高次脳機能障害者家族会・鳥取

事故や病気で脳に障害のある人とその家族,仲間のブログです。
定期的に例会を行い、賠償や年金などの相談も受けます。

9・29 ハートネットTVを!

2016-09-12 23:45:19 | 関連情報

10月21日に、鳥取市で公演されるGOMAさんの情報です!

 

9月29日放映 ハートネットTV  

『傷ついた“脳”  見つけた“力”』
 ディジュリドゥ奏者・画家 GOMA×脳科学者 茂木健一郎


http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-09/29.html
 

◎ここから引用します

「僕の脳は今、どうなっているのか」記憶の壁と向き合いながら活動を続ける、ディジュリドゥ奏者で画家のGOMAさんが、脳科学者の茂木健一郎さんとともに、自身の脳の不思議を探ります。
世界最古の管楽器といわれる、オーストラリアの先住民族“アボリジニ”の楽器「ディジュリドゥ」。

その世界的奏者として活躍するGOMAさんは、国内外のライブに多数出演するなど、順風満帆なキャリアを歩んでいた2009年、交通事故で脳を損傷。高次脳機能障害をおいました。

一時は、自身がディジュリドゥ奏者だったことをはじめ、事故前10年の記憶の多くを失った。今も、新たな記憶を長く保てない、注意力が散漫になりやすい、極度の集中や緊張で突然意識を失うなど、さまざまな症状と闘っています。

一方、事故をきっかけに突如「絵の才能」が開花。描かずにはいられない衝動にかられるようになり、自身が見ている世界を、点描画に落とし込み続けています。今年2月には初の海外個展を開催するなど、その作品は高く評価されています。
事故から7年、傷ついた“脳”で生きる中で見つけた、新たな“力”とは。

GOMAさんが、茂木健一郎さんとの対話を通し、自身の“脳”と向き合います。  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月・10月の定例会

2016-09-04 03:08:33 | 例会・勉強会

●西部地区

日時: 9月 18日(日) 13:30~

会場: 米子市 ふれあいの里

 

●東部地区

日時: 9月 25日(日) 13:30~

会場: 鳥取市 さわやか会館

 

●中部地区

日時: 10月 1日(土) 13:30~

会場: 倉吉市 ヘルパーステーション蔵まち

 

★10月7日、8日は高知市で行われる全国大会です

家族会からも参加を予定しています

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月21日 心の健康フォーラム

2016-08-13 18:23:17 | 関連情報

第25回心の健康フォーラム(鳥取県主催)が 10月21日(金)にとりぎん文化会館で開催されます。

今回のフォーラムでは、ディジュリドゥ奏者として国内外で活躍しながら、

交通事故後の高次脳機能障害により活動休止を余儀なくされ、

近年リハビリなどを経て、音楽活動を再開されたGOMA氏をお招きし、

GOMA氏を主人公としたドキュメンタリー映画「フラッシュバックメモリーズ」(2012年東京国際映画祭観客賞を受賞)上映後には、GOMA氏による公演を予定しています。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の定例会

2016-08-06 08:47:27 | 例会・勉強会

かなり暑い日が続いています

食事や水分をしっかり摂って、体調管理をしてください


● 中部地区

日時: 8月 6日(土) 13:30~

会場: 倉吉市ヘルパーステーション蔵まち


●東部地区

日時: 8月 28日(日) 13:30~

会場: 鳥取市 さわやか会館

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の地域支援セミナー

2016-07-11 22:34:31 | 関連情報

鳥取県西部障害者自立支援協議会 主催

平成28年度 7月 地域支援セミナー

 

テーマ

児童の支援について ~放課後等デイと児童発達支援いろいろ~

講 師

 〇放課後等デイサービス孫の手    錦織 信雄 さん  

 〇NPO法人いるか          井田 猛 さん

 〇After school fam         井上 晋吾 さん

 〇放課後等デイサービスフリージア  川添 北斗 さん

 〇こどもデイサービスわこう皆生通り 廣瀬 晃子 さん

日 時

 平成28年7月22日(金) 午前9時30分~午前11時30分

会 場

 ふれあいの里 4階 中会議室 1・2

 

鳥取県内でも障がい児童を対象とした関連事業所が増えてきました。昨年も開催しましたが、今回は昨年の夏以降に開設された事業所さんを対象に、療育や児童の安心できる居場所、家族支援などの視点から各事業所に支援内容を紹介していただきます。

当日参加できます。ふるってご参加ください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「介護者の権利章典」(柴本さんのブログから)

2016-07-08 15:47:22 | 日々のできごと

介護に疲れて家族が苦しむことが無いように、本人もできるだけ安心していられるようにと、家族会で支えあってるつもりなのですが。 家族みんなが、いつも笑顔で!というのはなかなか難しいことかもしれません。

 

『日々コウジ中』というブログを書かれている柴本玲さんから、許可を得ての転載です。ぜひ読んでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年7月5日

私が講演やこのブログで紹介してきた、児玉真美さん訳による「介護者の権利章典」ですが、それは2008年12月の改定版もので、そのあと2011年10月に再び児玉さんから再改定版が出されていました。 

ですので、今日はその新しい方を載せます。

 


介護者の権利章典(再改定版)

私には……

・自分を大切にする権利があります。自分をいたわり大切にすることは身勝手とは違います。自分を大切にしなければ、家族を介護する力も出ません。

・外に助けを求める権利があります。身内からは反対されるかもしれないけれど、誰にだって耐えられること、頑張れることには限界があります。どこまで耐えて頑張れるか、私自身の限界を知っているのは私です。

・介護者として以外にも様々な役割や立場を持った私自身の生活を、中断することなく続ける権利があります。家族に介護が必要となった時を境に私の生活は変わらざるを得なくなりましたが、できる限りの介護をしているのだから、時に介護者以外の役割や立場を大切にすることがあっても、バチは当たりません。

・腹を立てたり、落ち込んだりする権利があります。たまには、自分で持て余した気持ちをぶちまける権利もあります。

・罪悪感を煽ったり落ち込ませるようなことを言って、こちらを思い通りにさせようとする身内(わざとやる人も無意識にやる人も)がいても、その手には乗らない権利があります。

・気を配り、愛をそそぎ、許し難きを許し受け入れながら介護しているのだから、そういう私にも気を配り、愛をそそぎ、許し受け入れてもらう権利があります。

・こうして介護をやりおおせている自分を誇らしく感じる権利、時としてメゲそうなほど大きい介護ニーズにも踏ん張っている自分を褒めてやる権利があります。

・一人の人としての自分を失うことなく、私自身の人生を生きていく権利があります。私が介護している人には、いつか常時介護が要らなくなる日が来ます。その後にも私は自分の人生を生きていくのですから。

・この国の障害のある人々への支援が進み、そのための方策が新たに見出されていきますように、また介護者を助け支える支援も進んでいきますように、と望み求める権利があります。

原文は
http://www.zarcrom.com/users/yeartorem/rights.html
だそうです。

この「介護者の権利章典」は、もっともっと日本で知られなくてはいけない、と思います。
介護する人(それが高次脳機能障害者の介護であっても、認知症者の介護であっても、どんな病気や障害の介護であっても)は、まず自分が元気にならければ、いい介護ができません。
この権利章典を読まれて、(ああ、自分はこういう風に思ってもいいんだ。こう感じるのは自然で当たり前のことなんだ。)、と気を楽にされ、また新たな気持ちで介護に向かわれるといいと思います。そういう力を介護者に与えてくれる言葉の数々です。
このアメリカ人の書かれた「介護者の権利章典」を見つけて下さり、訳して日本に紹介して下さった児玉真美さんに心から感謝致します。 そして私にこの権利章典の存在を教えて下さった、広島県の元高次脳機能障害支援コーデイネーターSさんにも、深く感謝します。

皆さんもご自分だけにとどめることなく、どうかこの権利章典を、あちこちに広めて欲しいと思います。

また、「患者の権利章典」というものもアメリカから出てきたもので、調べますと1973年のアメリカ病院協会というところが発表されたものが最初のようです。 その後リスボン宣言というものを経て、日本にも輸入されたようです。
佐久総合病院では1983年に、医療生協には1991年に、その後全国あちこちの病院で取り入れられてきているようです。

これを読むと、亡き父と私が病院で遭遇してきた諸々の疑問や不快感は、権利章典からはずれるものではないか、という怒りを今改めて感じています。
尚、「患者の権利章典」をまたここに書きますと、すごく長くなってしまうので、各自でご検索下さい。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7~8月の定例会

2016-06-30 00:12:23 | 例会・勉強会

天候不順で体調を崩しやすい時季です。

水分をしっかり摂り、よく眠るようにしましょう。

新しい仲間が増えています。ぜひ定例会に!


●西部地区

日時: 7月 17日(日) 13:30~

会場: 米子市 ふれあいの里

 

●東部地区

日時: 7月 24日(日) 13:30~

会場: 鳥取市 さわやか会館

 

● 中部地区

日時: 8月 6日(土) 13:30~

会場: 倉吉市ヘルパーステーション蔵まち


注:すでに西部地区には、ハガキで案内を出したのですが、

日時が間違っていました。

確認の上、間違えないように、定例会にご参加ください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域支援セミナー・高次脳支援

2016-06-17 00:44:31 | 例会・勉強会
今回は、高次脳機能障害についてのセミナーです
興味ある方はご参加ください!
 
 
 
平成28年度理解促進研修・啓発事業  地域支援セミナー
 
 
日 時/平成28年6月28日(火)10時~11時30分
場 所/ふれあいの里 研修室1
 

6月のテーマは
「高次脳機能障害のある方の支援について」
講 師:野島病院 高次脳機能センター
    支援コーディネーター 望月 加奈子 さん
日中活動まちくら
     所 長        青砥 綾生 さん
 
 
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急連絡 6月定例会変更

2016-05-19 00:35:46 | 例会・勉強会

●中部地区

日時: 6月 4日 (土)→11日(土) 13:30~

会場: 倉吉市 ヘルパーステーション蔵まち

 

●東部地区

日時: 6月 26日 (日) 13:30~

会場: 鳥取市 さわやか会館


各地区での行事を計画していきます。

よろしくお願いします!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取県の新しい支援体制について

2016-05-19 00:18:52 | 例会・勉強会

①高次脳支援拠点が移動しました

名称:『鳥取県高次脳機能障がい支援拠点機関 野島病院 高次脳機能センター』

住所:682-0863 倉吉市瀬崎町2714-1

電話:0858-27-0205(直通)

 

②今年度総会・研修会が終わりました

・役員体制は継続で取り組みます

会長:森田  副会長:西垣(東部支部長) 会計:西川(中部支部長)

・研修会では、拠点のコーディネーター望月加奈子さんに話していただきました。

神戸で大震災に遭われたことでの思い、災害時の障害者支援について感じておられることなど、参考にさせていただきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加