まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

家ネコ17匹を世話するために本を書いたり都会に出かけたり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

今日は久々に質問箱から

2013-10-22 00:09:20 | 『日常』



今日は朝から雲海になっておりまして、朝の気温差が大きくなってくると見られる現象ですので、これからしばらくはこういう風景を楽しめるかと思っております。

以前通勤していた時は山超えて職場に行ってましたので。
今の時期は朝日に輝く雲海をよく見ておりましたね。お菓子作る仕事してると朝が早いものでして。早起きに見られる、得した風景、というものも存在しているものであります。

ついでに、先日東京~大阪という移動込でワークやっておりましたが、その出発の日に朝から彩雲が現れてまして。
それを写真になんとか撮影しましたが、こういうのは今ひとつ写真には写りにくいものではありますね。



でも綺麗でしたよ。

彩雲見てからワークとかに出発すると、結構いいテンションで元気に向かえるので。
僕にとってはいい兆しでありますね。
東京では頼んでもないのにツインの部屋になって、広々と風呂もバスタブに入って、シモンズ製のベッドで安らかな睡眠が取れまして。かなり心地よい感じで過ごせたのですが。
で、その幸運の分、大阪ではホテル選びにやや失敗し他感じが。
シャワートイレでなかった。
多数の宿泊客が夜中でも廊下で騒いでて、夜中に半分切れかけた。
とかありましたが。
トータルでは宿もそこまで悪くなかったし、寝心地は意外と良くて驚きました。
最近贅沢になってきたので「できればシモンズ製」とかホテルの部屋選ぶときの基準にしていたりするのですが。
もちろん、「値段が同じ場合」の選択基準ですけどね。

そういう一流ベッドではどう見てもない、かなりチープな印象を受けたものでしたが。
意外と硬さやスプリングの感じが良いのですよ。

やはり、宿というのは実際に泊まって見ないとわからない部分があるものであります。
今のとこ僕の中で失敗ないのは、部屋は狭いけどアパホテル一押しですね。
ベッドが僕にフィットします。
ただし、部屋狭いですけどね。

さて、今日は「へミシンク質問箱」から。昨日の続きはまた今度書きますので。
今日はキックボクシングのときに腕を痛めたので、それの治療にいつもの整体の先生のとこに行って。その後温泉に浸かって体を癒してましたのでブログの更新遅くなっております。
温泉に入って阿蘇のエナジーに接続、という感じですかね。
寒くなると温泉がきもちいので家の風呂よりも、外に入りに行く機会が増えて行くものであります。


では、「へミシンク質問箱」から

<今日のご質問:>

まるの日さんの経験値だと瞑想とか禅について、ヘミシンクを活用する上でどのように捉えられていますか?
特に、ゲートウェイシリーズを聴く前後とかに瞑想をするとか、瞑想活用的な手交があれば、参考までに記して頂きたく。

また、瞑想を行なう時に、ナレーションが入ってないメタミュージック系CDで、お勧めがあれば教えてください。
メタミュージックは、あまりにも種類が多くて初心者には取捨選択するのにわかりにくい一面があると思います。



<お答えさせていただきます:>

そうですね、個人的に感覚だと、へミシンクCDのゲートウェイシリーズは、「21世紀の禅」だと思っておりまして。

あれを聞いて、自分で自分の中を見つめていけたら、それで良し、な感じもしているところです。
聞いているだけでよし、それであれこれ考えるのもよし、寝るのもよし、雑念もよし、
みたいな感じで。
自分に起こる出来事を、眺めて見ていく事が出来るようになれるCDセットであるな、と思ってます。
そこから、自分なりの「悟り」を得る人もいると思いますよ。
これは僕の個人的な見解ですけどね。

へミシンクを聞いていると、無意識にある情報、自分の持っている感覚が「顕在意識」へと引き上げられる部分があると思っていまして。
今まで気づかなかった感情、感覚、意識、肉体の反応、などが表に出てくるようになると思います。

その段階で、瞑想や禅のように自分の内面を見つめる手法を組み合わせていくと、
その見えてきた感情や意識が、自分の何を示しているのか?

とかそういうのに気づきやすくなると思います。
それによって、無意識に自分が持っていた「世界を認識するフィルター」を知っていくことができるので、

その自分が持っているフィルターを「薄くする」のか「なくす」のか「より分厚くする」のかを顕在意識で選択して行けるようになってくると思います。

今の意識状態で、無意識を「感じる」ことが出来るようになれる。
そんなCDセットだと思っていますよ。

聞きながら寝ているだけでもその効果はあるのではないかと思います。
なので、へミシンクCDを聞きながら寝て、起きて瞑想して。
瞑想して自分の中で感じる感覚に意識を澄ませてから、へミシンクCD、特にゲートウェイシリーズなどを聞いてみると、また今までと違った感覚で物事を見ることが出来るようになれるかと思いますが。

瞑想を行う場合、自分の無意識に振り回される場合もあると思います。
へミシンクCDでも同じように、自分の無意識に振り回されることがあります。特にへミシンクCDは無意識が見える形で出てきますので。
その見えてくる無意識の形に、また翻弄されてしまったりとか。

なので、僕はへミシンクCDを聞く場合も瞑想することは大切だと思います。
へミシンクCDを聞いてから瞑想すると、さらに変化が促進されるのも体感しておりますので。

瞑想状態をより深くしてみたい。自分の感覚、意識をよりはっきりと感じて行きたい。
という場合はへミシンクCD、特にゲートウェイCDを聞いてからだといい感じになれると思います。
より、今の自分に意識が向きやすいかと。


と、書き方が遠まわしで面倒な書き方してますが。
これを感覚で読んでいただけると嬉しいかな、と勝手に思っております。

で、へミシンクCDの活用方ですが。

意識を無の状態に、という場合は「フォーカス15」のフリーフローのCDを聞いて座禅すると面白い領域を感じられるかと。
目を開けて聞いていると目の前の風景が回転し始めたりすることもあります。
自分の見ているものが、そこにあるように見えて無いのではないか?みたいなこと考えてしまう体験にはなれますね。

フォーカス10のCDで体をリラックスさせて
フォーカス12のCDで意識を開放させて。
そして、フォーカス15のCDで無の状態へと入る。

これを何度か練習していると、自分の脳内でこれをやれるようになりますので。
何日も修行して長く時間かけていくよりは、へミシンクCDを聞いて脳内にそのパターンを作ってしまって。

それから座禅などを行うと、より早くに何かの気付きを得られそうな気がします。
内観とかも同じですね。

瞑想の場合は、僕は10と12の部分を聞いて。
瞑想中にその感覚を思いだしながら、その状態で感じるものを受け入れていけば。
自分にとってのいい体験が出来ると思っております。


メタミュージックで瞑想に使うもので個人的に好きなのは、
「タッチンググレース」「イントゥザディープ」「ストランド」などなどでして。
ほかにもいくつもいいCDはあるのですが、意識が引っ張られる感じはこの3種類が好みです。
これらは普通にステレオで流していても大丈夫ですよ。

あとは、「SOコード」「サーフ」になりますが、これらはマインドフードのCDです。
SOコードは曲というよりは和音の繰り返し的な雰囲気、サーフは波の音がひたすら入っているCDでしてこちらはヘッドフォンで聞きながら瞑想のときによく使ってました。

あとは、詳しくは「ヒーリングサロン・ネコオル」の商品説明で「瞑想用」とか書いてたりしますので。そちらも読んでみてくださいね。

http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51

と最後は商売にちゃんとつなげてしまいますが。
僕の解説は全て実際に自分で聞いて感じたことを書いてますので参考にしてみてくださいね。あとは、ご購入の際にご質問など頂けますと、数日以内にはお返事をお返ししますので。

へミシンクCDでもナレーション入りのCDは目的別になっていますが。
そういうCDを聞くことで、今まで気づかなかった自分に気づくこともあります。なので、瞑想とかとへミシンクCD各種は組み合わせていくと無限の広がりがあると思っていますので。
日常生活にも、非日常生活にも、ぜひ活用して見てご自分で使い方を広げて見られるのもいいと思いますよ。
もっと自由に展開してもいいと思っております。


という感じで。あまりお答えになってないかもしれませんが。
瞑想や禅を「より自分にとって効果のあるように」していくには、へミシンクCDを聞いて脳の状態、意識の状態を先にリラックスさせておくのはいいと思いますよ。





さて、数日やってなかったけれども、誰も期待してない「艦これ 提督日記」ですが。

久々にやってみたら、資源が有り余るほど溜まってましたので、ついにやってみました。
船の製造材料を「990」にして全部それでやってみたら
で、なんと、製造時間1時間30分
なんじゃそりゃ。

ガッカリしてしょうがなく高速でやっちゃって結果みたら。
重巡でてきてまして。

ま、筑摩ちゃんだったんで良かったんですけどねぇ。
資源もったいな。

と思いつつ続いてデイリクで3隻建造。

今度は慎重に「正規空母のでるレシピ」を参考にやってみたら、製造時間4時間以上、やっときました。
高速でちゃちゃっとやったら、正規空母の「瑞鶴」がついに仲間入り。
やっと空母来たよ。

とか思ってたら、なぜか軽空母をやたらと拾うようになってしまいまして。
飛鷹、隼鷹、拾ってしまいました。これで空母のローテーションはいい感じに層が厚くなってきましたね。
いままで大切に育ててきた千代田はまだ育てていきますけどね。

あとは重巡も拾い物が増えてきまして、やっと愛宕が仲間入り。妙高型も4姉妹揃いましたし。マップ上で2人くらい拾ってますね。その上、何げにマップ進めたら扶桑拾うし。

これからは拾い物でも生活できそうなので、製造はひたすら潜水艦作るかな~。
やっと満潮の呪いは解けたようで、今日は珍しく一隻も出てません。

軽巡はほとんど遠征組になってて、実戦にはほぼ参加してませんね。
ただ今編成が、戦艦1、重雷装巡洋艦もしくは軽空母1、正規空母もしくは軽空母1、重巡2、駆逐艦(叢雲)1という6隻編成が主になってますかね。
青葉も改になったし。



で、艦これし始めてこんな感じで本も買ってしまいまして。
危険な領域に入ってしまいそうな気配もあります。

ちゃんと仕事に差し支えないようにやってますので。そこはご安心くださいね。
まだステージは2-3行けるようになったくらいですけど。






【今後のワーク予定】

12月1日に、東京で「2014年を見る」という感じの、2013年を振り返りつつの忘年会的ワークをやる予定であります。
詳細は後日。という感じで。


有料メルマガ、「まるの日圭の見えない世界の歩き方」今月からは「まるの日圭のあの世探訪記」になってます。
http://www.mag2.com/m/0001603200.html

ヒーリングサロン ネコオルにて、2013年度版の新作へミシンクCDを販売中です。
ついでにセール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
チェックしてみてくださいね。今月在庫入荷しております。paypalも使えるようになりました。カードを持っているかたにはおすすめですね。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51


まるの日圭の「ヘミシンク」アプリの紹介ページ
http://catchapp.net/item/detail/582507011

フェイスブックで「まるの日圭」のファンページ作ってみました。
イベント、セミナー紹介とか、ちょっとしたコラムなどを連載していきます。
http://www.facebook.com/marunohikei



<ヒーリングサロン・ネコオル>
ただ今サマーセール実施中。天然石アクセサリー、20%off(一部商品を除く)
ヘミシンクCDも値引き販売有り。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=51

まるの日圭のガイド拝見もタイミング良ければありかも?
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=36

まるの日圭のペットガイド拝見、いつのまにかスタートしてます。亡くなったペットのメッセージもあります。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=55


ヒーリングサロン・ネコオル、まるの日圭オリジナル、グリッドワークでも使用してます、「トータルセルフとつながるCD」、「よく分かるヘミシンクDVD」 共に販売中!!
なーやさんのクリスタルボウル演奏DVD、CD、TaijyuさんのピアニカCDも発売してます。
http://marunohikafe.cart.fc2.com/?ca=44

・「ハイアーセルフ・シンボルアート」 ついに始動
http://marunohikafe.cart.fc2.com/ca60/1030/p-r60-s/

・ヒーリングサロン・ネコオルのセミナー情報、遠隔「 高次シンボルヒーリング 」の内容などはこちら。
http://blog.livedoor.jp/nekooru/archives/5623812.html






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これから熊本帰る | トップ | オシラサマとか考察 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まるの日さん、こんにちは。 (りんパパ)
2013-10-22 06:48:37
 彩雲、美しいですね。

 カメラで撮るのは本当に難しいですね。
 でも、良く撮れています。

 スマホで撮ると、なかなか撮れませんね。

 軍艦ですか。私はよく子供のころ、プラモデルで作りました。

 そのころは、軍艦、戦車、ゼロ戦はやっていましたからね。
丁寧な回答ありがとうございました。 (ヘミシンク質問箱)
2013-10-22 22:02:26
コピペして今後の参考にします。

コメントを投稿

『日常』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL