こだわりおやじの独り言

陰陽と五行とを理解すれば、自然界での出来事の総てが理解できる
哲学的な東洋医学はすばらしい

東医宝鑑を観る30

2017年06月15日 | 日記


東医宝鑑 内景篇(内科)四
二五、小便(六)



一二、淋疾の各種
淋疾は小便が粟粒のようで、小腹がつっぱり痛む。
淋疾の発生はみな腎虚に依って膀胱に熱があるところに起因する。
心腎に気が鬱すると蓄積が下にあって、膀胱が急し膏血が砂石と化して小便とともに流れ出
すが、出るか出ないかぐらいもれ出して止まらない症状がおき、ひどいのでその穴をふさぐ
と切るように痛む。
腎虚がひどくて淋疾になったのは、腎精を補い、小便を利するべきである。単用は利水剤だけ
ではいけない。
五淋とは膀胱の蓄熱である。
淋疾は小腹が脹る、寫腎湯を使う。

一三、淋疾の八種
一は労淋、二は血淋、三は熱淋、四は気淋、五は石淋、六は膏淋、七は沙淋、八は冷淋である。
<労林>
労苦、疲倦に依る虚損が甚だしいと、小便は不通になり小腹が痛い。
労傷、虚損すると発し、四物湯に知母・黄柏・琥珀を加えて使う。
酒色がすぎると膀胱の気を傷つき、虚損がつもると淋疾となるが補中承気湯を使って真気を補う。
情慾を強制し、排泄しないと淫精が滲下して洗疾となる場合があり、これには益元固真湯を使う

益元固真湯  情慾を無理に抑制して淫精を出さず、滲下して淋疾になったのを治す。
    処方 甘草梢二銭、山薬・沢寫各一銭半、人蔘・白茯苓・蓮芯・巴戟・升麻・
       益智仁・黄柏酒で炒ったもの各一銭を剉作して水で煎じて服用する。

<血淋>
小便が出ず小便が出ず、ときどき血が出ていたむ。
熱があると発し、はげしいと尿血し、ねつがこもって陰茎が痛む。
四物湯に知母・黄柏・沢寫・赤茯苓を加えて使う。色のきれいな症は心が小腸と同じように
弱った証で導赤散に甘草を抜いて、黒い黄苓を加えて使い、色が黒豆汁のようなものは腎と
膀胱の火で五淋散を使い、血淋には増味導赤散・金黄湯・小薊飲子を使い、死血で淋になった
症には牛膝膏が最も良い。

増味導赤散  血淋の渋痛を治す。
    処方 生乾地黄・木通・黄苓・車前子・梔子仁・川芎・赤芍薬・甘草各一銭、
       薑三片、竹葉一〇片、を入れ空腹時に服用する。

金黄湯    小便に出血があり、尿道が痛むときに使う。
    処方 鬱金・瞿麦・生乾地黄・車前子・滑石・芒硝各五銭を粗末にして毎五銭
       を水で煎じて空腹時に服用する。

小薊飲子   下焦は結熱した尿血と淋痛を治す。
    処方 生地黄二銭、小薊根・滑石・通草・蒲黄炒・藕節・竹葉・当帰・山梔仁
       ・甘草灸各七分を水で煎じて空腹時に服用する。

<熱淋>
小便が熱し色が赤く淋瀝で痛み、不快で臍の下が急に痛む。
暴淋は痛みがはげしく、小便は赤く淋瀝したときは八正散・導赤元・を使い、磁腎丸
一〇〇丸を導赤散に梔子を加えて煎じた水に空腹時に呑み下し、益元散二銭は木香・檳榔・
茴香各一銭を作末した物を加えて空腹時に白湯で点服する。

<気淋>
小便が渋く滞して何時も余瀝があって小腹が脹るのに沈香散・通秘散または益元散に木香・
檳榔・茴香を作末したものを加えて空腹時に白湯で点服する。
気虚によるものには八物湯に黄芪・虎杖根・黄苓・牛膝を加え煎じて服用する。

沈香散    気淋で小腹の脹ったときに使う。
    処方 葵子・赤芍薬各七銭、沈香・石韋・滑石・王不留行・当帰各五銭、陳皮
       ・青皮・木香・甘草各二銭半、を作末し毎二銭を空腹時の大麦煎じた湯
       で調服する。切って一両を煎じて服用する事を沈香散ちいう。

通秘散    気淋の痛みに耐えられない症を治す。
    処方 香附子・陳皮・赤茯苓を各等分に剉作して五銭を水で煎じて空腹時に服
       用する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東医宝鑑を観る29 | トップ | 東医宝鑑を観る31 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。