漁師じゃないんだから・・・

セオリーと言うヤツをすべて無視して釣りをするオヤジのブログです。          採算なんて度外視。遊びだからね。

2017.03.04 片道530km遠征もむなしく・・・石川県能登島

2017-03-05 08:48:17 | 海釣り
 産卵を終えてペラペラに薄くなったカレイも、3月に入って体力回復のために

荒食いするはず・・・投げ釣り師なら誰でも期待しているのですが。

この冬は北陸地方も雪が多くて、2017年になって、石川県能登島の情報が

ほとんど入ってきません。

私も昨年の夏の遠征以来、北陸地方はご無沙汰で、果たしてどうなるかと

判らないまま出撃しました。

釣れても釣れなくても、鹿島、大洗、小名浜 などの漁港とは違って、

誰に遠慮することもなく、のびのび自由に竿を振ることができる能登島は

釣り人にとって夢の場所です。

 能登島へ募る思いは日増しに膨らんで、金曜日に仕事を終えた後に、

自然とカラダが北陸地方へ向かっておりました。

まずは自宅から国道17号線に沿って、のろのろ北上して、上州屋浦和店に

立ち寄り、アオイソメを3000円分購入。もっと買いたかったが、店の在庫が

これだけしかなく、しょーがない。もしも使い切れば、持参の塩イソメに

切り替えて使用する予定。

上州屋を出た後は、外環道に乗り込み、関越道練馬ジャンクションへ乗り継いで

北上。




さらに上信越道、→ 上越ジャンクションから北陸道 →小矢部ジャンクションから

能越道 → 七尾 → 能登島 

能登島まで徹夜の運転です。

土曜日AM3:30に到着しました。片道約530kmを7時間かけて走破してきました。




能登島へは21番目に入島です。

「なにぃ?オレの前に20人もの釣り人がすでにやって来ているのか?」

 ↑↑ 勘違いもはなはだしい。




いつもの釣り座である、南の関白にやって来ましたが、まだ誰も先行者はおらず、

休憩する間もなく、場所取りのために、三脚3個、竿6本をセッティングしました。

暗闇の中で、準備のためにゴソゴソやっていると、ギラッと光る目に驚きました。

タヌキ? アライグマ? ハクビシン?



仕掛けは各竿1本バリで、多少の効果を期待して、赤色のビラビラを付けてます。



 
ここまで準備して、約2時間ほど仮眠して、夜が明けてきました。

釣り座に置いてきたクーラーボックス、三脚、竿 みんな白く凍り付いていました。

気温マイナス3℃、無風で快晴。

カラダのあちこちにホカロンを貼り付けて、頑張りましょう。






エサのアオイソメをたっぷり付けて、フルキャストで投げ込んでゆきます。






すぐに、富山から来たという釣り人が、私の左側に入りました。

竿の数、私6本、隣の釣り人5本、計11本の竿を立ててアタリを待ちました。




じつは先週、ヤフオクで、中古品ですが竿を2本買いました。

6本のうちこの2本をいちばん左に配置しました。

なんとかこの2本を「魚の付く竿」にしたいです。

いくら高級な竿でも、釣れない竿ってあります。

いくらボロい竿でも、よくアタる「魚の付く竿」ってのがあります。








しかし、この日の潮はとても渋かったです。

なんのアタリもありませんでした。

開始早々、隣の釣り人が約30cmイシガレイを1枚釣り上げただけで、沈黙。

フグやケムシも居ません。

この日、唯一掛かってきたケムシ↓↓




そしてたまーにヒトデ↓↓





ヒマなので、足元にころがっているクルミの実を拾ったりして、↓↓




能登の水はこんなに綺麗なのに・・・なぜ釣れん?







AM9:30 右側の岬から、なまこ船が姿を見せて、ゆっくり近寄ってきました。




船が海の底をかき回したり、海水を動かしたりすると、魚の食い気が立つことが

あります。

今回もその効果が出たのでしょうか?

船に近く、いちばん右に投げ込んでいた竿の穂先が、ゴンゴンゴンゴン

揺れました。暫らく待って、再びゴンゴンゴンゴン・・・

「絶対に飲み込んでる」と確信したところで、竿を持って大アワセして、ゴリ巻き

高速で浮かしにかかりました。

重い手応えを感じながら、「そうそう、コレコレ、この充実感」に満足して

寄せてきました。

やっとこさカレイを1枚釣り上げました。

おっ、こいつマコガレイやわ。

27cm でしたが、けっこう肉厚でした。








しかし、後が続きません。

またずっと沈黙です。


AM11:00 お隣の釣り人が、また30cm程のイシガレイを追加。お隣、計2枚。

しかし、あまりにも釣れないので、AM11:30 お隣の釣り人が撤収。

お隣の釣り人から、その2枚を戴きました。


お隣の釣り人が撤収された後も、独りで頑張りましたが、花粉がひどい。

目が痒くて、こすってたら腫れてきました。

鼻水がポタポタ、とっても息苦しいです。




なんとか新しい竿に、魚を掛けさせたくて、その後もPM2:00まで頑張りましたが、

実現しませんでした。




昼過ぎから突然曇り空になり、天候が崩れ、PM2:00雨が降りだしました。

もはやこれまで。

仕舞い支度をして、帰りに島の太公望や鴫島の様子を見ながら、島をあとに。

どこもパッとしませんな。

日曜日の未明に板橋区の自宅へ戻ってきました。


私の釣り上げた唯一の1枚であるマコガレイが左。↓↓

お隣の釣り人から戴いた2枚のイシガレイが真ん中と右。↓↓

2人で出した竿の数は11本・・・なのに釣れたのはたったの3枚かい。




高速代  15,000円

ガソリン代 10,000円

エサ代  3,000円

走行距離 1,067km

バカと言ったらバカ。

趣味だからと言ったら、たしかに趣味だろう。

しかしココロの満足度は?と言ったら、充実感100%

漁師じゃないんだからね。






















この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.25 ナイトマテング 寂しい結果ですのう 船橋三番瀬

2017-02-26 00:08:25 | 海釣り
今週は新月の大潮です。

潮が大きく引く時間帯は、2月は夜の干潮がよく引きますが、

3月になると昼間の干潮のほうがよく引くようになります。

夜中にヘッドライトを付けて、ゴソゴソ潮干狩りができるのは、

今週で最後になるのでしょうか。

ネットではマニアたちがマテ貝を狙って、ナイトマテングに熱いようですが、

私にもそのチャンスがやって来るのでしょうか?

昨夜、鶏鍋をつついて飲み過ぎてしまったので、今日は昼過ぎまで寝てました。

夕方になって、近所のスーパーへ買い物に行き、そこで食塩を2kg買いました。

マテ貝には食塩が必須です。

PM7:30出撃しました。

滝野川インターから首都高速に乗り込み、京葉道に乗りついで原木インターで

降りて、船橋三番瀬海浜公園まで来ました。

東京湾の夜景がとっても綺麗です。








今はどこから見ても東京人の私ですが、元関西人の私は、関西風お好み焼きで

使う特大コテを持って来ました。

これで泥を切るように掘り返して、マテ貝の穴を探すのです。



今回はホンビノス貝ではなくて、マテ貝を探します。

味の美味さはマテ貝のほうが濃いと思います。

ホンビノスは沖の方へ行けばゴロゴロ獲れます。

しかしマテ貝はどこに居るのか?それさえも判りません。

広く干上がっている処を、かたっぱしからコテで掘り返してゆきますが、

なかなかマテ貝の穴が見つかりません。

1時間ほどして、やっとこさ、これは?と思われる穴が見つかりました。

食塩をガバッっと振りかけて、見つめていますと、ニョキッと出てきました。



1マテ貝ゲット。だけど、ちっさ。

嬉しいけど、えらく小さい

だいたい1匹獲れれば、その周りに巣があるものだけど、2匹目が続きません。

もたもたしているうちにPM9:45干潮ピークを過ぎて、潮が満ち始めてきました。

PM11:00終了




ちっさいマテ貝6個



これぞ東京湾のアサリ。白と黒の鋭いコントラストが特徴



期待されていないシオフキも、にぎやかしメンバー



3時間でゲットした貝は、

ミニマテ貝6、ミニアサリ21、シオフキ2、そしてゴルフボール2個(笑)



うーん、もともと三番瀬にはマテ貝が少ないのかもしれませんな。



翌日、日曜日の昼に酒のツマミとして美味しく頂きました。




この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.18 暴風の中でなすすべもなく 福島県小名浜港

2017-02-19 13:12:46 | 海釣り
 週末は飲まないつもりでした。金曜日の深夜から出撃するつもりでしたが、

定時で仕事を終えて、ロッカールームで、いつも酒を美味そうに飲む子分と

喋っているときに、オレもちょっとだけ飲みたくなりました。

週末だしなぁ、癒されたいなあ。

この判断が大誤算でした。この週末の土日の予定をすべて狂わしました。

ポッピーでちょっとだけのつもりが、いつのまにやら日本酒3種味比べになって、

気が付けば、ええっ?もう10時半なの?

うっそー。

埼京線で自宅まで戻ってきたら、すでに深夜11時を回ってました。

というわけで、

土曜日は昼まで寝ておりました。

出撃したのは土曜日の昼を過ぎた1時半。

首都高速の王子北インターから乗り込みました。



今週から新型7インチのミニゴリラに変えました。

昨年暮れから、3ヵ月間カロッツェリアに浮気しましたが、

やはり首都高速を走るにはゴリラのほうが使い易いと思いました。

ここから福島県いわき市まで200kmあります。

途中、小便するために何度もPAへ寄り、

パンパンにむくんだカラダから水分を抜いて、徐々にやる気モードへ。

PM4:00 小名浜港へ到着しました。

岸壁では貨物船が係留してあり、作業中だったので、しばらく竿を出さずに

様子を伺ってましたが、運良くすぐに作業を終えて、船が出てゆきました。



船が立ち去った後に釣り座を構えました。



三脚をふたつ、竿を4本、1本バリに、塩イソメの房掛けを付けて放り込みました。

ケミホタルも準備して、PM5:30釣りスタート。




心配していた北風は弱いのですが、小潮だし、気温は低いし、

なんとなく釣れそうな気がしません。

そんなときに、幸運の鳥が近寄ってきてくれました。



今回もコイツのご利益があるのかな?




PM6:45 おっ、15cmほど、竿先のケミホタルを引き込むアタリが出ました。

1分ほど待ってましたが、しかし、追いアタリが無く、回収すると

アナゴにエサを齧られただけ。

このあと、夕マズメのチャンスは無くて、本格的な夜釣りに突入しましたが、

PM8:00過ぎから北風が強くなってきて、釣り座の位置では横風が強くて

とてもやりずらくなってきました。

やむなく釣り座を、北風を背中から受け、追い風になるよう岸壁を移動しました。



ここで朝まで粘るつもりでしたが、

北風がますます強くなってきて、暴風になってきました。

暖を取っている車が風でグラグラ揺さぶられ、砂がパチパチ飛んできました。

日付が変わって、気温が下がってきました。

スマホの天気画面ではマイナス1℃らしい。

雪混じりの北風になりました。

うーん、人類が生存できそうにない環境です。

1時間ごとにエサチエックのために、

車から出て、竿を持ってしゃくりますが、

久しぶりに手応えがあったので、ゴリ巻きしてくると・・・トホホ。



そのうち、三脚がズズズーッ、と風に押されて、

飛ばされそうになってきたので、AM2:00 撤収しました。

日曜日の昼間には、また穏やかな天候になるようですが、

体調もイマイチだし、板橋まで帰ることにしました。

帰りの常磐道は横風が強く怖かったです。










この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.04 やっとこさ始動、福島県小名浜

2017-02-05 00:57:32 | 海釣り
2017年になって、まだ一度も釣りをしてなかったのです。

2月に入ってやっと始動しました。

今年から電車通勤になって、しばらく車に乗っていないと、道をすぐ忘れます。

東京都板橋区の自宅から出撃するとなると、まず首都高速に乗り込んで、

そこから常磐道や東北道へ乗り継がなくてはなりません。

これがなかなか難しくて、どちらの方向へ進むのか?によって、

首都高速を乗り降りするインターの場所が違ってくるから大変です。

どのインターも、両方向への乗り降りが必ず在るわけではないので、

東北道へ進むには鹿浜インター、常磐道へ進むには王子北インター、

中央道や東名道へ進むには滝野川インター、それぞれ違うのですよ。

そのほか、関越道へ乗り込むには下道の環七から直接に練馬料金所から

乗り込むしかないようです。

さて、2017年最初の釣りは、福島県の小名浜港でカレイを狙いました。

昨年の春の実績から、大剣埠頭で竿を出すのが良いかと思いますが、

この場所は東向きに投げ込むので、北からの横風が吹きだすと、

すごくやり難いです。しかも貨物船が何処に係留されているかによって、

竿を出せる場所が限られてきます。

これらは現地に行ってみないと判りません。ほんとギャンブルですな。



すでに金曜の夜に戸田駅近くの上州屋でアオイソメを4000円分買いました。

冬の常磐方面への釣りで困ることは、深夜に釣りエサ屋が開いてないことです。

エサが無いことには未明から釣り場へ行って、陣地を築くことができません。

しかし前日にエサを買ってしまうと、なにがなんでも出撃せねばなりません。

関東や東北の釣りって、意外と融通が利きませんね。

カレイのアタリは、まだ薄暗い早朝のAM5:00~8:00が多いです。

カレイの他にアナゴやアイナメなどもこの時間帯にアタリが多いです。

この時間帯に万全の構えを持して待つとなると、

未明のAM4:00頃から陣地を築かねばなりません。

釣りエサ屋は深夜に開いていてもらわないと困るんです。


というわけで・・・

前置きが長くなりましたが、金曜日のPM11:45に板橋の自宅を出発しました。



首都高速の王子北インターから乗り込んで、6号三郷線から常磐道へ入り、

一気に北上。

いわき勿来インターで降りて、AM2:40小名浜港の大剣埠頭に到着しました。

自宅からここまでちょうど200km。

昨年まで住んでいた栃木県真岡市からここまでだと140kmだったので、

片道60km、往復で120kmの差はとっても大きいです。

さすがにこの時間は誰も居ませんでした。

気温はちょうど0℃、無風で穏やかな海況でした。

昨年に実績の出たコンテナ基地フェンス前を陣取って、さっそく三脚を立てて、

竿4本をセット。

ヨリトリゴムにハリス5号、丸セイゴハリ16号、アオイソメ3匹掛けで



フルキャスト。

とほほ。

最近、メタボ体型が邪魔して、いくら頑張っても3色ほどしか飛びません。

オレのスイングには、ビュッという風切音が無いんだよな。

どんだけ鈍い振りか。


AM3:30 竿4本投げ終えて、車の中で、しばしいっぷく。

AM4:00 アタリは無いが、エサチェックのために巻き取ってみると・・・

齧られていました。生体反応は有るみたいです。



竿先をよーく注視していたら、たまにチョンチョンと小刻みに揺れますが、

ハリには乗りませんでした。

うーん、ぶっといアナゴでも来んかな?


そうこうしているうちに夜が明けてきました。



ここからがカレイの時間帯なので、さらにアオイソメを足して、

ドボン、ドボンと打ち返しますが、









とうとう陽が昇りきって、朝マズメの時合いが過ぎてしまいました。





今日はボウズを覚悟せねばならぬ。

まだまだ時間はありますが、なんとなく気合いが抜けてしまったカンジです。

気温が上がってきて、まったりとしてきました。

海況もベタ凪で、潮もまったく動きません。





ラジオ福島を聴きながら、車の中から竿を見てるだけの状態になりました。





さすが地元のラジオ局です。福島県の会津、中通り、浜通り の3地区の

天気情報と、火災情報と、難病患者へのチャリティーと、福島原発の話題ばかり

繰り返し伝えていました。




AM10:00を過ぎて、なんとなく敗色濃厚な雰囲気になってきました。

しかも次第に北風が強く吹きだして、静かだった海況が荒れてきました。


たぶん、このままでは・・・


しかしカレイはAM10:00~PM2:00の時間帯でも釣れることが多々あるし・・・

無理やり希望と勇気を自分に与えようとしていました。


4000円分買ったアオイソメのうち、まだ1000円分しか使い切ってないし・・・

2017年の緒戦でボウズは痛いし・・・


もう少し粘ってみますか。

・・・

・・・

・・・

すると、幸運の、縁起の良い、「幸運の鳥さん」が現れました。

全国どこの釣り場でも見かけるコイツですが、

コイツが現れると、なぜか釣れるんです。←オレだけそう思っているだけですが。










さらに、貨物船が入ってきて、係留するために目の前で旋廻してくれたので、

滞留していた潮が動き出しました。




すると、

AM11:00 いちばん右に投げ込んだ竿のラインがたるんでいるような・・・

錯覚か?

おそるおそる竿を手に持って、しゃくってオモリを寄せてみました。

オモリが竿の反発でズズズーッと手前へ寄ったその後ろで・・・

ヨリトリゴムとハリスが根掛かったような重みが伝わってきました。

「その場所に根掛かるようなものは何も無いはず・・・」と思うや否や

一気に竿をしゃくって大アワセを入れると、ガツンと重たさが伝わりました。

リールをゴリ巻きして浮かせようとしました。

ただ重たいだけ。

なんの抵抗も有りません。

ほんまにゴミやったらどうしよう?

頼むからカレイであってちょーだい。

神様、おねがい。


20メートルほど向こうで、水面までオモリが上がってきました。

オモリの後ろに、黒いものが付いていました。

だんだん近寄ってきました。

そのときカレイであることが確認できました。


へへへ~。

えっへっへ~。

カレイちゃんやわ、カレイちゃん、・・・見て見てぇ、みんな見てぇ。


ヨリトリゴムを付けているので、竿の反発とヨリトリゴムの弾性で

岸壁の上まで抜き上げました。







産卵後のぺらっぺら ですが、ジャスト40cm!!

粘って40のマコちゃん、獲ったどー。


やりましたわ。はるばる板橋から来た甲斐がありました。

最近あまり釣果に恵まれませんでしたが、2017年は順風万帆ですわ。




怖いものですねー。

このあとすぐに2匹目を狙っている自分が怖いです。

北風も強くなってきたし、このへんで終わりにしたいのですが、

欲張って、なんとPM3:00まで粘ってしまいましたが、

世の中そんな甘くはないのでした。


もうね、帰りの高速道路は疲労感と眠たさでフラフラでしたわ。




































この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.29 散々な納竿の儀 福井県三方五湖

2016-12-29 22:10:25 | 海釣り
もう毎年のことになってしまって、年末の行事の1つになってしまっていますが、

せっせと通い始めたのは10年ほど前のことになりますか。

当時、福井県の釣師まさおぐさんの釣行記で、

三方五湖の久々子湖のハゼが真冬の夜に釣れることを知りました。

夏のハゼ釣りなら理解できますが、水深2メートルしかない場所で

マイナス気温になる真冬の夜に、産卵を控えた大ハゼがエサを探す・・・

こんなこと誰が知ってるでしょうか?

この事実を知ったときには、毎晩のように彦根で仕事を終えたあと、

北陸道をとばして釣りに来たものでした。

目指すは体長27cmのハゼ。

見た目では異常に大きく見えるハゼでも23cmぐらいで、

このサイズがゴロゴロ釣れ続く久々子湖が不思議でしょうがなかったのですが、

残念ながらいくら通えど私に釣られたハゼの最高サイズは24.5cm止まりで・・・

まさおぐさんの記録27cm、さらに、りーさんの釣られた26cm、とは、

いったいどんなヤツなのか?見たくてしょうがありませんでした。

関東へ移住した今でも、盆暮れに帰省するチャンスがあらば、

なるべく時間を割いて釣行するように心掛けています。

しかし、3年ぐらい前から、型がガクッと小さくなったように思えます。

昔はワカサギも釣れて、デカいスズキや、ウナギも釣れた久々子湖ですが

最近はあまり良いニュースを聞きません。

早く回復して欲しいものです。

さてと、前置きが長くなりましたが、28日の深夜に東京板橋の自宅を出発して、

彦根へ到着したのが29日朝で、午前中に雑用を済ませた後、

午後から下道で久々子湖へ向かいました。

琵琶湖の風景を眺めながらのドライブです。



おっ、琵琶湖に虹が掛っているじゃないですか。なんとなくラッキーな気分です。



湖周道路から国道8号線に入ると、峠にぽつんと1軒、釣具中村屋があります。

ここでアオイソメ1000円分を購入。

ここはちょっと高いですけど・・・魚流さんとこまで遠いし・・・




峠を下って敦賀へ向かいます。



湖西からの道と、湖東からの道が合流する疋田の交差点は、

よく深夜に検問してます。



三方五湖の久々子湖へやってきました。小学校の裏に陣取りました。

だーれも居ません。





いっちょやったろか。気合いを入れないとなかなかできんです。







三脚に竿は2本。各竿とも2本バリ仕掛けにして、アオイソメを3匹房掛けにしました。







陣地を築いた瞬間に、猛烈な雨が降り始めました。寒冷前線が通過中です。

ここは北から南向きへ投げ込んでいます。

風雨は強烈な追い風になりましたが、背中からずぶ濡れになりました。

車の中からアタリを伺いますが、強風に竿先を叩かれて、判りません。

まっ、この時期のハゼは日が落ちて完全に暗くならないと、アタリが出ません。





PM5:00には完全に暗くなりましたが、まだ釣れません。

これから、これから・・・です。



PM6:00過ぎにエサチェックのために巻き取ると・・・、

おっ、重いです。15cmぐらいのハゼが釣れてました。

小さいですね。



PM7:00ごろから釣れ始めました。

しかし、竿先に明確なアタリが出ません。居喰いしているようで・・・

低水温なのか?、それとも巣穴から動かないのか?、あまり動かないようです。

ダブルで掛っているようですが、食いが浅いのか、

途中で軽くなることがほとんどです。





PM8:00までに4匹釣りましたが、最高19.5cm。小さいし、細いなあ。

このあと、嵐のような突風が吹きまくり、三脚が倒され、竿が振れなくなったので

中止。止めることにしました。

今年はあまり良い記憶がありませんでしたが、

来年こそは大物に出会いたいです。

皆様も良いお年を迎えられますように。




















この記事をはてなブックマークに追加