配信対戦会やります

2016年09月07日 | 1.告知・伝言

こんにちわ。通りすがりです。
盆が終わりましたねー。
本当にあっという間。
私見ですが盆が過ぎればあれよと言う間に年末になってしまいます。

配信対戦会の告知しまぁーす!

※しかし先の公明さんの記事に被せて更新するのは忍びないのですよ。本当に…

さて、
配信対戦会をアーバン大須店様にて以下の日程で行います。
●8月27日(土)
●9月10日(土)

時間は集まり次第〜閉店近く迄が通例です(笑)。

改めて整理しておきましょう。
名狼会主催のガロスペ大会(オオスタウン杯)は年4回と決めています。
1月・4月・7月・10月です。

大会のあり方や目的は主催側のスタンスで様々あろうかと思います。

当会の大会に対するスタンスは
「参加者様に大会という時間を、空気を、
雰囲気を、目一杯楽しんで欲しい」
ということです。

大会当日は交流戦もしたいし、最強も決めたい。
初中級者の方にも活躍して頂きたいから初中級者大会だってやります。

色んな思いが「オオスタウン杯」に詰まっています。

だから大会当日は日中かけて色々行います。
できる限り動画にも残したいですし、
大会試合は全試合実況の上配信したい。
大会そのもの時間も他所の大会より少し長いかもしれません。

3ヶ月に1回しかないからその大会に向け仕上げ、その栄冠を掴みに行く。
そしてそこを目指した皆で互いにその健闘を讃え合いたい。

極端過ぎる表現ですが、
「大会なんてさっさと終わらせて時間作って対戦ぶん回そう」とは少し違うんです(笑)。

※誤解がないように補足しますが僕らも当日に対戦がしたくないはずがありません!。
 当日は新規参加者や復帰者、遠征者様が多数来訪頂ける様になったので、
 もちろん全時間フリプは開放してます。対戦自体は存分に楽しんで頂きたいのです。

どちらかというと大会当日は
「縁日」や「祭日」の様な「ガロスペ・イベント日」という感覚
でしょうか(笑)。

そのイベント日、お祭り日を補完する存在として
「大会終了から次の大会までの2ヶ月間」は公式な対戦会を
月1回で設けています
(現在のアーバンは毎週末が対戦会状態。あくまで公式に行っているのは月1回ということです)


この対戦会の日こそ、
いわゆる「対戦ぶん回そうぜ!」というやつです!。


そしていつからかその対戦会は配信もする様になりました。
先の公明さんの表現をお借りすれば全て「きっかけ」にしたくてです。

ガロスペの周知、現地不参加の方との交流、
そして参加者にとってはタイムシフトでの振り返り、
他にも狙いは様々ですが話がそれるのでここでは触れる程度にしときます(笑)。

そう言えば、対戦会だと「誰々が○勝連勝中!」とか、
または人によっては「連敗しちゃってて…」とか出てきます。

特に新規の方や初中級者の方にこそお伝えしたいのですが、
僕個人は野試合の勝敗はほとんど気にしてません。
(以前は気にしましたけどね(笑))
「そこで見ていない」と言うべきでしょうか。

「気にしない」というのは、「負けても単純に対戦やっとけば、いつかは勝てるよ!」
…というネバーギブアップ的な精神論からではありません(笑)。
当然負けた時は反省と対策が次に勝つためには必要です(笑)。

しかし、仮に誰かが連勝中だろうが、誰かが連敗中だろうが、
「野試合はあくまで野試合だ」ということを
改めてお伝えしたいのです。


大会と違って何も勝つことが至上命題ではない時間なのです。
語弊があるといけないので言葉を足しますと、
もちろん何であれ勝負ですから勝ちを目指すことは大前提だし目指すべきです。
そしてその結果勝てたとしましょう。

ですが、「野試合」なので相手は
「今後勝つために何か新しいことを試してしていたのかもしれない試合だった」
ということがあり得ます。

そして同時に、自分も「今後勝つために何か新しいことを試していい試合であった」
ということも言えます。

その観点からだと「誰かが○勝連勝中!」とか、
「個人的に連敗中」とか全然大したことではありません(笑)。

その対戦で何を得たか?得ようとしたか?
が重要なんだろうなと。

勝ちたいからこそ、何か新しいことにチャレンジして小さなことでも経験値にしていく。
その勝ちにいった結果が仮に負けだとしても、
その積み重ねが遠回りに見えて1番「勝ち」の近道かな、
なんて思ってます(笑)。

プレイヤー様が「大会」でなくて「対戦会」として多数集まる時こそ、
細かな試行錯誤を繰り返して自分の血肉とし、来たるべき「大会」に臨む。

やっぱり対戦会ってそんな時間であるべきかなー、
そんな時間として当ててもらいたいなーと。

ついつい長く書いてしまいました。
この辺にしますね(笑)。

当日は2台進行予定です。
100円2クレです。
ボタン配置はBOXとA落ち切り替え式。

当会は総意で新規・初心・初級者の方を全力で応援致します。
ご興味あればお気軽に!

配信はこちらから
(リンク先 名古屋餓狼会コミュニティ)

(通りすがり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大会結果】7/23(土)餓狼伝説SP WORLD CUP 2016 in NAKED LOFT

2016年08月31日 | 5.大会結果

※この記事は2016-08-13 22:00:04に投稿された記事です。


優勝:公明(キム)

2位:shiva神(十平衛)
ベスト4:AKIRA(ビリー)、ビブン(舞)

どうもこんばんは。名狼会の公明と申す者です。
さて、タイトルの通り先日7/23(土)に高田馬場ゲーセンミカド様主催で
餓狼伝説SP WORLD CUP2016が新宿ネイキッドロフトにて開催されました。
結果的はなんと信じられないことに、わたくし公明が二連覇を成し遂げることができました!
改めて、ミカド様、応援してくれた仲間たち、今まで戦ってきた狼たち、放送を見てくれていた人たち、
すべてのガロスペを愛する方々に感謝します。本当にありがとうございました!
※結果に関しては、画質が粗いですが、以下の写真を参照にしてください↓
  

前回同様本当に簡単なものになりますが、レポートをさせていただきますね。
とは言っても、私自身この日は私が朝一から大切な用事があり、その用事が終わったのが夕方で、
急いで新幹線に乗ってネイキッドロフトに着いたのが18時半というなかなかの強行日程でした。
なので、それ以降のレポートしか書けないんですけどね!
ひとまず、私はやっとの思いでネイキッドロフトに着いた頃には、関東勢はもちろん各地の狼たちがすでに、
入り口から壁沿いに折れて、ながーい長蛇の列を作っていました。

列の奥の方に進むと、名古屋勢のいつもの顔を見ることができてホッとしましたね。
いつも名古屋で戦ってきたお馴染みの連中が、違う地で一緒に居るのを見ただけで、うれしい気持ちになりました。
私が来た事に気づいた名狼会の精鋭衆が私に挨拶をしてくれましたが、その挨拶が周りの方々にとってはどうやら独特?
なものだったようで、若干驚きの声が上がっていました。いや、名古屋ではいつもあんな感じで挨拶してますんで、
まあ我々にとっては普通なんですけ・・・ごほん!っと、やや話がそれましたね。
まあ、何がともあれ大げさな言い方ですけど、『こいつらとは生きて笑って帰りたいな』って心から思いました。

  

まあ、他愛もない話もしながら、終始なごやかな雰囲気で会場がOPENするのを待っていましたね。
なんか去年もここで並びながら、仲間たちと写真を撮ったりして楽しく過ごしたことも思い出しました。
去年はちょうど室外機のあるあたりで並んでいて暑すぎた思い出がありましたが、
今年も同じ室外機のところに並んでいましたが、比較的涼しかった気がしました。

    

程なくして開場し、順番にロフトに入ると参加料を支払い、組み合わせの抽選を行う。
前回と同じく、筐体は2セット用意されており、狼たちはすでに野試合をして調整していました。
私は、前回と同じく、談笑したり記念撮影をしたりして、夏のお祭り気分を味わっていました。
個人的な話になりますが、わたくし、季節の中で夏が一番大好きなんですよね(笑)

程なくして、大会がスタートする合図が。オープニングPVが流れて、『いよいよやってきたか!』と気分が高揚しました。
このPVはひとちわさんという方が製作したもので、そのセンスに驚愕。本当にカッコよく作られていると思いました。
ちなみに、世界大会告知用に製作された事前告知PVの公明とAKIRAさんのものも、ひとちわさんによるものです。
その節はPVの製作ありがとうございました!すごくかっこよかったです(笑)

※世界大会の事前告知で公開されたPVはこちらです↓
■餓狼伝説スペシャル世界大会2016 PV 第1弾(PV Vol,1 公明)
https://www.youtube.com/watch?v=UPCmLyuMRwo
■餓狼伝説スペシャル世界大会2016 PV 第2弾(PV Vol,2 AKIRA)
https://www.youtube.com/watch?v=nRJGBnVZr6E

  

今年も全ての試合がドラマでした。普通の野試合では考えられない立ち回りやも含め、
プレイヤー同士のドラマがあったり、なぜ世界大会という舞台で、こんなことが起こってしまうのか。
と思うほど全試合ドラマティックでした。いつものダイジェストでお送りします(笑)
・開幕戦!いきなりAKIRA登場!相手は前橋格ゲー部のよう選手!
・りりやんvs与作 最初の名古屋vs関東・・・いや、群馬・・・いや、海外?場を荒らすのはどちらだ!?
・名古屋の新星ekinoko vs 東京のジャスティン・ボム!激闘の試合を制すのは・・・。
・長崎からきた謎のスーファミ勢ついに現る・・・!迎え撃つは東京の精鋭達!
・前回覇者・公明 vs スパⅡXトッププレイヤー・えーふぉー1回戦で激突!
・関東の最強ベア!宴帝ビリーに絶体絶命か!?
・TMFvs手羽先 ガロスペガチ勢の手羽先に対してEVO世界一の意地を見せられるか!?
・テクニカル対決!ネオジロウvsD3D!お互いのテクニックがぶつかり合う!
・PCエンジニアひぃさんの次の相手は与作!逃げる与作!追うひぃタン!
・一進一退の攻防!経験値はお互い十分!名古屋vs東京!シュラガユクvsGRI!
・公明vsイモータンジョー 追い詰められた公明が最後に取った選択とは・・・!
・関東GARO坊vs関西ぐっぴ~の対決ついに!GARO坊は負けたらアイロンパーマ!?その結果はいかに・・・。
・すのこもびっくり・・・!れしお選手が筐体を壊す!?
・それがしvs大和 それがし、名狼会タマの仇を取ることができるか!?
・昨年ベスト4ネオジロウvs人間性能トップレベルのビブン!激闘の末に繰り出した起死回生の投げ!
・AKIRAvs与作! 2ラインでも完璧な立ち回りを見せるAKIRAに対して最後に取った与作の行動とは!?
・シュラガユク。場内唖然・謎のガー不コンボで圧倒的な強さを見せつける!
・公明!GONに先に1Pカラーを選択されやや動揺か!?
・ムツミが脅威の粘りとアクセルラッシュでホームランを決める!
・名狼会TシャツvsミカドTシャツ!それがしvsれしお!
・脅威のピヨリ回復!ビブンは今回持っているのか!?ネオジロウの仇を取りにいく通りすがり!
・この試合で勝てばAKIRAと対決。準々決勝の熱戦!公明vsシュラガユク!
・屏風の奥で起こっている見えない取引とは!?shiva神vsムツミ!
・ついにベスト4が揃う。AKIRA、公明、shiva神、ビブン
・運命のカードがついに始まる!AKIRAvs公明!死闘の末の結末は・・・!? (準決勝)
・決勝に上り詰めるのはどちらだ!最上級の駆け引きが交錯する!ビブンvs shiva神 (準決勝)
・それぞれの狼達の思いを懸けて・・・! shiva神 vs 公明 (決勝)

悔しいことにこれら全試合は1試合に1つの記事が書けてしまうくらいドラマがありました。
細かく解説したいですが、そこまでの時間はなく、申し訳ないですがダイジェストで伝えさせていただきます。
いずれ名古屋餓狼会コミュニティの生放送なんかで、解説も交えながら1つ1つお伝えできたらと考えています。

準決勝でAKIRAさんを破る事ができたのは、運が良かったとしか言いようがないですが、
一つだけ言えることは、最後まで諦めずに声を枯らして応援してくれた仲間たちがいなければ、
同じ結果にはなっていなかったと思っています。
AKIRAさんに勝った後、優勝したわけでもないでもないのに、あれだけの雄叫びをあげたのは初めてでした。本当に嬉しかった。
最終的には決勝でshivaさんを破り世界大会二連覇を成し遂げることができました。
前回と同じく優勝した時に名古屋の皆が駆け寄ってくれて、またこんな幸せな気持ちを味わえるなんて、
本当に本当に嬉しかったです。本当に最高の仲間達に恵まれましたし、
名狼会は最高にホットな奴等が集まっていると改めて思った瞬間でした。本当に私は幸せ者です。

ここまでの幸せを感じることができるのは、勿論自分が今まで頑張ってきたこともありますが、
やはり、名古屋の仲間たちや、東京で盛り上がっているミカド勢の人たち、
他の地域の人たちが、それぞれ各地でガロスペを盛り上げようとしてくれたことが大きく、
これだけの盛り上がりがあるからこその喜びを味わうことが出来ることを実感しています。
本当に、主催した高田馬場ミカドのイケダ店長や八丁堀さんや運営の方々、
店員と噂されるAKIRAさん達が会場を設置したり、大変な頑張りがあったからこそと思います。
本当にありがとうございました!

   



さて、いきなり話はかわってしまいますが、すこし発信力の話をさせてください。
※盛り上がっている地域の方々には関係のない話にはなりますが・・・。

先日『ガロスペは盛り上がっているのに、ここ(他県)でイベント起こしてもイマイチ盛り上がらなかった』というのを目にしました。
世間には色々な流行がありますが、どんなものも流行は主に首都・東京から発信されていくもので、
それだけ、東京からの発信力というものは世間が注目している分、加速度的に流行っていくものだと思っています。
現在ガロスペは本当に盛り上がっていますね。数年前には考えられなかったくらい、倍以上は盛り上がっています。
それもこれも、AKIRAさんを中心として東京の方々が色々試行錯誤して、盛り上げた結果だと思います。

ですが、この東京も3、4年前にガロスペ20周年記念大会をやったときは、参加者5人でした。
名古屋でも20周年記念大会というものを独自で開催しましたが、その時はまだ名狼会というコミュニティが
確立されていた分参加者も20人程と多く、まだ名古屋の方が盛り上がっているくらいでした。
ですが、正直私は『東京で盛り上がらないとガロスペシーンは牛歩のままだ』と思っていて、
ガロスペが東京で軌道に乗れば名古屋の今までの頑張りなど及ばない位、
あっという間に一瞬で全国に広がっていくだろうと思っていましたし、
周りの人にも『東京が盛り上がればガロスペは加速度的に盛り上がるはず』と話したりしていました。

ではなぜここまでガロスペを盛り上げることが出来ているのか。それは全てにおいて『きっかけ』一つだと思っています。
東京では、AKIRAさんという強烈な個性があり、発信力のある方が居ても、
中々ガロスペをやりやすい環境として扱ってくれるゲーセンがありませんでしたし、恵まれなかった。
名古屋でも全く同じです。名狼会の拠点であった名古屋LOOPみなと店が閉店した後は、
『今後どうなっていくか』一時期悩みました。

そこで『きっかけ』の一つとなったのが東京であれば高田馬場ミカドであり、名古屋であればアーバン大須だったということです。
ミカドの店長イケダミノロックさんはその個性もさることながら、企画力と周りを巻き込む力や横のつながりを大切にし、
ギルティの聖地でもありますが、レトロゲームでもここまで盛り上げるかと言うほど伝説のゲーセンに仕立て上げています。
そこにAKIRAさんが入っていけばまさに鬼に金棒・・・いや、ビリーに三節棍と言ったところでしょうか。まさに水魚の交わりですね。
アーバンでもビデオゲームは激戦で、特に最新のタイトルでは、大会が何十人規模で行われ(凄いときは100人を越えるほど)盛り上がっている状態。そんなタイトルが犇く中に、レトロのガロスペを入れてもらったのは、店長さん・店員(モコモコ)さんの相当な苦労があったと思っています。

ただ、ここで誤解してほしくないことは、私もAKIRAさんも全ての行動において「待ち」の姿勢だった訳ではありません。
どんなに環境のいいゲーセンに巡り合えたとしても、ゲーセンといえど商売ですので、ビデオゲームのサイクルは本当に激戦です。
少しでもインカムが悪ければ当然そのゲームは外されてしまいます。当然です。いくらガロスペといえど撤去されるのが落ちでしょう。
「待ち」ではなく、企画をしたり運営をしたりして、その熱意を理解してもらわなければ意味がなく、その上で結果も出していく事が必要です。
それこそがプレイヤーとゲーセンが上手い信頼関係で成り立つ真髄であり、理想の形だと思っています。

では、そもそも現在その『きっかけ』を掴めていない他県のプレイヤーの方々はどうすれば良いのか。
『きっかけ』は何も理解あるゲーセンと出会うことだけに限ったわけではありません。
小さなことも、人と出会ったりすることや、プレイすることも一つの『きっかけ』です。ただ、どこにも落ちているわけではありません。
ましてや待っていてはきっかけを掴むことすら出来ません。残念ながら『きっかけ』はどこにあるか分からないです。
だからこそ、『きっかけ』は自分で取りにいく・探しに行くんです。全てはその熱意だと思います。

前述で示した東京の20周年大会。参加者は5人ですが、わたくし公明はその5人の中の1人です。
何がきっかけになるか分からないので私は遠征しました。その前の月の新宿大会も遠征して2ヶ月連続で遠征しました。
AKIRAさんも、純粋にガロスペを楽しみに行っていたとは思いますが、名古屋の大会や関西の大会に何度も遠征されていました。
また、数年前にちょっと関西がやや盛り上がっていないなと思い、名古屋勢の私が難波アビオンでガロスペ大会を主催したりもしました。
それが関西勢にとってなにかしらの『きっかけ』になればいいと思ったからです。
おこがましいかもしれませんが、先日札幌のガロスペ大会に遠征したのも、色んな方の『きっかけ』になればという思いでした。

さらに遡ると、数年前名狼会は実質私一人での活動。でも何が『きっかけ』になるか分からないので、
ブログをやり続け、動画をアップしたり、生放送をしたり、何よりガロスペが楽しいので、辞めるつもりは一切ありませんでした。
ある日、同じ名狼会のたーさんより、『熱い男が居る』と教えてもらい、それがきっかけでゲーセンでその熱い男と会いました。
話をすると名狼会の動画や活動を見てくれていたという、通りすがり氏との出会いでした。
後にこの男はアーバン大須で中心となり、現在の名古屋盛り上がりの中心となって活躍してくれています。
その後も、名狼会の動画を見てくれたというそれがし氏と出会い、様々なきっかけがありました。
現在名狼会で中心メンバーとなっているタマ@アーバン、ひぃさんなんかは、通りやそれがしが連れてきてくれた精鋭です。
また、シュラガユク氏は自分が悩んでいた時期から、LOOPや地元で盛り上げようと対戦会を起こしてくれたり、
ネオジロウ氏も現在ではツイッターなどを中心に動画をアップして様々な『きっかけ』を作ってくれています。
今の名狼会はそれぞれが自分にできること適材適所に、しかも自主的に動いてくれており、本当に感謝しています。
自分ひとりでは何もできません。出来る人が出来ることをやって支えあっている感じですね。
これもそれも全部一つの『きっかけ』から生まれたものです。

もちろん大前提として、自分は周りの仲間に支えてもらっているし、理解あるゲーセンに支えてもらっている。
さらに、この盛り上がりは他の地域の熱もあるからこその盛り上がりがある。特に名古屋と東京がいい関係で盛り上がっており、
今度10月で行う予定の東西戦なんかもお互いの協力なくしては実現できません。
本当に、多方面の方々の協力には本当にいつも感謝です。
私はPVでAKIRAさんのことを主人公と言いました。
私がAKIRAさんのことを主人公と言ったのは、まさに流行の中心地であり発信地である東京で中心となって広げてくれていて、
そして、今回はその東京ミカド主催の世界大会なので、だから彼を主人公と言っています。
もちろん、私にも名古屋を盛り上げていった自負はありますし、ガロスペも自分が主人公になったつもりでやっています。
ただ、東西戦なんかもやって、お互いがいい関係で盛り上げられているし、彼がここまで東京で盛り上げていなければ、
いまのガロスペシーンはなかったとも思っています。そういう意味で私はAKIRAさんに感謝しているからです。

  

話がそれました。
他県の方がガロスペのイベントを起こしてみたが、人が集まらなかったと嘆いていますが、それは第一歩です。

しかし、本当に大切な一歩です。一つの立派な『きっかけ』にはなりました。
それをなるべく大きな媒体で宣伝しながら地道に活動していけば、必ず盛り上がります。
もし、自分に出来ない。苦手なことがあるならば、それを出来る人を探し、相談しましょう。その努力は必ず実ります。
なぜ断言できるかって。理由は簡単です。
なぜなら、餓狼伝説SPECIALは死ぬほど面白いゲームだからです。だから絶対に盛り上がります。
23年前どこに行ってもプレイされていたこのゲーム。潜在的に埋もれているプレイヤーは腐るほどいるし、
いつか私やAKIRAさんを脅かすほどのプレイヤーが出てくるだろうということも予想しています。
この記事が少しでも他県の方々に役に立つ『きっかけ』になればと思い、今回少し書かせていただきました。
基本的には当たり前の事しか書いていませんが、意外にその当たり前も忘れてしまうものです。

地方でも盛り上がって、全国的にもりあがって、色んなプレイヤー同士で高めあって、
本当の海外勢なんかも世界大会に出てきたり、ついには・・・EVOみたいな大会にガロスペが選ばれたら最高じゃないですか!
自分はそれに向かって1億の1もできているとは到底言えませんが、
これからも盛り上げるための初心を忘れずに、少しでも全国でガロスペが盛り上がることを願っております。

改めて世界大会という、こんな素晴らしい『きっかけ』を作ってくれた高田馬場ミカド様には感謝いたします。
本当にありがとうございました!


(公明)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【第14回オオスタウン杯結果】 ※簡単な結果報告まで

2016年08月01日 | 5.大会結果

暑いですねえ~ どうも通りすがりです!

7月は急遽決まった「第14回オオスタウン杯」を行い、
その翌週は世界大会とガロスペ充な後半戦でしたね。
 ※タイムリーな情報の拡散はツイッターを中心に速報として
  当日流れているので、それをいいことにサボってしまいました。
  

そのまま月末に突入してしまい、
「忙しい」を言い訳にして全く更新できていませんでした。スイマセン。

公式発表として結果のみのレポートになりますので
ご容赦下さい。

さて、名狼会のホームゲーセンであるアーバン大須店(でいいのか?)の記念すべき
リニューアル後のオオスタウン杯の結果は…!?  ※以下敬称略
まずは紅白戦から
紅白戦


というように画像の通り、偶数チームが17.5対26点で勝利!
キャラ被せが得点に紐付かないところに面白さが詰まってますね!
これはプレイヤー間の交流と大会前の簡単な肩慣らし&緊張ほぐしが狙いですが、
やはりそこは狼。
「勝負となれば負けたくない!」というプライドのぶつかり合いも見所の1つ。
今後も続けたい名狼会お手製の名物企画です^^。

そして初中級者大会!
初中級者大会
1位 ヨル(ギース)
2位 2代目京橋サラ(テリー)
3位 キヒロタカ(キム)

※14名参加(レギュレーションは以下)
 参加者全員をくじにて3人or4人の4リーグに振分け。
 各リーグ内総当り戦を行い勝ち数により2者まで選抜。
 各リーグから選出した計8名にてトーナメント(K-1方式で対戦相手は決定)。

今大会はテリーやギースが多数エントリーという印象でしたが、
その流れからやはり決勝戦もテリー対ギースという因縁のカードに!

リーグによっては「テリーとギースしかいない」というリーグも(笑)
その「テリーとギースのみ」のリーグを勝ち抜けてきた両名が決勝を争うことになりました!ヨルさんは土台としてかなり動かすことが出来た復帰者さんで、
このところアーバンによく現れてはガチ勢だろうと何だろうと対戦を繰り返して
自身のスキルアップに努めていらっしゃいました。
 ※もちろんヨルさんだけがそうだったわけではなく、
  色んな方が事前に練習をして調整していらっしゃったと思います。
その過程で勝ちも負けも数多くあったことでしょう。
それらの賜物だろうと素直に嬉しく思います^^
脱初中級者の証として公明さんより「ブルーストラップ」を贈呈されたのでした。
おめでとうございます!

※京橋さんのテリーも非常に、非常に!惜しかった!!
 最後まで会場をあっと言わせ続けた京橋テリーは会場をも味方につけた、
 「かっこいいテリー」でした!(名勝負をありがとうございます!)

決勝以外にも名勝負は数多く、やはり各リーグを勝ち抜いた方々の戦いは
「初中級者大会」とは思えない見ごたえのあるものになりました!
今後もやりますよ初中級者大会!乞うご期待!


無差別級大会
1位 公明(キム)
2位 シュラガユク(クラウザー)
3位 通りすがり(ダック)

※27名参加(レギュレーションは以下)
 参加者全員をくじにて8人用トーナメント3つに割り振り。
 トーナメントからはみ出すエントリー者は各トーナメント内で0回戦として内包。
 各トーナメントを最終まで勝ち抜いた3名にて三つ巴戦を行い最多勝利者が優勝。

事前の初中級大会が押したためトーナメントにて実施。
※今後も参加人数が多いとトーナメント形式でやるしかないかもしれません。

優勝した公明さんは圧巻の強さ。
また優勝常連のシュラさんも今大会こそ準優勝だったものの、
帝王道を感じる立ち回りでした。
3位は私。

というわけで非常に楽しくオオスタウン杯は終了することが出来ました。

次回は10月15日(土)を予定日としています。
皆さんで盛り上がっていきましょうね!

(通りすがり) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正式発表!7月16日(土)第14回オオスタウン杯(ガロスペ大会)&5セットフリープレイを開催します!初中級者大会も同時開催!

2016年07月09日 | 1.告知・伝言

こんにちは!
通りすがりです

先日不明瞭なままの発表になっておりました、
第14回オオスタウン杯ですが正式発表として「開催致します」。


前回の発表では「アーバンスクエア大須店様が再開していたら」という内容だったかと思いますが、
そうです!無事再開されました!※パチパチ

しかしながら若干補足も必要ですね
①店名が改称されています
「アーバンスクエア大須店」様から「フェドラP&D OSU」様になっております
※住所は以前のアーバンスクエア大須店様と変わりありません

②完全リニューアルオープンではありません
旧アーバン大須店様のビデオゲームコーナーがあったフロアのみの先行再開という扱いです
※詳細はお店の公式発表をご参考下さい

当日のレギュレーションは以下を暫定で予定しています

13:00~終日 フリープレイ
16:00~   ダイヤグラムポイント制紅白戦
18:00~   新規・復帰勢シングル大会
19:30~   無差別シングル大会
※急な告知であった為、時間や大会形式はその場の都合で変動するかもしれません。

稼働対戦台数は5セットの予定
※初心者・初級者専用台も設ける予定です(連勝制限あり)

【大会レギュレーション(新規・復帰勢、無差別共通)】
■リョウを除く15キャラ
■大会方式はトーナメント方式となりますが、当日の参加人数で変更あり
■ライン移動、小パンコンボなんでもあり

住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-31 万松寺駐車場ビル2F

ボタン配置:BOX配置、Aボタン落ちの選択制
駐車場:打ち切り駐車場有!
動画配信:名古屋餓狼会のコミュニティにて、メイン対戦台の配信を行います

○参加費:500円
参加費をいただければ紅白戦、個人戦、フリプすべて参加可能

皆様のお越しをお待ちしております!

(通りすがり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加