くる屋堂

読み本、紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

た・か・く・ら

2009-05-24 16:27:19 | Weblog




























































た・か・く・ら 嘉門達夫著より。



笑えます、笑えます、ホロリときます。
(どこかで聞いたフレーズか?)

替え歌でおなじみの嘉門達夫氏の私小説。

うまい例えが思いつかなくてアレなんだが、北野武氏の「菊次郎の夏」。
北野武演じるダメダメなおとっつぁんが、しょーもないネタをやってる時、
BGMは久石譲の清かなピアノ曲。

嘉門氏と友人高倉氏との、やりとりはこれに似ていると思った。
アホなんだけど、愛がある。
スチャラカだけど、愛がある。

これ読んで「愛・地球博」に行かなかったのを初めて悔やみました。






いつもありがとうございます
コメント (55)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加