薬に頼らず、うつ、依存症トラウマ改善 心のリハビリステーション

松本市の脳科学や心理学を使って心がどんどん元気になるカウンセリング080−3575−9594

ストレスケアマッサージ

2017-05-14 06:35:26 | うつ病改善
こんにちは、カウンセラーの塩原です。

ストレスケアマッサージとリラクゼーションについてお話します。

もちろん、誰かにやってもらうのではなく自分自身で出来る方法です。

ストレスが溜まっていたり、自律神経の働きが乱れている方は常に神経が高ぶっている交感神経優位の状態です。

この交感神経優位の時は、内臓の働きが弱り、筋肉が硬直して血流が悪くなっている状態です。
ということは、ストレスで食欲がないときは、無理して食べない方がいいんです。

リラクゼーション、手の指をイタ気持ちいいくらいの強さで揉んで、同じ強さで揉んでも痛みを感じる指があったら、優しく入念に揉んであげてください。

親指は不安

人差し指は恐れ

中指は怒り

薬指は情緒不安定

小指は緊張

の感情を緩めてくれる作用があります。

特に普段指輪をしている指は、一旦指輪を外してマッサージした方が効果的です。

そしてリラクゼーション呼吸方ですが、色々と種類がありますが、眼を閉じて鼻からゆっくり7秒間くらいかけて吸います、そして、3秒ほど息を止めて、息を7秒間かけてゆっくりと吐きます、その時、舌先をかるく上に曲げてホーの音で吐くと脳波がα波に近付いていくそうです。

この呼吸を5〜10回くらい繰り返して目をつぶって余韻を楽しんでみてください。

そして、大切なのはこの時目線を下にした状態でしないこと、目線を下げると過去の記憶を思い出し安くなるからです。

目線はフラットよりやや上を向いて、眉毛を3ミリ上げてやると更に効果的です。

私自身、考え事をした時やイヤなことがあった時、カウンセラーといえども寝つきが悪い時もあります、お酒の力を借りるか、この呼吸方でかなり助けられています。


他にも、いっぱい種類がありますが、また徐々に紹介していきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うつを治すと言うよりも | トップ | 運がいい人とは・・・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL