Caffe` italiano

ボローニャでショートホームステイ 新しい出会いを胸に☆
マンマとパパが加わり家族みんなでおもてなし&ボローニャ生活記

パンツァネッラ

2016-09-15 12:30:19 | CSA Bio無農薬な生活 スローライフ

トスカーナの庶民料理です

夏に大活躍レシピを畑の友達におそわってから
トマトが冷蔵庫にたまり出したらよく作ります!

でもこのレシピある偶然が重ならなければなりません

ハテハテ???

たくさん畑で出来たトマトを一気に処理! って時のて1品 冷蔵に作り置きできるので助かります!

トマトが冷蔵たまり始めたタイミングでカチカチのパンが家にある事がこのレシピの決め手!なのです!


このレシピ昔はパンを自宅で釜でやく事も者のない時代や農家では週に一度だったそうです。5日6日目のパンはカチカチその再利用からできた1品らしいです。 ホンマかいな?立ち話で聞いたので立証してませんが、ウチのノンナおばぁちゃんはパンツァネッラのためにパンツカチカチにさせてた!って逸話もでましたw

その頃の焼きたてパンがたべれるのは子供ころ何よりの楽しみだったとよく立ち話好きのおじいちゃんから聞く話

日本で言ったら炊きたての白米と同じかも?


パンツァネッラっていってもボローニャやシチリアの人にゆっても何それ? って感じ 中央イタリアの食べ物らしいです最近の若い人ベジタリアンにワリと浸透しててヘルシー料理の代表格!

ウチには夫が焼いたカチカチパンがあったので早速!


入れるものは
トマトの角切り
バジル
塩漬けされたオリーブ →今回はオリーブがなかったので塩漬けカッペリーニを代用しました!

そしてカチカチパンのサイコロ切り

これらを一緒にたーっぷりのオリーブとお酢で混ぜて冷蔵で冷たくなるまで寝かせるだけです!
本物のパンツァネッラはトスカーナのパン塩なしパンを入れるんですが

塩なしパンはボローニャでは食べないのでオリーブやカッペリーニの塩気を引き算しました♡

パンにトマトの汁が染み込んで冷たいのでいくらでもたべれます!

カチカチのフランスパンとか家にたまたまあるとかのタイミングに良ければ試してみていかがでしょうか?

トマト以外にもキューリや新玉ねぎなどいれてもオイシイです!
夏の冷蔵庫のお掃除に是非

Buona appetito !!!









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズッキーニのおきて | トップ | マンマのズッキーニのパスタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

CSA Bio無農薬な生活 スローライフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。