漁師じゃないんだから・・・

セオリーと言うヤツをすべて無視して釣りをするオヤジのブログです。          採算なんて度外視。遊びだからね。

2017.07.15 スズキ狙いですが・・・ 福島県いわき市鮫川河口

2017-07-16 16:23:18 | 海釣り
 先週は鹿嶋港でアナゴを狙って出撃しましたが、なかなか良型に恵まれず、

不本意な結果に終わってしまったので、今週は福島県のいわき市鮫川河口へ

出撃して、スズキを狙いました。

その直前までは、久しぶりに東京湾の内房でも良いのでは?

と思いましたが、最近になって赤潮や青潮が連続して発生したので、

やはり外海しか選択肢がないのかと。

先週の鹿嶋に続いて、今回もやや遠距離ですが小名浜港方面へ出撃すること

にしました。

小名浜といっても、3連休となれば釣り師の数もハンパ無く多いです。

最もマイナーなポイントである鮫川河口で釣ることにしました。

PM6:30スタート。

丸セイゴ16号にアオイソメを房掛けにして1本バリ仕掛け。

竿4本を扇状に投げ分けてアタリを待ちます。


気温30℃、無風で湿度が異常に高い。

竿を1本投げ込むだけでも汗が噴出し、冷たいお茶が手放せません。

ゆっくりとした動作で、1本ずつ投げ込みながらも、

いちおう投げの練習のつもりで、

投げる瞬間だけは飛距離を出そうと、全力で投げ込みましたが、

うーん100も飛びません。



流芯である50m沖まで投げても水深2m程度しかありません。

もっと飛ばしたいが、100m投げてもそれほど結果に変わりなさそうです。

しかも最近増水したのか?流木が流され、あちこちにゴミが沈んでおり

どこへ投げ込んでも頻繁に根掛かりしました。



私が竿を出しているポイントから最下流の、海への流れ込み附近では、

沖合いまで進んで立ちこんでルアーを投げるルアーマンの姿が

ポツポツと見えました。










日が暮れてきました。




PM8:35

やや上流へ投げ込んだ竿に穂先を叩くアタリがあり、30cmセイゴをゲット。




PM8:45

再び同じ竿に穂先を叩くアタリで、30cmセイゴをゲット。




PM9:10

またまた、やや上流へ投げ込んだ同じ竿に、ひったくるような、

竿尻を浮かす強いアタリがあり、強く抵抗しながらも強引に寄せて

50cmスズキ?(デカいセイゴ)をゲット。






PM9:40

もっとも下流方向へ投げ込んだ竿を回収したら、オモリ以外に重さを感じて、

寄せてくると、25cm程度のセイゴをゲット。




ここから日付が変わる12時まで粘りましたが、アタリが無く、

退屈なので止めることに。

合計4匹ゲットし、全て持ち帰りました。









じつは、自宅への帰り道の途中、常磐道で思わぬお土産ができました。

いわきICから乗り込んで、最初の関本PAに寄って、手を洗うためにトイレに

立ち寄ると、足元にノコギリクワガタが落ちていました。

子供の頃に、「水牛」と呼んでいた、希少なヤツです。

もっとおらんかと探していたらクワガタのメスも発見。

オス、メス、ペアのお土産。

メスはかなり大きい。







こりゃいいわい、と思い、

自宅までの全部のPAに立ち寄って昆虫採集をしながら、帰ることに。

すると、次の中郷SAのトイレの前で、赤カブトのオスが地面を這っておりました。

赤いヤツはなかなかおりまへんで。とっても希少な赤カブトをゲット。




AM2:30

その後、東海PAのトイレの前で、

ゴミムシと間違えるほど小さいクワガタのオス、メスのペアをゲット。

とくにオスは私の人生で見た中で、最も小さいオスです。

コクワガタよりも小さいコイツって、なんだろう?


たぶんコクワのメス↓↓



これまで見たことのない、コクワより小さいオス ↓↓




AM3:00

さらに 千代田PAで、コンビニの外で探していると・・・

なんと、・・・目の前にカブトのオスが飛んできました。

なんというグッドタイミング。




のらりくらりとパーキングに各駅停車して、4時間かけて自宅までかかりました。

だけど

ノコギリクワガタの水牛。

赤カブト。

最小のクワガタのオス。

などなど・・・含めて全部で合計6匹。

釣りよりも熱くなりましたわ。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.07.08 アナゴ狙いは良か... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む