牧瀬好弘パスタ記念日

牧瀬好弘はパスタが好きであーる。明太子が一番

牧瀬好弘  ネタバレ注意「君の名は。」

2016-10-12 15:26:16 | 日記
牧瀬好弘には、最近気になる映画があります。それは、「君の名は。」です。この映画はただのアニメ映画と違いSF的なアニメになります。


アニメは時代とともに流行が変わってきます。昭和の時代のアニメは日常的な物よりも、ロボットなどが動くアニメや熱いスポーツのアニメなどが多い時代でした。スポーツでも現実的にはあり得ない魔球を投げたりするためどのアニメも現実を少し誇張して、普通には現実できないことを平然としてのける作品が多かったのです。


平成に入ってからは、逆によりリアルな世界、つまり日常的にあり得そうな世界を描いたアニメが多いのです。ところが、「君の名は。」は、現実的な世界も織り交ぜながら、そこにはSFの要素も入れることでストーリーを面白くしているのです。

では、「君の名は。」はどのようなストーリーでしょうか。ネタバレになりますが、簡単にネタバレの内容を説明します。
まず、2人の主人公がいます。一人が少女のタキです。田舎に住んでいます。もう一人がミツハで東京に住んでいます。この二人は、どういうわけか、ある日を境に体が入れ替わるようになりました。それぞれが誰だかわからない相手に入れ替わるのですから、なかなか奇妙な物です。入れ替わりをした時は、全く周りの環境も異なります。タキは東京の都会に住んでいますが、ミツハは、飛騨の田舎に住んでいます。それぞれが入れ替わったときは全く違う環境でなじむことができませんでしたが、実際に何度か入れ替わっているうちに、段々とお互いの生活がわかってくるようになります。
やがて、入れ替わったお互いのことが気になり始めるのです。

ある日、タキはミツハに会いに行こうとそれまで入れ替わった時の記憶の断片を思い出し、ミツハが住んでいるであろう飛騨の田舎に行きます。そこで、衝撃の事実を知ることになります。実は、3年前にその街に彗星の片割れが落ちて、数百人の犠牲者を出してしまったと言うことでした。被害者名簿を調べて見ると、そこにはミツハの名前がありました。
再びミツハに入れ替わったタキは、どうにかして彗星からの被害を防ごうとします。そのために、試行錯誤をしてなんとか町民も避難させようとしたのです。

8年後、ミツハはすでに社会人になっていました。もしかしたら、タキは彗星の衝突を回避したかもしれませんが、結論はどうなっているのかわかりません。間違いないのは、町民の多くは避難をすることができたと言うことです。もしかしたら、その町民の中にミツハがいて生きているかもしれないし、もしかしたらすでに町民の中にミツハはおらず亡くなっている可能性もあるということです。
ココまでがネタバレになります。ネタバレといってもかなり飛ばしてしまいましたが、実際に映画で見ると、心を大きく揺り動かされることになるはずです。実際に見てみたい人は映画館へ行ってみましょう。
牧瀬好弘もまた見に行きたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 牧瀬好弘 お気に入りプチプラ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。