子育て情報局

子育ての気になることのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アトピー肌の自宅でのケアー

2009-02-22 00:12:49 | Weblog
アトピー性皮膚炎は赤ちゃんから5歳ぐらいまでの乳幼児の皮膚炎とされていますが、ここ最近では乳幼児以外の大人になってからでもアトピーを発症するケース多くなってきているみたいです。
アトピーは病院での診察そして治療も大切ですが、自宅でのケアーもとても大切とされています。
アトピー肌は乾燥をすることでかゆみや炎症が広がるのでまずは、乾燥をなるべくさせないように、お風呂上りなどに保湿をすぐおこなうことが重要だと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

子供の風邪予防

2008-11-18 21:29:48 | Weblog
最近はかなり寒くなってきましたね^寒くなると風邪をひきやすいですが、風邪予防にはビタミンCが良いとよくききますが、ほかにもビタミンAなどに含まれる緑黄色野菜でおなじみのβカロチンがもっとも風邪予防に良いみたいです。ビタミンCは免疫力を高める効果がありビタミンAは風邪ウィルスを退治する効果があるいたいなので、風邪をひきやすい子供にはビタミンAとCがはいった食べ物をたくさんとることで、風邪をひきにくい体にしてくれるみたいです。

この記事をはてなブックマークに追加

アレルギー体質の人だけがかかるとは限らない気管支喘息

2008-08-20 19:45:30 | Weblog
幼児のアレルギーの代表的な気管支喘息ですがアトピーと同様に5歳ぐらいまでに発症するといわれています。気管支喘息には小児喘息と大人の喘息とでわかれますが、小児喘息の場合15歳ぐらいまでに治るとされてきましたが、最近では大人になってから再発やはじめてなる人が多いみたいです。気管支喘息はアトピーと同様にアレルギーによって発症しますが、大人の場合は生活環境や喫煙で発症する場合が多くなってきているみたいです。なのでアトピーのアレルギーとは違い遺伝などでなるケースは少なく、生活環境などで小児喘息も大人の喘息もかかることが多いみたいです。

あせも予防

この記事をはてなブックマークに追加

子供のあせも対策

2008-08-10 12:12:53 | Weblog
夏真っ盛りで暑い日が続いていますが、この時期はこどものあせもが気になります。子供は汗っかきなので予防と対処が重要となります。あせもの予防として効果的なのがベビーパウダーでお風呂上りや日中汗をかく前につけてあげることであせもの予防になります。あせもになってしまってからベビーパウダーをつけても効果がないので、あせもになったときには塗り薬なのでかゆみを抑えてあげることが大切だと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

子供の歯科矯正は見た目がわからない?

2008-07-22 02:17:55 | Weblog
歯科矯正というと金属で笑うとかなり目立つしちょっと子供には可愛くないものという印象ですが、最近は金属の部分が目立たないものが増えているみたいですね~子供の歯科矯正は良く歯医者さんなどで検診にいったときにしたほうがいいと言われると思いますが、できれば子供のうちに歯科矯正をしておいたほうがあとあと大人になってからあせってやらなくていいと思いますが、歯科矯正の値段は半端なく高額ですよね~金額は病院によってまちまちみたいですが、子供のうちにやらせようと思うとこれから学費などを考えるとかなり悩むところでもあります。

この記事をはてなブックマークに追加

夏場の水分補給について

2008-07-10 21:02:47 | Weblog
もうすぐ夏休みになりますが、暑い日には冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂ってしまいますね~しかし冷たいものの摂りすぎは注意したものです。冷たいアイスなどはお腹をこわしてしまったり、ジュースなどは飲みすぎるとお腹がいっぱいになってしまって通常の食事のリズムもこわしてしまいます。子供のおやつや食事からとる意外の水分補給などは500mlから1000mlが必要とされていて、摂りすぎてはいけないとはいえ暑い日には水分補給は大事なことなのでお茶や水などで十分水分補給することが大切です。

歯科矯正
排卵チェッカー
エコトート

この記事をはてなブックマークに追加

子供のおやつの選び方

2008-07-08 23:33:11 | Weblog
子供のおやつというとお菓子とついつい思ってしまいますが、栄養や虫歯などいろいろ考えるとお菓子ではなく健康に良いものいいと思うと思います。子供のおやつを選ぶのも重要だと思いますが、おやつをあげる時間もかなり大切ですよね~おやつをあげる時間によってメインのご飯がきちんと食べられなくなったりすることもあるので、おやつで虫歯になるケースも多いのでおやつの後の歯磨きも通常の食事の後と同様にしっかりと歯を磨くことはもちろんですが、子供の中でも幼児期には歯を溶かすとされるものはさけたいものです。健康のめんでもおやつの取りすぎなどで小児肥満や小児糖尿病さまざまな病気の危険性もでてきます。子供のおやつは時間を決めて規則ただしく、虫歯の危険性があるものはさけ、通常の食事の栄養とのバランスも考えてできれば子供の喜ぶものを与えてあげたいですね~子供のおやつは手作りのものや果物などがオススメだと思います。

頭シラミ
食物アレルギー
ベビーベッド

この記事をはてなブックマークに追加

中国式の産み分けって当たるの??

2008-07-06 08:17:48 | Weblog
赤ちゃんの産み分けの中でも占いで産み分けをする中国式の産み分けカレンダーを聞いたことある人は多いと思います。完璧に占いの分野なのですが、意外にも的中率は高いみたいですね~世界各国でこの中国式の産み分けをやっている人がたくさんいるみたいなのですが、日本のサイトで中国式産み分けカレンダーでの的中率は、80%ぐらいみたいです。占いの中ではかなり当たりやすいのかな?って感じですが、赤ちゃんの産み分けとなるとちょっと・・・って感じにんると思います。実際に中国式カレンダーで産み分けをやった人は当たった!って言う人もいれば全然当たらない!って言う人も結構いるみたいなので。的中率はあてにならないような気がします。なので真剣に産み分けをやる人には、当たればいいけど当たらなかったら??って逆に気にしすぎて妊娠すらできなさそうなので、軽い気持ちでのぞむほうがいいかも知れませんね~

マタニティヨガ
出産育児一時金

この記事をはてなブックマークに追加

産み分けって流行ってる?

2008-07-03 21:08:42 | Weblog
昔から赤ちゃんはコウノトリが運んできてくれる神様からの送り物とか言われていますよね~日本では少子化と最近では騒がれている一方赤ちゃんの産み分けを希望する人も増えているような気がします。私の親の時代には男の子女の子それぞれ欲しいな~という希望があっても真剣に産み分けをしようとはしてなかったみたいですね~なので希望の性別がうまれるまで子供を作るという方が多かったみたいです。最近は子供は欲しいけど経済的にちょっと・・・家族を作るうえで将来の生活も先行きがわからない不安定な時代になっていることもあって赤ちゃんの産み分けを強く希望する人が多くなったのかもしれませんね~


この記事をはてなブックマークに追加

子供の肥満

2008-07-01 16:34:21 | Weblog
今年4月からメタボ診断などがはじまり肥満の病気への対策がいろいろされていますね~メタボ診断は大人しか行ってないのですが、最近の子供も肥満体系の子が増えているみたいです。子供の体系は3~5歳ぐらいで決まるといわれています。子供が痩せすぎよりかは少し太っていたほうがいいような気がしますが、子供自身自分の体系を維持できないので親が食事管理などをしっかりやらなくてはなりませんね~肥満はいけないと言うわけではありませんが大人と同様にさまざまな病気の引き金になってしまう恐れがあるので、子供の肥満はほっとけるものではないと思います。

産み分け
幼児おやつ
こどちゃれ

この記事をはてなブックマークに追加