こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「バタフライ・エフェクト」

2005-04-19 | MOVIE(AMERICA)
試写会「バタフライ・エフェクト」開映18:30@九段会館

「バタフライ・エフェクト」THE BUTTERFLY EFFECT 2003年 アメリカ
配給:アートポート
監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー
製作:クリス・ベンダー、A・J・ディックス、アンソニー・ルーレン、
   J・C・スピンク、リサ・リチャードソン
製作総指揮:ケイル・ボイター、リチャード・ブレナー、トビー・エメリッヒ、
   ジェイソン・ゴールドバーグ、デヴィッド・クリンツマン、
   アシュトン・カッチャー、ウィリアム・シヴリ
脚本:J・マッキー・グルーバー、エリック・ブレス
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:ピーター・アマンドソン
音楽:パドル・オブ・マッド、ステインド、マイケル・スビー
出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、
   エルデン・ヘンソン、メローラ・ウォルターズ、エリック・ストルツ、
   カラム・キース・レニー、イーサン・サプリー、ジョン・パトリック・アメドリ、
   アイリーン・ゴロヴァイア、ジェシー・ジェームズ、ケヴィン・シュミット、
   ローガン・ラーマン、ロレーナ・ゲイル、ナサニエル・デヴォー、
   ケンドール・クロス、タラ・ウィルソン、ジェシー・ハッチ
上映時間=114分 PG-12


Butterfly Effect(バタフライ・エフェクト)とは・・・
「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」。初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味の「Chaos Theory(カオス理論)」のひとつ。
この映画では、愛する者を助けるための些細な行いが、すべての人々の人生に予想もしなかった大きな変化となって襲いかかってくる。(チラシより引用)

まさに、この紹介文の通りのストーリー。過去を変えるたびに思いがけないところに綻びが生じ、その綻びを繕うためにまた過去へ戻り・・・。

主役のアシュトン・カッチャーが製作にも携わったこの作品。なかなかあなどれません。サスペンス好きなら必見!ただし、目を瞠りすぎ、脳みそフル回転でどっと疲れます。体力と気力の揃ったときに観に行くことをオススメします(笑)

面白かったーーと自宅で調べたところ、監督・脚本のエリック・ブレスとJ・マッキー・グルーバーは「セルラー」のスタッフ。納得です。「セルラー」が面白かった人は絶対に観るべし。

でも、終映後の会場の人たちの声を聞くとはなしに聞いてたら、あんまり評判良くなかったです。好みに合わない人も多いのかも。同行したM先輩には恐くて聞けませんでした(爆)

さて、エヴァン(アシュトン・カッチャー)の幼なじみの兄妹の父親は、エリック・ストルツ。
私はてっきり、病気(パーキンソン病)を克服したマイケル・J・フォックスかと思いました。
似てません?年齢も一緒だし。(以下参照)


http://www.fmstar.com/movie/e/e0047.html
ERIC STOLTZ エリック・ストルツ
誕生日・性別 1961/9/30 MAN


http://www.fmstar.com/movie/m/m0054.html
MICHAEL J.FOX マイケル・J・フォックス
誕生日・性別 1961/6/9 MAN


マイケル・J・フォックスは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に誰かの代役で出演してブレイクしたことは、公開当時からパンフレットにより知っていたのですが、その降ろされた俳優がこのエリック・ストルツだったことを、いまさら知りました。
へぇ・・・(97へぇくらい)

実際、今日もマイケル・J・フォックスもこんな演技ができるようになったんだーーなんてマヌケなことを思っていました。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も好きだったけど、「ファミリー・タイズ」はもっと好きだったんだよな。レンタル落ちのビデオがうちに何本かあります(笑)

今日、予告で流れた「キャビン・フィーバー」はかなり面白そう。シネセゾン渋谷でレイトショーのみで23日(土)に公開。スクリーンじゃ恐そうだから、DVDを待とう(笑)
「ソウ(SAW)」も早くDVD借りなければ・・・。恐いから、週末に旦那と観ま~す。

チラシは3枚。「バタフライ・エフェクト」「キャビン・フィーバー」に加えて「英語完全征服」。なんか1枚だけ毛色が違うね(笑)。これも観たいなぁ。これはすでに公開中です。

なんだか今日はいつもに増して支離滅裂だぁーーー(自爆)


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1800(見ごたえバッチリ!)
実際に出したお金           ¥560(図書券1枚と交換+送料60円、定期券)
コメント (25)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニ番組「スイーツ SWE... | トップ | 「グイン・サーガ」100巻! »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったですね~! (ともや)
2005-04-19 23:38:34
こんばんは、こまったちゃんさん!

ともやです。

想像していたよりも怖かったですけど、

時系列物、パラレルワールド物が大好きなともやにはビンゴ!でした。

それにしてもアシュトン・カッチャーは侮れませんね。
ともやさま (こまったちゃん)
2005-04-20 06:47:51
私もパラレルワールドものは大好きなので実に楽しめました。一度見逃しているので、喜びもひとしおといったところでしょうか。

アシュトン・カッチャーは「世界で最も美しい50人」に選ばれるほどの美顔のうえに、演技もすばらしかったですね。

やっぱりサスペンスが好きだなぁとしみじみ思いました。しかもSFチックだと最高に好き(^^♪
Tバックありがとうございます。 (ムン)
2005-04-21 17:48:41
どういう内容か知らずに観たので、最初は戸惑いましたが、途中からどんどん引き込まれて、けっこう面白かったです。

日記に書いてるときは、パラレルワールドって言葉が思い浮かばなかったので、ここに来てすっきりしました(笑)
そういえば (こまったちゃん)
2005-04-21 21:53:04
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とコンセプト一緒だ!

マイケル・J・フォックスとエリック・ストルツのことも書いたのに、今頃気がつきました(笑)



「バタフライ・エフェクト」は夢中になって観たので疲れました(笑)

集中しすぎ?
TBありがとうございました (かめ)
2005-04-24 07:03:52
プロットのしっかりした作品ですよね。

つい最近アシュトン・カッチャーの「Guess Who」と言う作品を観たのですが、彼はコメディーもシリアスな役も上手くこなす、いい俳優ですね。
かめさま (こまったちゃん)
2005-04-24 10:45:21
アシュトン・カッチャーの演技にはちょっとびびりました。すごい俳優さんがいたもんですね。私は彼の他の作品は観たことがないのですが、これからは気をつけてなるべく観るようにしたいと思っています。「Guess Who」はコメディなのでしょうか?うーん、観たい!
期待大 (いーとん)
2005-04-26 21:04:59
はじめまして。記憶物サスペンス映画ということで今からとても楽しみにしています。
いーとんさま (こまったちゃん)
2005-04-26 22:02:19
情けない勘違いを参照までしていただき、嬉しいやら恥ずかしいやら(笑)

絶対に観るべし!!な作品です。

観たら、感想聞かせてくださいね♪
TBありがとうございます。 (TINO)
2005-05-18 00:37:54
私もこの映画はよかったんですが、感動を求める人には、絶賛というところまで行かないみたいですね。

ファミリー・タイズよかったです。シットコムという形式が当時新鮮でした。
よかった! ()
2005-05-21 19:30:05
こんばんわ!

私もこの映画は見応えバッチリだと思います!それなのにあんまり宣伝してないですよね・・。もっと話題になって欲しいです♪

コメントありがとうございましたm(__)m (こまったちゃん)
2005-05-23 10:29:10
TINOさま

私から見るとこの映画に感動を求めることが不思議。SFサスペンスとして、最高級の作品だと思いますけどね。

ファミリー・タイズ好きさん発見!うふふふ。



海さま

宣伝足りないですよね~。

もっとたくさんのサスペンス映画好きに観て欲しい作品なのに、と思います。

じつにもったいない。
どうりで。 (まきまき)
2005-05-27 00:04:52
TBさせていただきました。

なるほど「セルラー」のスタッフだったのですね。

納得です!

私は「セルラー」を楽しめたので、この映画も

もちろん楽しめました。
まきまきさま (こまったちゃん)
2005-05-27 00:18:39
いつもありがとうございますm(__)m



私も本作も「セルラー」も大好きです。

2005年前半はサスペンスがいい!

「マシニスト」もよかった。



「サスペクト・ゼロ」は期待ハズレ、「スパイダーフォレスト 懺悔」はもう一歩って感じでしたが、それでもサスペンス好きとしては、サスペンス当たり年だと言いたいです(*^_^*)
同感 (未来)
2005-05-27 00:21:35
私も「マイケル・J・フォックス」かと思いましたよ!

そんなわけないんだけど。。。



この作品、私の中で最高ランクです!

切なく重い・・・すごく残ります。
仲間!! (こまったちゃん)
2005-05-27 00:27:50
マイケル・J・フォックス??って思いますよね(笑)

私も本作は2005年暫定1位です。

個人的思い入れは「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」の方が勝りますが。なぜってサニーちゃんがいるから♪
またお邪魔します (まきまき)
2005-05-27 00:37:00
またまたお邪魔してすみません。



「マシニスト」見たかったんだけど見てないです。

これは見なくては。



私も暫定1位に1票です。



マイケル・J・フォックスは、そういわれて

みれば似てました。

なので後から1票。(笑)

まきまきさま♪ (こまったちゃん)
2005-05-27 22:19:22
「マシニスト」は好みの分かれる作品だと思います。私は結構好き。DVDで観るなら損したとは思わないと思いますよん。私は未見の「SAW」が気になります。DVD借りようかな。まきまきさんは観ましたか??



「バタフライ・エフェクト」の暫定1位と、エリック・ストルツ≒マイケル・J・フォックスへの清き1票ありがとうございます!(笑)
衝撃的でした! (nicoco)
2005-05-29 00:43:07
実はとても見てる間緊張していたので、鼻血が出るか!と自分の鼻を押さえてしまいました。ラストは泣!やられました・・。
 (こまったちゃん)
2005-05-29 01:38:18
鼻血が出るほどの緊張ですか!

すごい気合ですね。

でも、この作品はその価値がありますね。

私の今年一番のオススメです。
TBありがとうございます (dosanko)
2005-05-29 22:58:38
意外性のあるストーリーで面白かったです。

ちょっと子供たちの行動に嫌悪感を持ちましたが・・・。

PG-12なら納得ですね。

この手の映画、これから増えそうですね。
うーーん。 (こまったちゃん)
2005-05-29 23:47:55
嫌悪感を持つような過去だからこそ変える甲斐があるのかもしれないですね。

パラレルワールドものはいくつもあるけど、過去への戻り方が独特で面白かったです。
ファミリー・タイズ好き~ (ももママ)
2005-06-07 10:43:02
TBさせてもらいました。

脚本がしっかりしていたので、どんどん引き込まれました。伏線が用意してあって、最初のころの「包丁」などのエピソードがつながってきてアレ~と、納得。俳優さんも好演でしたね。
私は大好き♪ (こまったちゃん)
2005-06-07 22:15:10
やっぱり脚本がいいんでしょうね。

そして、俳優陣。

今のところ暫定1位はコレかなぁ。

「ミリオンダラー・ベイビー」もいいけど、個人的に好きってならコッチ!



「ファミリータイズ」も大好きです♪
Unknown (ハラキリロマン)
2006-01-30 19:53:42
自分も最初マイケルJフォックスかと思いましたよ!でもそうなると、この役者の人はかなり大きなチャンスを逃してしまったことになりますね、もったいない
やっぱり似てますよねぇ (こまったちゃん。)
2006-01-30 22:26:08
ドラマ「シカゴホープ」のエリック・ストルツはそんなに似てなかったんですけどね、本作ではクリソツ(しかも病み上がり風)でしたねー。



マイケル・J・フォックスの明るさはないから、マイケルがいなくても大スターにはならなかったかも・・・。



この週末こそDVD観ようっと(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
THE BUTTERFLY EFFECT(2004/米) (気まぐれ映画の旅)
 ■昨年、全米で公開されナンバーワンヒットを記録した「THE BUTTERFLY EFFECT」が今年のGW、日本公開となった。      【製作会社】Bender-Spink Inc.(USA)      【全米初公開】2004/01/23                    ■日本語公式サイト   
バタフライ・エフェクト (CAMARO BLOG)
ひょんなことから観ることができるチャンスがあった。 内容は、過去に戻り未来を変えることができる男の話。 題名のとおり、少しのことでもどこかで大きな影響を与えるという、 よくあるようなアイデアだけど、この映画はおもしろかった。 ラストも良かったと思う。 http:/
The Butterfly Effect (アリゾナ映画ログ - アメリカで観た映画のログノート)
2004年2月 日本では2005年のゴールデンウィークに公開になるらしい。 過去に戻ったり、未来を変えたりするストーリーは、よくあるパターンだが、この映画はそれが何度も繰り返される。 いろいろ異なる状況で、同じ役者が、同じ役なのに、全く違うキャラクターを演
バタフライ・エフェクト (邦洋韓華~映画とドラマに関する2、3の事柄~)
 バタフライ・エフェクトという面白そうな映画があります。「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、ちいさなきっかけが後々大きな影響を及ぼすというカオス理論のひとつみたいですが、興味をそそられます。 あらすじを見ると、過去を変えることで未来
「バタフライ・エフェクト」 (てんびんthe LIFE)
「バタフライ・エフェクト」 千代田区公会堂で鑑賞 甘く見てました。完璧やられました。しっかり騙されたという事です。「オッ!『メメント』かな?」と思ったり、いつもの多重人格かと確信したりしたのですが…。あえてストーリーは伏せます。何処をとってもネタバレに
「 バタフライ・エフェクト 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : デヴィッド・エリス/J・マッキー・グルーバー主演    : アシュトン・カッチャー / エイミー・スマート/公式HP:http://www.butterflyeffect.jp/ 最近、サスペンス・スリラーの劇場集客率&人気が高いようです。 「シークレット・ウィンドウ」 ...
バタフライエフェクト(5月14日公開) (映画の花道)
愛する人のために彼が取った”最後(=最初)の”決断とは? これから本作品を観る人は、バタフライエフェクトの意味だけ知っておこう!! ”初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオスの理論の一つ”公式HPより ●特にこ
デミー・ムーアの若き恋人アシュトン・カッチャー主演の注目サス... (映画好き集れ!!)
デミー・ムーアの若き恋人アシュトン・カッチャー主演「バタフライ・エフェクト」「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生むという理論だそうです。誰でも、「もしもあの時...
『バタフライ エフェクト』Butterfly Effect (コウの鑑賞人blog)
主演はアシュトン・カッチャー。(デミ・ムーアの恋人らしいですね。) 全米では週間ランキング初登場1位も飾ったこの作品。日
●バタフライ・エフェクト(新作情報) (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
{/usagi/}バタフライ・エフェクト(新作情報) 「君を救うため、ぼくは何度でも過去にもどる」 少年時代に幼馴染みのケイリーの約束をしたエヴァン「君を迎えに来る」 でも大人になった2人は別々の道を歩み始めていた。 少年だった、エヴァンは時折“ブラックアウト”(
映画: バタフライ・エフェクト (Pocket Warmer)
邦題:バタフライ・エフェクト 原題:The Butterfly Effect 監
バタフライ・エフェクト (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
製作年:2004年 製作国:アメリカ キャスト:アシュトン・カッチャー、エイミー
バタフライ・エフェクト ものすごい集中力で★5 (おえかき上達への道)
バタフライ・エフェクト 期待度・・★★★☆☆ 満足度・・★★★★★ ドラえもんが言ってたような気がします。 過去を変えちゃダメだと。・・・・バックトゥザフューチャーの博士の言葉だったかな? 過去に介入すると未来が変わってしまうというのはよくあるSFの設定ですが
バタフライ・エフェクト (2004) THE BUTTERFLY EFFECT 114分 (極私的映画論+α)
 少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつけるようになるエヴァン。そんなある日、エヴァンが13歳の時、ひとつの出来事が原因で幼なじみケイリーとの仲が引き裂かれてしまう。しかし
バタフライ・エフェクト (I N T R O+blog)
それは、神にも許されない行為。 THE BUTTERFLY EFFECT バタフライ・エフェクト http://www.butterflyeffect.jp/ 2005年5月14日 新宿シネマミラノ、東劇、イメージフォーラム-他にて全国公開 ■■■■ INTRODUCTION ■■■■  もしも過去...
SFだが珠玉のラブストーリー 「バタフライ・エフェクト」 (平気の平左 Blogの巻)
バタフライ・エフェクト 評価:90点{/fuki_cool/} だーれだーーー{/kaminari/} 「切ないハッピーエンド、始まる」などというキャッチコピーつけたやつは!! ピッタリじゃないか!! 頭をなでなでしてあげます。 この映画はまさに「切ないハッピーエンド、始まる」
バタフライ・エフェクト (そーれりぽーと)
“マトリックス以来のオリジナリティー”なんて言われると気になる…。 こんな本格的にタイム・パラドックスを扱った映画も珍しいかなぁと、楽しみにしていた「バタフライ・エフェクト」を観てきました。 ★★★★ 思っていたのとは違いすぎた…良い意味で。 観る前から気
バタフライ・エフェクト★★★★+斬新な記憶を巡る旅・・ (kaoritalyたる所以)
ストーリーはほとんどチェックしないで・・評判がイイみたいだし、記憶を巡る話だという事で興味を持ったんで観てきました。いやぁ~、これは面白かった!過去に戻るたび、どうなるんだろう・・という感じでストーリー展開にハラハラさせられて、サスペンス仕立てというか...
バタフライ・エフェクト (Vacant days)
バタフライ・エフェクト公式サイト  タイトルにもなっているバタフライ・エフェクトとは初期値のわずかな違いが結果には大きく影響を及ぼすと言う現象で、その変化を図で表すと必ず蝶々の羽のような形になる法則を発見した気象学者の「北京で蝶が羽ばたくとニューヨーク
「バタフライ・エフェクト」の魅力に引き込まれろ! (エモーショナル★ライフ)
本日公開の映画「バタフライ・エフェクト」を見てきました。 すごい!そして見事! 非常に巧妙なストーリーで見るものをぐいぐい引き込むこの映画。 一時も目が離せないスリリングな展開の連続で鳥肌物の面白さでした。 そして最後にたどり着かなければならなかった答えの
バタフライ・エフェクト (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★MRI:Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)。強い磁場と電波の照射による体内中の水素原子核の変化を捉え、人体内の断面図を撮影する。 誰にでも1つや2つはある不幸な思い出、嫌な記憶。もしそれを修正したとしたら、一体何が起こるのか!? 過去
バタフライ・エフェクト (日々徒然ゆ~だけ)
 幼年期の不可解な記憶喪失と日記を元に,少年期の出来事と,トラウマとなるエピソードを上手い具合に伏線に持っていき,そこにきちんと主要人物達の心象も絡めつつ。派手さはないけど,きちんと考えて創った掌編っていい。オールドSFファンはチェックして損はない作品よ
バタフライ・エフェクト (It\'s a Wonderful Life)
過去に遡って自分や他人の運命を変える事が出来たら、変えたいですか? でも過去の何か一つでもを改ざんしたら、それによって変化した現代は どうなるかはやってみないと判りません! そして子供時代に記憶を変えると、一瞬にして現代に戻って、記憶も その分蓄積...
「バタフライ・エフェクト」を見た (TINO的日記)
今月切れるミニシアターチケットが丸々余っていたので、タイフェスティバルに行った人
「バタフライ・エフェクト」 (NUMB)
バタフライ・エフェクト 「バタフライ・エフェクト」 ★★★★ (2004年アメリカ) 監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー キャスト: アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン、 メローラ・ウォ
ハッピーエンドなのに悲しすぎる (soramove)
「バタフライ・エフェクト」★★★★ アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート主演 予備知識が 全くなしで見た。 詳しい内容解説は HPに任せるとして、 映画の冒頭でも出てくるが キーワードはひとつ。 『蝶の羽が世界のどこかで 揺れただけで 変わっ...
◎バタフライ・エフェクト---東劇にて (◎新けろり~な王国◎)
ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の裏側では竜巻が起こる冒頭このカオス理論から始まるのですが、この理論は初期条件の小さな違いが、将来の結果に大きな違いをうむと、いう理論なんですがこの複線といいましょうかこの言葉がまさにその通りという感じの「もしもあの時」を...
#24:バタフライ・エフェクト (::あしたはアタシの風が吹く::)
~神様の真似をしちゃいけない~ 最近、記憶系映画(そんなジャンルがあるのか?)が相次いで公開されているけど、その中でもこれはとても見応えのある作品でした。 冒頭30分は、主人公エヴァンが少年期の記憶を辿るのに重要なシーンの連続です。伏線がびっしりと張られて
バタフライ・エフェクト 最高の脚本 (NOCTILUX STUDIO)
ミニシアター系で話題沸騰の作品。徹夜明けの日に観賞。寝くなることなく魅せらました。主人公エヴァンは少年時代に記憶喪失になる時が何度もあった。気がつくと残酷な絵を書いていたり、包丁を握っていたり、森の中を友人と逃げていたりするのだ。エヴァンの世界観で描かれ
バタフライ・エフェクト(映画館) (ひるめし。)
それは、神にも許されない行為。 「炎のメモリアル」に続いて2本目は「バタフライ・エフェクト」をチョイス。実はこっちが本命。レイトショーだけど結構人が入ってた。カップルが多かったな、デート映画なのか?と思いつつ鑑賞~。 最近は記憶をテーマにしたのと、「シックス
バタフライ・エフェクト (CINEMA侍)
2005/04/19 九段会館 公式サイト おや?なんだろうこの不思議な映画は。
「バタフライ・エフェクト」 (the borderland)
タイムスリップものなんだけど、SFという雰囲気は全くなくて、シリアスなサスペンスに仕上がってます。しかもタイムマシンを使わないから、機械が壊れたとか、燃料がないとかそんな悩みはありません(^^; ですから行ったり来たりが非常にテンポ良くて、じっくり見たらき
バタフライエフェクト (jerom, jerome)
 「4月20日2回目の投稿!」と思っていたら もう日にちが変わってしまった…{/hiyo_oro/}  20日の夕方、Nちゃんと「バタフライエフェクト」を観に行ったよ{/hiyo_en2/}  私は観る前よく内容知らなかったけど、Nちゃんがカナダに行ってるときにDVDで観て面白かったって
バタフライ・エフェクト (future world)
バタフライ・エフェクト~~「一匹の蝶が羽ばたいただけで、地球の裏側で竜巻が起きる」という‘カオス論理’のひとつだそう。 ごく小さなことが途轍もなく大きな違いを生じてしまう・・・この論理を元に主人公が過去を何度も行き来する・・そして最後に往きつくのは。。
バタフライ・エフェクト (まきまきにっき)
週初めから体調不良だったくせに映画は見たい。 今日は今年28本目の映画「バタフライ・エフェクト」を見に行った。 当初この映画は見たいリストには入っていなかったのだが、あらすじを知ったら、どうしても見たくなってしまって。 最近流行りだろうか「記憶」モノ。...
バタフライ・エフェクト (CinemaCoconut)
愛する人の為に・・ボクのできる事・・切ないハッピーエンドって?その意味が良くわかった。
映画鑑賞記「バタフライ・エフェクト」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:05.05.28 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 大作ではないが、意表を突いた展開が評判というので映画館に行った。 ちょっとスリラーに思えたり、オカルトっぽかったりしたが、観終わるとなぜかほっとする気持ちになった。 確かに、結末が読めないはらは
映画「バタフライ・エフェクト」 (solaのえそらごと)
幼い頃、ケイリーのもとを去るとき、エヴァンは、「君を迎えに来る」と約束した。 時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。 過去に戻って出来事を変えることができる青年の話。 『バタフライ・エフェクト』。 蝶のはばたきが地球の裏側では竜巻を引き起こ
★「バタフライ・エフェクト」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開の「ミリオンダラー・ベイビー」か「オペレッタ狸御殿」を観ようと思ったけど・・・ 時間があわず・・・これを観る事に。 予告見てて、「いずれ観よう」と思ってたので・・・ 2004年度製作のサスペンス・ドラマ、114分もの。 あらすじ 父親から遺伝?で、子
バタフライ・エフェクト (壺のある生活)
バタフライ・エフェクト The Butterfly Effect (2004/アメリカ)デミめ・・・監督・脚本エリック・ブレス Eric BressJ・マッキー・グラバー J. Mackye Gruber出演アシュトン・クッチャー Ashton Kutcher (Evan Treborn)エイミー・スマート Amy Smart (Kayleigh Mill
『バタフライ・エフェクト』映画批評19 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  息つく暇もないサスペンスで押しまくる時間SF。私好みの作品です(^^)。 過去を変えることによって現在にいたる歴史を変えるというコンセプトは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などと同じです。 いろいろと楽しいアイデアてんこ盛りで物語に釘
バタフライ・エフェクト (ネタバレ映画館)
 この映画の記事を書くことによって世界が激変することとなったら・・・とりあえず記憶力をつけるためにブログに書いておこうっと・・・  バタフライ・エフェクトとはカオス理論の一つである。カオス理論といえば、映画『ジュラシック・パーク』でマルコム博士がサトラー
「バタフライ・エフェクト」 (ミチミチ)
「バタフライ・エフェクト」 監督・脚本   エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー CAST アシュトン・カッチャー/エイミー・スマート・・・  エヴェンは時おり記憶喪失になる少年だった。そして彼は日記をつける。大学に通っていたエヴェンは、ふとしたことで日記
バタフライ・エフェクト (Marさんは○○好き)
地球の裏側で蝶が羽ばたくと台風が起こるというカオス理論は理解できそうで難しいな
バタフライ・エフェクト (シネクリシェ)
 ちょっとしたきっかけで、その後の人生が変わるというモチーフを基にした作品は、過去にも『スライディング・ドア』などの佳作がありました。『ラン
バタフライ・エフェクト (映画を観たよ)
「バタフライ・エフェクト」とは\"一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる\"というカオス理論。 わかるようでよくわかんない!! ちっちゃいことがでっかいことになるのよってことかな? やっばい!!すっごい面白かった!!見入ってしまいましたね。 ドキドキ
「バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション」DVD 10/21発売 アシュトン・カッチャー (Cinema,British Actors)
コレは買います!バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション 「バタフライ・
■バタフライ・エフェクト (ルーピーQの活動日記)
 心理学を学ぶ大学生エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、少年の頃、時折記憶を喪失することがあり、その治療のために毎日日記をつけていた。だが、大人になるにつれその奇妙な症状は見られなくなり、今では日記の存在さえ忘れ去っていた。そんなある日、彼は7歳の頃.
バタフライ・エフェクト (Rohi-ta_site.com)
DVDで、アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン 出演、エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー 監督作品の「バタフライ・エフェクト」を観ました。 ●ストーリー 幼い頃から、原因不明の記憶喪失を度々起
バタフライ・エフェクト (プチおたく日記 vol.2)
かなりお気に入りの部類の作品でした! 初期のごく小さな差異
バタフライ・エフェクト (The Butterfly Effect) (ホームシアターで映画三昧)
遺伝的にある障害をもつ可能性のあるエヴァン(Ashton Kutcher)。彼が7歳からつけてきた日記があった。偶然なのか必然だったのか、日記は彼の障害というフィルターを通り、幼馴染のケイリー(Amy Smart)達や周囲に大きな影響を与える・・・(公式HP) 5つのエンディング
『バタフライ・エフェクト』’04・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ時折、記憶を喪失(ブラックアウト)する少年エヴァンは精神科の医師は治療の為に、日記をつけるように言われる。やがて大学生となり、記憶を失う事もなくなっていた。ある日、幼い頃の日記を読み返すと彼の意識は日記の中に書かれた頃にいた・・・。感想「ある場...
バタフライ・エフェクト (しーの映画たわごと)
バタフライ・エフェクト2003年 アメリカ 監督:エリック・ブレス , J・マッキー・グラバー出演:アシュトン・カッチャー , エイミー・スマート , エリック・ストルツ , ウィリアム・リー・スコットStoryアシュトン・カッチャー主.
バタフライ・エフェクト (ハラキリロマン)
これは 本当におすすめです! 俺オブ・ザ・イヤー2006最有力候補作品ですよ アドルフの画集とか ベルリン、僕らの革命は おもしろかったし 胸にせまったけど それは 
お題:『バタフライ・エフェクト』 (映画の一言二言)
この主人公、一生子供は作らないほうが良さそうですね。 もしくは、すご~く頭の悪い・・・・例えば、サルの奥さんを貰うとか? オフィシャルサイトはこちら。
バタフライ・エフェクト (映画、言いたい放題!)
DVDで鑑賞。 小学生の頃から記憶が途切れる発作に襲われるエヴァンは、 大学生になって、自分に時間遡行能力が備わっていることを知る。 子供の頃の記憶障害はその能力の副作用だったのだ。 エヴァンはこの能力を使い、時間を遡り、過去の出来事を改変し 愛 ...
バタフライ・エフェクト (The Butterfly Effect) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 エリック・ブレス&J・マッキー・グルーバー 主演 アシュトン・カッチャー 2004年 アメリカ映画 114分 SF 採点★★ 人間が授かった最も尊い贈り物は、“忘れる”能力である。 幼い頃から一時的な記憶喪失に悩まされていたエヴァン。13歳の頃に起こした事 ...
バタフライ・エフェクト/アシュトン・カッチャー (文学な?ブログ)
バタフライ・エフェクトは、今まであまり感じたことのないドキドキ感を味わえる映画でした。 過去の瞬間を変えることができる主人公エヴァンは、現在の自分の不幸や愛すべき人の不幸を変えるため、過去を操作するが、なかなか思い通りに行かず次々と不幸が降りか ...
バタフライ・エフェクト (Saturday In The Park)
 アメリカ 2004年  サスペンス&SF&ドラマ  監督:エリック・ブレス  出演:アシュトン・カッチャー      エイミー・スマート      ウィリアム・リー・スコット      エルデン・ヘンソン 少年時代エヴァンは記憶を喪失するブラッ ...
映画『バタフライ・エフェクト』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Butterfly Effect I'll come back for you. あの頃のあの時に、少しだけ過去に戻って変えてみたら、少なくともこの現在の耐え難い状況に陥ることはないだろう・・。 誰でも思うことあるよね、そういうこと、・・だけど、こっちを立てればあっ ...
バタフライ・エフェクト (日々エンタメざんまい!)
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディションposted with amazlet on 06.11.20ジェネオン エンタテインメント (2005/10/21)売り上げランキング: 1244Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★☆【STORY】
バタフライ・エフェクト (黄昏ミニヨン想録堂)
 まだ見ていなくて、これから見ようと思っている者はなるべく見ない様に。後戻りは出来ないからな。
ジェシー・ジェームズ (なぎさの日記)
ジェシー・ジェームズジェシー・ジェームズはアメリカ出身の俳優。プロフィール1989年9月14日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州パームスプリングス出身。97年からキャリアをスタート。映画初出演は『恋愛小説家』のヘレン・ハントの息子役。その後も...
バタフライ・エフェクト:映画 (映画レビューブログ:ムービーラボ)
今回紹介する映画は、タイムスリップ系サスペンスの秀作「バタフライ・エフェクト」です。 バタフライ・エフェクト:ストーリー 少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつける...