昭和は遠くなりにけり

プログはいくつも作ってるのです。だけど本音愚痴を書くプログが欲しかった。

テッサロニキのユダヤ人

2016-12-31 16:32:49 | ユダヤ民族
src="http://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/21/35/f0dd514a0a836885f9fb01cd163b5903_s.jpg" border="0">src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/dd/0f83bc66a975e88283697a384ae381a7.jpg" border="0">バルカンのエルサレム,テッサロニキには古代から繁栄したユダヤ人コミュニテイがかつてあった。だけどホロコーストでことごとく消え失せ今残る面影は1つもないのだという。

アブラハム・マノは1919年テッサロニキで生まれた。両親と5人の兄弟はアウシュビッツでことごとく殺され100人もいた親族も全滅した。たった一人生き残ったのが囚人番号116526の入れ墨をつけたマノなのだという。



戦前テッサロニキの人口が12万人で半分がユダヤ人だった。

9万人いたギリシャユダヤ人のうちホロコーストを生き延びた者はわずか1万人。

ポーランドユダヤ人、リトワニアユダヤ人、ルーマニアユダヤ人には

まだ自分たちの過去を知る資料が残されている。全滅はしてない。



しかしサロニカの場合すべての資料が消え失せ、自分みたいな生き残り組が死んだら全部消えて終わりなのだという。

戦前サロニカには神学校もシナゴーグもユダヤ系の小中高校もあった。

ギリシャではポグロムもあったけどギリシャ人とユダヤ人は比較的友好的に暮らしていた。しかしヒトラーがドイツで政権握ると反ユダヤ主義がギリシャにも押し寄せてきた。





たとえば。仲良しだったギリシャ人の友達が突然言い出した。

「ヤコブ俺はお前に失望した。」「何だい?突然」

「お前がイエスを殺したんだ。」

「馬鹿言うな。2000年も前の話じゃないか」「そうらしいが。俺はたった今教会でそれ聞いてきたんだぞ。」



反ユダヤ主義なんてそんなものだった。

1942年末になると、ギリシャのユダヤ人たちは毎週テッサロニキ、アテネ、ロードス島から移送列車に詰め込まれ強制収容所へと送られだした。

1943年アブラハム・マノもアウシュビッツに送られた。ブーナで労働させられてたがある日突然ギリシャユダヤ人は外に集合するよう命令された。トラックに乗せられビルケナウについたが、

「奇跡だよ。お前たちはガス室直行の予定だったんだ。だけどハンガリーユダヤ人が貨車で到着したのでそっちを先にガス室送りにすることにした。」

その後ギリシャユダヤ人はワルシャワに送られワルシャワゲットー解体の作業をさせられた。ナチスに対するユダヤ人レジスタンス運動の象徴だったワルシャワゲットー破壊の仕事をなぜギリシャユダヤ人にさせるのか?

ギリシャユダヤ人はギリシャ語、ヘブライ語、フランス語スペイン語が喋れたけどドイツ語ポーランド語はちんぷんかんぷんだからだという。



その後ロシア軍がきたので12日間歩かされた。あまりの喉の渇きで発狂寸前だった。食べ物も水もなく、、尿まで飲んだ。



それからダッハウに送られそこで米軍に解放された。

解放されてから親族を探しに故郷に帰るユダヤ人もいたけどマノはドイツに3年間とどまった。

誰か一緒にあの体験を語り合える友達が欲しかった。生き残った6,70人のサロニカユダヤ人を組織してサロニカユダヤ人のシナゴーグを作った。

心の通い合う人間が必要で、、、ダッハウでようやく妻とめぐりあい1945年7月15日結婚した。

その後イスラエルにわたり今日まで港湾労働者をして暮らす。

「アメリカに行ったギリシャユダヤ人は何もかも忘れドルのことばかり考えて暮らしている。生き残ったギリシャユダヤ人のうち60%はイスラエルに来た。


自分はホロコーストは大ウソだと叫ぶ人たちに囲まれて暮らしたくない。テッサロニキの生き残り組と一緒に暮らしたい。



私は生きた証拠だ。1943年には私の家族は100人を超えていた。その家族は今どこにいる?100人の家族のうちから誰が残ってる?彼らはどこにいる?どこにいる?どこにいる?」



↑この人はシュロモ・ベネチア この人もテッサロニキのユダヤ人。

「私はガス室の「特殊任務」をしていた」より。アウシュビッツでゾンダーコマンドだった。マウトハウゼンより生還。彼も戦後イスラエルに渡った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチンが恐れた男 | トップ | 日露戦争の時のユダヤ人  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユダヤ民族」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。