けこりん日記

英語教室のレッスン、ネットでの活動、アメリカの思い出、
おすすめの本などつれづれに・・・。
(交流はミクシィでね!)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一週間の歌で発音練習

2005-04-18 18:15:40 | レッスンのネタ
いつも通いなれた病院への道沿いに、ハナミズキの花が
咲き始めていることに気づいた今日。

やや濃い目のピンクと白の花が上向きに上品に咲く。

ハナミズキの花は、和菓子の包みを開くように、ある日、
ほわん・・・と花が開く印象。きっと昨日だって咲き始めて
いただろうに、ある日突然、目に入る。

なにかに気づくときはたいてい唐突かもしれない。


 ・・・・今日は哲学(笑)



さて、

レッスン日記から遠ざかっておった(笑)。

今月は年度はじめということもあり、
幼稚園から小学生まで全クラス、基本を
します。

 あいさつの歌(10カ国語)
 天気の歌
 曜日の歌
 12ヶ月の歌

この4つを覚えるのが共通の宿題。

で、先週は曜日の歌で、発音練習をしてみました。

Sunday     Sの歯と歯から速くもれる息の音
Monday     Mの唇をしっかりあわせた、まったりした音

Tuesday     Tの舌でしっかりはじく音
Wednesday   Wの口をきゅっと閉めてから弛緩させる音
Thursday    Thの舌をチロっと噛んで息を速く出す音

Friday      Fの上の歯を下唇に軽くおいて、息をすばやく出し、
         すばやくRの浮かし舌へなめらかに移行する音
Saturday    Sの歯と歯から速くもれる息の音

言葉にすると、はぁ??ですよね。
要はやってみせて、マネさせる。

とりあえず、出だしの音(=子音)を強調して、日本語にない音を
意識させることから。

すぐにそれらしく出来る子と、自分の口がどうなっているのか
てんで見当がついていない子がいる。

もう口がむにゅむにゅの舌がベロンベロンの
ハラホレヒレハレ状態(笑)。

Fの発音で、下の歯で上唇を噛もうと必死のY君。
超受け口に眉間にしわもよって、それってそれって

  志村けんだよっ(爆)! 

   →と、もちろん笑っちゃいけない!

幼稚園から1年生あたりは、それはそれは必死にやって
くれるから、かわいさ満点。

小さいときから英語をやる利点のひとつは発音だろう。

特に発音のきれいさは英語力全体への自信につながる
と思う。リスニングにもつながる。

週1回の英語教室でどこまでできるか、チャレンジは続く~。

この記事をはてなブックマークに追加