倉敷民商を支える会

(倉敷民商内)
086-426-1578

倉敷民商事件 禰屋町子さん15回目の公判

2016-01-26 13:41:10 | 日記
倉敷民商事件で、倉敷民商の事務局員、禰屋町子さんの15回目の公判が1月22日、岡山地裁の100号法廷で開かれ、傍聴席は支援者で埋まりました。

 公園で開かれた報告集会=1月22日

この日は、禰屋さんの本人尋問。弁護団の谷和子弁護士が、禰屋さんの経歴、倉敷民主商工会とは何か、倉敷民商の事務局の役割及び禰屋さんの職務内容などをたずねました。

 お礼をのべる禰屋町子さん

 脱税で有罪となった五輪建設(株)と、同社の脱税を助けたとされている禰屋さんとの関わりが焦点のひとつ。弁護団は、同社と禰屋さんに、個人的なかかわりがあるのかどうかや、禰屋さんが関わり始めた1990年以降の同社の会計と帳簿の状況ならびに税務調査の状況、会計ソフト「建設大臣」と「会計王」の両方を使うようになった経緯、五輪建設の会計のやり方と禰屋さんの作業の概要、2010年3月期と2011年3月期の途中までの禰屋さんの作業と経過を時系列にたずねました。

 公園で開かれた報告集会では、弁護団の山本勝敏弁護士が、禰屋さんの証言の重要性について解説しました。

 禰屋さんの証言の重要性について話す山本勝敏弁護士

 次回公判は未定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逮捕者は428日も勾留――不可解... | トップ | 倉敷民商事件 禰屋さんの16... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事