倉敷民商を支える会

(倉敷民商内)
086-426-1578

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

倉敷民商を支える会のサイト引っ越しのお知らせ。

2017-12-19 15:11:39 | 日記

倉敷民商を支える会のサイト引っ越しのお知らせ。

倉敷民商を支える会の本ブログですが署名などのPDFが直接張り込めない。

スマホなどで見難い。

広告が邪魔。

の意見もあり、以下、独自に別立てでサイトを作りました。

(本ブログも引き続き維持して参ります)

WorldWideにも対応しています。

★WordPress: 
http://sasaerukai.kurashiki-minsho.com/ 
★Twitter: 
https://twitter.com/info_sasaerukai 

Wordpressという広告の出ないブログ形式に

・スマホやタブレットに対応 

・日程案内のカレンダー機能

・ブログ投稿がTwitterと連動して投稿され拡散を促します。

・署名などのPDFファイルほか直接リンク可能です。

・世界数十カ国の言語への翻訳機能。(一部変ですが)

全国の活動のニュースなども紹介したいと思いますので、写真や記事をお寄せください。

メール:

info@sasaerukai.kurashiki-minsho.com

以上、よろしくお願いします。

倉敷民商を支える会 事務局

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民商側意見書が証拠採用に、全国支援で司法動かす

2017-11-02 17:50:11 | 日記

 倉敷民商の禰屋町子さんの控訴審公判が10月27日、広島高裁岡山支部で行われ、各地の民商や国民救援会などでつくる支援の会から15都府県の約150人が参加し、法廷に入りきれない人たちが裁判所前で無罪を訴えました
 裁判後の報告集会で清水善朗弁護団長は「第1審で唯一の証拠とされた広島国税局の木嶋査察官の鑑定書が公平、公正さを欠いていることを訴え、検察の不同意があったが、裁判官の判断でこちらが提出した立命館大学の浅田和茂教授の意見書が採用された。控訴審ではめずらしく2暗闇半にわたる弁護団の意見陳述が認められ、禰屋さん自身も迫力ある意見を陳述した。来年1月12日に判決が下される」と述べました。


 則武透弁帯士は、「法廷ではパワーポイントも使い、木嶋査察官の鑑定書の、5つの問題点(①鑑定人の公平さを欠き、②木嶋氏は税法の専門家と言えず、⑧鑑定項目に沿った鑑定書の体裁すら備えていない、④1審の江見裁判長も3ヵ所の間違いを見つけるなど内容的にも信用性に欠き、⑤他の査察官の又聞き(再伝聞)が含まれている)を述べた。浅田教授の取調べ(供述)はかなわなかったが、意見書が証拠として認められた。3年間たたかってきて初めて光がさした思いだ」と述べました。


 谷和子弁護士は、裁判の元になったⅠ建設の帳簿を税理士の協力も得て調べて脱税の事実が認められなかったこと、千田卓司弁護士は禰屋氏が年3回ほど会計処理をしただけで、所得をごまかしたり隠したり、利益を得た事実がないことを陳述したことを報告しました。


 山崎博幸弁護士は「裁判を傍聴した人は無罪を確信したと思う。40年弁護士やってきてこんなに充実した弁論は初めて。1審判決を絶対に後世に残してはいけないという強い思いでやってきた。5000通の要請はがきが力になった。緩めず支援強化を」と訴えました。


 禰屋町子さんは「不公平、不公正な江見判決に絶望と怒りを感じていた。今日は、民商は営利目的でなく弱い立場の人のための組織であり、税務署から一度も注意も警告も受けたことがなく、自主的な納税を妨げるべきではないことを述べた。みなさんに支えられてここまでたたかえた。最高裁に向けてたたかっている窮増さん、小原さん共々これからもご支援よろしくお願いします」と訴えました。


「岡山民報」 2017年11月5日号より

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

署名のみならず多くの皆さんの要請文も大きな力になっています。
思いを皆さんの要請文にのせて伝えましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

控訴趣意書学習会を開催

2017-09-11 23:21:23 | 日記

倉敷民商弾圧事件 禰屋裁判

控訴趣意書学習会を開催

 倉敷民主商工会と倉敷民商を支える会は、9月10日倉敷医療生協で弁護団の谷和子弁護士を講師にして7月28日に提出した禰屋裁判の控訴趣意書について学習会を開きました。

 谷弁護士は「社長夫妻は罪を認めたから逮捕も勾留もされなかった。
 しかし、禰屋さんは罪を認めなかったからという理由で428日間勾留させられた。これは人質司法だ。」と怒りの声を上げました。

岡山県内では、倉敷・岡山・津山・玉野に続き10月には真庭でも支援組織が結成されます。

「弾圧は拡大で跳ね返す」倉敷民商総会スローガンを達成すべく毎月拡大行動を行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高裁へ控訴趣意書提出行動案内を行いました

2017-07-31 00:30:15 | 日記

7/28(金)高裁へ控訴趣意書提出行動を行い、それに先駆け岡山地裁前において午前中、
宣伝活動を行いました。炎天下の中多くのみなさんがマイクで訴えました。

 また署名提出、要請行動も多くの仲間が出席しイスが不足するほどでした。
それぞれの要請文で公正な裁判を訴えました。
 14:00から禰屋裁判の控訴趣意書の提出を行いました。
 14:30より弁護士会館にて報告集会が行われ弁護団の報告を受けました。

炎天下の平日にもかかわらず全国から支援する仲間が集い、あらためて署名や要請文、
学習に取り組もうと意欲溢れる集会となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高裁へ控訴趣意書提出行動案内ビラ 日時:7/28(金)

2017-06-30 13:12:39 | 日記
高裁へ控訴趣意書提出行動案内

日時:7/28(金) 午後13時集合
場所:岡山地裁前宣伝13:00~14:00
   広島高裁岡山支部(岡山地裁内)へ控訴趣意書提出14:00~
   報告集会14:30~15:30

控訴提出後、弁護士会館にて報告集会をおこないます。控訴趣意書のポイントをまなび、
禰屋裁判の勝利を目指す決起の場とします。ぜひ多くの皆さんのご参加をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加