コードギアス 反逆のルルーシュR2 第2話 「日本 独立 計画」

 やっぱ、王が記憶を奪った張本人か。


 とても30分の番組とは思えない濃密度。
 これがコードギアスの魅力だな。

 さて。スザクはルルーシュを売って出世したことが判明。
 また、ギアスの秘密を知るものとして、特別な立場みたいだな。
 スザクが、単なる敵としてではなく、ルルーシュを売ってまで手に入れたもので、なにをするのか、したいのかを示してもらいたいな。じゃないと、スザクただの黒い人www


 カレンも、ギアスを持つルルーシュに操られていたのではないかと疑惑を持つ。
 だけど、結局ルルーシュに口説かれ……違っ


 ルルーシュは反撃作戦に出るが、そこにスザク並の機体と腕を持つロロ登場。
 ぎりぎりのところで作戦が間に合い、タワーを崩壊させ、カラレス総督死亡。この辺りも、1期を踏襲してるな。

 中華連邦に逃げ込むことまで想定していたルルーシュたち。
 外交問題になるため、踏み込めないブリタニア。
 この辺りは、一期の伏線だな。うまく使ってる。

 しかし、そこにロロがやってくる。ロロもギアス持ち。
 なんかギアス大放出だな。しかも、ルルーシュ殺しに来たって。
 ルルーシュ殺した人は、どうしてエースパイロットばかりwww
 ルルーシュはパイロット的にはただの人なのに……。

 まだまだ謎が多い展開。
 王の登場が多いことから、今回は中途半端な終わりはなさそう。
 また、王の目的があり、C.C.を探しているらしい。
 そういえば、1期はC.C.が移動させられているところから始まってたんだよな。


 しかしまあ、王は全員にギアスを使ったのか。
 シャーリーとか、学校の面々は記憶がおかしいしな。
 ロロが担当した可能性もあるが……どっちみちロロがどこから湧いて出たのかよくわからん。
 謎の多さに事欠かないコードギアスだから、序盤で明かされることを期待しよう。ロロの正体明かしたぐらいじゃ、まだまだ謎が多いしな。

 前作はダークヒーローっぽかったルルーシュなんだけど、今回はいい奴に見えるんだよな。まあ、奪われた妹取り戻すとか、大義名分があるせいか。
 まあ、笑い方は相変わらず悪役だが。 
 

にほんブログ村 アニメブログへランキングに参加してます
コメント ( 6 ) | Trackback ( 5 )

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第1話「魔神 が 目覚める 日」

 前回の終わりから、どうつなげるのかと思ったけど、記憶喪失か。可能性としては無難な選択肢を制作側は選んでくれてよかった。
 これで前の話が「なかったことに」みたいな展開は御免だからな。

 前半は手続き的なことが多かったけど、学生生活を楽しむルルーシュを見られたのは笑える。
 ただ、まだ整合性で足りない部分は多いけど。
 弟の存在、ナナリーはどうしたか? そもそもスザクとの前作ラストの後の展開は? というところが、序盤で明かされるんだろう。
 それにしても、ギアスが発動しっぱなしになってるのは、治ったのか。
 まあ、発動してからはずっと赤かった気はするが。


 記憶操作がC.Cか、前作ラストに出てきたナナリー攫ったやつの仕業か。
 どっちみち、ナナリーはどこかに行ってしまったらしいな。スザクのところか?
 

 んで、スザクはすごい偉くなったっぽいな。
 ゼロ殺し宣言しているし。
 黒スザクって感じだな。
 ま、出だしからルルーシュのポージングには笑わせてもらったし、これからも面白そうだ。



にほんブログ村 アニメブログへランキングに参加してます
コメント ( 1 ) | Trackback ( 19 )

機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」(最終話)

 今時いるんですね。「片腹痛いわ!」って叫ぶ人www


 ガンダムマイスターは、アレルヤと刹那だけの状態。
 ハレルヤは、セルゲイとソーマに劣勢だったが、アレルヤと同時発動という最終回らしい技で、反撃。ところが、セルゲイとソーマの師弟愛(?)っぽい攻撃で撃墜……悪役だな。なんか、ソーマのことをマリーとか呼んでたので、知り合いだったぽいですね。


 刹那はアレハンドロと戦闘。まあ、色々あったけど倒しました。ここ、長かったんだけど、省略。リボンズにとっては、アレハンドロも道化だったという、黒幕フラグはしっかり立ててました。

 んで、その後が問題だ。
 グラハムKYすぎだろ!!
 なにしてんだよ、ってテレビ画面に突っ込んだぞ。
 ともかく、せっかく生き延びた刹那も、グラハムと相打ち。

 マリナに刹那が手紙を送っていたのは、演出過多だが。


 そして、その後。
 世界は一つにまとまって、各国は軍隊を解体、一つの軍隊を作ることになったみたい。まあ、この辺りは当初の予想取りだな。
 沙慈は宇宙での仕事を始めたけど、ルイスとは連絡がとれない状態。
 そのルイスといえば……なんだ、ティエリアっぽいのと一緒にいる! それともティエリアもどきか? もどきっぽいな。
 グラハムは、まさかの仮面の人? アリーは飲んだくれ。セルゲイは軍隊みたい。
 マリナのところにいたメガネの人は、去っちゃったみたいですね。
 大体、そんなもんだっけ?
 ソレスタルビーイングは、存続してたみたいで、リューミンはなかなか幅をきかせているみたいだねぇ。ようやく、Oガンダムも登場。ネーナも結局は、リューミンのところに身を寄せているのか?
 リボンズは、コピーっぽいのがたくさんいましたね。
 で、沙慈がガンダムっぽいGN粒子を見て終了、と。


 最後まで見ての感想。
 最初はどうなることやら、と思ってましたが、最後までどうなることやら、でしたねwww
 最初は悪い方だけど、最後はいい方の意味で。
 ただ、いくらなんでも殺しすぎ。しかも、いいキャラを殺すから、二期やりづらくて仕方がないと思う。つまんないキャラばっかり生き残ってるし。
 スメラギ姉さんとフェルト、マリナはオーケーなんだが。
 セルゲイとか死んでよかったキャラだろ。クリスは生きてて良さそうだし、ガンダムマイスターが全滅ってのはないよな。(まあ、刹那ぐらいは生きているんだろうけど)
 これだけ最終回で伏線張ったわけだから、続編ないと困るよなぁ。
 ただ、世界として一段落ついてしまっているので、ストーリーが起こしにくいとは思うけど。
 しかしまあ、こんなに死にまくるガンダムってのも、珍しいんじゃないか。リアルさを求めたんだろうけど、死にすぎると死が飽和状態になって、演出になってないのは問題。ルイスのケガとか、ロックオン、クリスの死までは悲しいと思えたけど、正直連発しすぎだと思う。
 ただ、テーマは最後までぶれなかったのは、見事な力業だったと思う。復讐とか、個人の思惑をあくまで客観的にしか捉えない描き方は、ちょっと普通はできない。
 まあ、二期があるんだとすれば、沙慈視点がメインか、かなり視点を分散することになるんだろうな。
 とりあえず、期待しておきます。



 来週からですが、「コードギアスR2」をレビューします。
 

にほんブログ村 アニメブログへランキングに参加してます
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

機動戦士ガンダムOO 第24話 「終わりなき詩」

 こんだけやったら、次期はほとんど新作じゃないのか?



 というわけで、ロックオンの死から遺書書いたり、ティエリアがぶち切れたりして、メチャクチャ状態。
 撤退しようとしていた国連軍に、援軍を送るので再度攻撃命令。
 そして、アレハンドロ登場!
 なんだよ、あのデカブツ。
 つーか、なにがしたいんだよ、アレハンドロ。
 悪なのか、単に反イオリヤシュヘンベルクなのかが、いまいちはっきりしない奴だな。


 ともかく、あのデカブツのおかげで劣勢の塩豆(ソレスタルビーイング)。
 アレルヤもハレルヤ(だっけ?)発動したけど、撃墜され、ティエリアもトランザムを使うものの、デカブツの長距離攻撃で撃墜。
 プトレマイオスにも攻撃が迫る。思いっきり生き残りフラグでしたね。ADゲームなら、選択肢ですよ。
 砲撃に回った、スメラギ姉さんとあのオッサン(公式ページにも名前載ってないのな)。
 クリスがフェルトをデュナメスのところ=逃がそうとして、スメラギ姉さんのところにやってくる。
 まもなく、クリスとリヒテンダールのところへ、MSが……。操舵室に直撃を食らう直前にリヒテンダールがクリスを庇う。半分機械だったことが判明するリヒテンダールだが、ケガは重くそのまま死亡。生き残るかと思ったクリスティナも、背中に鉄骨?が刺さっており、吐血。プトレマイオスの爆発と共に死亡。
 まさか、この二人が死ぬとは……。しかし、名場面は作りましたね。これが一期のピークでしょう。
 二人の会話とか、フェルトへの言葉が、フェルトの今後の成長をフラグか。
 正直、これは泣けた……。


 コーラサワーとティエリアが相打ちという、想像していなかった展開に。
 コーラサワーの金星と見るべきだろうな。あと、あの大佐のフラグっぽい。二期で結構上の地位につくんじゃないだろうか。


 生き残ってるのは刹那だけか。
 たぶん、刹那もやられて、塩豆がバラバラになるってところだろうな。
 マリナフラグがあるから、あそこに匿われるか。記憶とか失いそう。
 スメラギ姉さんは、ユニオンのカタギリのところに身を寄せるって手があるな。グラハムが味方になりそうな予感。
 つーか、二期はパイロット的に強くならんと話にならないしな。


 沙慈のフラグも、こうなるとアレハンドロ側につく可能性もあるな。いかようにも、調理可能なフラグだ。

 まあ、しかしそもそもの問題は、二期が本当に実現するのかってことだけど(笑)。
 二期が、打ち切られたらどうすんだ?
 一番それが恐いんだが。



にほんブログ村 アニメブログへランキングに参加してます
コメント ( 3 ) | Trackback ( 6 )

機動戦士ガンダムOO 第23話 「世界を止めて」

 ハロの声がせつなすぎる……。


 トランザムシステムは、一時的に性能向上する代わりに時間制限と、使用後の性能低下のデメリットが判明。
 これでバランスをとったか。

 国連軍は宇宙へ上がり、攻撃開始。
 ロックオンは強制待機させられ、ティエリアとアレルヤで迎え撃つことに。
 しかし、劣勢でトランザムシステムの使用と、デュナメスの援護でなんとか敵を退ける。
 コーラサワー、まだ死なないのか。最後のとっておきですかね。
 デュナメスで母艦を叩こうとするロックオンだが、アリーに邪魔され、そのまま戦闘へ。
 戦闘により、大破したデュナメスから下りたロックオンは、GNアームズの武器を使って、アリーを撃とうとする。だが、直前に気づかれて撃ち返される。
 駆けつけた刹那も間に合わず、GNアームズの爆破に巻き込まれるロックオン。

 
 先週、そろそろ塩豆に被害が出そうと言っていたら、本当に出ましたよ。しかもロックオンとは……。死にそうなキャラではあったが。
 ハロの「ロックオン、ロックオン……」の連呼は、涙腺ゆるむわ~。
 年長者だけあって、刹那とか頼りにしてたからな。

 しかし、これで一機空くことになるわけか。だれがパイロットになるのか。伏線といえば、伏線だな。
 今回、国連軍にも結構な被害が出たっぽいので、すぐに連続して攻撃はできないだろうな。
 だけど、こうやって一人ずつ死んでいく話なのか、今回のガンダムは。
 次回はロックオンの死を悼む話になりそうだな。
 あとは今後の伏線か。グラハム、沙慈あたりの話も出てくるかな。



にほんブログ村 アニメブログへランキングに参加してます
コメント ( 3 ) | Trackback ( 6 )
« 前ページ