京都府京都市右京区 ILCHI ブレインヨガ 太秦スタジオのブログ

京都府 京都市 右京区 太秦 で ヨガをするならILCHIブレインヨガ 太秦スタジオ トレーナーのブログです。

未来の希望3

2017-04-09 17:03:42 | 日記
こんにちは。

前回の続きです。

大学生の3回生ぐらいのときからに就職先を選択し、活動準備する必要があります。

最近は正社員として希望する職場につくのが厳しいと聞きます。

就活はお見合いのようなものです。

お互いの条件が合うのか。

企業側では学生がしっかりとした個をもっているのかを見ます。

それに重視する能力や資格をもっているのか。

お互いの条件が合致して入社しても、離職率が30%もあります。

それは学生側から見て(職場が)思っていたことと違うからです。

学生側としては

基本的には、「自分らしく生きて人の役に、世の中の役に立ちたい」と

     思っています。

だが実際感じるのは幻滅です。

企業は競争下にいるので、

     利益至上主義で、売り上げ、効率化が最優先となります。

     新入社員が仕事を覚えるのに3~5年は掛ります。

     周りの方が1人前と認めて初めて仕事が任せられるのです。

離職してからは仕事を転々とします。

運が良ければもっとよい仕事に就けますが、大抵は

条件が悪くなります。

それに仕事ができる(出世)には何かを犠牲にする必要があります。

     それは自分の健康であったり、家族との時間であったり。

人生で大切なのは自分の健康であり、家族なのです。

     仕事や財産、地位、名誉ではありません。

これからの日本は少子化が進み、人口が減ってきます。

そして ますますグローバル化が進み、近くに住む外国人が増えてきます。

会社でも海外の人とコミュニケーションをとらざるを得なくなります。

英語を話せることは当たり前で、第2外国語(特に中国、韓国語)も話せることも必要になってきます。

 (スムーズに会話できる自動翻訳機ができるといいのですが。)

教育費が収入に比べると割合が高くなるので、ますます少子化が進みます。

そして人気がない大学は合併か廃校になるでしょう。高校も統合化が進みます。

それから詰め込み教育のひずみが生まれ、改革が始まると思われます。

続く

この記事をはてなブックマークに追加

未来の希望2

2017-03-28 20:16:47 | 日記
こんにちは。前回の続きです。


では、高校生のときに自分の将来を選択する必要があります。

進学か就職か
大学か専門学校か
大学なら文系か理系か
地元か他の場所に行くのか

就きたい仕事は何か
どのような仕事に向いているのか

何のために大学にいくのか

わからないけれど、皆が行くので、とりあえず大学にいく。
豊かな生活をしたいので。
専門知識を増やして活躍したいので。

目標も確信もなくとりあえず、ただ大学へ行く人が多いと思われます。

では、どこの大学に進学するつもりなのか

偏差値の高い大学
生徒数が多い(少ない)大学
将来の仕事の選択肢が多い大学
就職率が高い大学
先輩が有名企業に多く入っている大学

大学の進学率は昔と違い57%と高くなっています。
有名大学に入学することが当面の目標になっています。

一方 4年間に大学に掛かる費用は

国公立大学
私立文系大学
私立理系大学

ちなみに一家庭の全国平均年収は

430万円程度です。

収入から大学の教育にかける費用の割合は年々高くなる傾向にあります。
当然それまでの教育費(高校、塾など)も掛ります。
当然 子供が多ければこの時期、負担割合は高くなります。

ゆえ、大学生になれば全体の約30%の生徒が奨学金制度を利用しているとのことです。

1人当たり 300万円~600万円を借りているとのことです。

当然 卒業後 自分で返金することになります。
300万円なら、毎月5万円返金としても5年間掛ります。


続く

この記事をはてなブックマークに追加

未来の希望1

2017-03-19 15:32:18 | 日記


こんにちは。

未来の希望とはいろいろとありますが、今回は子供たちの将来について述べたいと思います。

世間一般男性の場合 人生についての流れは概ね、以下のようと思われます。

高校 大学の進学率がいい高校に入る

大学 偏差値の高い大学に入る
就職先がよい大学に入る

会社 正社員として、安定して、給与が高い企業に入る
東証1部上場企業に

結婚 素敵な人と巡り合い結婚する

住まい 親と離れて持ち家を持つ

退職 定年まで会社勤めして、健康なら第二の就職先に

引退 健康で家族安全で平均寿命以上にまっとうする。

でも思うようにはいきません。

総合職として採用された会社では

全国どこにでも行かされ、(グローバル企業なら海外も)引っ越しは頻繁にあり、
仕事オンリーで、仕事帰りや休みでもお付き合い。

また家庭では、

住宅や自家用車のローン続き
子供の教育費  と

これが思い描いた人生かと
空虚感が生まれてきます。

一方
持病の悪化、親の介護や相続の問題などと予期せぬ出来事が起こってきます。


以上のことは当たり前のことだとだれでも認識しています。


続く

この記事をはてなブックマークに追加

歯を大切に

2017-02-18 20:28:47 | 日記
こんにちは。久しぶりに更新します。


シニア世代になれば、歯医者さん通いが増えてくるのが当然のことと思われています。

その原因の1つが歯周病菌です。歯茎がボロボロになってきて歯が抜けていき、

入歯などを使うようになっていきます。

入歯の本数が多くなると硬いものが食べられなくなってしまい、柔らかい物が主体の食生活になります。

咀嚼回数が減ると脳に刺激が伝わらなくなり、物忘れが始まります。


そうならないために、

歯周病対策には毎日のブラッシングが不可欠なのことはご存知でしょう。

それには、工夫が大切です。

前回にも触れましたが、

・歯間ブラシ(糸ようじもOK)の利用

・うがい薬で歯周病菌を滅菌する

・磨きにくい奥歯にはプラウト型の歯ブラシで再度磨く。

・歯磨き粉はラウリル硫酸ナトリウムを含まないものを使うほうが身体のためにはよいらしいです。
   

北欧諸国では医療費削減のために、定期的(3ヶ月に1回)に歯医者さんに通って

歯垢除去してもらうことを推奨されているそうです。

目的は、歯が抜けると身体に部位に影響を及ぼすからです。(ある考え方ですが)

32本の歯はそれぞれ身体の内蔵と繋がっています。

例えば 上と下の前歯各4本は

腎臓、膀胱と関係するとのことです。



また、かみ合わせがよくないことによる左右への偏りが身体の歪みを発生させることや、

詰め物の金属によっても身体の変調に関係してきます。

たがが歯とあなどれないのです。

こういう私も3ヶ月に1回歯をチェックしてもらい、歯垢を落としてもらっています。

いつまでも自分の歯で食べたいものです。


東洋医学では歯は腎臓と関係します。虫歯になりやすい、物忘れが多いなどがあれば

腎臓が弱っているのかもしれません。

運動で腎臓を強化したい方は

イルチブレインヨガ太秦スタジオまで

電話 075-862-1666

この記事をはてなブックマークに追加

真我発見 3

2016-02-16 22:38:34 | 日記
こんにちは。真我についてに続きです。


では自分の夢を実現するためにどうすればよいのでしょうか?


「引き寄せの法則」に関連した本がまだまだ発刊されています。

いろいろな方が書いておられます。

それだけ需要があることなのですが、

逆に考えれば、これが本物だというのがないのかもしれません。


夢を叶えるには、まずは自分の観念に気づき、囚われていることを捨てることです。

信念は必要ですが、執着を手放すことです。観念、思い込みが邪魔をしているのです。

例えば、家族の場合、ご主人や奥さん、それぞれに理想像があると思います。

奥さんからご主人に対して、「こうして欲しい」とか、「もっと~になって欲しい」とかいう思いがあります。

また、「~だから~が出来ない。」というのも観念です。

その勝手に形成された夫の理想像は、生まれ育った環境や情報から生まれたものです。

理想と現実とのギャップが葛藤を生み、だんだんと感情を拡大させていくのです。

積もり積もっていつかは爆発し、喧嘩になります。

・・・・・

人はいろいろな観念をもっています。

上手く行かないの人生です。

思い通りに行かなければ、マイナスの感情が生まれ、

その感情に支配され生きていきます。

自分で自分の感情を眺めて見てください。

イライラ、不安、心配、恐れ、悲しみなどに浸っていたいですか?

もっとこころが安定して、平穏な状態で過ごしたくないですか?


そのマイナス感情から脱出するには、脳を浄化して、きれいにしていくことが大切です。

脳がシンプルになれば、やるべきことが見えてきます。

ひらめきが増えてきます。

ひらめきをすぐに行動に移していくべきなのです。

繰り返し、繰り返してすれば、夢は引き寄せられます。

それに自分の真我に出会うことが大切です。




脳を浄化したい方は

イルチブレインヨガ太秦スタジオまで

電話 075-862-1666

この記事をはてなブックマークに追加