欠ノ上田んぼ

欠ノ上田んぼ様子をお知らせします。

流し水管理

2017年07月03日 | 日記

ここが全体の水口になる。生育も遅れている。これでも例年よりましかもしれない。この水口の3番田んぼは苗床にしている。苗床なのでどうしても、肥料が多めになる。水の冷たい田んぼは少し多めの肥料が必要になる。そこでちょうどつり合いが取れる。写真ではわかりにくいが、常時、稲が押し倒されているくらい水が入っている。田んぼは流し水管理である。常に水を入れている。その水の量毎秒2リットルくらい。これを24時間続けている。水は最初に2系統に分かれるので、毎秒1リットルづつと言う位か。それでも一番下の田んぼでの排水はない。水が行き着く、最後の田んぼが3か所あるのだが、何処でも排水をすることはない。たまに水尻の堰を超えていることはあるが、基本の水管理としては水尻の水を出さない管理である。流し水管理という水の入れ方がある訳ではない。この田んぼの構造状流し水で入れるしかなかった。それをしている内に、この田んぼでは流し水の管理の方が良いという事が分かった。理由は水は流れていると生きた水になるという事だと思っている。

これが2番目の田んぼへ水が落ちるところである。一番目の入水口の稲と較べると、成育の違いがよく分かる。この水が落ちているあたりが案外に成育が良い。水口田んぼで水が暖められて落ちるから状態が良くなる。この水がこの下11番まで行くのだから、ここも相当の水が流れ込んでいる。流れ込んでいてもここは水温が高いから、生育が遅れるという事はない。そして泡立ち水の中に酸素が供給される。水を活性化させる。これが下の田んぼにとって良い効果が出ている。下の田んぼでは水口周辺が生育の良い場合が多いいのだ。

これは3番の水尻である。板を超えている水の量でどれほどの水が流れているかが少し想像できる。

このようにどの田んぼもかなりの水が流れ続けている。以前、平地の鬼柳境でやった田んぼは幅5メートルの長さ50メートルとかいう田んぼだったがここなどは水路で田んぼをやっているような感じだった。これは抑草を期待して、流れ水管理にしていた。全体を緩やかな川状態にして、酒米の山田錦を作ったが、畝取りが出来た。田んぼの水は常に変わっていた方が良いという考えでやるのが、流し水管理である。朝夕だけ水を入れるとか、様々な水管理があるが、水が充分にあるなら流し水管理が優れていると考える。流れ水では雑草が発芽しにくい。特にコナギは生えにくいと考えている。実際に鬼柳境の田んぼでは前年まではすごい雑草田んぼだったのに、ほぼ草を抑え込むことに成功した。稲刈りも水の中という状態ではあった。

これは5番から6番に落ちるところだが、4番からこのぐらいの水が流れ込みそのまま流れ落ちている。田んぼの中をこれだけの水が常に動いているという事になる。ここでも700CC/秒ぐらいの水はある。

ここは10番の里地里山の田んぼ、ここは入る水はたぶん50CC/秒になっているぐらいに見える。水がここまでくる間に、それだけ減る。それがタテ浸透の水になる。その上の田んぼが9番だがここはどん図まりの田んぼで、ここにも50CC/秒の水が入るが流れ出ることはない。この最後の田んぼが一番できる田んぼだ。出来過ぎで倒れる傾向がある。一昨年秋に病気が出た。過密になり蒸れたのだと思う。ここでも水を流して落とせばいいのだが、それだけの水がないという事でもある。

12番の田んぼだけ糯米のマンゲツモチを作っている。成育がおとなしい感じがある。また、今年初めて作っている田んぼなので、土壌の状態が良くない。この長い塩ビ管は動くことになっていて、今は12番に落としているが、初期段階では、7番に落としていた。13番14番の代掻き田植えが終わってから、12番に水が落とせるようになった。

これは2番から12番田んぼへの水。水が落ちているあたりの方が生育が良いのが分かる。このあたりは地面から水が湧いている。その為土が冷えている。上からの温かい水が落ちてそのあたりが生育が良くなってきた。酸素が供給されることも良いのではないかと考えている。

これは1番から2番への落水口。

これは3番の上から見た稲。稲はこのように上から見ると様子がよく分かる。3番の方が2番の方が生育が進んでいる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植え1か月目の管理

2017年07月03日 | 日記

右から3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番、奥に12番、その上が2番

田植え一か月後でその年の稲作は定まる。この時の田んぼの土壌の状態で、その後の管理が決めればいいと考えている。田んぼ中を歩いてみる。土を握り触ってみる。その感覚でその年の土壌の状態が分かるように感覚を磨く努力をする。1、歩いて見て田んぼの深さはどこまで深くなっているか。2、泥の粘着度はどうか。3、表層のトロトロ層はどうなっているか。4、泡の沸き具合いはどの程度か。泡の匂いは。5、土の匂いはどうか。6、水口と、水尻のちがいはあるか。7、草の生えるところはどういうところか。8、藻が出るとすればどんな条件の所か。9、生育の良いところ、例年との違い。10、葉色の淡い変化でおかしなところがあれば、土壌の確認。

田んぼごとに違うのだと思うが、自分の田んぼではどういう時に良いお米が出来たかを記憶する。そして、その良い土壌のできる条件を覚えておく。

手前が11番の冬水田んぼ、その上が里地里山の10番田んぼ奥に9番と、8番と7番。さらに奥が12番と2番 田植え直後が13番、14番の岡本田んぼ

田植え一ヵ月までが停滞気味であるか、順調な生育であるかを判断する。苗が良かったのに、停滞気味であれば、土壌に土壌分析でわかるような問題がある場合も多いい。リン不足の経験が多いい。冬の間の土壌の管理状態の是非を再考する。今年は田植え3週前にソバカスを撒いた。これが初期生育に好結果となっている。良い生育であれば、その理由を考えてみる。秋起こし、藁の状態、緑肥、堆肥、天候。苗が重要という事は一か月後によく表れてくる。1か月後に分げつが充分でない理由は、水温、日照、肥料分、が苗に直接的に作用している。水温が低ければ、水尻は良いはずだ。日照不足であれば、全体的に生育の遅れが生じている。肥料分が足りなければ、葉色が浅い。いずれにしても株をよく触ってみる。握って硬さを確認する。葉が厚ければ、握ってゴワゴワする。シナシナするようではすべてに良くない。有機栽培であれば、初期生育が遅れるという事が言われるが、そういうことは全くない。苗作りが失敗しているか、土壌が悪いかである。そもそも有機農業だから収量が少ないなどという事は、全くない。

冬水田んぼ、田植え直後とは水の状態がまるで変ってきている。

有機農業技術は自然に従い、判断してゆく、柔軟さと研究が必要という点で、体験的な蓄積が必要。有機農業の方が、手間がかかることは確かだ。水管理もその日その日で変えてゆくほどの細やかさが必要になる。そして天候の影響を強く受ける。その年の天候の読みも必要になる。1月目の稲は分げつが平均で10本に達していれば安心である。あと3週間で6月20日で20本分げつを目指す。葉は9枚目前後が出ている。分げつも3回目が出始めたころだ。その株が、扇のように広がり開帳型であってほしい。握ってすすきのような硬いイネであってほしい。田んぼを歩けば根が切れるようなブチブチ感がある。根が田んぼ全体に広がり始めている。この時期にはヒエが出るなら出始める。見つけ次第取り除く。今は一本のヒエも出ていない。取り除くことは可能な雑草だ。コナギに集中するようにしなければ、性格の違うコナギの駆除ができない。コナギの性質が分かれば対応ができるのだが。これがなかなか手ごわい。

里地里山の田んぼ 一本植が、右側の4本植に近づいてきている。左奥の白く見えるところは陥没して土嚢袋で補修。

コナギが無くなれば1俵増える。草が無くなれば、田んぼ作業の労働時間が半分になる。草取りを頑張るより、草を出さない努力をする。その方が作業時間は半減する。1か月までのコロガシである。コロガシを縦横2回行えば、かなりのコナギは取りさることができる。残ったコナギは7月中の拾い草程度で何とかなる。この後の課題はは穂肥をどうするかである。倒伏させずに畝取りするのが目標になる。今まで倒伏が心配だから、追肥は控えてきた。肥料と言っても糠を使う位しかないのだが、糠の緩やかな肥料の効き方が、稲の丈を伸ばしてしまい、倒伏に繋がる不安がある。しかし、穂肥を与えない栽培では最後の穂の大きさ、粒の張り具合に物足らないものがある。多分穂肥と、干し田は組み合わせ技術なのだろう。干して倒さないという事と、穂肥を与えられる土壌作り。ここからが重要な管理となる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植え13日目の田んぼ

2017年06月09日 | 日記

6月2日 田植え5日目の里地里山の田んぼ

6月9日田植え13日目の里地里山の田んぼ

面白い生育だ。どうなるか興味深い。

自然に従う方法で、1反10俵収穫する稲作を目指してきた。その挑戦は実に面白い経験だった。日本の稲作ほど、様々な見解が展開されている農作物はない。それは稲作が主食であり、信仰であり、給与であり、経済であるという日本の基礎であったからだろう。現代農業でも毎月記事の一番多いいのが稲作に関するものだ。7月号に「中打ち八へん農法」というものが出ていた。富山県砺波の宮永という人が一七八九年に書いたものにあるそうだ。中打ちとは中耕すること。中打ち八遍犬が餓死すると書かれているそうだ。犬が死ぬというのが、くず米が無くなるという意味だそうだ。さておかしい。豊作ほどくず米は増える。長年くず米を鶏の餌として集めて来て、今の農業では間違いなくそういう結果である。くず米が減らすことを語った考えた方が良いのか。しかし、この農法をされる山形の荒生さんという方は、多収技術だと考えられているようだ。

どのようなことでも始まる前に、イメージトレーニングすることが大切である。一年の流れを想定する。そして、その総合としてやれることをやる。想像というものはやれない理想になりがちなのものだ。

「稲作音頭」

5俵までは、捨てて置け

6俵の当たり前は、苗作り

7俵取るのは、草取り、草取り

8俵望むは、土づくり

9俵上がるは、苗肥、穂肥

10俵決めるは、コロガシばかり

こんなイメージを持って稲作に取り組んでいる。何も考えずとも5俵は取れる。良い苗なら、かなり悪い条件の田んぼでも、手抜きの稲作でも六俵ぐらいは取れる。そこで草取りを徹底すれば、七俵までは行くものだ。八俵まで取るにはどうしても土づくりが必要になって来る。土づくりと一言で言っても、自分の農法に適合する土づくりである。そして、九俵はなかなか難しいのだが、一年を通した、田んぼの肥料である。冬場どうするか。田植え前の肥料は。そして追肥や穂肥が的確であれば、九俵の米作りができる。江戸時代の稲作では十俵とるなどというのは、現代の多収米での一トン取りに匹敵するものだっただろう。化学肥料を使わない農法では相当に困難なことだ。自然農法では江戸時代同じ土俵の話である。砺波の宮永さんも私も条件は違わない。目標の一〇俵を目指すにはコロガシを繰り返す以外にない。酸素を送り込み土壌発酵を良い方向に導く。これには宮永さんと同じ結論だ。縦横二回の合計四回のコロガシと夏の拾い草が条件。

有機農業では腐植の増加が重要になる。藁を戻すとか、燻炭を戻すとか、そして緑肥や雑草を栽培する。土づくりであり、抑草技術である。生の緑肥や藁が漉き込まれるため、田んぼでは発酵が起こり湧いてくる。ガスが発生して泡が上がってくる。土壌がふわふわ状態になる。稲の根がガスにより痛めつけられる。ここをどのように乗り切るかが、重要になる。ガスが湧くこと自体は悪いことではない。ガスの種類にもよるが、発酵が起きガスが湧くのは当然の結果。土壌の匂いをよく覚えておく。沸きと言っても良い沸きもあり一概に悪いとは言えない。良い発酵土壌になれば、それが稲が吸収しやすい肥料になってゆく。重要なことは微生物の活動の活発さである。酸素が重要な要素になる。水を流して管理する。土壌のタテ浸透も必要になる。沸くという一面悪いことを総合として良いことに変える必要がある。それがコロガシである。田んぼに入ることが良いというのは昔から異論のないところだ。ともかくドジョウの攪拌を繰り返すことで、発酵に酸素が供給され良い方向に進んでゆく。

水管理はこのすべてを綜合し生かすためのものだ。水管理がなければ、稲は刈れてしまうだろう。良い苗を作るには水管理である。水温の的確な管理で根を作る。肥料を適切な成長段階で利かすためには水管理である。干田の意味と間断灌水。天候の変化予測と水管理。土壌の腐敗に対応した水管理。田んぼは面白い。また行きたくなる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植え1週間

2017年06月03日 | 日記

田植えをして1週間が経過した。写真は6月2日朝5時頃の撮影。稲が落ち着いて立ち上がって来ている。稲がすべて枯れているという夢を見た。背筋が寒くなり、どう責任をとればいいのかと思って目が覚めた。そんなことはないのだが、やはりどこかに不安があるのだと思う。全精力を田んぼにそそいだ。大した力ではないが、自分のできることは全部やり尽くした感がある。田んぼは耕作ではあるが、自然との折り合いである。自然という者にはいつも惧れがある。人知の及ばない、何か得体のしれない思わぬことを起こしてくれる。石垣での台風の後の田んぼでは、稲そのものが吹き飛ばされて何もなくなっていたそうだ。そういうものだから、あわてて騒がず、すぐ準備の苗で田植えをしたそうだ。田植えをした、田んぼが凍り付いたという東北の冷害の話を読んだこともある。人間の暮らしはこうした自然の中の一部として折り合っているに過ぎない。そしてわずかな時間お邪魔して、後を汚さず、去りゆく。

右側が4本植、左側が1本植。どう変わるのだろうか。

冬季湛水の田んぼ。緑の藻が一気に増えてきている。

撒いた、ソバカスが浮き上がり浮遊している。

9番の昨年病気が出た田んぼ。すでに浮草が出てきている。まだ、ホウネンエビは出てきていない。

新しく田んぼにしたところ。やはり他と田んぼの様子が違う。この後どうなるかが興味深い。

一本の所が今はさみしい。

浮遊し溶けかかっているソバカスの層。

一番田んぼこの田んぼに写っている映像が面白い。これを見ていると、目の前に見えているものが、写っているものと何が違うのかという気になる。

朝日の雲が田んぼに浮かんでいる。この美しさは格別である。

朝日が昇る田んぼ。

ここは代掻きなしの6番田んぼ。まだ水漏れがする。一度コロガシをやれば水漏れは収まるだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年田植え

2017年05月29日 | 日記

 

27日早朝。手前が11番田んぼ。昨夜の雨で線引きが苦労しそうだ。乾いたところから線引きを行い、田植えにみんなが来るのを待つ田んぼ。

28日10時。過去最高の参加者で、延べ人数で56名前後。子供たちも田植えをした。子供が参加して田植えした田んぼであることがいい。初めての人が沢山いて、それでいて農家の田んぼより、収量が多いいという事が誇りだ。

ここは代掻きなしでの田植え。この水の来ない田んぼが一番収量の多いい田んぼ。不思議な気がするが、冬の緑肥作物も良く育つ。

いよいよ最後の田んぼの田植えの様子。まだかなり水がある。

今年は2本植で行くことにした。1本より3本の方が良い田んぼになるという意見があった。そうかもしれないとも思う。明確に1本の方が良いという根拠はない。実験して変わらなかったという話は聞いたことがあるが、自分でやってみなければ本当の確認はできない。分げつが取れすぎるような過繁茂の田んぼもある。そこで今年は10番の里地里山協議会の田んぼで4本植と1本植を中央で分けた、田んぼを作ってみることにした。結果どう違うか。こういう試験栽培のようなことが好きだ。こういう観察があるだけで、田んぼに行く楽しみが増える。苗は平均4葉期が中心だったと感じた。分げつが始まっているものもかなりあった。4葉期か5葉期で植えると一番活着が良い。田植えして翌日には成長を始める。苗の背丈も30センチはあるから、どんな深水でも水没はしない。平らに代掻きが出来ている訳ではないので、深いところは20センチくらいの水深の所も出来てしまう。それでも水没しないので安心な田植えになる。

朝の状態では上の方の田んぼはまだ水が相当残っていた。まず乾いた9番田んぼで線引きをする。縦横29㎝角の線を引く。これを出来るだけ正確にすることが大切である。私も最初少し行ったが、あまり上手には出来なかった。毎年少しづつ足腰が弱くなっている。あとは引き継いでもらい、田植えの方に回った。3人ぐらいで全体に線を引いてくれた。松田さんという新しい参加した方は、その昔小学校の田んぼではこれと同じ道具で線を引いて居たと言われていた。一日目で線引きはすべて終わった。1日目の田植えは1,2,6,7,8,9,12と終わった。2日目に3,4,5,10、という事になった。とても乾燥が早く、苗が乾かないようにするのが大変だった。1日目は植える田んぼの順番に苦労した。植えてすぐ水を入れないと乾いて苗が弱ってしまう。危うい状態だった。

田植えが終わり最後の田んぼまで水が満ちてきた。

田植えは10時30分には終わった。そして、そのあと、ソバカス撒き、周囲の掃除や、水回りの調整。後片付けを機械小屋でして、3時にすべてが終わった。後の整理が結構時間がかかる。良い田植えになった。素晴らしい仲間と息を合わせ田んぼができるという事は幸福なことだ。この仲間との共同作業の感覚は、特別なものがある。これが生きるという意味で大切なのだと思っている。食べ物という生きるという根源のものを、共に作る。ここを共有することが人間の一つの在り方なのだと思っている。田んぼの仲間にそんな余計な理屈はいらないが、何十年も続けてくるとそんなことも少し言わせてもらいたくなる。ともかく良かった。安堵した。充実した。やり尽くした感がある。明るくなったら田んぼに行ってみる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加