レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

相棒season10 第7話 すみれ色の研究

2011年11月30日 21時54分04秒 | 2011年ドラマ

『すみれ色の研究』

内容
特命係に1本の電話が入る。
右京(水谷豊)の大学のチェス部で一緒の加藤誠(柴俊夫)からだった。
「相談したいことがある」
今は、バイオマスエタノールの研究をしているという。
相談したいことと言うのは、研究で横領が行われている可能性があるということ。
内部告発になるため、立場上、ばれたくないので信用できる人に。。。と。

同じ頃、特命係に電話が入る。無言のため尊(及川光博)が、電話をすると、
加藤美咲(岡野真也)という女子高生だった。
会ってみて、驚く尊。。魅せられたのは、右京の名刺!?
「父は疑われているのでしょうか?」
父・誠の共同研究者・倉田真理(笹峯愛)の死の疑惑が掲載された週刊誌に、
挟まれていたという。記事では自殺と書かれてあるのに。。。
かつて、同じように父の助手をしていた母・恵子(舟木幸)も、海外で病死。
母の死でも疑惑が消えなかったこともアリ、気になってしまったと言う美咲。

警視庁に戻り、尊が真理の死因について米沢(六角精児)に訪ねたところ、
遺書も残され自殺と考えられるという。
遺書の中には、不正についての言及がなされていたらしい。
恵子についても、食中毒ではあるが、死ぬ場合もあるという。
尊は、加藤から直接事情を聞くため研究所を訪ねると、、、、右京がやって来る。
謎の自殺について調べていると尊が話すと、怪訝な表情を浮かべる右京。
そんな右京は、加藤のことを大学時代の友人であると告げた上で、
安易に疑うべきでは無いと、研究室から尊を追い返してしまう。
軽率な行動は慎むべきであると。

追い返されてしまった尊は、単独での捜査を決意。
ふたたび美咲から事情を聞くことに。
事件当日の、父・誠の様子についてであった。
その後、尊は、真理が横領を行っていて可能性があると考えるが。。。。

一方、右京は、加藤の部下の鈴木隆明(西山聡)竹山学(久ヶ沢徹)らから、
誠が研究に没頭するあまり、所長の桑原博(伊藤高)が止めるにもかかわらず、
暴走気味であると知らされていた。

やがて。。。。。。加藤の研究室で右京と尊の対立により、事件が発生し。。。。

敬称略



前シーズンの『9時から10時まで』の徳永富彦さんの脚本ですか。

だから、若干雰囲気が似ているエピソードになっているわけだ。

まあ、、、右京と尊の切り替え。。。と言う部分ですけどね。



さてお話は、、、

旧友から、ある依頼を受ける右京。
一方で、その旧友の娘から、ある依頼を受ける尊。

やがてひとつの事件が浮かび上がってくる。

って感じだ。


ミステリーとしては、2人の主人公がいればこういったカタチは定番であり、
『相棒』としては、ホントに久々。。。ですね。

事件自体は、ベタと言って良いので、特に言及する部分は無いが、

だからこそ『相棒』としては、かなりの秀作と言って良いでしょう。


最近では、妙にテーマ性のある物語を描こうとするあまり、
ドラマとしての重厚さは感じて、その意味での面白さはあっても、
本来の『相棒』としての面白さは無かった。

今回のエピソードのように、事件もそこそこ重要ではあるが、
そこにある、特徴ある登場人物たちの“やりとり”こそが、

ホントの『相棒』の面白さなのである。

前回も、同様の流れではあったのだが、事件の描き方だけで無く、
登場人物の描き方が、イマイチだった。尊、右京を含めて。

今回のように、シッカリとキャラが立ってくると
『相棒』として面白いだけで無く、ドラマとしても面白さを感じることが出来る。



こう言うのが見たかった!!!!!!


それだけで十分ですね。

それにしても、良い設定のゲストを持ってきましたね。
右京と張り合うことが出来て、右京を手玉に。。。なんて。。。

なかなか、粋な演出。。。そして流れでしたね。

こう言う人こそが『良い犯人』ですよね(笑)
あ。。。犯人じゃ無いけど。



楽天ブログ版
第7話 

TBが飛ばない場合は、以下へどうぞ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3091.html
『テレビ』 ジャンルのランキング
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーネーション 第51回 | トップ | 家政婦のミタ 第8話 »

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「相棒season10」第7話 (またり、すばるくん。)
第7話「すみれ色の研究」   
【相棒 Season 10】 第7話:「すみれ色の研究」 (仙丈亭日乘)
をを!尊くんが右京さんを毆つた!
相棒season10:第7話 感想 (ホワイト・メモリー)
『すみれ色の研究』 これが始まる前「ベストアーティスト大賞」を見てたんですが、よりによって9時跨ぎにいきものがかりが来ちゃう(地元近いんで割と好きなんです)もんだから完全に出遅れました。 基本的に録画しながらの視聴なので問題はないのですがね。 それでは追...
相棒season10 (第7話 11/30) 感想 (ディレクターの目線blog@Seesaa)
10/19からテレ朝で始まったドラマ『相棒season10』(公式)の第7話『すみれ色の研究』の感想。 やっと「杉下右京の事件簿」から脱出! ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3211/ ★Seesaaブログにトラックバッ...
相棒ten 第6話「すみれ色の研究」 (雪愛のやねうら部屋)
ゲスト:柴俊夫 脚本:徳永富彦 監督:田村孝蔵 なんと! 右京さんと神戸くんのケンカ(?)はふたりの芝居だった!
相棒 season10 第07話 感想 (荒野の出来事)
 相棒 season10  第07話 『すみれ色の研究』 感想  次のページへ
『相棒 season10』第7話 感想 (シュミとニチジョウ)
何とも衝撃的なお話でした…。 直ぐに芝居だと気づきましたけれど、この展開は意外過ぎて素直にビックリしちゃいましたよw
「相棒 ten」第7話 (日々“是”精進! ver.A)
娘のための、研究… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112010000/ 相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.11.24 池 頼広 avex io (2011-11-30) 売り上げラン...
相棒ten(season10)「すみれ色の研究」 (のほほん便り)
今回は、特命の二人がひょんなことから、別の相手から同じ事件を依頼され、捜査を進めていくうち…  ついに、二人の意見が衝突して、仲間割れ。尊(及川光博)が右京(水谷豊)を殴った~っ!と思いきや、それは共謀した巧妙な作戦でした。 また、クロかと思ってた...
相棒10 「すみれ色の研究」~ロレンツォのオイル (平成エンタメ研究所)
 今回はふたつの事件が同時進行している。 ・バイオマスエタノールの研究者・倉田真理(笹峯愛)の死。 ・研究所所長の研究費横領。  このふたつの事件の<研究費横領>を右京(水谷豊)が、<倉田真理の死>を神戸(及川光博)が関わるという図式になっている。  「相...
相棒ten(Season10)第7話 (ドラマハンティングP2G)
「すみれ色の研究」2011年11月30日(水)9:00~9:54pm 女性研究員が首を吊った状態で発見された。 後日、「父は疑われているのでしょうか?」と右京のいない特命係に一本の電話が入る。 出たのは尊。電話の相手は女子高生。 父親(柴俊夫)というのは、女性研究者の共同研...
「相棒 season 10」第7話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
10日前の女性研究員の死。 第7話『すみれ色の研究』ネタバレです。 生活の木 C ローズマリー シネオール エッセンシャルオイル 10ml【HTRC3】生活の木 by G-Tools
相棒season10【第7回】テレ朝水9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
すみれ色の研究  「ふぅ、見損ないましたよ。性格に多少問題があっても、捜査に関しては信じられる人だと思ってました」by神戸くん(及川光博)。 「どう取っても結構。ただし、ボクの邪魔だけはしないでください」by右京さん(水谷豊)。 「オレだってそれなりの根拠があっ...
【相棒ten】第7話感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
「すみれ色の研究」 12/1(木)発売の相棒コラボパン、今日、スーパーに買いに行ったら、相棒パンの看板はあったのですが、パンは売り切れてて、ありませんでした(汗)明日、も...
【相棒ten】第7話感想と視聴率  (ショコラの日記帳・別館)
「すみれ色の研究」 12/1(木)発売の相棒コラボパン、今日、スーパーに買いに行
相棒「すみれ色の研究」 (blog mr)
 右京と神戸が研究室で言い合いを始めたときに芝居だということには気づいたが、いつから芝居だったんだろう。特命係の部屋で、慎むように言ったはずですが、って言ったときにはまだだよねぇ。  柴俊夫演じる加藤が、旧友であっても話をするときに目をあわせようとしな...