レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

警視庁いきもの係 第2話

2017年07月16日 22時00分50秒 | 2017年ドラマ

『ペンギンを愛した容疑者』
『ペンギン屋敷の謎を解け!ペンギンを愛した容疑者』
内容
石松(三浦翔平)から“いきもの係”に新しい依頼が入る。
仕事は、ペンギンの保護。

大手食品グループの会長・藤原慶二郎(河野洋一郎)が、
自宅のペンギン飼育室で溺死しているのが、
妻の亜紀子(幸田尚子)により発見されたという。
世話をしているときに、足を滑らせて頭を強打し、池に落ちたと推測された。
早速、須藤(渡部篤郎)圭子(橋本環奈)が現場の家へ。
すると圭子は、現場の写真などを見て、事故では無いかもしれないと指摘する。
藤原の手が綺麗すぎて、世話をしているとは考えられないという。
世話をしていないのに飼育室で死ぬのはオカシイと言うことだった。

もし他殺だとすれば、容疑者は、
亜紀子、秘書の久慈達夫(小柳友)、亜紀子の兄・青木益男(勝矢)の3人。
そんなとき、飼育室のバックヤードで作業服を見た圭子は、
亡くなった藤原の大きさでは無いと指摘。
作業服を着ていた人物が世話をしていたと断言する。
そんなとき、久慈が部屋をのぞき込んでいるのに気付く須藤。
エサをやろうと思いやって来たという。久慈のニオイを嗅ぐ圭子。
手にも傷があり、久慈が世話をしていたと考えられた。

その後、総務課に戻った須藤と圭子は、石松から状況の説明を受ける。
そして、聞き込みで、3人には動機があると分かったが、
須藤は久慈を犯人とするには違和感を感じる。

敬称略

 

前回よりは、動物部分が抑え気味で。。。。

抑え気味といっても、かなり描いていますが。

そのあたりを利用しつつも、

須藤が刑事である事を強調して描いている感じですね。

刑事モノとして普通に楽しめるレベルだ。

原作の良さも伝わってくるし。

かなり良く出来ていますね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ『おんな城主直虎... | トップ | 日曜ドラマ『愛してたって、... »

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
警視庁いきもの係 第2話 (ぷち丸くんの日常日記)
大手食品グループの会長・藤原(河野洋一郎)が、自宅のペンギン飼育室で溺死しているのを妻・亜紀子(幸田尚子)が発見しました。 警察は、藤原がペンギンの世話をしている時......
警視庁いきもの係 (第2話・2017/7/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
共同テレビ制作/フジテレビ系・『警視庁いきもの係』(公式) 第2話『部屋とペンギンと私愛した容疑者は誰?』の感想。 なお、原作:大倉崇裕「小鳥を愛した容疑者」、「......