漁師じゃないんだから・・・

セオリーと言うヤツをすべて無視して釣りをするオヤジのブログです。          採算なんて度外視。遊びだからね。

2017.04.08 病み上がりでの出撃で釣れました。 福島県小名浜港

2017-04-09 17:01:57 | 海釣り
 中年サラリーマンが都内で独り暮らしをすると、自由気ままな毎日で・・・。

しかしこの時期は何かと出入りが激しくて、毎晩外食で飲み歩いていると・・・

とうとう不摂生がたたって、発熱し、先週は2日も仕事を休んでしまいました。

熱を出してうなされながら、汗ダクになりながら見ている夢は、

誰も居ない広い岸壁から、思い切り竿を振り抜いて、タングステンの弾丸が

薄暮の空を突き破って、肉眼で見えないほど遠くまで飛んでゆく夢でした。

 さて、凄い量の汗をかいたら、うそのように熱は下がりました。

まだまだ関節と筋肉が痛いですが、気分はかなりスッキリ。

頭は非常に聡明で、透明でクリアな感覚が広がり、これからの目の前に

起こることがすべて予知できるような気分でした。

 この土日は全国的に、ぐずついた天候で、東京でも傘を差して

夜桜見物をする始末。ヤフー天気予報を見ても、どこもパッとしません。

しかしなぜか私の頭の中には、小名浜港の岸壁から気持ち良く竿を振るイメージ

が執拗に沸いてきて離れませんでした。


 土曜日の夕方、PM5:30に板橋の自宅を出発しました。

王子北ICから首都高速へ乗り込もうとしましたが、途中、JR王子駅周辺から

飛鳥山公園は花見見物の人たちで大変混雑している様子が見えました。

傘を差しながらの夕刻の花見は、あまり楽しそうに見えません。

そう思いながら、首都高速から常磐道へ乗り込んで、一気に北上しました。




途中、関本PAにあるコンビニで食料と茶を買い込み、いわき勿来ICで降りて

小名浜港へ到着したのはPM8:40でした。

土曜日の夜であるし、それほど寒くないし、さぞかし釣り人でいっぱいなのかな

と心配しながら来ましたが、予想に反して誰もいませんでした。

しかも地面は乾いていて、雨が降っていなかったらしい。

風も、波も、全く無くて、海面は池のようでした。

さらに貨物船が一隻も停泊していない。

港内は独占状態でした。




先週から置いてあるクレーンは日曜日は動かないことを知っていたので、

港の北側に陣地を構えました。









エサはアオイソメ塩漬けのみ。







夜間はカレイが釣れないだろうと、

ハリスに赤いパイプやビラビラゴムを付けることはせずに、

代わりにケミホタルを装着。

たぶんアナゴばかりの獲物になりそうだが、運が良ければクロダイが来るか。


PM9:20 スタート。

なるべく左側奥のほうへ、立ち入り禁止区域フェンスの前方へ投げ込みました。







先週陣地を構えていた場所はさすがに常夜灯に照らされて明るいです。



この明るさがアナゴにとって良いのか?悪いのか?


しばらくはアタリが出ませんでした。

この時間だと、夕マズメのチャンスは過ぎてしまっているし・・・。



PM10:40

いちばん左奥に投げ込んでいた竿先がビリビリ震えだして、1分程して

竿先を引き込みました。

竿をしゃくってみると、かなり重たい手応えでしたが、早くも沖のほうで浮かんで

きたので、アナゴでした。

なんか細いなあ。アナコンダ級を待っているのに・・・。




その後、2回アタリましたが、いずれも針に乗らず。

ここのアナゴたち、警戒心が強くて食いが渋いです。




なぜか釣り人が誰も立ち寄りません。常夜灯の岸壁は広いままでした。

アナゴ1匹だけしか釣れないまま、日付が替わってしまいました。



AM1:35

久しぶりに左奥に投げ込んでいた竿2本、同時にアタリが出ました。

最初ジビジビ・・・1分程してまたジビジビ・・・また静かになり、またアタる。

もうこのへんで針を飲み込んでいるであろう・・・

左から2本目の竿をしゃくってみると、1匹目と同じく重い手応え。

すぐに浮いたのでアナゴだとわかり・・・寄せてくると・・・





さらにいちばん左の、もう1本の竿を持ってしゃくると、

やはり同じような手応え。

またアナゴだろうと寄せてくると・・・ ・・・

おおーっ・・・

えーっ・・・





32cmのマコガレイでした。

あの、かたさんのブログでおなじみの、ひたちなか港の夜カレイと同じですねぇ。

ここでも夜カレイが釣れましたわ。


しかし、その後が続かず。



AM4:00

いちばん左奥に投げ込んだ竿が、微妙に、非常に小さくコツンとアタリ。

しばらく放っておきましたが、15分ほどして竿をとってしゃくると・・・

海底のブッシュ?障害物の奥のほうから引きずり出して、寄せてきて、

アナゴ3匹目ゲット。





AM4:45

少し東の空が薄くなりだした頃

今度は左から2番目の竿に、いきなり竿先を引き込むアタリ。

竿を持って、しゃくると、今までと違って、かなり重い。

強引にゴリ巻きして寄せてくると、コイツはアナコンダ級でした。





AM5:30

完全に夜が明けました。日曜日の朝です。

たいへん静かな朝です。




おっと、先週に私が陣地を構えていた場所に釣り人が来ました。








今回の私の構えた陣地の、左のフェンスの左前がポイントです。

しかしここは、いつも貨物船が係留されています。

今日はラッキーと言わせてもらいましょう。










まったりとした気分で、車の中から文化放送を聴きながら、竿を見つめています。


そろそろやめようかな。昼間はたぶん釣れないし。

先週と同じくアナゴ4本ゲット・・・さらにマコガレイ1枚もゲット。

一晩でこんだけ釣れたら、まあまあ上出来でしょう。

病み上がりだし、これ以上の体力も無いし・・・。


なーんて思って、なにげなくいちばん左奥に投げ込んだ竿を見たら、

糸が少しふけていました。

さっき投げ込んだときに、糸フケ取るの忘れたかな?

そのまま放っておいても良かったのですが、ピンと張っていないと

アタリが判らないので、わざわざ車から出て、竿を持って、糸フケを取って、

少しだけしゃくってみました。

オモリがズズッと手前へ寄った後ろに、引っ掛かったような・・・

その瞬間、カラダが反射的に大アワセを入れていました。

重たーい。

きっと超アナコンダ級が来たぁ・・・と思って強引にリールをゴリ巻き。

満月になったBX-Tの竿をぐいぐい立てて、水面まで浮かせると・・・

ゆら~っと大きな茶色い菱形が浮いてきました。





おおーっ、デカいやん。

夢のゴーマルかな?

それでも、ヨリトリゴムを信じて、玉網も使わず、

岸壁に抜き上げてしまったオレはバカか?

さっそくメジャーをあてて・・・

よーく見ると・・・

一瞬だけ50cmかな?と思ったけど、45cmでした。



ひっくり返しても、よく見たら45cmのまま



うーん、どう見ても45cm






しっかし、夢のゴーマルは難しいなあ。

あと5cmの壁がとっても厚く・・・全国の釣り師たちが悩んでおります。




そろそろ帰ろかと思っていましたが、


「もう1匹おらんかいな」と急に欲が沸いてきました。


その後は日が昇ってきたので、重たく感じるのはヒトデのみ。





AM8:30

終了しました。



一晩の獲物です。








気が付けば、ほんま大漁ですがな。


この記事をはてなブックマークに追加

2017.04.02 粘れど本命は釣れませんでした・・・が。 福島県小名浜港

2017-04-03 17:00:11 | 海釣り
 先週47cmマコガレイを釣ったので、今週も懲りずに小名浜港へ出撃しました。

土曜日の深夜23:00に板橋区の自宅を出発。




首都高速から常磐道へ乗り継いで、ひたすら北上し、いわき勿来ICで降りて

現地には日曜日AM3:00に到着しました。

さて、お気に入りの場所は果たして空いているでしょうか?

まずは最初に先週竿を出した処へ行ってみると、空いていることは空いていた

のですが、すぐ後方にクレーン車が設置してあり、昼間に荷揚げ積み込み作業

が行われるのかどうか?なかなか判断できずに迷ったので、

もう1か所、他のお気に入り場所へ廻ってみました。

廻ってみると、ここも空いていたので、ここで竿を出すことにしました。




エサは持参したアオイソメの塩漬けを房掛けにしました。






最近、イソメ類の塩漬けをよく使用しています。

関西と違って、関東地方の釣エサ屋では24時間営業をしている店が少なくて、

主として夜間に活動する私には不便でなりません。

そこで私なりの対処方法を見つけました。

それは昼間の時間が在るときに活きエサを購入したり、

釣行で余ったイソメを捨てずに持ち帰ったりして、

自宅で塩で〆た後、浮いてきた水分を捨てて、-60℃冷凍庫で急速冷凍すると、

長く放置してもエサが変色したり劣化し難いことを発見しました。

これっ、なかなか重宝しています。

これにより釣エサ屋が開店する時間より早く、場所を占拠して、竿を出すことが

可能になりました。

さらにメリツトとして、余分な水分が抜けているので、房掛けにしても軽いので、

投げ込んだときに飛距離が伸びます。

そりゃ、動く活きエサのほうがアピールするので、よく釣れるだろうと思いますが、

カレイ、アイナメ、アナゴに対しては、それほど差が有るとは思えません。







投げ竿4本とも、釣り座右隣のフェンスより右前方を意識的に狙って、

めいっぱい遠投しました。

この寒い時期、気温が低いと、ケミホタルは化学反応の速度が鈍いので、

ポキツと折ったときは明るく光っているのですが、すぐに発光が鈍って

暗くなってきます。

最近はヤフオクで安く出品されている赤色LEDを使用しています。



AM4:00 スタート。



AM4:15

車の中から4つの赤色LEDを見つめていると、いちばん右の竿に

チョンチョンと初アタリ。

ちょっと待って・・・まだまだ・・・よーく飲み込ませて・・・せーの、

大アワセして竿を立てると・・・ズッドーンと重さが伝わってきました。

最初はグイグイと抵抗していましたが、リールをゴリ巻きしていると、

すぐに浮いてきて、水面でバシャバシャやっているので、アナゴちゃんですわ。

岸壁に抜き上げてみると、70cmほどの太いアナコンダでした。



写真を撮ったあと、くねくねくねるアナコンダの上からタオルをかぶせて、

首を押さえつけ、・・・お命頂戴致します。ナイフでスパッと〆ました。



AM4:30

新しい針を付け替えて投げ込み、他の3本の竿もチェック。

すると左から2本目の竿に何かが掛かっていて、めちゃくちゃ重い。

抵抗しないのでヒトデかゴミかな? と思いながら寄せてくると・・・

あららっ、まあ珍しい、大きな青ナマコでした。

先週のホヤといい、今週のナマコといい、珍客ばかりですな。

ナマコはリリースせずに、水汲みバケツの中でキープ。





スタートして、なんだかんだ、なかなか順調に獲物をゲットし続けております。

このまま夜明けを迎えてカレイ、アイナメが釣れてくれれば、

再びラッキーなのですが・・・。


AM5:00 私の釣り座の左隣に係留されていた貨物船が、

離岸して海底をかき回しながら、出発してゆきました。




これの影響もあるのかもしれませんが、夜明けのチャンスを迎えても、

全くアタリが出ませんでした。







無風ですが、気温2℃ 

アイナメやカレイのアタリが出てもおかしくないのですが・・・

寒いので車の中からじっと竿先を見つめています。

今日は私の他には誰もやって来ませんね。

他の釣り人はどうしたのでしょうか?





うーん、うまくゆかんなー。




気を入れ直して、エサを付け替えたり、誘いをかけたり、

いろいろやってみますが・・・、

朝マズメのチャンスもアタリが全く出ません。

エサ取りも居ないし、定期的に竿を持って巻き上げると、投げ込んだままの

エサが付いて戻ってきました。

不思議にもヒトデさえも掛かりません。

足元には干からびたヒトデが沢山転がっているのですが。

うーん、なぜ釣れんのでしょうか?



AM9:00 潮の流れが変わって、沖のほうから潮目が寄ってきました。

釣りのセオリーでは大チャンスです。

魚は潮目の下で活発にエサをあさるのです。





しかし、目の前を潮目が通り過ぎても、アタリは出ませんでした。


退屈だなあー。

ラジオを選局しますが、この日のAM局は全局ノイズがひどくて聞き取れません。

いつもなら文化放送や日本放送、さらにラジオ大阪まで入るんですけど。

NHK第一や地方局でさえも聞き取れませんでした。

FM局でさえも入りません。

唯一クリアな音質で入ってきたのが、76.2MHzいわきコミュニティーラジオ

のみでした。

この港だけのラジオ局です。




なんか変だな。


私の体調もおかしくなってきました。

花粉対策の鼻水止めカプセルを飲んでいるのですが、まったく効きません。

筋肉や関節が痛いし、集中力もなくなってきたし・・・

車の中で座っているうちに何度か眠ってしまったりして、時間が過ぎました。



夕方になってきました。

いつもならこの時間まで粘らないのですが、カレイやアイナメは夕マズメの

チャンスで釣れることも多いです。

ここまで来て、ここまで粘って、アナゴ1匹とナマコではねえ。







夕マズメのチャンスでもアタリは出ませんでしたが、


PM7:00

チョンチョン・・・ビリビリ・・・久々にアタリが出て、大アワセをすると・・・

50cmのアナゴでした。




さらにPM7:40

同じようなアタリで・・・

65cmのアナゴ・・・うーんアナコンダ級かな。




さらに粘りましたが・・・

PM9:00

かなり抵抗して大物と思いましたが、70cmのアナコンダ




諦めて帰ることにしました。

200km先の自宅へ帰るのが、どれだけ遠く感じられたことか・・・。

ほんと疲れました。



粘って17時間釣った結果です。






それと

あのナマコです。




追記 


ネットでナマコの調理方法を見て、このわた と なまこ酢 を作ってみました。


まず、このわた ですが、水汲みバケツに1日入れておいたおかげで

泥を全て吐き出していたので、そのまま腸を塩で揉んで、塩辛にしました。

ほんとちょっぴりですね。










次になまこ酢ですが、

大きく切ったナマコを塩をふって板摺りして、表面のヌメリを取って、

薄切りにして、ポン酢と、もずく酢の三杯酢、さらに大根おろしを加えて

出来ました。










あさってぐらいに晩酌のお供として戴きますかね。


この記事をはてなブックマークに追加

2017.03.25 釣れるときはこんなもんです。 福島県小名浜港

2017-03-26 20:55:28 | 海釣り
 この日は調査も兼ねて、朝からいわきサンマリーナで釣りをしていましたが、

PM2:00に引き上げたものの、今から帰ると夕方の高速道路の渋滞に

巻き込まれること必死なので、少し遅い時間に帰ろうと、時間を潰して

小名浜港の情報を収集することにしました。

 いわきサンマリーナからわずか4km離れたところが、いつも竿を出している

大剣埠頭なのですが、普段と違って、午後から珍しく南方向からの強風が

吹いていたので、向かい風のため、いつものポイントが空いてました。





まあ、向かい風で飛距離は出ませんが、ここは水深があるので、

足元でも釣れる可能性があるので、ここで竿を出してみることに。

すでに釣り侍さんで購入したエサの残りは少なかったのですが、

予備にイソメ塩漬けを持っているので、続けることはできます。

なんといっても、この場所は車を横付けできるのが嬉しいです。

のらりくらりゆっくり準備して、竿4本にエサを付けて、

とりあえず広角に思い切り投げ込みました。


PM4:00スタート。

暖かい車の中から、竿先をじっと見つめてましたが、いつしかウトウト。

どうしても集中力が途切れてしまいます。

PM4:30 糸フケを取るために、左の竿から1本ずつさびいて、

2本目の竿を持ってしゃくると、グッ? 根掛かり? 重たい感触。

CXTの竿が満月になるほどしゃくると、引っ張られて、ズルーッと動いて

手前へ寄ってきたので、「これは、カレイか、ヒトデか、ゴミか ???」

その数秒後、わずかにグイグイと抵抗したので、これはサカナですわ。

そう思った瞬間から、リールを、トルクを感じながらグイグイと全力で

ゴリ巻きしました。

でも大アナゴかもしれないし、ネコザメやらエイかもしれん。

そう思って、寄せてくると、茶色い幅広いカタチが浮上してきました。

おっ、カレイやわ。

超ラッキー。

かなり大きいけど、信用絶大なヨリトリゴムを付けているので、

「せーの」で岸壁へ抜き上げました。







かなり大きく感じたので、ゴーマルあるかな?と思いましたが、

47cmのマコガレイでした。


昨年、石川県能登島で47cmのイシガレイを釣ったことがありましたが、

マコガレイで47cmは自己新記録です。

産卵を終えて、まだ薄いカレイですが、迫力十分。

ほんま、ヒラメみたいなマコちゃんですわ。


さてと、左から4番目の竿も、さびくと、やたら重たい感触がありました。

しかしコイツは抵抗しないし・・・と思って、

半分期待して、半分期待しないで巻き上げると・・・

デカいお星様でした。




その後、日没を迎えて、夕マズメ、そしてPM8:00頃、小さいアタリが頻発しますが、

なかなか針に乗りません。

ようやく釣れたのは、25cm ドンコちゃんでした。




私の右隣に入られた地元の釣り師を見ていると、アナゴを数匹釣上げて

おられたので、頻発する小さいアタリはアナゴかドンコなのでしょう。

PM9:00 体力の限界、終了しました。

良いお土産もできたので、意気揚々の帰還ですが、

昔の若いときのオレならば、このまま日曜日まで続けていたでしょうな。










この記事をはてなブックマークに追加

2017.03.25 新規開拓のため調査 福島県いわきサンマリーナ

2017-03-26 18:01:58 | 海釣り
 以前からグーグル地図の航空写真を見て、一度は竿を出してみたいと

思っていました。

東北震災の影響で、昨年まで長く復興工事中でしたが、昨年小名浜港で釣りを

していたときに、地元の釣り人から釣り公園桟橋へ入れることを聞き、

1度だけ下見に来たことがありました。

今回は調査も兼ねて昼間に実釣してみることにしました。

昼間の釣りとはいえ、板橋の自宅を出発したのはAM4:00で、日の出を見ながら

常磐道を北上しました。

北茨城ICで降りて、途中、釣り侍さんでアオイソメ2000円分を購入して

国道6号線をそのまま北上し、いわきサンマリーナへ到着したのはAM7:00。



ちょっと早く到着しすぎました。

どうしようか? このまま待つか? 

それともゲートの外に車を置いて、荷物を担いで降りてゆくか?

じつは、下見に来たときに、この公園の管理人さんから、徒歩で入れる裏ルートを

教えてもらっておりました。

ゲートの外で、迷惑のかからない場所に駐車して、裏ルートから歩いて入ります。

そのために、今回初披露の新兵器を出します。

じゃーん!!







この太いタイヤが悪路でも平気で、大変便利なんです。

こいつにクーラー、タックルボックス、竿ケースを積んで降りてゆきました。


釣り桟橋はとても綺麗に整備されていて、トイレも、水道設備もありました。

釣り場は港内へ投げ込むように設計されていますが、

パッと見て、底の砂地が見えます。水深3~5mぐらいか。

水深がないのは、昼釣りには致命的です。





まっ、グーグル航空写真を見ても、浅いことは覚悟してましたが。

いちばん奥に陣地を築いて、竿4本を出してアタリを待ちました。

いつもの夜釣り用のゴツい太仕掛にアオイソメをたっぷり付けて、

ドボン。

AM7:30スタート。









竿4本のうち2本は日陰になる堤防の際へ投げ込みました。

注意事項として、

私が居る陣地の場所から、大きな長い堤防が外海へ直交して2本伸びてますが、

いずれも鉄柵が設けてあり、立ち入り禁止です。

公園の管理人さんが、朝、昼、夕、パトロールに回られますので、

立ち入り不可能です。





水温はこの時期最低の9℃。水深が無いため、魚は見掛けません。

代わりに嫌われ者のアイツが居ます。

コイツが居たら、まず釣れん。



まっ、お気楽にいきましょう。



アタリが無いので、附近の情報を収集。

天気は快晴ですが、気温が10℃でまだまだ風が冷たいです。

それでも、おっ、春はそこまで来ています。






AM10:20 エサチェックのため堤防際へ投げ込んだ竿を巻き取ると・・・

ん?

なんか付いてる



25cmのアイナメ君でした。

そう言えばこの冬、オレ、アイナメ釣ってなかったな。

久々に出会いましたな。

その後もまったりと時間が過ぎて、

PM2:00まで粘りましたが、この1匹のみでした。



追記

公園の敷地から1箇所だけ、立ち入り禁止でない場所から、

港の外側へ投げ込めるところがあったので、

誰も居ないときに、こっそり外向きに大遠投。

第1投目は底取りして糸フケを取っている最中に、根掛かりしてオモリごとロスト。

気を取り直して、懲りずにもう1回チャレンジ。

第2投目はうまく着底したと思いましたが、待つこと15分してもアタリが無いので

巻き取ろうとしたときに、またしても根掛かり。

強引に引っ張ると、外れましたが、何か重たいものが付いたまま回収すると、

なんやこれ?



苦手なホヤが引っ掛かってきました。

ホヤは過去に鹿嶋港でも引き揚げたことがありますが、コイツが有ると

百発百中、100%の確率で根掛かりしますわ。














この記事をはてなブックマークに追加

2017.03.04 片道530km遠征もむなしく・・・石川県能登島

2017-03-05 08:48:17 | 海釣り
 産卵を終えてペラペラに薄くなったカレイも、3月に入って体力回復のために

荒食いするはず・・・投げ釣り師なら誰でも期待しているのですが。

この冬は北陸地方も雪が多くて、2017年になって、石川県能登島の情報が

ほとんど入ってきません。

私も昨年の夏の遠征以来、北陸地方はご無沙汰で、果たしてどうなるかと

判らないまま出撃しました。

釣れても釣れなくても、鹿島、大洗、小名浜 などの漁港とは違って、

誰に遠慮することもなく、のびのび自由に竿を振ることができる能登島は

釣り人にとって夢の場所です。

 能登島へ募る思いは日増しに膨らんで、金曜日に仕事を終えた後に、

自然とカラダが北陸地方へ向かっておりました。

まずは自宅から国道17号線に沿って、のろのろ北上して、上州屋浦和店に

立ち寄り、アオイソメを3000円分購入。もっと買いたかったが、店の在庫が

これだけしかなく、しょーがない。もしも使い切れば、持参の塩イソメに

切り替えて使用する予定。

上州屋を出た後は、外環道に乗り込み、関越道練馬ジャンクションへ乗り継いで

北上。




さらに上信越道、→ 上越ジャンクションから北陸道 →小矢部ジャンクションから

能越道 → 七尾 → 能登島 

能登島まで徹夜の運転です。

土曜日AM3:30に到着しました。片道約530kmを7時間かけて走破してきました。




能登島へは21番目に入島です。

「なにぃ?オレの前に20人もの釣り人がすでにやって来ているのか?」

 ↑↑ 勘違いもはなはだしい。




いつもの釣り座である、南の関白にやって来ましたが、まだ誰も先行者はおらず、

休憩する間もなく、場所取りのために、三脚3個、竿6本をセッティングしました。

暗闇の中で、準備のためにゴソゴソやっていると、ギラッと光る目に驚きました。

タヌキ? アライグマ? ハクビシン?



仕掛けは各竿1本バリで、多少の効果を期待して、赤色のビラビラを付けてます。



 
ここまで準備して、約2時間ほど仮眠して、夜が明けてきました。

釣り座に置いてきたクーラーボックス、三脚、竿 みんな白く凍り付いていました。

気温マイナス3℃、無風で快晴。

カラダのあちこちにホカロンを貼り付けて、頑張りましょう。






エサのアオイソメをたっぷり付けて、フルキャストで投げ込んでゆきます。






すぐに、富山から来たという釣り人が、私の左側に入りました。

竿の数、私6本、隣の釣り人5本、計11本の竿を立ててアタリを待ちました。




じつは先週、ヤフオクで、中古品ですが竿を2本買いました。

6本のうちこの2本をいちばん左に配置しました。

なんとかこの2本を「魚の付く竿」にしたいです。

いくら高級な竿でも、釣れない竿ってあります。

いくらボロい竿でも、よくアタる「魚の付く竿」ってのがあります。








しかし、この日の潮はとても渋かったです。

なんのアタリもありませんでした。

開始早々、隣の釣り人が約30cmイシガレイを1枚釣り上げただけで、沈黙。

フグやケムシも居ません。

この日、唯一掛かってきたケムシ↓↓




そしてたまーにヒトデ↓↓





ヒマなので、足元にころがっているクルミの実を拾ったりして、↓↓




能登の水はこんなに綺麗なのに・・・なぜ釣れん?







AM9:30 右側の岬から、なまこ船が姿を見せて、ゆっくり近寄ってきました。




船が海の底をかき回したり、海水を動かしたりすると、魚の食い気が立つことが

あります。

今回もその効果が出たのでしょうか?

船に近く、いちばん右に投げ込んでいた竿の穂先が、ゴンゴンゴンゴン

揺れました。暫らく待って、再びゴンゴンゴンゴン・・・

「絶対に飲み込んでる」と確信したところで、竿を持って大アワセして、ゴリ巻き

高速で浮かしにかかりました。

重い手応えを感じながら、「そうそう、コレコレ、この充実感」に満足して

寄せてきました。

やっとこさカレイを1枚釣り上げました。

おっ、こいつマコガレイやわ。

27cm でしたが、けっこう肉厚でした。








しかし、後が続きません。

またずっと沈黙です。


AM11:00 お隣の釣り人が、また30cm程のイシガレイを追加。お隣、計2枚。

しかし、あまりにも釣れないので、AM11:30 お隣の釣り人が撤収。

お隣の釣り人から、その2枚を戴きました。


お隣の釣り人が撤収された後も、独りで頑張りましたが、花粉がひどい。

目が痒くて、こすってたら腫れてきました。

鼻水がポタポタ、とっても息苦しいです。




なんとか新しい竿に、魚を掛けさせたくて、その後もPM2:00まで頑張りましたが、

実現しませんでした。




昼過ぎから突然曇り空になり、天候が崩れ、PM2:00雨が降りだしました。

もはやこれまで。

仕舞い支度をして、帰りに島の太公望や鴫島の様子を見ながら、島をあとに。

どこもパッとしませんな。

日曜日の未明に板橋区の自宅へ戻ってきました。


私の釣り上げた唯一の1枚であるマコガレイが左。↓↓

お隣の釣り人から戴いた2枚のイシガレイが真ん中と右。↓↓

2人で出した竿の数は11本・・・なのに釣れたのはたったの3枚かい。




高速代  15,000円

ガソリン代 10,000円

エサ代  3,000円

走行距離 1,067km

バカと言ったらバカ。

趣味だからと言ったら、たしかに趣味だろう。

しかしココロの満足度は?と言ったら、充実感100%

漁師じゃないんだからね。






















この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.25 ナイトマテング 寂しい結果ですのう 船橋三番瀬

2017-02-26 00:08:25 | 海釣り
今週は新月の大潮です。

潮が大きく引く時間帯は、2月は夜の干潮がよく引きますが、

3月になると昼間の干潮のほうがよく引くようになります。

夜中にヘッドライトを付けて、ゴソゴソ潮干狩りができるのは、

今週で最後になるのでしょうか。

ネットではマニアたちがマテ貝を狙って、ナイトマテングに熱いようですが、

私にもそのチャンスがやって来るのでしょうか?

昨夜、鶏鍋をつついて飲み過ぎてしまったので、今日は昼過ぎまで寝てました。

夕方になって、近所のスーパーへ買い物に行き、そこで食塩を2kg買いました。

マテ貝には食塩が必須です。

PM7:30出撃しました。

滝野川インターから首都高速に乗り込み、京葉道に乗りついで原木インターで

降りて、船橋三番瀬海浜公園まで来ました。

東京湾の夜景がとっても綺麗です。








今はどこから見ても東京人の私ですが、元関西人の私は、関西風お好み焼きで

使う特大コテを持って来ました。

これで泥を切るように掘り返して、マテ貝の穴を探すのです。



今回はホンビノス貝ではなくて、マテ貝を探します。

味の美味さはマテ貝のほうが濃いと思います。

ホンビノスは沖の方へ行けばゴロゴロ獲れます。

しかしマテ貝はどこに居るのか?それさえも判りません。

広く干上がっている処を、かたっぱしからコテで掘り返してゆきますが、

なかなかマテ貝の穴が見つかりません。

1時間ほどして、やっとこさ、これは?と思われる穴が見つかりました。

食塩をガバッっと振りかけて、見つめていますと、ニョキッと出てきました。



1マテ貝ゲット。だけど、ちっさ。

嬉しいけど、えらく小さい

だいたい1匹獲れれば、その周りに巣があるものだけど、2匹目が続きません。

もたもたしているうちにPM9:45干潮ピークを過ぎて、潮が満ち始めてきました。

PM11:00終了




ちっさいマテ貝6個



これぞ東京湾のアサリ。白と黒の鋭いコントラストが特徴



期待されていないシオフキも、にぎやかしメンバー



3時間でゲットした貝は、

ミニマテ貝6、ミニアサリ21、シオフキ2、そしてゴルフボール2個(笑)



うーん、もともと三番瀬にはマテ貝が少ないのかもしれませんな。



翌日、日曜日の昼に酒のツマミとして美味しく頂きました。




この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.18 暴風の中でなすすべもなく 福島県小名浜港

2017-02-19 13:12:46 | 海釣り
 週末は飲まないつもりでした。金曜日の深夜から出撃するつもりでしたが、

定時で仕事を終えて、ロッカールームで、いつも酒を美味そうに飲む子分と

喋っているときに、オレもちょっとだけ飲みたくなりました。

週末だしなぁ、癒されたいなあ。

この判断が大誤算でした。この週末の土日の予定をすべて狂わしました。

ポッピーでちょっとだけのつもりが、いつのまにやら日本酒3種味比べになって、

気が付けば、ええっ?もう10時半なの?

うっそー。

埼京線で自宅まで戻ってきたら、すでに深夜11時を回ってました。

というわけで、

土曜日は昼まで寝ておりました。

出撃したのは土曜日の昼を過ぎた1時半。

首都高速の王子北インターから乗り込みました。



今週から新型7インチのミニゴリラに変えました。

昨年暮れから、3ヵ月間カロッツェリアに浮気しましたが、

やはり首都高速を走るにはゴリラのほうが使い易いと思いました。

ここから福島県いわき市まで200kmあります。

途中、小便するために何度もPAへ寄り、

パンパンにむくんだカラダから水分を抜いて、徐々にやる気モードへ。

PM4:00 小名浜港へ到着しました。

岸壁では貨物船が係留してあり、作業中だったので、しばらく竿を出さずに

様子を伺ってましたが、運良くすぐに作業を終えて、船が出てゆきました。



船が立ち去った後に釣り座を構えました。



三脚をふたつ、竿を4本、1本バリに、塩イソメの房掛けを付けて放り込みました。

ケミホタルも準備して、PM5:30釣りスタート。




心配していた北風は弱いのですが、小潮だし、気温は低いし、

なんとなく釣れそうな気がしません。

そんなときに、幸運の鳥が近寄ってきてくれました。



今回もコイツのご利益があるのかな?




PM6:45 おっ、15cmほど、竿先のケミホタルを引き込むアタリが出ました。

1分ほど待ってましたが、しかし、追いアタリが無く、回収すると

アナゴにエサを齧られただけ。

このあと、夕マズメのチャンスは無くて、本格的な夜釣りに突入しましたが、

PM8:00過ぎから北風が強くなってきて、釣り座の位置では横風が強くて

とてもやりずらくなってきました。

やむなく釣り座を、北風を背中から受け、追い風になるよう岸壁を移動しました。



ここで朝まで粘るつもりでしたが、

北風がますます強くなってきて、暴風になってきました。

暖を取っている車が風でグラグラ揺さぶられ、砂がパチパチ飛んできました。

日付が変わって、気温が下がってきました。

スマホの天気画面ではマイナス1℃らしい。

雪混じりの北風になりました。

うーん、人類が生存できそうにない環境です。

1時間ごとにエサチエックのために、

車から出て、竿を持ってしゃくりますが、

久しぶりに手応えがあったので、ゴリ巻きしてくると・・・トホホ。



そのうち、三脚がズズズーッ、と風に押されて、

飛ばされそうになってきたので、AM2:00 撤収しました。

日曜日の昼間には、また穏やかな天候になるようですが、

体調もイマイチだし、板橋まで帰ることにしました。

帰りの常磐道は横風が強く怖かったです。










この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.04 やっとこさ始動、福島県小名浜

2017-02-05 00:57:32 | 海釣り
2017年になって、まだ一度も釣りをしてなかったのです。

2月に入ってやっと始動しました。

今年から電車通勤になって、しばらく車に乗っていないと、道をすぐ忘れます。

東京都板橋区の自宅から出撃するとなると、まず首都高速に乗り込んで、

そこから常磐道や東北道へ乗り継がなくてはなりません。

これがなかなか難しくて、どちらの方向へ進むのか?によって、

首都高速を乗り降りするインターの場所が違ってくるから大変です。

どのインターも、両方向への乗り降りが必ず在るわけではないので、

東北道へ進むには鹿浜インター、常磐道へ進むには王子北インター、

中央道や東名道へ進むには滝野川インター、それぞれ違うのですよ。

そのほか、関越道へ乗り込むには下道の環七から直接に練馬料金所から

乗り込むしかないようです。

さて、2017年最初の釣りは、福島県の小名浜港でカレイを狙いました。

昨年の春の実績から、大剣埠頭で竿を出すのが良いかと思いますが、

この場所は東向きに投げ込むので、北からの横風が吹きだすと、

すごくやり難いです。しかも貨物船が何処に係留されているかによって、

竿を出せる場所が限られてきます。

これらは現地に行ってみないと判りません。ほんとギャンブルですな。



すでに金曜の夜に戸田駅近くの上州屋でアオイソメを4000円分買いました。

冬の常磐方面への釣りで困ることは、深夜に釣りエサ屋が開いてないことです。

エサが無いことには未明から釣り場へ行って、陣地を築くことができません。

しかし前日にエサを買ってしまうと、なにがなんでも出撃せねばなりません。

関東や東北の釣りって、意外と融通が利きませんね。

カレイのアタリは、まだ薄暗い早朝のAM5:00~8:00が多いです。

カレイの他にアナゴやアイナメなどもこの時間帯にアタリが多いです。

この時間帯に万全の構えを持して待つとなると、

未明のAM4:00頃から陣地を築かねばなりません。

釣りエサ屋は深夜に開いていてもらわないと困るんです。


というわけで・・・

前置きが長くなりましたが、金曜日のPM11:45に板橋の自宅を出発しました。



首都高速の王子北インターから乗り込んで、6号三郷線から常磐道へ入り、

一気に北上。

いわき勿来インターで降りて、AM2:40小名浜港の大剣埠頭に到着しました。

自宅からここまでちょうど200km。

昨年まで住んでいた栃木県真岡市からここまでだと140kmだったので、

片道60km、往復で120kmの差はとっても大きいです。

さすがにこの時間は誰も居ませんでした。

気温はちょうど0℃、無風で穏やかな海況でした。

昨年に実績の出たコンテナ基地フェンス前を陣取って、さっそく三脚を立てて、

竿4本をセット。

ヨリトリゴムにハリス5号、丸セイゴハリ16号、アオイソメ3匹掛けで



フルキャスト。

とほほ。

最近、メタボ体型が邪魔して、いくら頑張っても3色ほどしか飛びません。

オレのスイングには、ビュッという風切音が無いんだよな。

どんだけ鈍い振りか。


AM3:30 竿4本投げ終えて、車の中で、しばしいっぷく。

AM4:00 アタリは無いが、エサチェックのために巻き取ってみると・・・

齧られていました。生体反応は有るみたいです。



竿先をよーく注視していたら、たまにチョンチョンと小刻みに揺れますが、

ハリには乗りませんでした。

うーん、ぶっといアナゴでも来んかな?


そうこうしているうちに夜が明けてきました。



ここからがカレイの時間帯なので、さらにアオイソメを足して、

ドボン、ドボンと打ち返しますが、









とうとう陽が昇りきって、朝マズメの時合いが過ぎてしまいました。





今日はボウズを覚悟せねばならぬ。

まだまだ時間はありますが、なんとなく気合いが抜けてしまったカンジです。

気温が上がってきて、まったりとしてきました。

海況もベタ凪で、潮もまったく動きません。





ラジオ福島を聴きながら、車の中から竿を見てるだけの状態になりました。





さすが地元のラジオ局です。福島県の会津、中通り、浜通り の3地区の

天気情報と、火災情報と、難病患者へのチャリティーと、福島原発の話題ばかり

繰り返し伝えていました。




AM10:00を過ぎて、なんとなく敗色濃厚な雰囲気になってきました。

しかも次第に北風が強く吹きだして、静かだった海況が荒れてきました。


たぶん、このままでは・・・


しかしカレイはAM10:00~PM2:00の時間帯でも釣れることが多々あるし・・・

無理やり希望と勇気を自分に与えようとしていました。


4000円分買ったアオイソメのうち、まだ1000円分しか使い切ってないし・・・

2017年の緒戦でボウズは痛いし・・・


もう少し粘ってみますか。

・・・

・・・

・・・

すると、幸運の、縁起の良い、「幸運の鳥さん」が現れました。

全国どこの釣り場でも見かけるコイツですが、

コイツが現れると、なぜか釣れるんです。←オレだけそう思っているだけですが。










さらに、貨物船が入ってきて、係留するために目の前で旋廻してくれたので、

滞留していた潮が動き出しました。




すると、

AM11:00 いちばん右に投げ込んだ竿のラインがたるんでいるような・・・

錯覚か?

おそるおそる竿を手に持って、しゃくってオモリを寄せてみました。

オモリが竿の反発でズズズーッと手前へ寄ったその後ろで・・・

ヨリトリゴムとハリスが根掛かったような重みが伝わってきました。

「その場所に根掛かるようなものは何も無いはず・・・」と思うや否や

一気に竿をしゃくって大アワセを入れると、ガツンと重たさが伝わりました。

リールをゴリ巻きして浮かせようとしました。

ただ重たいだけ。

なんの抵抗も有りません。

ほんまにゴミやったらどうしよう?

頼むからカレイであってちょーだい。

神様、おねがい。


20メートルほど向こうで、水面までオモリが上がってきました。

オモリの後ろに、黒いものが付いていました。

だんだん近寄ってきました。

そのときカレイであることが確認できました。


へへへ~。

えっへっへ~。

カレイちゃんやわ、カレイちゃん、・・・見て見てぇ、みんな見てぇ。


ヨリトリゴムを付けているので、竿の反発とヨリトリゴムの弾性で

岸壁の上まで抜き上げました。







産卵後のぺらっぺら ですが、ジャスト40cm!!

粘って40のマコちゃん、獲ったどー。


やりましたわ。はるばる板橋から来た甲斐がありました。

最近あまり釣果に恵まれませんでしたが、2017年は順風万帆ですわ。




怖いものですねー。

このあとすぐに2匹目を狙っている自分が怖いです。

北風も強くなってきたし、このへんで終わりにしたいのですが、

欲張って、なんとPM3:00まで粘ってしまいましたが、

世の中そんな甘くはないのでした。


もうね、帰りの高速道路は疲労感と眠たさでフラフラでしたわ。



この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.29 散々な納竿の儀 福井県三方五湖

2016-12-29 22:10:25 | 海釣り
もう毎年のことになってしまって、年末の行事の1つになってしまっていますが、

せっせと通い始めたのは10年ほど前のことになりますか。

当時、福井県の釣師まさおぐさんの釣行記で、

三方五湖の久々子湖のハゼが真冬の夜に釣れることを知りました。

夏のハゼ釣りなら理解できますが、水深2メートルしかない場所で

マイナス気温になる真冬の夜に、産卵を控えた大ハゼがエサを探す・・・

こんなこと誰が知ってるでしょうか?

この事実を知ったときには、毎晩のように彦根で仕事を終えたあと、

北陸道をとばして釣りに来たものでした。

目指すは体長27cmのハゼ。

見た目では異常に大きく見えるハゼでも23cmぐらいで、

このサイズがゴロゴロ釣れ続く久々子湖が不思議でしょうがなかったのですが、

残念ながらいくら通えど私に釣られたハゼの最高サイズは24.5cm止まりで・・・

まさおぐさんの記録27cm、さらに、りーさんの釣られた26cm、とは、

いったいどんなヤツなのか?見たくてしょうがありませんでした。

関東へ移住した今でも、盆暮れに帰省するチャンスがあらば、

なるべく時間を割いて釣行するように心掛けています。

しかし、3年ぐらい前から、型がガクッと小さくなったように思えます。

昔はワカサギも釣れて、デカいスズキや、ウナギも釣れた久々子湖ですが

最近はあまり良いニュースを聞きません。

早く回復して欲しいものです。

さてと、前置きが長くなりましたが、28日の深夜に東京板橋の自宅を出発して、

彦根へ到着したのが29日朝で、午前中に雑用を済ませた後、

午後から下道で久々子湖へ向かいました。

琵琶湖の風景を眺めながらのドライブです。



おっ、琵琶湖に虹が掛っているじゃないですか。なんとなくラッキーな気分です。



湖周道路から国道8号線に入ると、峠にぽつんと1軒、釣具中村屋があります。

ここでアオイソメ1000円分を購入。

ここはちょっと高いですけど・・・魚流さんとこまで遠いし・・・




峠を下って敦賀へ向かいます。



湖西からの道と、湖東からの道が合流する疋田の交差点は、

よく深夜に検問してます。



三方五湖の久々子湖へやってきました。小学校の裏に陣取りました。

だーれも居ません。





いっちょやったろか。気合いを入れないとなかなかできんです。







三脚に竿は2本。各竿とも2本バリ仕掛けにして、アオイソメを3匹房掛けにしました。







陣地を築いた瞬間に、猛烈な雨が降り始めました。寒冷前線が通過中です。

ここは北から南向きへ投げ込んでいます。

風雨は強烈な追い風になりましたが、背中からずぶ濡れになりました。

車の中からアタリを伺いますが、強風に竿先を叩かれて、判りません。

まっ、この時期のハゼは日が落ちて完全に暗くならないと、アタリが出ません。





PM5:00には完全に暗くなりましたが、まだ釣れません。

これから、これから・・・です。



PM6:00過ぎにエサチェックのために巻き取ると・・・、

おっ、重いです。15cmぐらいのハゼが釣れてました。

小さいですね。



PM7:00ごろから釣れ始めました。

しかし、竿先に明確なアタリが出ません。居喰いしているようで・・・

低水温なのか?、それとも巣穴から動かないのか?、あまり動かないようです。

ダブルで掛っているようですが、食いが浅いのか、

途中で軽くなることがほとんどです。





PM8:00までに4匹釣りましたが、最高19.5cm。小さいし、細いなあ。

このあと、嵐のような突風が吹きまくり、三脚が倒され、竿が振れなくなったので

中止。止めることにしました。

今年はあまり良い記憶がありませんでしたが、

来年こそは大物に出会いたいです。

皆様も良いお年を迎えられますように。




















この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.16 超低温下で、狙いはホンビノス 千葉県船橋市

2016-12-17 17:04:56 | 海釣り
 皆さん、ご無沙汰してます。カレイを狙って出撃したいのですが、

年内に都内へ引越す予定のため、箱に梱包し難い投げ竿等の長物は一足早く、

束にして、引越し先の板橋のマンションへ運び込んでしまいました。

ということで、今週は満月の大潮の大チャンスでしたので、

久々に千葉船橋のホンビノス貝を狙うことにしました。

金曜日の晩PM9:00勤務先に、弟子2名を呼びつけて強制参加させて、

首都高速の中台インターから乗り込み、王子方面へ分岐して、荒川に沿って

南下しました。

キンキンに冷え込んだ都心の澄み切った空気の中に、

華やかに浮かび上がったスカイツリーを眺めながら、ゆっくり進みましたが

PM9:40には現地に到着してしまいました。

40kmしか離れてないですからね。そりゃ近いですわ。

干潮のピークは土曜日のAM0:45ですから、まだ全く潮が引いていません。

それでも待ち切れずにバカ長に履き替えて、船橋海浜公園の正門から入ってゆきますと、

誰もおりません。

ただでさえクソ寒い天気なのに、わざわざ安いホンビノス貝を狙って来るヤツも

居ないのはあたりまえです。

こんな時期に会社の連中に「潮干狩りに行ってくる」なんて言ったら、絶対に

アホ扱いされて、さらに風邪でも引こうものなら、「それみたことか」とバカに

されるに決まっています。

私はアウトドアマニアとして、いやホンビノスマニアとして、

極寒の夜に潮干狩りができる喜びに満ち溢れておりますのですがねぇ。



PM11:00 かなり沖のほうまで歩いてきました。まだ膝下まで潮はあります。



潮が引かなかったらどうしよう。

昨年末に私が名付けたスジマン漁法もできなくなるう。

心配しておりましたが、急激に潮が引いてきました。

しかし、足元は柔らかく綺麗な砂地でした。

ホンビノス貝はカキ殻が堆積した硬い汚泥の中に居ます。

硫化水素で真っ黒に汚れたドブ臭い汚泥の中に、

上下、左右、前後と、群れでぎっしり固まって、

ホンビノス団地を形成しています。

ここで、スマホを取り出して、グーグル地図の航空写真を眺めて、

自分の位置をGPSで位置修正しました。

昨年大漁だった位置より、ずいぶん船橋漁港側へずれて歩いてきたようです。

昨年の位置まで修正して、このへんかな?とスコップで地面を突いてみると

ゴツゴツと石に当たるような触感でした。



カキ殻のジャリジャリした中にゴツゴツ当たる感触。

そうそう、この感触。

真っ黒なホンビノス貝が採れました。



同行している弟子たちに、こっちへ来いと叫ぶと・・・

見えない暗闇の中から、突然「ヘッドライトを消せ」との声が。

目を凝らしてよく見たら・・・4,5人が貝を採っている・・・

全員黒づくめで、ライトも照らさずに、黙って採っておりました。

まるでプロの密猟者のような雰囲気です。こわ~。

ここで船橋漁協が設定している漁業権設定区域を確認して、

自分が自由区域で掘っていることを確認。

べつに自由区で掘ってるし・・・ホンビノスは外来種だから、ブラックバスと

同じく、駆除する目的で採っているんだからいいんじゃないの?

だけど、怖いから、私もヘッドライトを消して・・・

手探りでホンビノスを掘ってゆくことにしました。

石だと思えるヤツは間違いなくホンビノスです。

20分ほどで150個掘り出しました。

面積にして畳1枚分も掘ってません。

群れでかたまっているから、1個掘り当てれば芋弦式に採れます。









すぐに軍手をはめた指先がボロボロ

めちゃくちゃ重いし、欲張って掘っても、帰りがしんどいだけです。

今夜はこれぐらいにしといたろ。

一足早く戦列を離れていっぶくしていると・・・

弟子たちも帰還しました。





弟子たちの下げているバケツを覗くと・・・

おっ、オレより綺麗な貝を採ってるやん。



今回初参加した新人のB君は、何かを掴んだような楽しい顔をしていました。

うふふ、コイツ、ホンビノスに取り憑かれたな。

一度この楽しさを味わうと、犬より地面を掘りたくなる・・・。

また次回も楽しもうぜい。

意気揚々と深夜の首都高速を楽しくドライブして帰ってきました。


さてと、私の取り分は、この3個で十分です。





これに、牛乳を注いで、ドブ臭いのを取り除きます。

完全に臭いは取りきれませんが、かなり効果はあります。

そのほか、水道水で洗おうが、中性洗剤で洗おうが、ぜんぜん大丈夫です。

ドブ臭いのは貝殻のみで、中身は全く臭くありませんので。
















この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.27 やりにくい場所で頑張りますが 福島県小名浜港

2016-11-27 18:54:32 | 海釣り
今年年末に都内へ引越すことになり、釣りどころではなくなってしまいました。

引越し屋を決めて、ダンボールを搬入しましたが、あれやこれや荷物が多すぎて

なかなか梱包がはかどりません。

どんどんストレスが溜まってきます。

ああー、能登島や小名浜へザブトンを狙って出撃したい。

というわけで、日曜日AM2:00に真岡の自宅を出発しました。



北関東道から友部ジャンクションを経て常磐道へ乗り入れて、ひたすら北上。

AM4:00には現地に到着しました。



天気予報では未明から降り出して、午後から本降りになるとのこと。

早く陣地を築いて、早くセッティングしたい。

が、

狭い2辺の岸壁のうち、縦方向には尾道から来た貨物船が係留してあり、



横方向には徳島阿南から来た貨物船が係留してあり、

しかも両方とも係留ロープが長く引いてあり、投げ込めません。

投げられそうな場所には、徹夜で投げサビキをする先客達で占められており、



港の一番奥の角しか空いていませんでした。

うーん、困りました。

こんなところから投げ込んでも、カレイの居る深いところまで届きません。

しかし選択の余地がないので、ダメ元で、奥の角に陣地を張って、

係留してある船の沖へめがけて、渾身の力を込めて投げ込みました。





竿は2本、これ以上は狭くて、危険で、投げ込めません。

エサはアオイソメの塩漬け冷凍です。動きませんが、投げ込むと膨らみます。







AM4:45 スタートしました。

こんなやりにくい場所で、もしも釣れなかったら移動してやろう、と思っていると

AM5:30過ぎに、右の竿にコツコツとアタリ。

大アワセを入れた時には大きいと感じましたが、巻き上げる途中で浮上して、

すんなりと寄ってきて、45cmほどのアナゴ君をゲット



まっ、アナゴが釣れたら、カレイも釣れる可能性はある。

ここで粘りますか。

あのですね、マナーを知らないヤツほど強い者は無いですわ。

この後すぐに、なんと、私の陣地のすぐ右隣の、係留ロープの中に、

2人の釣り人がサビキ仕掛けを持って入ってしまいました。

ホンマ信じられんですわ。





見ていると、ママカリがたくさん釣れていましたが、ハナダイが釣れると

なんと、デカいオレンジ色のウキを付けて、そのハナダイを泳がせ仕掛けで

係留ロープの外側へ投げ込んできたのでした。

おいおい、オレの右の竿のラインを飛び越してるがな。

ホンマ困ったもんですわ。

オマツリです。何してくれとんじゃアホ。ド素人が。

オレの心は煮えくり返っていましたが、ぐっとこらえて

顔は引きつった笑い顔で、「あのね、今投げ込んだヤツ交差してるよ」。

オマツリをした後で、少し恐縮したのか、なるべく船の尻に近いところへ

投げ直していましたが、潮がわずかに左へ流れているので、

オレンジ色のデカいウキがフワフワと、またもやオレの竿のラインを超えて

きました。

もう、オレが移動しよかな。

せっかくの休日が窮屈な思いで潰されるぅ。

なーんにも面白くないし・・・


その後、オレの投げ込んだ2本の竿は、ほったらかしで・・・



車の中で、オレはスマホで、Youtubeを見て、カラオケの練習をしていますと

いつのまにか寝てしまいました。

AM9:00頃に強く降り出した雨の音で目を覚ましますと、

ド素人2人組みは居なくなっており、コンビニコーヒーカップ2個と

サビキ仕掛けやゴミの入ったレジ袋がころがっておりました。

マナーっちゅうもんを知らんのか、バカタレが。

・・・・

・・・・


このころから目の前で潮目ができていました。

こ、こりゃチャンス到来ですわ。ド素人が居なくなったので、力いっぱいに

係留ロープギリギリに大遠投して、車の中から凝視しておりましたが、

エサ取りの活性も上がって、ハリに乗らない小魚の細かいアタリが続きました。









AM11:00 うーん、帰ろうかな。

と思って、片付け始めたときに、オレの左隣で、

ジムニーに乗ったタコ釣り師が現れて、そのあまりにもゴツいタックルだったので

いろいろ訊いてしまいました。

オレ:タコですか?・・・ 地元タコ師:うん。

オレ:凄いタックルですね。カジキのトローリングみたい。

地元タコ師: 4kgぐらいのヤツが来ても上がるよう自作や

このタコ師のおっちゃん、オレよりも年上だろうと思いますが、話を聞いていると

めちゃくちゃ惹かれます。楽しい人でした。福島県の実情がよく判りましたわ。

その他にもいろんな情報を有難うございました。

そんなわけで、さっさと片付けて、タコ師が教えてくれた穴場を確認した後、

ゆっくり帰宅しました。


この日釣れたアナゴ君、金色の綺麗なアナゴでした。







たまには天婦羅にして食べてやろう。







酒のツマミに最高でした。


















この記事をはてなブックマークに追加

2016.10.22 秋の小物釣り 福島県鮫川河口

2016-10-23 06:50:55 | 海釣り
 10月も下旬になると、徐々に気温が下がってゆき、朝夕は上着が必要に

なってきました。しかしまだ海水温度は下がらず、堤防はアジ、サバなどの

青物狙いの釣師が多くて、ブッ込み釣り派には窮屈な時期です。

まだカレイには早いかな。

なんて思いながら真岡の自宅をAM2:00に出発しました。



常磐道を北上して高萩あたりまで来ると、ほんと寒いです。

中郷SAでいっぷく。ポタージュ缶が有難いです。





AM4:30小名浜港の岸壁に到着しました。

でも予想したとおりで、既に青物師たちに場所を等間隔で占拠されていて、

どこへ割り込んで入っても、ちょっと窮屈な微妙な広さです。

うーん、どうしようか?

少し考えて、以前にポイント調査をしていたときに、ずっと気になっていた

藤原川の河口右岸へ初めて入ることにしました。

工事現場の敷地内で、かなりマニアックな場所です。

邪魔にならないよう車を寄せて、その前から竿を4本立てました。

もしも横風が強くて、川の流れが速いと、オマツリばかりで釣りにならないかも。

うまくゆけばデカいハゼやシーバスが釣れてくれると嬉しいのですが。











AM5:00前からセットアップして、丸セイゴ15号のハリにアオイソメ3匹掛けして

広角に投げ込みました。

風も吹いてない。流れもない。なかなか良さそうに見えましたが、

あれっ?力いっぱい遠くへ投げ込んでも、どの方向へ投げ込んでも水深が無い。

ちょっとガッカリ。

さらに投げ込んで15分後に回収してみると、エサが付いてない。

エサを付け直して投げ込んでも、すぐにエサが無くなる。

なんだかんだやってるうちに夜が明けてきました。







この場所の全貌がはっきりしてきました。

上から水中を覗き込むと、無数の黒い点々が動き回っています。

犯人はコイツ。





明るくなるにつれて小フグの猛攻が激しくなってきました。





しばらくの間、せっかく来たのだから諦めずに頑張って打ち返していましたが、

こいつらの勢いに押されて、すぐに降参しました。

早々に勇気ある撤退です。

場所換えです。

フグは汽水域には居ないはず。ならば鮫川の河口へ移動しましょう。

小名浜港から約5kmほど離れた鮫川河口へやってきたのですが、

堤防かさ上げ工事のため、何処も立ち入り禁止だらけ。

悩みに悩んだあげく、かなりマニアックなポイントへ入りました。

鮫川大橋の下、かなり狭くて、投げ込み難い場所です。





ハゼが釣れそうなのですが、アタリがまったくありません。

さらに1時間ほどすると、潮が上げてきて、三脚が水没し始めました。

後ろに下がるスペースが無いため、この場所も早々と撤収することにしました。




オレはなぜこんなに窮屈な釣りを強いられているのか?

それはブッ込み釣師だからです。

もっと広々とやれる場所はないのか?

うーん、

あそこしかないかなあ?


2回目の場所移動です。

火力発電所の前ぐらいの鮫川河口左岸へやってきました。

かさ上げ工事が終わった場所で、空いてました。

ここなら、のびのびと釣りができそうです。








投げ込んで1時間ほどアタリはありませんでした。

エサは相変わらず知らない間に取られて無くなります。

その犯人はフグではなくて、イナっ子のようです。


天気は良くて、気持ちいいのですが、しかし退屈だなあ、なんて思っていると

AM9:25 ビビビッと穂先が揺れました。

巻き上げると15cmほどのセイゴちゃん。



お父さんを連れてきてね。やさしくリリース。



AM9:30 コンコンと叩くアタリで、巻き上げると25cmほどのセイゴ君。



だからお父さんを連れてきてねって言ってるだろが。これもリリース。

うーん、退屈です。また暫らくアタリが無くなりました。



AM11:10 久しぶりに穂先をコンコンと叩くアタリが出ました。

手応えはそれほどありませんでしたが、寄せてくると、18cmのハゼドン。





AM11:25 数秒間ビリビリッと小刻みに震えるアタリを見逃しませんでした。

これが前アタリなのか?本アタリなのか?判りませんが、今までと違う魚の

アタリです。

ゆっくり竿を手にとって30秒ほど待ってましたが、次のアタリが有りません。

空アワセを入れて巻き取ると、そんなに重さはありませんが、コンコンと

抵抗しながら寄ってきました。

おおっー、珍しい。こんな仕掛けでも釣れるんですね。




20cmクロダイでした。

君のお兄さんでも、お父さんでもいいから、連れておいで。

また何年後かにオマエと再会しようぜ。大きくなれよ。優しくリリース。



しかし、また退屈な時間がきました。

竿を投げ込んだまま、足元周辺を見てみると、クルミの種があちこち流れ着いて

転がってました。

これをせっせと拾い集めてレジ袋へ。いいお土産ができました。






クルミも持ち帰って洗えば、こんなに綺麗になります。



種の中から、美味しいクルミが・・・





AM12:50 投げ込んで放っておいた竿を回収すると、

25cmほどの星マークが綺麗なセイゴ君をゲット、&リリース。




AM12:55 ググッと穂先を引き込むアタリで25cmほどのセイゴ君。




さらに

AM13:05 コンコンと小さくアタッて20cmほどのおチビちゃん。





AM13:30 コンコンと穂先を叩いて20cmほどのおチビちゃん。





AM13:35 ちょっといい手応えで30cmほどのセイゴ兄さんをゲット。

なんとか食べられるサイズですが、持ち帰って料理するのが面倒くさくて

リリース。





AM13:45 これもそこそこの手応えで30cmほどのセイゴ兄さんをゲット。

これもリリース。





この時間帯はチーバスたちのラッシュで、とても楽しい時間帯でしたが、

4本の竿を交互に投げているうちに、体力の消耗と、腰が痛くなってきたので

このへんで終了しました。

PM2:00撤収しました。

このまま粘っても、果たして大きなシーバスが釣れるか?どうか?

今日はこれで楽しい一日でした。



もう少し水温が下がれば大型が出るかも?

ここで真冬のブッ込み夜釣りをしてみたいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

2016.10.09  まだまだ海は夏 福島県小名浜港

2016-10-10 11:43:27 | 海釣り
オークションで竿を1本ゲットできたので、試すために小名浜港へ行ってきました。

日曜日のPM6:30に真岡の自宅を出て、北関東道から常磐道へ乗り継いで、

何処へも寄らずに勿来インターを降りてきました。

距離にして135kmですが、ほとんど高速道路なので1時間45分で到着。

西側からの強風が吹いていましたが、岸壁の背中から前へ吹いているので

追い風です。

気温15℃でした。車から降りるとかなり寒く感じます。




三脚を2つ立てて、竿4本の体制です。




エサは自宅の冷凍庫に眠っていた塩漬けホタルイカ、塩アオイソメ、冷凍オキアミ。

来る途中でエサ屋にも寄らなかったので、これだけのエサでやってみることに。


まずは塩漬けホタルイカ2匹掛けで、ブッ込んでみました。








2時間なんにも起こらず。アタリなし。回収してもそのまま戻ってきました。

私の他にも夜釣りの釣り人は数人いますが、ぽつぽつと、小アジ、小サバを

上げている程度でした。

エサを塩アオイソメに変えて、投げ込みますが、アタリは出ません。

塩アオイソメに変えると、ハリに乗らないような小さなエサ取りが齧って

いるようです。

海の中はまだまだ夏の魚たちなのでしょうか。



しかし地上は寒くなってきました。

PM12:00ぐらいまでは防寒着を着て、投げの練習をしてました。

カラダを動かさないと寒いです。

そのうち、あまりにもアタリが無いので車の中へ。



横付けした車の中からケミホタルを見つめますが、体調が芳しくないのか?

すぐに眠くなってきて、いつしか寝てました。


日付が変わってAM3:00 目が覚めて、竿をあおってみると、

竿4本のうち2本が、カニが巣穴へハリを持ち込んだのか?根掛かって

仕掛けをロスト。

残り2本のうち1本はスリムなヒトデ。




最後に残った1本の竿は、

オークションで新しく加わったシマノエアロキャストCX-Tです。

大きくあおると、ん? 25号オモリよりも重い手応えがあります。

あまり期待せずに巻き取って寄せてくると、30cmほどのアナゴ君でした。




面倒くさいのでリリース。

とりあえず、この竿にも魚と呼べるヤツが付いたので、

今後の釣行に期待することに。

何回釣行して同じように竿を4本並べても、なぜか掛かる竿は掛かる、

掛からない竿はぜんぜん掛からない。釣りのジンクスがありますので、

小さいアナゴでも掛かってくれて、ほんと良かったです。


気温が下がってきて、冷たい風が吹いてきて、カレイやアイナメを期待できる

シーズンに近づいてます。

あと、もう少しですかな。


この記事をはてなブックマークに追加

2016.9.10  何をやっても釣れません。 福島県鮫川~小名浜

2016-09-11 11:12:51 | 海釣り
先週、タコブツで失敗したので、今回は最初に鮫川でハゼを釣って、

そのハゼをエサにして夜にブッ込めば、鯛系の大きい奴が釣れるかも?

そんな淡い思いを抱いて、土曜日の朝AM6:00に真岡の自宅を出発しました。






常磐道の勿来(なこそ)インターを降りて、鮫川の河川敷公園へ向かいました。








初めて来ましたが、鮫川河口の岸辺には蛇籠が敷き詰めてあり、ハゼには

良い隠れ場になっていて、なんとなく良さそう。










エサはウチの冷蔵庫にあったミミズ熊太郎。

7月に鬼怒川でナマズ釣りで使用して、ずっと冷蔵庫に居ましたが元気です。



しかし蛇籠の周りにはチチブの大群しか居らず、沖目をウキ釣りで狙いますが

1時間粘って、やっとこさハゼらしい魚のアタリ。



ちっさ。 4cmぐらいしかありません。



ダメだこりゃ。

他に10人ぐらい釣ってましたが、誰も釣れてません。


さっさとこの場所に見切りをつけて、火力発電所の前へ移動。








テトラから1mぐらい敷石が入れてあり、その沖目から急激に深くなっていて、

5m先は水深3mぐらいあります。

ウキ釣りで何回か流してみましたが、ウキに変化がありますが

ショートバイトのツンアタリだけ。

たぶんイナッコのアタリばかりでハゼは居ませんでした。



どうする? 夜釣りのエサが確保できんじゃないか?

チチブでも狙いますか?

でも鯛やヒラメが果たしてチチブを食べるだろうか?

見た目でかなりマズそうだし・・・



しょーがないので、テトラの穴の下に居るチチブを釣り始めました。









チチブならバカでも釣れそう・・・なんて思ったら大間違いでした。

真剣に釣って、時速10匹。

2時間釣って20匹・・・その中から弱ったヤツをリリースして・・・

なかなか生きエサが増えません。

この日は珍しくピーカンの快晴でした。暑くて死にそうです。



鮫川河口はシーバス釣りのメッカ。

数人のアングラーがルアーで狙っていましたが、なかなか厳しそうでした。

ウェーダーを着用して、川の中へ立ちこんでましたが・・・。

涼しそうですが・・・。







昼になったので、いったん車に戻って休憩、仮眠。

しかし夕方までまだまだ時間が余ってましたので、

私もルアーで狙ってみることにしました。







皆さん、釣れないときのルアー釣りほど、退屈なものはありませんな。

あれやこれや、夕方まで50投ほどしましたが、バイト無し。

ホント疲れました。


ようやく夕方になったので、数キロ先の小名浜港へ移動して、

ブッ込み竿2本をセッティングして、チチブを投げ込みました。

足元にも1本垂らしました。

PM5:30スタート。











仕掛けを先オモリの胴突き仕掛けにしてあるので、チチブは底宙釣り状態に

なっていて、一生懸命泳いで逃げようとする動きが、竿先に伝わって、

ケミホタルが小刻みに揺れてます。

投入して1時間ほどは元気に泳いでますが、

そのあと、ときたまビクンビクンと穂先を揺らすだけ。

穂先が動かなくなると、エサチェックのため回収しました。

すると、素バリになっているか、何者かに齧られてボロボロになってました。

何者が齧っているんだろ?

なんで一気に食い込まないんだろ?

ケミホタルをガンガン引き込むようなアタリはまったく無く、

チチブを全部使ってしまったので、PM11:30終了。

ホント疲れましたわ。























この記事をはてなブックマークに追加

2016.9.04 調査 福島県小名浜港

2016-09-04 18:27:50 | 海釣り
 久しぶりに小名浜へ行こうか。

こうも台風が多くやって来ては、海況も良くないはずですが、

しばらく太平洋側へ出てなかったので、調査も兼ねて久しぶりに小名浜港へ。

マダイとまで言わなくても、チャリコクラスはおるやろ。

結婚式の披露宴席に並ぶような小さな塩焼きサイズで良いのです。

まっ、夜釣りですからアナゴでも構わないのですけど。

さてと、アオイソメを使用すると、小フグたちに瞬殺されることは見えている

ので、自宅近所の業務スーパーで買ってきた冷凍タコブツと冷凍エビで

鯛系の魚を狙ってみましょう。





うーん、さすが業務スーパー。

1kgも要らないのでタッパーに小分けして持参します。





エビは淡水エビよりも海エビのほうが断然食いが良いのですが、

輸入元を見ても、見知らぬ外国での加工地が書いてあるだけで、淡水なのか?

海なのか?よく判らない。とりあえず色が赤そうなものを購入。



土曜日のPM9:00真岡の自宅を出発。

北関東道から常磐道へ乗り継いで、勿来インターで降りました。

現地、小名浜港へ到着すると・・・ 

な、なんと、多くの夜釣りの車が並んでいます。

皆さん、鈴付きの短竿で足元を狙っておられる。

・・・伊勢エビ狙いなのか? イカ狙いなのか?

入る場所が無いので、港内をウロウロ。

ようやく見つけたのは、貨物船が係留してあるロープの掛かっていない

狭い場所でした。








岸壁に車を1台入れると、三脚1つがやっとの場所。

どうせ、そんなに気合いを入れているわけでもないので、竿2本でいいでしょう。

さてと、エサを付けるわけですが、心配なのはタコブツで釣れるのか?です。

身に弾力があるので、いかにもエサ持ちは良さそうなのですが、

果たして魚が食い付くかどうか?やってみないと判りません。

丸セイゴ17号のハリに、エビの身も挟み込んで付けてみました。





日付が変わる午前0時スタート。

この日は、大→中潮で、深夜0時に干潮、AM6:00満潮、潮は良いのですが。

思い切り遠投して、後はオレの脳幹を揺さぶるような激しいアタリを待つだけ。

天候不順で、ときおり強い通り雨が降ってきます。

車の中から、竿先のケミホタルを見つめます。





小名浜は不思議なことに、1314KHZラジオ大阪がクリアな音質で聴こえます。

久々に聴く関西放送局の番組なのに、鈴木奈々ちゃんの番組とは・・・。


しかし、投げ込んで、なーんにもアタリがありません。

1時間ごとにエサチェックのため回収しますが、タコブツは完璧に残ったまま

ですが、エビは完璧に無くなってる。だけどアタリは出ないし・・・?

タコブツとエビの差って、いったい何なんだ? 何がエサを齧っているのか?



エビ身だけを付けて投げ込んでも、すぐに瞬殺されますがアタリは出ません。

タコブツだけを付けて、足で踏み潰して、タコすり身のようにして投げ込み

ますと・・・何かが齧り取ったように、小さくなって回収されますが、

やはり食い込まないようで、アタリは出ないままです。


AM4:00 わずかに穂先のケミホタルがビビッと揺れました。

私は見逃しませんでした。一気に眠気がぶっ飛びました。

こ、これは、黒鯛系の前アタリによく似てます。

幸運ならばこの後に激しい本アタリが来るはずのですが・・・

車から降りて、そーろっと竿を手に持って、本アタリを待ちますが・・・

1分待っても来ませんでした。

あきらめて、竿をしゃくって巻き始めると・・・何か付いてます。



35cmほどの可愛いアナゴちゃんでした。



AM5:00 夜が明けてしまいました。





コンテナ基地の前は、ますます釣り人が増えて、凄い混雑です。



狭いここにも、やがて投げサビキの連中が押し寄せてくる。

その前に撤収しよう。

AM6:00 片付け始めました。

回収するためリールを巻いていると、途中でコンコン・・・ん?アタリ?



丸セイゴ17号のハリにこんな小サバが掛かってくるとは・・・トホホ。

撤収です。


さてと、AM8:00自宅へ戻ってまいりました。

獲物はこれだけ。寂しいですね。




持ち帰ってきた余ったエサで酒の肴を作りましたよ。もったいないからね。





さらに、極小の〆サバ (笑)



さらに、かわいい煮アナゴ



この季節は釣れないですな。

もう少し水温が下がって、冬の魚たちが来ないとダメですね。


今回初めて試してみたタコブツは釣れないですねぇ。

イカよりもタコのほうが断然美味いと思うのですが、

それは人間だけですかね?






















この記事をはてなブックマークに追加