インコのクー♪と懸賞大好き!

明るく元気な欲張り者きりまる参上☆
タイトルから大きく外れていますが~
「へえ~!」と思ったよもやま話のブログです☆

食品・調理器具・洗濯物etc・・・を安心・安全に除菌する☆『貝殻焼成カルシウム』のアルカリ力♪その2

2014年05月24日 15時28分32秒 | モニター・レポート

食品・調理器具・洗濯物etc・・・を安心・安全に除菌する『貝殻焼成カルシウム』のアルカリ力♪ 
笠原工業さんの北海道オホーツク産のホタテの貝殻を使った“除菌・洗浄”シリーズから
「パリシャキ」のご紹介・その2です! 






本記事では、レタス、トマト&オレンジを洗った際の様子と、
笠原工業さんに伺ったQ&Aをご紹介させていただきます♪

パリシャキでレタスを洗ってみました


パリシャキ(付属のスプーン1杯・約1g)を、1リットルの水に入れてみたところです。



パリシャキの貝殻焼成カルシウム粉末は、片栗粉がもっとサラサラになった・・・という感じです。

水に落としてかき混ぜるとサァ~と溶けますが、若干白く濁ったような感じになって、
沈殿する粉が見受けられます。


初回はプリーツレタス・ほうれん草(結構しなびた感あり)・ミニトマトを漬けてみました。


お米の場合は、黄変したらすぐに水を捨てますが、
野菜・果実の場合は、約5分間漬け置きします。




こちらは漬け置き後の水と、取り出して軽く濯いでからちぎった野菜です。



水が黄変したということは、酸化した油がついていたということでしょうか???

そもそも、葉物の野菜を漬ける際には、そのまま漬けるべきなのか?
ちぎってから漬けるべきなのか?・・・どっちなのかなー??と思いつつ、
ちょっとだけちぎって漬ける・・・という中途半端な方法をとったのですが、良かったのかな???




で・・・2度めはレタスの葉をばらしただけで、
そのまま葉の状態で漬けてみました。写真は漬けた後の水と、
レタスを軽く濯いでザルにあげたトコロです。


大した黄変はなく、レタス自体は若干パリッとした感じに見えました。


そもそも、パリシャキ溶液からあげた野菜は、濯いだ方が良いのかしら?
それとも、そのまま食べた方が良いのかしら???


このあたりも、ちょっと疑問に思いました。


パリシャキでトマトとオレンジを洗ってみました



続いて、トマトとオレンジを小さなボウルに漬けてみました。

漬けてすぐには、ちょっと水が黄変したくらいで、特に変化はナカッタのですが。。。

しばらくしたら・・・うはッ!! 何か出てきた!!





パリシャキは「野菜に付着した農薬、ワックス等の有害物質を除去」してくれるそうですが、
水面に浮いた“何か”は、そういった類のものなんでしょうか???

こりゃあ、引き上げた後は濯ぎたくなりますよねぇ・・・このままでトマトを食べたくはないです。
そう考えると、葉物もやっぱり濯いだ方がいいんでしょうね?!


実際に「パリシャキ」を使用してみて、ちょっとした疑問がわいてきましたので、
販売元の笠原工業さんにお電話でお尋ねさせていただきました!!




「パリシャキ」について聞いてみました!!

 
販売元の笠原工業さんに「パリシャキ」について聞いてみました♪

 


  Q:ピーマンやナス・キュウリなどは丸のまま漬けたとして、
   レタスやキャベツは、切ったりちぎってから漬けた方が良いのでしょうか?


  A:パリシャキは、野菜の表面についた汚れや農薬・ワックスを取りますので、
   切る前に漬けていただく方が良いです。


  Q:パリシャキ商品ページに掲載されている動画で、千切りキャベツを漬けているのを
   観ましたが、刻んで漬けても構いませんか?


  A:問題ありません。表面にアルカリが付くことで酸化を防ぐので、鮮度保持につながります。


  Q:パリシャキ商品ページに掲載されている動画で、千切りキャベツを漬けた後、
   そのまま召し上がっているようですが、濯がないで食べた方が良いのですか?


  A:汚れが落ちて溶液に出ていることもありますし、完全にパリシャキの粉が溶けきれていなくて、
   食品の表面についていることもあるので、できれば濯いでいただく方が良いかと思います。

   1g入れてかきまぜても、飽和0.1%なので、粉の1部が溶け切らないのです。 
   ただ、粉はカルシウムですので、濯がずに召し上がってもカラダに害はありません。


  Q:パリシャキの粉はカルシウムということですが、刻んだ野菜がパリシャキを吸って、
   それを食べることで、カルシウム補給にはなりませんか?

  A:カルシウムを摂ることになるといえばそうかもしれませんが、カルシウム摂取目的の
   商品ではありません。推奨はしていません。


  
  Q:米をパリシャキで研いだら、水が黄色くなり、米も黄色くなりました。
   ヌカ油に反応したからとのことですが、黄色い米を食べて、何か問題ありますか?


  A:米の見た目がよろしくない・・・ということはあるかもしれませんが、炊いてしまえば、
   黄色い色は出ないと思います。特に問題はありません。
   米を黄色くしないために、水が黄色くなったらすぐに水を捨てて、研いでください。


  Q:水1リットルにパリシャキ1gということですが、量はキッチリ量らなくてもよいでしょうか?

  A:パリシャキの量が少ないよりは、多い方が良いです。
   アルカリ度が薄いと、効果も薄くなります。



  Q:パリシャキを溶くお水は、水道水で構いませんか?

  A:はい、構いません。



  Q:パリシャキの「使用上の注意」に『湿気を嫌うので、必ず蓋を閉めて』と書かれていますが、
   うっかり湿気を吸わせてしまった場合、何か問題があるのでしょうか?


  A:湿気で粉が固まる、空気に触れると酸化するということがあります。
   そうすると、3年ある品質保持期間が、早まってしまう可能性があります。

   ただ、湿気や空気による酸化によって従来の品質が多少落ちたとしても、
   カラダに害になるということではありません。

   アルカリ度のPHが12.5ありますが、それが薄れたりするということです。



  Q:パリシャキの他に「ホタテクト」という大容量タイプの商品があるようですが、
   これはパリシャキとは何か違うのでしょうか?


  A:商品名が違いますが、基本的には同じものです。
   パリシャキの「ホタテ貝殻焼成カルシウムパウダー」は、野菜・果実、米といった
   食品の除菌や洗浄だけでなく、洗濯にもお使いいただけます。

   洗濯に使用する場合は、結構な量を必要としてきますので、大容量のタイプがございます。



  Q:パリシャキはお洗濯に使用できるということですが、衣類が除菌できるのであれば、
   洗濯物が臭わなくなるなどの効果もありますか?直接スプレーしてもいいですか?


  A:消臭効果はあります。使用を続けることで、洗濯槽の裏の雑菌がキレイになったりします。
   直接スプレーしていただいても、問題ありません。

   実は、姉妹品のスプレータイプの商品は、「ホタテ貝殻焼成カルシウムパウダー」を
   特殊フィルターで濾して作っていますので、原料的には同じものです。
  
   「ホタテ貝殻焼成カルシウムパウダー」を水に溶いてスプレーで使うと、
    粉が目詰まりしてしまうので、スプレー目的であれば、スプレータイプの
   商品をオススメします。



  Q:野菜・果実にパリシャキを使用するのに、これはやめた方がいいというものはありますか?

  A:現時点で「やめておいた方がいい」と認識しているものはありません。


  
  Q:その他、パリシャキのオススメな使い方はありますか?

  A:雑菌やウィルスは目には見えないものですので、食中毒のような危険を避けるのに、
   パリシャキはとても有効です。

   アルコール除菌では除去できないノロウィルスにも効果があり、「次亜塩素酸ナトリウム」の
   消毒液と同様の効果を発揮します。

  
  Q:水筒やペットボトル、お弁当箱の除菌・消臭にも使えますか?

  A:ハイ、使えます。10分程度溶液に漬け置きしてください。


 ※Q&Aの内容は、2014.0523 お電話で伺って書いたメモを頼りに、ワタシの記憶で書いています。
  もしも勘違いなどございましたら、ゴメンナサイ・・・です。※



 ・・・ということで、笠原工業様、お忙しいところ、ご丁寧に回答をいただきまして、
  どうもありがとうございました!! おかげさまで、疑問に思っていたことがスッキリしました



  と同時に、パリシャキを含む「ホタテ貝殻焼成カルシウムパウダー」の商品に、
  とても魅力を感じましたデス!!

 
 ぜひ、今後も愛用させていただきたいと思います~




☆おまけ☆


昨日、実家の母が「2年前の古米が物置から出てきたので、勿体ないと思って
  今食べているんだけれど、すごく不味くて困っているの・・・」と言っていたのですが、
  パリシャキを使用したら、そんな米でも美味しくなったりするかしら???


「パリシャキPのお試し用30g」もあるそうなので、母にも買ってあげようかなー?!と思いました。  
  





ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜やお米を美味しくするだ... | トップ | 美味しい♪紅茶専門店【プリミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。