こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「ロング・エンゲージメント」

2005-03-10 | MOVIE(EUROPE)
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール

「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス
配給=ワーナー・ブラザース映画
監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン
出演=オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・コルニャック
上映時間=2時間13分 R-15


今日一番のびっくり!
ジョディ・フォスターが出てる!
なんで?なんで?なんで?
フランス語を流暢に操り、夫の親友との情事に耽るジョディ???
私の頭の中にしばらく「?」が点滅していました。
彼女は好きな女優さんですが、今日の役を見ていて
彼女には貧乏っぽい役が似合うと思ってしまいました。
「レ・ミゼラブル」でいえば、コゼットの母ファンティーヌなんてぴったり!
こうなったら「レ・ミゼラブル」のリメイクを望みます。
ジャン・ギャバンを超えるジャン・バルジャン役はいるかなぁ?

ジェラール・ドパルデューなんてどうだろう。するってーと、ジャベール警部はジャン・レノで。
「ルビー&カンタン」に続く二人の共演どうでしょう?
コゼットはリュディヴィーヌ・サニエかな。
こまったちゃんの妄想タイム終了(笑)

さて、本題に・・・(笑)
オドレイ・トトゥってこんなに綺麗だった?
とても魅力的な女性でした。
こんな風に一人のひとを愛せたらいいなぁ。
信じる強さを感じました。

戦争シーンは途中で一部、目を覆ってしまいましたが、
目をそむけてはいけないと思います。
戦争の悲惨さ、無意味さを感じなければいけないのだと・・・。
でも、見ていられなかったです・・・。

ギャスパー・ウリエルのえくぼがまたたまらんって感じ。
と思ってたら、オドレイ演じるマチルドがえくぼをぐりぐりした!
そりゃしたいよね(笑)
彼はいい俳優になることを期待します。
私もえくぼをぐりぐりしたーーい!!(笑)

ちょい長めながら、映像も美しく、飽きることなく観れました。
これは観ておいた方がいいです。しかもスクリーンでどうぞ。


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1800(これは観といて損はないと思う)
実際に出したお金            ¥670(試写状交換費用300円+交通費370円)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ステップフォード・ワ... | トップ | 試写会「サマリア」 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぶぶ)
2005-03-12 12:43:05
オオ、これは観てみたい映画の1つだよん。

今ちと忙しくて中々映画観にいけないんだけど暇をみつけて観にいけるようにしたいな~^^

あと今は『ローレライ』とこれから始まる『ナショナルトレジャー』が観たいよ~
ぶぶさん (こまったちゃん)
2005-03-12 15:00:05
またのコメントありがとうございます!

「ロング・エンゲージメント」はぜひ観てください。

私的には郵便屋さんもNICE!です。

ポイント高し(笑)



あと、ギャスパーくんのエクボ。

ぐりぐりしたい・・・。





「ナショナル・トレジャー」は私も楽しみ!

旦那と観たいので、試写会を一切応募してません。

そしたら、旦那は「観なくてもいいな」だって!

信じられん。

引っ張って連れて行くけどね(笑)
はじめまして (マミンカ)
2005-03-12 16:15:36
TBありがとうございます。

ジョディ・フォスターの貧乏役………。

たしかに、言えてますね。



個性的な役者さんばかりが揃っていて見応えがありました。
はじめまして。 (aki)
2005-03-12 17:30:04
TB有難うございました。akiもTBさせていただきました。

ジェラール・ドパルデューのレミゼラブルはありますよ~。ちなみにジャヴェールはマルコヴィッチです。
コメントありがとうございました。 (こまったちゃん)
2005-03-12 19:49:09
マミンカさま

ふふふ・・・。そうでございましょ。

今まで思ったことなかったんですが、

今回の役があまりにはまってて・・・。

演技力のすばらしさともいえますが。



akiさま

すでにやってるんですか!「レ ミゼラブル」

早速探してみます。

マルコヴィッチってジョン・マルコヴィッチですか?

彼も好きなので、むっちゃ萌えそうです(笑)





TBありがとうございました♪ (MoonDreamWorks)
2005-03-12 20:52:04




ジョディ・フォスターが出ていることは、前もって聞いていたのですが、久々に観たような気がします。私が最近観た映画には主演していなかったので。

いつまでも、きれいで存在感のある女優さんですよね

フランス映画に出ているのは、ほんとびっくりですね~



>目をそむけてはいけないと思います。

戦争の悲惨さ、無意味さを感じなければいけないのだと・・・。



同感ですが、この映画のストーリーを生かす上であそこまでの必要以上のリアル感は、果たして必要だったのだろうかと少し疑問に思いました。

戦争の無意味さを表したい映画なのか、それとも

愛するもの生存を感じる直感と愛のストーリーを描きたいのか。

これでは、どちらも生きてこなかったのではと思いました。

むしろ逆効果だった気がしてなりません。



でわ、またおじゃまします^^



そうかもしれません。 (こまったちゃん)
2005-03-12 22:46:44
戦争のシーンはあそこまでは必要なかったかもしれません。

でも、マネクが記憶をなくすまでに(ネタばれだ。未見のかたごめんなさい)つらかったんだなぁという納得性を考えると、必要だったとも思います。

トラバありがとうございました (emon)
2005-03-13 00:37:16
はじめまして、

私も出てるって知らなかったので、すごくビックリしました。他人のそら似か?と一瞬疑いましたもん。

あの一番のビックリシーンを見るだけでも、お金払えるかもしれません。

えくぼぐりぐり・・・私もしたいです(笑)来日しましたねー。
emonさま (こまったちゃん)
2005-03-13 01:04:34
コメントありがとうございました。



来日してるみたいですね。

えくぼぐりぐりしちゃう人でないかな(笑)



ジョディにはホントびっくりでした。

私も最初は似てる人?と思いました。
ギャスパーかっこいいよね! (うりえる)
2005-03-13 12:16:41
ギャスパー・ウリエルってなかなかキュートでいいですよね~。



なんと言っても、私のハンドルネームも「うりえる」です。

たまたまなんですけどね(笑)



綴りもギャスパー・ウリエルは「Ulliel」で、私は「Uriel」なんですけど。

コメントを投稿

MOVIE(EUROPE)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

72 トラックバック

ロング・エンゲージメント (ネタバレ映画館)
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。  戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現し
ロング・エンゲージメント (akiのときどきつけるblog)
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演で、ストーリーは全然違うけど、やっぱり「アメリ」に似た展開でした。オドレイ・トトゥ演じるマチルドが恋人の戦死の知らせを信じられず、様々な手が
ロング・エンゲージメント (hhE)
『アメリ』の ジャン=ピエール・ジュネ監督とヒロインのオドレイ・トトゥ 『世界で一番不幸で幸せな私』でヒロインの マリオン・コティヤール 公式サイトはこちら 明日の一般公開に先駆けて ロング・エンゲージメント 試写会で観てきました。 アメリの平和なイメージ
二回観ないと分からない。でも二回観るのはキツい◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月7日(月)試写会にて 今日は『ロング・エンゲージメント』の試写会。 自力で当選した試写会に来るのは2ヶ月ぶりだ。 最近は試写会当選率がめっきり悪くなったというのに、これは今日のと明日のと2通も当選していた。 『アメリ』が大ヒットしたジャン=ピエール・ジ
ロング・エンゲージメント (ブラックジャックによろしく哀愁)
★ロング・エンゲージメント (3月12日公開) タイトル: アメリ【期間限定スペシャル版】 『アメリ』で世界に旋風を巻き起こしたジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥが、再び、ファンタジックな物語を運んできた。 第一次世界大戦。戦場を
「 ロング・エンゲージメント 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジャン=ピエール・ジュネ主演 : オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル /      / ドニ・ラヴァン/ティッキー・オルガド /  公式HPhttp://long-eng.warnerbros.jp/ 舞台は第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。あの、 「アメリ」 ...
『ロング・エンゲージメント』 (ラムの大通り)
-------この映画知らないにゃあ。 「だけど今に話題になるだろうね。 監督がジャン=ピエール・ジュネで主演がオドレイ・トトゥ。 つまりは『アメリ』の黄金コンビ」 ------ということは、またまたこだわりの映像が観られるわけだ。 「そう。しかも今回は思いっきりレトロ。
『きみに読む物語』(byえいwithフォーン) (ラムの大通り)
------アルツハイマーの夫婦の映画って 『アイリス』があったよね。 「そうだね。でもあの映画に比べてこれは いかにもハリウッド的。 一番の違いは『アイリス』では妻が徐々に正気を失っていく課程を 描いていたのに対して、 この映画ではそれを省き、 かつて、どこかで観た
ロング・エンゲージメント (おうちカフェ。)
てなわけで見てきましたよ「ロング・エンゲージメント」。雰囲気としては、「アメリ」+「ブラザーフッド」?(なんだそれ)ノスタルジックな色彩の美しい映像と、戦場の暗く冷たい映像の両方。戦場で死んだとされている婚約者を、生きていると信じて探し続けるお話です。...
ロング・エンゲージメント (こて通信)
ロング・エンゲージメント 『アメリ』の主役オドレイ・トトゥとジャン=ピエール・ジュネの作品が今日から公開されたようです。 ネット、TVでの宣伝しか見てませんが、すごくきれいな映像に引き付けられます。 動物病院的には「ストライプス」の方がそれらしいのですが.
CAC映画評:「ロング・エンゲージメント」 (言語生活)
 最近、公開された「ロング・エンゲージメント\"Un Long Dimanche De Fiancailles\"」のCinemaauCinema.comにあった映画評を訳しました。フランスの批評サイトでは、なかなかどこも高印象のようでした。ただ、カイユ・ド・シネマはあまりいい得点ではありませんでした。僕は
ロング・エンゲージメント (It\'s a Wonderful Life)
予想以上の力作で満足しました。とにかくどの場面をとってもムダな画面が 無いと思った位、全編の画面の美しさは特筆もの。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督が10年も前から暖めていた 企画だとか。 「アメリ」が大好きな人には、オドレイ・トトウが主...
『ロング・エンゲージメント』を観る。 (-PARADOX-)
題名:ロング・エンゲージメント(R-15) 時間:134分 監督:ジャン=ピエ
ロング・エンゲージメント (3月12日公開)※R-15 (ひるめし)
『”直感”を信じる。それは”奇跡”に耳をすますこと。』 アカデミー賞(撮影賞・美術賞)ノミネート作品 監督 ●ジャン=ピエール・ジュネ・・・・・・・「アメリ」 出演 ●オドレイ・トトゥ・・・・・・・・・・・「アメリ」 ○ギャスパー・ウリエル・・・・・・・・・
★★★「ロング・エンゲージメント」オドレイ・トトゥ、ギャスパ... (こぶたのベイブウ映画日記)
「歩くとき、痛くない?」恋の始まりを予感させる最後が良かった。ジョディ・フォスターは素敵だし、美しい映像、セリフも面白かったです。「君の微笑は、幸せの幕開け」「希望がないなんて、死んだほうがまし」「犬がオナラをするのは幸運の印よ!」でも、登場人物がやや...
ロング・エンゲージメント (KINOKANAL)
監督 :ジャン=ピエール・ジュネ 出演 :オドレイ・トトゥ,ギャスパー・ウリエル,ドミニク・ピノン,クロヴィス・コルニヤック,ドニ・ラヴァン,ティッキー・オルガド,マリオン・コティヤール 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、
『ロング・エンゲージメント』を観て来ました!#56 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
2004年フランス映画 シネマスコープサイズ 2時間13分 監督:ジャン・ピエール・ジュネ キャスト: オドレイ・トトゥ ギャスパー・ウリエル 配給:ワーナ・ブラザーズ映画 ▲公開2日目のレイトショー最終上映。一番大きな定員405名のスクリーンで観賞。 鑑賞者
ロング・エンゲージメント(1/1 新宿) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『フランスからフランス映画じゃないと認定されたフランス映画(?)』 カウントダウン3本立ての最後が、この作品。 『アメリ』の監督&主演女優が再び組んだ恋愛映画です。しかも2時間を超える長丁場。なんだか、観る前から寝てしまいそうな予感がいっぱいでした{/face_z
ロング・エンゲージメント (花ごよみ)
愛の直感で突き進んでいくヒロインの ミステリーロマン・・・ 一途な想いは通じるのか…   5人の兵士の名前を少しは  頭に入れておいた方がいいかなと思います。  そうでないとミステリーの  謎解きの部分がややこしくなります。   見終わった後で公式サイトの キ
「ロング・エンゲージメント」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
リアルな戦場に描かれるおとぎ話。「アメリ」の監督・ヒロイン、キャストによって描かれるフランス製、ハリウッド映画。 原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES 英題:A VERY LONG ENGAGEMENT 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャプリゾ 脚本:
ロングエンゲージメント(ネタバレなし) (ボクシングと映画の日々)
日曜のレイトショーでした すいていました 女性一人 男性一人の人が 多かったです 観たほうがいい人 ○ 戦争シーンに抵抗感がない人    (「コールドマウンテン」なみにあります) ○ 変わったフランス映画が見たい人    (とはいっても ベッソン監督
二度観てもやっぱり同じ◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月16日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 「二度観ないと分からない。でも二度観るのはキツイ」と言っていた 『ロング・エンゲージメント』を、もう一度観ることにした。 ジュネの作品は好きなので、登場人物が把握出来ずに置いていかれたことが悔しくて仕方なかったのだ。
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (わかりやすさとストーリー)
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー●セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (中高年のための映画案内)
☆一途な女の子が白馬に乗った王子さまを迎えにいくミステリ調の物語☆海辺の村。灯台。マチルドのお家。こういった絵葉書のようにかわいい映像を楽しむというのもいいですね。でも戦場のシーンなど残酷なシーンもあります。このふたつのギャップの幅がかなり広くなっていま
ロング・エンゲージメント (そーれりぽーと)
芸術性の高い美しい映像で「ロスト・チルドレン」などのダークな映画を撮るかと思えば、穢れのかけらも無い現代のおとぎ話「アメリ」も撮る鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督。その彼が「アメリ」の主演女優オドレイ・トトゥと再び挑んだこの春一番の期待作ロング・エンゲージ
ロング・エンゲージメント (amapola)
マニクが生存しているかどうかよりも、隠蔽された事実よりも、オドレイ・トトゥ演じるマチルドの頭の中のほうが私の理解を超えていてある意味ミステリーだった。
ロング・エンゲージメント (chat gourmand)
こ、これは・・・ デリカテッセンのジュネでもないし、アメリのジュネでもない。 どちらかというと、エイリアン4のジュネに近いのかなあ。資金の大半をアメリカが出資したからというわけではないだろうが、それにしても冗長な映画になったものだ。それとも、わたしがこの世
ロング・エンゲージメント (ともやの映画万歳!)
(原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES) 【2004年・フランス】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの「アメリ」コンビが、セバスチャン・ジャプリゾの全仏ベストセラー小説『長い日曜日』を壮大なスケール映画化
ロング・エンゲージメント (spoon::blog)
解説: 『アメリ』のオドレイ・トトゥ&ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。フラ...
「ロング・エンゲージメント」 (千の天使がバスケットボールする)
「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という不思議な“直感”を信じ、戦死したと伝えられた婚約者マネクを探す20歳のマチルド。私立探偵を雇い、顧問弁護士の協力をえて、少しずつ真相に近づくそのたびに彼の生存は絶望的になるのに、不自由な脚をひきずりながらマネク
『ロング・エンゲージメント』 (chaos(カオス))
『ロング・エンゲージメント』 第一次世界大戦下のフランス、戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人の兵士に、死刑が宣告された。彼らはドイツ軍との前線に置き去りにされる。 叔父夫婦と一緒に暮らすマチルド、彼女は戦場で死刑を宣告された5人のうちの一人マネク...
ロング・エンゲージメント ((ほとんど)シネマ日記)
アメリの女優(オドレイ・トトゥ)は、やはり独特の存在感がありますね。戦争のシーンばかりなのですが、不思議なぐらい純粋な恋愛映画でした。 第一次世界大戦末期、フランス軍のドイツ戦線に「ビンゴ・クレピュスキュル」という奇妙な名を付けられた塹壕があった。 そこに
ロング・エンゲージメント (ゴネの独り言・・・・・・・)
出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン他 監督:ジャン・ピエール・ジュネ ねたばれ気味ですので、注意が必要。 この終わり方、すごく好き。 長ったらしく再会を引っ張らなかったところが、とってもいいです。感動が薄れる事無く、エンディン
映画 ロング・エンゲージメント (surry fine diary♪)
映画 ロング・エンゲージメントを観てきました。 今回も、オドレィ・トトゥは可愛かった!アメリの時も可愛かったけど、今回も可愛い! のだけど、お話は、アメリとは全く異なる、第一次大戦期、前線で戦死との知らせを受けた 婚約者を探すという、どことなく「赤毛のアン.
ロング・エンゲージメント (カタログ)
ロング・エンゲージメントを劇場にて鑑賞。「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督&オドレイ・トトゥ主演の最新作。戦争の話なので、作り手のセンスによってはどこまでもシリアスに暗く描けそうな内容なのですが、ジュネ監督ならではのユーモアが溢れていて、全体的には楽
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました★ (とかげの、のんびり懸賞。)
今日の当選はありません。 昨日は、映画「ロング・エンゲージメント」の試写会に行きました。 それに関するとかげのブログは、こちら。 友人に急な誘いをかけ、ふたりで見に行ってきましたが・・・ さっすが、R-15!! 途中、戦争シーンが激しすぎて、胸焼けがし
ロング・エンゲージメント (ダラックマ日記)
本日公開(日付変わっちゃいました)の 【ロング・エンゲージメント】を観てまいりました。 【アメリ】でおなじみのオドレイ・トトゥと ジャン=ピエール・ジュネ監督のコンビの本作品。 予告編がすばらしかったので、惹かれて映画館へ足を運びました。 私が観にいっ
ロング・エンゲージメント (Casa de lapiz:鉛筆庵)
第一次世界大戦中1917年、フランス。「ビンゴ・クレピュスキュル」と呼ばれる前線の塹壕を軍法会議にかけられ死刑を宣告された5人の兵士が連行されてゆく。その中の一人の兵士マネク(ギャスパー・ウリエル)がマチルド(オドレイ・トトゥ)の婚約者だった。 戦争が終わ
ロング・エンゲージメント (利用価値のない日々の雑学)
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント (映画を観たよ)
眼鏡学校に忘れて大変だった。 いつもよりちょこっと前で座って気合で見ました気合で・・・ ちなみにアメリ大好きです。 予告見て妄想ちっくな女の人が勘信じて突っ走っていく ちょっぴり可愛い純愛もの(アメリみたいなの)想像してましたら 全然違ってだいぶびっくりしま
ロング・エンゲージメント (cino)
オーシャンズ12を見に行ったつもりが、たどり着いたのがロング・エンゲージメントの映画館でした。 とんでもない勘違いです。 ジャン=ピエール・ジュネ×オドレイ・トトゥという売れ線作品。 もちろんストーリーは謎解き状態でした。 人の見分けがえらくつかないわたし
ロング・エンゲージメント (impression)
フランスのジャン=ピエール・ジュネ監督作品。全体がセピア色のカラーと言う感じだ! マチルダが生活している空間の映像が素晴らしい分、戦争の場面では只管汚い現実をさらけ出して悲惨さを問い、このギャップでより訴えを強くしている気がする。相手は対ドイツだし、この
ロングエンゲージメント (distan日誌)
予告編では、わりと「純愛モノ」っぽく描かれていますが、実際は、ロマンスと戦争とミステリーをミックスしたような作品でした。 ロマンスの部分は、マチルドとマネクの子供時代の描写など、とてもほほえましかったし、セピア色の映像美を十分に堪能することができました。
ロング・エンゲージメント (NAM1978.cocolog)
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督による、オドレイ・トトゥ主演作品。セピア
ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
良かったよ~。 個人的には、この監督・主演コンビの前作『アメリ』よりも 『ロング・エンゲージメント』のほうが好き。 (他人事だと、すぐ感動しちゃうタチ?) もちろん、『アメリ』も評判通りのいい出来だったけど、 主人公の気持ちがCGで表現されるシーンばか
ロング・エンゲージメント ★☆☆☆ (Despues de Larga Vacacion)
at 東商ホール 初めましてオドレイ・トトゥ(ところであなたはAudreyなのね?) 「アメリ」は大ヒットしたけど、キャラの性格が合わないかもと思って近寄らなかったので、今回偶然の出会いです。 主演・監督ともアメリと同じとはいえ、雰囲気は全く別物だと思っていたけれど
アメリはまだまだ続いています (soramove)
「ロング・エンゲージメント」★★★ オドレイ・トトゥ主演。 幼い頃から将来を誓ったふたり。 戦死の知らせを聞いても オドレイ・トトゥ演ずる主人公は 受け入れず頑なに 生きていることを信じ、 自ら消息を探っていく。 終戦後のその時代の風景は セット...
さすがジャン・ピエール・ジュネ監督、独特の美しさと楽しさです 『ロング・エンゲージメント』 (鳥打さん家の美味しい日記)
岡山では最新でも、全国的にはそうでもない最新映画の話し アメリも、デリカテッセンも不思議で美しい色をした映像に酔いしれました。 この色調は独特のものがありますね、今回もその美しさは堪能できます。 しかも何人かは見たことのあるキャスト、主演のオドレイを
ロング・エンゲージメント 直感じゃなくて思い込みだって (妊娠、育児、映画人生)
アメリから4年・・・ってアメリ見てませ~ん。 ということで真っ白な状態で見た「ロング・エンゲージメント」は 思ったより普通~の映画という印象でした。 手がかりを追って謎解きのような形で進めているのですが 何か謎解きというよりは行き当たりばったり、 そしてあな
続ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
前々回の続き…(続編があるって話じゃないので誤解のないように)! 『ロング・エンゲージメント』を見ていて、 子供の頃に読みまくった「怪盗ルパン」シリーズの小説の世界の 郷愁を感じてしまったのは、何も不思議なことではなかった。 「アルセーヌ・ルパン」というと
「ロング・エンゲージメント」  (三食昼寝つき)
{/fuki_oshirase/} ネタ バレバレ <簡単なあらすじ> マチルド(オドレイ・トト)は、マネク(ギャスパー・ウリエル)と9歳の頃に出会い、 互いに惹かれていき、やがて婚約をした。 だが、第一次大戦が始まり、マネクは戦場へ。 マネクの身を案じながらも帰りを待つ2
ロング・エンゲージメント (オール マイ …)
『アメリ』の監督と主演女優・オドレイ・トゥトゥのコンビが復活。 初日に勇んで観に行っってきました。 さすが、というか期待通りの内容。 個性豊かなキャラクター描写、研ぎ澄まされた映像美。 全体的なストーリーは微妙に分からない点が多かったけど、 思わず「アハハ」
★★「ロング・エンゲージメント」観ました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(オトク情報有です!!)★★)
先日観た「ロング・エンゲージメント」の感想です♪ 予告のイメージと合ってるような違ってるような映画でした。 すごく分りにくい表現(爆) 観ていませんが「アメリ」の女優さんと監督さんの最新作です。 「アメリ」は予告や特集でしか少し映像を観ただけです。 その
『ロング・エンゲージメント』映画批評9 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの『アメリ』コンビによるミステリー映画です。第一次大戦中に死刑宣告された婚約者の消息を追いかける女性のお話。 見終わってまず思ったのは、原作を読んでない観客が初めてこの映画を見て頭が混乱しな
ロング・エンゲージメント (Movie Lovers)
公式サイト☆☆☆☆\"彼に何かあれば・・私にはわかるはず・\"という直感を信じて、マチルドは途方もなく遠い旅に出る・・この映画全体に・・象徴が溢れてたような気がします。冒頭の荒涼とした戦闘の不毛なシーンに登場するキリストの像・・墓標が果てなく続く・・風景。対.
ロング・エンゲージメント (漢方薬剤師の日々&映画)
オドレイ・トトゥーがやっぱりうまいですね。けなげでくじけない女性をやらせたらピカイチです。{/kirakira/} そして戦争の惨状をがっちり描きながらも、ずっと希望を抱きながら見ていられるのも、彼女のキャラと監督ジャン=ピエール・ジュネの楽しい映像づくりの賜物でしょ
ロング・エンゲージメント/ナショナル・トレジャー (ぶははのこっそりブログ♪)
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきます。
ロング・エンゲージメント (Black Pepper\'s Blog)
「アメリ」でその名をとどろかせたジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥが
ロング・エンゲージメント (まきまきにっき)
今日の午後は外出で、都内の訪問先を2軒回る。 ちょっと疲れたが、今日は映画の日なので、こりもせず帰りがけに映画を見に行くことにする。 今年18本目の映画は「ロング・エンゲージメント」。 マチルド(オドレイ・トトゥ)は戦地に赴いた恋人の死がいまだに信じら...
【ロング・エンゲージメント】 (ココアのお部屋)
オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、 ジョディ・フォスター 出演のミステリー。 公開日:3月12日 ☆ストーリー☆ 第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。 まるで子供のように純粋に惹かれあうマチルドとマネクは、 誰が見てもお似合いの恋人同士だ
「ロング・エンゲージメント」 (sean\'s room)
ウムム…仕事帰りに観る作品ではなかったか…(爆) 正直な感想、そんな感じだったです^^; 何しろもう~私にとってはですね、 「ロング・エンゲージメント」ならぬ、「ロング・ エンターテインメント」になっちゃいました…。長くって…(汗) あの決して、つまらないとか、下ら
ロング・エンゲージメント追記 (尾道blog。)
観た感想などはこのエントリにて書いてるのではぶくのです。 その後TBあったりしたので他の方のブログを閲覧していると… 「へー!」とか「ほほー!」というものがたくさんあって、もうちょっと書き加えたくなったのと訂正を含めて別エントリにしてみました。 まず、進?..
ロング・エンゲージメントと矢車菊と (un tas de petites choses : INTERMEZZO)
昨日に引き続き映画を見てきた。 今日は「ロング・エンゲージメント」。「アメリ」大好きな者としては見ないわけにはいかない。 でも,ちょっとすぐには感想が書けない。かなり圧倒されました。ジュネらしい色彩やフラッシュ・バック,さりげない笑いのセンスや意味不明...
『ロング・エンゲージメント』 (歯医者さんを探せ!)
      UN LONG DIMANCHE   DE FIANCAILLES    \'04・フランス・134分    オフィシャル・サイト   映画生活 一番好きだったのは、子供時代「マチルド」と「マネク」が友達になっていくシーン。それがあって大人になった二人、オドレイ・トトゥ演じる「...
ロング・エンゲージメント (- Fleur-de-lis -)
`直感`を信じる。      それは`奇跡`に耳を澄ますこと。 早速、見に行ってきましたよ! 「ロング・エンゲージメント」(原題:Un long dimanche de fiançailles){/hikari_pink/}{/hikari_blue/} えっと、出来る限り、この映画を見てLilyが感じたことを書き
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
■ロング・エンゲージメント (ルーピーQの活動日記)
 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネク(ギャスパー・ウリエル)の婚約者だったマチルド(オドレイ・トトゥ)は、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そん.
「ロング・エンゲージメント」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・“直感”を信じる。それは“奇跡”に耳をすますこと。 ★★☆☆☆ ジャン・ピエール・ジュネ監督がオドレイ・トゥトゥで描く、第一次世界大戦を題材にした愛の物語り。マチルドは戦争で行方不明になってしまったフィアンセを、あの手この手で手がかりを探し求める
ロング・エンゲージメント-映画を見たで(今年167本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感.
ロング・エンゲージメント (とにかく、映画好きなもので。)
      愛の奇跡を信じるなら。  『アメリ』のジャン・ピエール・ジュネ監督とオドレィ・トトゥのが再びタッグを組んだ愛のミステリー。  という事で、あのジュネの映像感覚とオドレィ・トトゥの不思議な魅力がまた味わえるわけです。  ストーリ.
映画『ロング・エンゲージメント』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:A Very Long Engagement その婚約者の長い別れと愛の直感、執念の捜索が結実する。深くて暗いミステリーの闇を愛の力が解きほぐす。初めての言葉・・歩くと痛いの・・・? 第一次大戦下のフランス・ブルターニュ、婚約者マネク(ガスパール・ウリエ ...
ロング・エンゲージメント (39☆SMASH)
『ロング・エンゲージメント』 あらすじ 『第一次大戦下のフランス。軍法会議により死刑を宣告された5人の兵士は、標的かのように敵陣との中間地点に置き去りにされた。その5人の中で最も若い兵士であるマネクにはマチルドという婚約者がいた。終戦後 ...