くる屋堂

読み本、紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

た・か・く・ら

2009-05-24 16:27:19 | Weblog




























































た・か・く・ら 嘉門達夫著より。



笑えます、笑えます、ホロリときます。
(どこかで聞いたフレーズか?)

替え歌でおなじみの嘉門達夫氏の私小説。

うまい例えが思いつかなくてアレなんだが、北野武氏の「菊次郎の夏」。
北野武演じるダメダメなおとっつぁんが、しょーもないネタをやってる時、
BGMは久石譲の清かなピアノ曲。

嘉門氏と友人高倉氏との、やりとりはこれに似ていると思った。
アホなんだけど、愛がある。
スチャラカだけど、愛がある。

これ読んで「愛・地球博」に行かなかったのを初めて悔やみました。






いつもありがとうございます
コメント (55)   この記事についてブログを書く
« もやしもん | トップ |   
最新の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね (あいこ)
2009-05-24 17:21:06
ほんわりと、心があたたかくなります。
悲しいんだけれど、あったかいですね。
くるさんの絵もぴったりです。
Unknown (くーにゃん)
2009-05-24 17:28:30
嘉門さんにおいては、
「鼻から牛乳」しかしらなかったけど、
もうちょっと知ってみたい感じがしました。

高倉さんは、一般人なのでしょうか。
私も、万が一若くして余命を告げられたら
こんな風に楽しくふるまって残りを
過ごしたいです。
ほんと気心知れた友人がこんな風に接してくれたら
なんとか貫けそうですね。
Unknown (a prayer)
2009-05-24 17:30:32
私も以前TVで紹介されたのを観て、
読みたいと思った作品です・・。
嘉門さんとた・か・く・らさんのような関係・・
羨ましいですね。
こんな友達がそばにいたら、本当に生きているうちの宝物ですね。
私も読んでみます。
知らなかったー。 (てつきち)
2009-05-24 17:41:46
嘉門さん、そんな才能があったんですね。
私もチャラリーン鼻から牛乳~・・しか知らなかった。

なんだかほろりときます

読んでみたくなりました。
はぁ~・・・ (ちゃすけ)
2009-05-24 17:57:42
余命って重い言葉でも、大阪弁ってフッと軽くなるんですね・・・
知人は余命を先生から告げられた時、頭が真っ白でその後何をしていたか覚えてなかったって言ってました。 本当に人って真っ白になるんだよって・・・

嘉門さんは、敢えて重さを出さない様にしたのかな?
この本の様に出来たら、亡くなった本人も嬉しいんじゃないかな・・・
すでに (sab)
2009-05-24 18:02:34
「何して遊ぼー?」で泣きそうになりました。

大昔、朝ななじみと嘉門達夫のビデオをみながら大笑いで年越しをしたのを思い出しました。
じみじみ~、じみな麺類~、にゅ~めん にゅ~~~めん。(だったかな?)
幸せな年越しでした。
すみません! (sab)
2009-05-24 18:04:26
朝ななじみ→おさななじみ
自分の間違いにちょっと笑。
ありがとう。 (Fiona)
2009-05-24 18:06:37
すてきな本の紹介と絵をありがとうございます。
図書館を調べたらあったので、早速借りることに
しました。
関西弁のこうした会話には味がありますね。
標準語じゃこうはいかないなあ。
ボケとツッコミという「基本」があるから
余計切なさが募りました。
著書もあったのですね!びっくり! (名もないハナ)
2009-05-24 18:13:50
友より死の予告をされるのと、後日突然亡くなってしまった報を受けるのと、果たしてどっちが納得できるでしょう?
ヘビーですよね。せめて自分は毎日悔いの無いように生きたいと思います。

嘉門達夫さんの直球にオカシい替え歌が好きでした。ナツカシイなぁ。。。
泣けました…(〒_〒) (煙羅煙羅)
2009-05-24 18:58:48
嘉門達夫さんはアルバムしかチェックしてないのですが…、
何も知らずに3コマ目を見て「このおっちゃん、嘉門達夫にソックリだな~」って、思ってしまいました…本人や( ̄口 ̄;)!

お二人のやりとりが胸に迫ります(T_T)

私にも一人だけですが、悲しみを笑いに変えてくれる大切な友人がいます
その子とくだらない話して、いつまでも笑っていられたら良いな、と思いました(T▽T)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事