こ も れ び の 里

    山寺便り

春のお彼岸のごあんないです。

2017-03-13 21:00:28 | 仏教

3月21日 (火曜)
午前10時30分から

■正御影供・彼岸法要(塔婆供養 、ご詠歌の奉詠など)
■ご法話 村尾憲広 師  松浦市善福寺住職(ギター説法師)
   お繰り合わせ御参拝下さい。

◆船ノ村バス停留所からお寺まで、ワゴン車を運行します。 
お迎え:九時から十時過ぎの間に船ノ村バス停とお寺を往復します。
お帰りは十二時半ころお寺を出発します。

~春彼岸 菩提の種を まく日かな~

                 

(*目下、かやぶき屋根のあずま屋造りに挑戦中です。とても地味な仕事ですが興味のある方は、どうぞご参加あれ!)

*************************************************

<お彼岸夜の部>

3月21日(火)夜7時~ ■講話「般若心経」を読み解く~

*とてもなじみ深いお経、般若心経の世界を味わってみましょう。

当山住職光洋による講話です。

繰り合わせご参拝ください。

(眠くなってもだいじょうぶ!全身の毛穴から講話が染みいります。笑) 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆくとし くるとし の風景

2017-01-02 17:52:50 | 仏教

  

   多くの方々のお手伝いを頂きながら、
平成28年を締めくくる諸準備が整いはじめました。ありがたし!

  
今年も、地域の子どもたちがお寺に集合し、境内の掃除や大晦日の行事を迎えるための諸準備をしてくれました。
彼ら(彼女ら)は、将来にわたってこの山寺を支えてくれる宝物です。ありがたし!

  

除夜の行事を荘厳に演出するための竹灯籠を準備する壇信徒の皆さんです。12月に入ると、皆さんがそれぞれに
灯ろう製作に取り組まれます。そして今宵は、境内にある山小屋の中に火を焚き囲み、カップ麺の年越しそばを食されました。
500ヶ以上の竹灯籠に火を灯していく作業はたいへんな作業です。気合いを入れます。

  
見事に竹の灯ろうが灯り、境内を幻想的に彩ります。感動的です。ありがたし!

  
今年一年間の様々な思いを顧みながら、来る年が穏やかでありますことを至心に祈りながら、除夜の鐘をついていきます。

 

 今年は、穏やかなお天気だったこともあってか、例年以上の多くの参拝を頂き、
正直驚きました。寒い真夜中に、駐車場も整備されていないこのような山寺まで参詣されることを思いますと、
皆様方の並々ならぬ祈りの心が、少しでも報われるよう微力ながらもお手伝いさせて頂こうと強く思います。
たいへんありがたし!

除夜の鐘が鳴り響くなか、平成29年を迎え、ご本堂ご宝前に於いて、新春祝祷法要(修正会)が厳修されました。

穏やかで明るい一年でありますことを、心より祈念申し上げます。

南無大師遍照金剛

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賀 春

2017-01-02 17:29:35 | 仏教

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中はあたたかいご信援を賜り、誠にありがとうございました。

今年も、何とぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年酉年 正月 

潮音院住職 光洋 敬白

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年を締めくくります御影供、納めの大師

2016-12-21 16:24:10 | 仏教
毎月21日にお勤めしてまいりました御影供ミエク の法要。脱落することなく、みなさんよくお参りくださいました。
確実にご詠歌の詠唱技術も向上してきました。指導者が不甲斐ないので、申し訳ないと思いますが、努力して行く所存ですんで、何卒ご容赦ください。



来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠栗四国八十八箇所巡礼のおもいで

2016-12-19 14:33:32 | 仏教

久しぶりにお寺主催の巡礼でした。総勢40名の参加です。
さあ、順礼の始まりです。

 ご夫婦仲むつまじく助け合いながら、 険しい山道を登ります。

 奥の院は、登りあがるまでもたいへんですが、お大師さまのご宝前に参る参道も、たいへんな難所です。

巨大な岩と岩の間を通りぬけなければたどり着けません。

悪行三昧の人は、決して通ることが出来ないと言われています。1人残らず通りぬけることが出来て何より。

それにしましても、参加者40名全員がこの険しい奥の院をお参りすることが出来ました。

正直驚いています。何事もなく、ホッとしました。お大師さまのご加護です。

南蔵院の涅槃像御前で記念撮影。

 順礼慣れした数名の方に、参加者のご朱印帳を預け、

参拝寺院の朱印を押す作業をしていただきました。誰よりも早くお寺に到着して数十冊のご朱印帳に押印。

記念撮影にも映れなかったし、落ち着いてお参りも出来ないし、体力はいるしで、

たいへんな修行です。おかげで、スムースなお参りが出来ました。ありがとうございました。

 

本日の日程を終了。体を休めるお宿に到着しました。結構ヘトヘトです。入浴を先に済ませ、勤行の後にみんなで夕食。

順礼ワルツの歌も飛び出し、楽しいひとときを過ごしました。さあ、明日も一日順礼です。ごゆっくりお休み下さい。

  秋の紅葉がとてもキレイです。ドウダンツツジも真っ赤に紅葉していました。

  順礼には、険しい登り坂が付きものですが、
みなさん、極めてお元気。たんたんと歩をすすめます。最高齢者の総代長さんは、いつも先頭を歩いて行かれます。96才!恐るべし。

  昔から、潮音院のお彼岸法要に御法話で来て下さる桐生僧正のお寺、

二の滝寺さんにもお参りできました。幽玄な趣がある有り難いお寺でした。

 

 

 

 参拝者の中のお一人が、十夜が橋の下にお祀りしてあるお大師さまのため、

布団を準備してこられました。念願かなってお大師さまにお布団をおかけすることが出来て、本当によかったですね。

 

そんなこんなで、2日目の巡礼も無事お参りすることが出来ました。

お参りできなかった御札所は、次回(平成29年秋)にお参りいたすことにしましょう。

みなさん、ご精進お疲れ様でございました。南無大師遍昭金剛

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加