試合の反省・感想
関西学院大学陸上競技部員による試合の反省・感想を書くブログ
 



学年別選手権に1年男子110Hに出場しました藤田です。

結果はと言いますと、17秒89(+0.3)で6着でした。

正直、身体のコンディションは最悪で不安を抱えてのレースとなりましたが、この一年頑張ってきたことを詰め込んで走りました。

そのおかげか、なんとかシーズンベスト(大学ベスト)を出すことができ、課題としていた後半の加速(極端な失速を防ぐこと)や、他の選手に競り勝つこともできました。

ただ、スタートから他のレーンの14~15秒台の選手に大きく離されてしまい、その後もどんどん差を広げられる展開となり、改めて自分の走力不足を痛感しました。
また、10台目でリード足をぶつけ、さらに減速してしまい接地のときにバランスを崩してしまいました。本当にもったいないことをしたと思います。
この2点が今回の試合で気づいた課題です。修正する余地はたくさんあるので、確実に克服していきたいと思います。

冬季では上記の課題解決、基礎体力と走力アップに取り組み、来シーズンには15秒台を出せるように頑張ります。

最後になりましたが、いつもご指導頂いてるスタッフの方々や先輩方、ありがとうございました。

これからもご指導よろしくお願いします。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




関西四私対抗戦で、110mH(オープン)に出場させて頂いた、一回の藤田です。

大学初の対抗戦ということで、いつも以上の特別な思いで臨みましたが、結果は18秒52(-0.7)という非常に情けない記録に終わってしまいました。

僕自身、この夏は人生初の合宿でこれまでの競技人生にないくらい、11日間ハードル練習を詰め込み、追い込んできたつもりです。
この試合では悪くても17秒台中盤、あわよくば16秒台を狙っていました。

それなのにこの結果です。レース後の自身の手ごたえも、先輩の印象も良かっただけに納得のいかないレースとなりました。

手ごたえがあったのにタイムが悪かったということで、その原因を自分の中で考え直し、整理してみました。僕が思ったのは、

・中盤からスピードにのれていない。(ベストを出した時に比べて。)

・後半に大きく失速し、インターバルが苦しくなった。

・ハードリング技術による減速。

の3点です。これらが今の僕が最も越えなければならないハードルです。
他にもあると思うので、是非ともご指摘お願いします。


また、この結果に複数のコーチから

「こんなタイムで恥ずかしくないのか。悔しければもっと練習しろ。」

「自分の中で限界をつくらず、もっと追い込め。」

との叱責、激励の言葉を頂きました。

この言葉と上記のハードル(=課題)をしっかりと胸に刻んで練習に取り組んでいきます。


最後になりましたが、いつもご指導頂いてる、林先生、藤田先輩、深草先輩はじめ諸先輩方や同回のみなさん、そして当日大きなご声援を送っていただいた陸上部のみなさん、本当にありがとうございました。

これからも頑張り続けますので、ご指導よろしくお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




棒高跳びに出場させていただきました二回生の荻田です。

結果は520で3位という結果でした。

表彰台に乗れたことは素直に嬉しかったです。

また、去年は試技差で二位を逃していたのですが、今年は520まで全て一回でクリアできていたので、確実に成長はできていると思います。

しかし、同じ2回生の高校からのライバル2人に先を越されての三位。

それを考えると、あまり喜べないです。

何が悪かったわけでもなく、むしろ調子がいい感じだったので、まだまだチャンスをものにする力が足りない。

そう思います。

日本選手権まであと3週間。

関カレから全カレの三週間で確実に成長ができたと思います。

全カレから日本選手権までの三週間も、前よりもっと成長して、今度こそ5M40以上を跳びたいと思います。


最後になりましたが、応援してくださった皆さん、熱心にご指導くださったコーチ、本当にありがとうございました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、主務の越智です。
今回最後の関西インカレで400mと4×400mRに出場しました。結果を先に言いますと、400mは48’16で7位、4×400mRは3’11’88で優勝。
個人ではあまり自分の力を発揮することができませんでした。しかし、僕が一回生の頃からずっと、ずっと、ずっと夢見てきたマイルで優勝することができました!!!
言葉では表せれないぐらい、本当に嬉しかった…メンバーがいてくれたおかげでこの結果が出せました。
この場を借りて、メンバーにお礼を言いたいと思います。

岩井へ
岩井の1走ほど心強いもんはないわ!いつもチームの雰囲気を良くしてくれてありがとう。一緒に走り続けてもう3年も経つねんな。ほんまいつも爆走をみせてくれてありがとう!

貴裕へ
貴ちゃんは今回2走でめちゃめちゃ良い走りしてくれたな!個人でもベスト近く出して良い流れを作ってくれたしな。特に決勝の走りは最高やった。ありがとうな!

松井へ
いつもいつも怪我しやがって(笑)松井も一緒に走って3年やな。マイルチームの松井への信頼はすごいぞ。実際決勝も1位で帰ってきてくれたしな。だからこそ俺は走りやすかった。ほんまありがとう!

山本へ
今回一緒に走れなくて残念やったけど、サポートしてくれてありがとう!アップでの山さんのアドバイス嬉しかった。ありがとう!

藤井へ
予選では良い走りしてくれたな!めっちゃ嬉しかった。決勝はメンバー外れてしまったけど想いは一緒やったと思ってる。これからも関学のマイルメンバーとして頑張ろう。ありがとう!

そして、この4日間、常に俺の付き添いをしてくれた阪口へ
400Hはベストやったけど決勝は行けんくて残念やったな。俺も悔しかった。
それでも気持ちを切り換えて俺の付き添いをしてくれて、ほんまにありがとう!!この4日間は精神的にきつかったけど、阪口がいてくれたから乗り切れた。ほんまにありがとう。

マイルメンバーはこれに満足せんと全カレでも活躍できるように頑張ろうな!!!

最後に、応援して下さった監督・コーチ・OB・OGの皆様本当にありがとうございました。そして現役のみんな。最後の最後まで信じて応援してくれてありがとう!!!!みんなの声援がラスト100で後押しになりました。まだまだシーズンは続いていくけど、チーム一丸となって頑張っていこう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 2007年関西インカレに十種競技で出場した3回生の坂口将太です。
今年の十種競技は近年まれに見る均衡したレベルで混戦が予想されました。事実、上位陣は混戦になっていました。ランキング5位であった自分もかなり調子が良く、優勝争いに加われると意気込んでいましたが結果はランキング通りの5位でした。自己ベストを何とか更新することで精一杯で、内容は到底評価できるようなものではありませんでした。
 一日目で良い流れを作りきれず、後半の追い上げを活かしきれませんでした。また、自信のあった棒高跳においても自分の跳躍に程遠い内容でした。もっと1種目ずつの完成度を上げる必要性を痛感しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 関西インカレで、400mとマイルリレーに出場させていただいた2回生の山口貴裕です。
 今回の試合の感想は、去年の関西インカレの悔しさから、冬期の練習や、長期合宿などを越え、"全力を出すのみ"という事だけを頭に置き、その一心で、とても良い流れで競技が出来て、好成績が残せた試合になったと思います。
 
 これも全て、スタンドなどで応援してくださった関学陸部のメンバーの皆さんの応援あってこそ出来た試合だと、本当に感謝しています。

 この勢いを次は、全カレにつないで、頑張りたいと思います。

 ありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今回、男子400mに出場させていただいた山口貴裕です。
今シーズン、僕は最初の試合になったので、冬期の練習の成果を発揮し、良い結果を狙っていこうと考えたんですが・・・
 結果は、48秒台のまま、あまり変わっていないのが現状でした。
 コーナーからストレートにかけての走り方など、まだまだ改善すべき点が多いので、今回の試合をよく考えたいと思います。

 一ヶ月後には、関カレもあるので、今の状況より落とさず、ここから調子を徐々に上げて行きたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




遅くなってすいません。

びわ湖大学駅伝で2区を走りました吉田です。

今回の結果は、チームとしては関西で5位、個人としては区間11位でした。

僕の仕事は、1区でつくってくれた流れを切らさずに3区につなげることでした。1区で3位と非常に良い位置できてくれたのですが、自分のとこで順位を落としてしまい、3区にただ襷をつなげるだけの走りになってしまいました。個人的に納得いくものではなく、この区間のトップとの差はかなりの差であり、きっちり走れたものではありませんでした。どの区間でも上位にくいこんでいかなければ、僕たちが目標としている3位には、到底及ばないと思います。

今回は前半の流れが非常に良かったのですが、結果的に関西5位で、これがチームの力であり、総合力がまだまだ上位校に比べ劣っているのが現状です。しかし、まだまだ可能性のあるチームではあると思うので、これからは新チームになりますが、来年の全日本大学駅伝の予選会に向けて頑張っていきたいと思います。

最後になりましたが、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




琵琶湖大学駅伝で6区を走りました鳥越です

今回の成績は、チームは関西5位、個人は区間12位でした。

今回の駅伝では4区で一時立命の前に立ち関西トップを走るなど、
前半から勢いに乗った展開でした。6区の自分に渡った時点でも関西2位で
予想以上の順位でした。
しかし自分が6区でその流れを断ち切ってしまいました。
引退レースのこの駅伝のためにやるべきことをやってきたつもりでしたが、このような結果になってしまったということは、やはり「つもり」でしかなかったんだと思います。
本当に情けないとしか言いようがありません。

今年で強い4回生が抜けて、来年今年以上の成績を残すのは厳しいかもしれません。ですが4回生が抜けることを逆に自分が主要区間で走れるチャンスと捉え、プラス思考で頑張ってください。自分はこの4年間、結局たいした結果は残せませんでしたが、後輩の皆さんはまだまだチャンスはあります。来年皆が良い結果を残せるよう応援します。頑張ってください。

最後に琵琶湖まで応援に来てくださったOB・OGの方々、部員の皆さん、そして今まで色々指導して下さったスタッフの方々、本当にありがとうございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8区を走らせていただきました山下です。個人としての結果は区間4位で、チームとしての結果は関西5位と目標にしていた3位入賞に届きませんでした。

個人としての反省ですが、襷を貰った時に見えていた選手達の先頭を追いかける形で入りの1kmをオーバーペースで入ってしまい失速してしまいました。もう少し冷静になり楽に走れるくらいの位置でリズムを作る事を意識するべきだったと思います。タイムは後で調べてみると去年より1秒遅いものとなってしまいました。一年前の自分より遅いタイムというのは正直悔しいですし、情けないです。

チームとしては去年と同じ5位でした。4位との差は去年に比べて縮まり、また前半で関西トップを走ったという事は手応えがあったと考えていいかもしれませんが5位は5位です。全日本駅伝にも出れない順位ですし、目標としていた入賞もできませんでした。駅伝までのプロセス、試合当日でのパフォーマンス、それらをあわせたこのチームの力では、まだ目標が達成出来なかったという事をもう一度考え、目標を達成するために自分がどうあるべきなのか、何をするべきなのか考えて行動にうつしていく必要があると思います。


駅伝の応援をしてくださった関係者の皆さん、本当にありがとうございました。皆さんの期待に答えられるよう、出来る限り頑張りたいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ