隠れ茶を守る会 グリーン・コネクションズ

茶処静岡の安倍川最上流、幻の銘茶の産地「梅ヶ島」の荒れゆく茶畑を・茶業を・景観を守るために活動を始めました。

「縁側カフェ」で地域を元気に! シンポジウムに参加2/17

2018年02月17日 | 最新ニュース

今日は、静岡市葵区にある賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」にて「縁側カフェ」で地域を元気に!シンポジウムが開催されました。

https://www.facebook.com/kicorisha/photos/pcb.754826451378898/754826354712241/?type=3&theater

 

縁側カフェを日本で初めて創設された静岡名誉教授小櫻義明氏の基調講演の後は、お茶のマーケティングを研修されている静岡県立大学経営情報学部「岩崎邦彦教授」、地域の魅力を地元に認識させて地元の皆さんをわくわくさせながら地域を再生させているNPO法人仕事人倶楽部主席研究員「森田みかさん」、玉川に移住して玉川地域おこし協力隊をされている冨田和政さん、静岡大学農学部教授「岩垣秀洋氏」司会によるパネルディスカッション。

安倍奥に惹かれる方々の特性・求めているもの。「縁側カフェ」の可能性。などの分析結果はたいへん興味深いものでした。

よそ者・若者・馬鹿者の重要性、団結することの大切さも知りました。

梅ヶ島でも縁側カフェができたら、「消費者⇔生産者」の関わりあう仕組みができるのでは?

期待が膨らみます❢ 


この記事をはてなブックマークに追加

2018年前半の活動予定をお知らせいたします

2018年02月17日 | 隠れ茶・瓦版
今日はまた冷え込みが強く、雪が心配な地域もあります。
皆さま無事に厳冬を乗り越え、健やかに春を迎えられますよう願っております。
梅ヶ島・草木平の我が家では、水道管が破裂してしばらく断水となっております。

さて、梅ヶ島では3月18日(日)梅まつり、4月8日(日)春まつりがあります。
国民健康保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」での’温泉’そして
奥田シェフ監修の’わさびパスタ’も楽しみがてらお越しください。
  
本年前半の「隠れ茶を守る会」および「アグリ・グリーンエコツアーズ」の活動予定をお知らせさせていただきます。

========お知らせ項目=========
1.耕作放棄茶畑での茶摘みボランティア 5/26 を募集いたします
  
2.茶摘みツアー 6月9-10日(1泊2日)ご予定ください

3.オーダーメイドのツアーを企画させていただきます
  
4.有機肥料実験継続中です


========お知らせ詳細========= 
1.耕作放棄茶畑での茶摘みボランティアを募集します
  5月26日(土)予備日27日(日)9時~16時ごろ 梅ヶ島草木平にて
  現地9時ごろ集合・5時ごろ解散 持ち物:着替え・タオル(温泉に入ってからお帰りになれます)
  
2. 茶摘みツアー  6月9-10日(1泊2日)(雨天決行/募集20名)
  9日:マイクロバスにて渋谷出発⇒東名江田⇒新静岡IC⇒梅ヶ島で茶摘み・手揉み茶(1泊)
  10日:安倍川源流散策⇒天空の茶畑見学/昼食⇒渋谷
     
3.オーダーメイドのツアーを企画いたします  
  茶摘み 宿泊 ツアー・茶摘み日帰りツアー・ 薪ストーブ 茶農家訪問ツアー・お茶ツアー・トレッキングなど
  ご要望に合わせてプログラムを作成させていただきます。
  どうぞお気軽にご相談ください。
  アグリ・グリーン エコツアーズ(株)  静岡県知事登録旅行業 第3-653 

4.有機肥料実験継続いたします
  再生中の放棄茶畑および「企業の茶畑」シグマクシスの畑にて、昨年末から
  米糠施肥の実験区を増やしました。
  「米糠はイノシシを引き寄せるので肥料には使えない」と通常言われておりますが、
  イノシシが来ない米糠にて実験しております。高齢化が進む梅ヶ島では
  「軽い」「扱いやすい」 「安価」な有機肥料が必要!
  最適な有機肥料を見出し地域全体で’有機の山茶・梅ヶ島’を目指したいものです。

  農薬・除草剤を使わずに27年。
  安心&香り高いお茶のお求めは  egao.saito@gmail.com までお知らせください。

1.2につきましての詳細は後日「隠れ茶を守る会」ブログにてお知らせさせていただきます。
ぜひ読者ご登録をお願いいたします。
 

まだまだ寒さが続くようです。お身体大切にお過ごしくださいませ。
*風邪・インフルエンザ予防のための緑茶の飲み方;;
ガブガブと飲むのではなく、チビチビと喉を潤す程度に頻繁に飲む方がウィールス殺菌により有効とのこと。
緑茶で風邪・インフルエンザを予防しお元気でお過ごし下さい。
 
皆さまに梅ヶ島にてお目にかかれることを楽しみにしております。

この記事をはてなブックマークに追加

「しずおか自治取組発表会」に参加して

2018年02月03日 | 最新ニュース

1月21日(日)13:30~16:00 藁科生涯学習センターにて「しずおか自治取組発表会」が行われ社会創発塾5期生の有志の’コミュニティW’の方々とご一緒に参加させていただきました。

主催は’里山くらしlabo’ 

静岡市の中山間地(里から山奥までの地域)5地域がそれぞれかかえる課題とそれに向けての対応を各自治体が発表する、そして、聴衆はその発表に対しての感想と質問をポストイットに各自記入して主催者がまとめる。というものでした。

今回発表された5地域は

清沢、大川、梅ヶ島、玉川、両河内

発表された各地域の課題は、いずれ他の地域でもあるいは現在既に課題となっている事項が多く、自治体同士でもとても参考になったように感じました。

各自治体の取り組みは下記とのこと。

清沢; 自治会の行事+会議+活動=903活動(1115人)が人口減少の昨今では負担になってきているため、人口に見合った地域活動にスリム化する。

大川; 放課後・長期休みの「学童保育」を整備し「移住促進・母子にやさしい地域」につなげる。

梅ヶ島; 男性だけで組織されている現在の梅ヶ島自治会連合会に女性の参加を促進し、自治会を元気にし、梅ヶ島に住む女性全体が梅ヶ島自治運営に関心を持つことを期待する。

 

梅ヶ島の高校生お二人の発表は地域愛に溢れ、梅ヶ島の魅力「自然」「温泉」を活かした地域活性化をいずれ梅ヶ島にて取り組みたい!と、とても心強いものでした。

 

玉川; 433世帯の1/3が高齢者夫婦または独居老人であるため、お弁当を配ることにより「栄養管理」と「見守り」を併せて可能にできる仕組みを作る。

両河内; 一般のバスは、利用者の減少と共に便数が削減され、不便かつ高額。そこで静岡市の協力を得て、「ココバス(どの家からも200m以内にバスが停まる)」を今年4月から運行する。

どの地域も本当に必要な切実な願いから生まれた、素晴らしい取り組みをされていることを知りました。そしてその取組に対して客観的な情報を収集し合わせて資料にまとめられ共有する機会を作られた「里山くらいlabo」の活動には敬服いたします。

今後、各自治体の活動が発展し、共鳴しあい全ての地域がより住みやすいそして移住しやすい地域になることを願っています。

 

今回、外の力・地域外からの応援についての取り組みについてはご紹介がありませんでした。私を含め梅ヶ島には住んでいないけれど(東京にてまたは梅ヶ島を時折り訪問して)梅ヶ島を応援したい。という方々や企業さまがいらっしゃいます。そういう皆さまの力をどう活かしていけるのか、そんな事例発表が次回にはあったら嬉しく思います。参考にさせていただき、外から梅ヶ島や中山間地のお役に立てるような活動がより効果的にできればと思います。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

願いを込めて「寒さに負けないで~」

2018年01月12日 | 活動報告

梅ヶ島の今朝の気温は9時になっても-7℃。凍り付くような寒さ。。。茶の葉はこの通り氷まぶし・・

耕作放棄茶畑にて①無施肥 ②CBX(アリゾナの地層から取り出したミネラル豊富な有機肥料)③熟成馬糞 ④粉砕&発酵竹 ⑤米糠 の実験区で肥料の有効性を確認したい、とご一緒に再生作業をしているご近所さんと実験していますが、

米糠は昨年から取り入れたばかり。どの肥料よりも安く、扱いやすく、高齢化が進む梅ヶ島の茶農家さんでも利用できそうな有力候補。

春に良い芽を出すための有機肥料の施肥はいつが最適なのか??

有機肥料の効き具合はとてもゆっくりとは学んだけれど、米糠肥料はどれくらいの期間で成分が溶け出し土壌に影響を与えてくるのか?

分からないながら、この寒さに耐えるチャノキに何かしてあげなくっちゃ・・・とヒトも凍えながら肥料撒き。

  

根が凍ったりしませんように~☆

元気なチャノキになりますように~☆

美味しい新芽を出しますように~☆


この記事をはてなブックマークに追加

2018 新年おめでとうございます! 

2018年01月02日 | 最新ニュース

新年おめでとうございます。

昨年はたいへんお世話になりました。またたくさんの応援をいただきありがとうございました。

昨年は梅ヶ島にとっては、「国民健康保養温泉地指定」という追い風を得た年でした。今年は昨年撒かれた種がどんな芽を出し成長するのか、とても楽しみな年です。

「隠れ茶を守る会」にとりましては、新たに「アグリ・グリーンエコツアーズ(株)」を立ち上げ、地域全体を応援する体制(のみ)を作った年でした。

本年は「アグリ・グリーンエコツアーズ(株)」をよりアクティブにし、梅ヶ島地域・オクシズ地域(静岡市の山奥の地域)の活性化につながるツアーを企画し、地域の活性化に役立てたいと思っております。現在企画中のツアーは;

恒例の梅ヶ島「隠れ茶」畑での茶摘みツアー6月9-10日に加え、平日の日帰りツアー、2番茶の和紅茶作りツアーを企画します。梅ヶ島を飛び出して、他地域の魅力的な農家さんをお尋ねしてみるのも試案中です。ブログにて日程・詳細をお知らせさせていただきます。

耕作放棄茶畑再生および有機肥料の実験も引き続き実施したく思っております。耕作放棄茶畑再生第1号は、2009年東峰の「天空の茶畑」、第2号は我が家の前の畑2014年、昨年は東京の社会創発塾の皆様が第3号「陣場」の再生を始めてくださいました。茶畑再生の輪が少しずつ広がり、梅ヶ島の皆様との関りも元気も広がることを願っています。

第2号の放棄茶畑でのボランティア茶摘みは例年5月最終土曜日です。ご予定くださいませ。

本年もどうぞご指導・ご支援よろしくお願いいたします。


この記事をはてなブックマークに追加

「第3回九州2017和紅茶博覧会in 東京」にお邪魔~

2017年11月23日 | 最新ニュース

11月22日夜、東急プラザ銀座店7階HANDS EXPO CAFEにて第3回九州2017和紅茶博覧会in 東京に伺わせていただきました。

https://m.facebook.com/events/283668355460922/?ti=cl

  

九州7県から代表の茶園さんが自慢の「和紅茶」「半発酵茶」「緑茶」「ハーブティ」を持ち寄られ、飲み比べさせていただけるめったにない機会。最近、「和紅茶のレベルが上がった」とよく聞きますが、まさにそれを実感した夜でした。

10年前、日本各地の和紅茶を取り寄せてもなかなか「これは!」という和紅茶に出会えませんでしたが、昨晩のどの茶園さんの和紅茶もとっても香り良く、色良く、味わい深いものばかり!

2012年に梅ヶ島にて「和紅茶セミナー」を開催くださった佐賀・和紅茶専門店「紅葉くれは」の岡本店長からも和紅茶の動向’最新版’をお伺いできました。和紅茶がしっかりと市民権を得たこと。認知をめざすステージから、より質の高い和紅茶をめざすステージにアップしていること。やっぱり~!

どの農家さんも色々工夫されて改良してこれまでになられたんだと感心しきり。また、このような博覧会を東京で開催された九州の茶農家さんの団結力・実行力にも感嘆!

静岡の和紅茶を一堂に試飲させていただける機会はなかなかないようですが、静岡の和紅茶も九州と同じようにレベルが格段にあがっているに違いありません。

静岡の和紅茶博覧会、あったらいいな~~と願った夜でもありました。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

【隠れ茶・瓦版 秋の号】

2017年10月27日 | 隠れ茶・瓦版
メールにてお送りしてまいりました「隠れ茶・瓦版」ですが、本号よりブログ&Facebookでもお届けさせていただきます。
重複受信されます方、ご容赦くださいませ。

========お知らせ項目=========
1.「隠れ茶・熟成茶」販売開始いたします 11月3日
2.東京農業大学収穫祭に「隠れ茶ブース」出店いたします 11月3~5日
3.梅ヶ島赤水の滝タイトアップ 11月11日~26日
4.ツアー企画、ご提案いたします

========お知らせ詳細=========
1.「隠れ茶・熟成茶」販売開始いたします 11月3日
お待たせいたしました!
春に収穫した新茶をじっくりと低温で熟成させ「隠れ茶熟成茶」が完成いたしました。
新茶との違いは、先ずその香り。
新茶の若々しい緑の香りに代わって、甘い花のような香りが宿っています。
徳川家康公が、安倍奥の熟成茶を好まれたのは有名なお話。
お求めは、隠れ茶を守る会ホームページより
⇒ http://wakoucha-kakurecha.com/products/
(まだ決済の設定ができておりません。ご面倒でもメールにてご注文くださいませ)
    
2.東京農業大学収穫祭にて「隠れ茶・熟成茶」販売いただきます 11月3~5日風景研の学生の皆さまはこの日に備えて「お茶の講習」を受け準備くださいました。
当日発売の「熟成茶」をお楽しみにお越しくださいませ。
⇒ http://www.nodai.ac.jp/harvest-fes/

3.梅ヶ島赤水の滝タイトアップ 11月11日~26日
昨年始めた「赤水の滝」ライトアップは紅葉を映し出しとても好評でした。
日中は「安倍の大滝」「安倍川源流」「集落」を散策した後、「赤水の滝ライトアップ」を楽しみ、夜は宿の美味しい料理と温泉。
素敵な休日になりますね。
⇒ http://umegashima.jp/info/post.html?d=141

赤水の滝までの交通は「マイカー」または各旅館さんのマイクロバス(旅館さんによってはマイクロバスにて送迎されるようです)です。
お泊り予定の旅館さんに事前にご確認ください。

4.ツアー企画、ご提案いたします
梅ヶ島の魅力をお伝えするツアーを四季を通してご提案させていただきます。
ご希望に沿った日帰り・宿泊・往復バス付きなどを企画させていただきますので
ご相談くださいませ。
紅葉時期: 10月末から11月下旬。
薪ストーブカフェ: 秋~春。
茶摘み+手もみ茶つくり: 6月~9月
南アルプスお手軽トレッキング: 年間
耕作放棄茶畑開墾体験: 年間

どうぞお気軽にご連絡ください。
アグリ・グリーン エコツアーズ(株)齋藤
egao.saito@gmail.com

この記事をはてなブックマークに追加

10/6 奥田シェフによる「梅ヶ島メニュー」料理実習

2017年10月09日 | 最新ニュース

先月9月20日に銀座サンダンデロにて「梅ヶ島の為のメニュー」の試食会が、梅ヶ島の旅館や食堂の皆さまを対象に行われました。

当日の料理の中から、各旅館や食堂のメニューに加えたい料理を実際に梅ヶ島の旅館さんの台所にて再現いただき、その技やコツを学ぼう!という企画。

【生産者訪問】午前中は梅ヶ島の産物「わさび」「椎茸」「トマト」「お茶」畑を見学いただき、生産者さんのお話を伺う

【地域づくり講習会】午後は市川旅館さんの広間をお借りしての講習会。若い客層の大切さ。そのための料理やメニューの工夫。閑散期のツアーの作り方。加工品への取り組み方。「金山/金探し」をより活用するように。「信玄・家康の歴史の活用やパンフの必要性」等々

   

【料理講習会】夜は旅館さんたちが9月20日のメニューから選ばれた6皿の復習料理実習を大野木荘さんにて。

   

奥田シェフにとっては、たいへんハードな1日となってしまいました。が、梅ヶ島の皆さんにとってはとても充実した、梅ヶ島の可能性を見出す事ができた1日でした。

 

9月20日の銀座での試食会の後、梅ヶ島に戻って早速独自で復習し、レシピを再現されている旅館の女将さんたちや食堂さんが多々いらっしゃることを料理実習時に知り、その意気込みに感動しました。

昼に立ち寄った「魚魚の里」では、新メニューのアイデアをご提案くださったり、たまたまいらしたお客様の注文取りをお手伝いくださったり・・・このお客様たち、ラッキーですよね!

いつもながらの奥田シェフの温かいお人柄、深い懐にすっかり魅了された皆さまとご一緒に「夢と誇りを持てる梅ヶ島」に向かって更なる一歩を進めた一日でした。

前夜にお泊りは「おもい出の湯・湯ノ島館」4つの家族風呂を備えた高級感溢れる旅館です。

    

 

翌日お泊りは「銘酒館」。日本料理の板前さんだった?店主の料理が自慢です。

これからの梅ヶ島の旅館・食堂の新たなる展開にご期待ください❢

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今年もワクワク東京農大お茶講習会10/2

2017年10月02日 | 活動報告

毎年恒例の「東京農大お茶講習会」を本日世田谷キャンパス11号館4階にて昨日開催させていただきました。

収穫祭で販売する梅ヶ島のお茶の特徴や梅ヶ島地域の生活を知り、お茶の淹れ方を実習します。

 

真剣に取り組んでくださる学生さんの眼差しに感謝。

     

お茶を楽しんでくださる学生さんの様子に私も嬉しいです。収穫祭前講座だけでなく、お茶の魅力をお伝えする機会を持てたら・・と思います。

 

今年の収穫祭世田谷キャンパスは11月3~5日。(金~日)

皆さまのお越しをお待ちしております。


この記事をはてなブックマークに追加

シグマクシスの茶畑、台刈り更新から2か月!

2017年09月02日 | シグマクシスの茶畑プロジェクト

写真は、5月末に茶摘みを終えた後、一畝おきに台刈りされた「シグマクシスの茶畑」6/26の様子です。

「台刈り」とは、チャノキを根元から20センチほどの低さに切りそろえて、丸坊主にする作業です。台刈りされたチャノキは数年間は収穫が減ってしまいますが、樹木が若返り&健康になるために定期的に必要な作業とのこと。

ここ数年、収穫量が減ってきていたため、今後のために、、、と思い切っての荒治療!

2か月経ってここまで回復8/27。

数年後には、より元気なチャノキに蘇り、収穫量も増えますように~

 

「シグマクシスの茶畑」は、企業が茶農家をサポートするための取り組みです。標高750mの高地で農薬や除草剤を30年間使わずに育ててきたとびっきり香り高い&安心な緑茶「隠れ茶」を東京のシグマクシス(株)さまに毎年お届けしております。霜被害など受けやすい山間部の茶農家の存続には、たくさんのサポーターが必要です。ご興味ある企業さまはご連絡ください。egao.saito@gmail.com

「隠れ茶」のお求めは「隠れ茶を守る会」ホームページよりどうぞ~🍵

 


この記事をはてなブックマークに追加

残暑お見舞い申し上げます。

2017年08月14日 | 商品のご案内

立秋を過ぎ、涼しい空気を感じる日が多くなりました。夏のピークは過ぎたかな?とホッとするこの頃。・・・ですが、太陽が出るとまだまだ陽射しは強くしっかり汗をかいてしまいます。

そんな日は、身体の内からすっきりさせる「隠れ茶」をどうぞ~

  

お求めは隠れ茶を守る会ホームページから

 

水出し緑茶: 

水1ℓに茶葉10g(大匙こんもり2杯)で30分。氷を入れて作るとより甘味が抽出されます。ティバッグの場合は、グラスの水にティバッグ1個を浸して5分。

  

無農薬・無除草剤で栽培しておりますから、茶葉も安心してお召し上りください。

   

 

   その他のレシピもお試し下さい💚


この記事をはてなブックマークに追加

隠れ茶新茶2017出来上がりました!!

2017年07月27日 | 商品のご案内
 
隠れ茶「お茶レター」で暑中お見舞いを!
蒸し暑い日が続きますね。お子様たちも夏休みに入り、楽しい計画を練っているころでしょうか?お忙しい毎日をお過ごしでしょうが、ご無沙汰しているご友人やご親戚に緑茶ティバッグ付き......
 

 


この記事をはてなブックマークに追加

6月27日 「大人の遠足to隠れ茶の里」準備進んでいます

2017年06月16日 | 最新ニュース
6月27日の「大人の遠足to隠れ茶の里」のお打ち合わせでサロン ド シャンティさまを訪問。
お打ち合わせはそこそこに、癒しの空間と時間をしっかりと楽しませていただきました。
 
サロン ド シャンティ主宰の磯部優子先生自ら中国や台湾に出向かれて入手されてきたお茶の数々。
烏龍茶・白芽奇蘭は体中に行き届くような華やかな香り。
 
 
浙江省「玉玲瓏」の黄茶は悶黄という熟成工程を経てできあがる、とても珍しい発酵緑茶とのこと。私はいただくのは初めて!
 
以下Wikipediaより
・・・・黄茶の加熱処理は低い温度から始まり、徐々に温度を上げ、その後徐々に温度を下げる。この処理法によって、茶葉の持つ酵素による酸化発酵が起こる。・・・・

まだまだ知らないお茶や生産方法がこんなにあることを知り、ワクワクします。
近年、烏龍茶の火入れが弱くなる傾向があるとのこと、香りをより残す方法としての一手なのでしょうか。
 
本題の「大人の遠足」につきましては以下です。
 
6月27日(火)
07:45 渋谷宮下公園交差点集合
11:00 梅ヶ島着 昼食
12:30 「隠れ茶の里」にて茶摘み・手もみ
15:30 赤水の滝または天空の茶畑見学
16:00 出発
19:00 渋谷着
 
持ち物・服装はこちらをご参照ください⇒http://blog.goo.ne.jp/kakurecha/e/2e9f72c45d6c47e19da5ebee18c0f5e5
 
残席2席ございます。
お申し込みは サロン ド シャンティ主宰の磯部優子先生まで。
 
皆さまのお越しをお待ちしております。

この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア茶摘み2017・無事に終了❢

2017年05月29日 | 耕作放棄茶畑再生レポート

The tea picking by volunteers has been completed by 15 members from Tokyo, Yokohama, Nagoya and Shizuoka.

It was the most record of volume and the quality.

Hope to see them soon in Umegashima again.

木曜日から降り続いた久しぶりの雨。いつ止むのか心配で心配で・・・夜中も何度も目を覚ましてチェック!

明け方にようやく上がり、27日土曜日は快晴~☀ 2日間の雨のお陰で、芽がしっかり伸びました。

 

東京・横浜・名古屋・静岡から延べ15名の皆さま、ありがとうございました。既に3回目&2回目ご参加の方もいらっしゃり、すっかり手馴れたモン。

 

過去最高の収穫量・最高の刈り取り方・摘み方となりました。

お昼はみんなで自己紹介・・素敵な方々にお集まりいただいて素敵なご縁が繋がります。

 

家にお持ち帰りになられた茶葉は、和紅茶や・・・

  

釜炒り茶に仕立てられ、大切に飲まれているようです~♡

 

皆さま、遠路お越しいただきありがとうございました。また近いうちに&来年もお会いできますように~☆


この記事をはてなブックマークに追加

株式会社シグマクシスさまの「ノベルティ緑茶」収穫!

2017年05月24日 | シグマクシスの茶畑プロジェクト

お茶農家を支える企業サポーターの「株式会社シグマクシス」さまの畑の収穫が終わりました。

今年は、冬が長かったため、収量が上がらない茶畑が多いとお聞きしておりますが、梅ヶ島では冬が長いのには慣れっこ・・・なため?に終了は例年並み^^)

シグマクシス社のお客様へのノベルティを作らせていただきます。

企業サポーターは、茶農家の収入安定化の第一歩。梅ヶ島の各茶農家さんに1社以上の企業がサポーターになってくださったら、梅ヶ島の茶農家の存続が可能になります。

企業サポーター」募集しております。ご関心ありましたらご連絡くださいませ。

egao.saito@gmail.com (齋藤)


この記事をはてなブックマークに追加