オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子女教育での書類準備~1

2004-09-15 | 渡米&帰国準備
ルスが小学校編入。
現地校(アメリカンスクール)しかない。
月曜~金曜は現地校。
土曜日は日本教育の補習校(これに行かないと、帰国した時勉強が送れて大変)
補習校はアメリカの生活が慣れてからでも充分だと言われている。人によっては、日本語の通じる教室なのでストレス発散の場になる事もある。

現地校をどこにするかはまだ決まっていないけれど、大体必要な書類は決まっている。
英文の在学証明書、成績証明書、予防接種証明書

補習校での必要な書類は
日本語の在学証明書、指導要録、教科用図書給与証明書

あと、医者にかかる時に必要になる『母子手帳の英訳』
有名な某社が、1冊に付き5000円で英訳してくれる。(実名は控えます)
そこは母子手帳の英訳だけでなく、本人と2親等までの病歴も一緒に記載してくれる。
薬剤アレルギーがあるかどうかが判らず、治療を受けられないケースが多いらしい。(特に日本陣!!)
そんな訳で素晴らしいサービスの様だが・・・『だが』なんです。
私はどの位の期間で英訳が出きるかを確認したかったのですが、電話をかけてこちらの赴任先を聞くなり、第一声で『B型肝炎の予防接種は受けましたか?』が、とても引っかかりました。
いろいろ話してるうちに、日本のドクターの知識の少なさと、技量の悪さを指摘していて、某社関連のDr.かアメリカのDr.でないと信用がないような話しっぷりに、とても嫌なイメージを受けました。
うちの主人の会社のデーターも古いと指摘していました。
全てが事実なのかも知れませんが、用件を差置いて予防接種の事ばかり言われて・・・。
おまけに、栃木にはきちんと接種(ポリオ)出来る所がないので、東京へ出てこれませんか?と言われた。
栃木だって、集団接種以外に接種してくれる、登録された病院があるんだ~!(もちろんそれは伝えてておきました(-_-))


そして、自分で書類を作成する事にしました。
予防接種については自費での追加接種は一切せず、アメリカで受けることにしました。
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しばらく会えない事って | トップ | 子どもにとっての引越し~精... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maimai)
2007-12-22 20:43:47
ご自分で英訳されるのはすごいですね。
私は英語が出来ないから頼まないとだめなんでしょうね。うちの子はまだ一歳ですが、幼稚園にも同じような書類必要ですよね。
maimaiさんへ (Hidemi)
2007-12-23 23:15:54
私は英語は全く駄目でした。でも、このブログを見ていると英語OKに見えるらしいです。
母子手帳の英訳は単語の変換で済む部分が多く、辞書と利用して頑張りました。
英語はこっちに来てから勉強中です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。