こだわりおやじの独り言

陰陽と五行とを理解すれば、自然界での出来事の総てが理解できる
哲学的な東洋医学はすばらしい

東医宝鑑を観る31

2017年06月18日 | 日記


東医宝鑑 内景篇(内科)四
二五、小便(七)



<石淋>
陰茎の中が痛み、小便が出ず、小腹がつっぱって痛み、膨張して小便から砂石が
流れ出、悶絶する。
沙淋は油がかたまったもので溶けやすく、石淋は結塊になるのでなかなかむずかしい。
治療法は枳殻散の煎じた水に来復丹を呑み下すと良い。

益元散は石淋の主治剤
石淋に石燕丸・滑石・硼砂散を使う。

石燕丸    石淋を治す。
    処方 石燕子焼醋淬三次研、水飛焙乾、滑石・石韋・瞿麦穂各一両を作末し、
       糊で梧子大に丸め、瞿麦・燈心を煎じた湯で空腹時に三〇~五〇丸呑み
       下す。

滑石散    沙石淋を治す。
    処方 滑石・石膏各五銭、石韋・瞿麦・木通・蜀葵子各三銭、を作末し毎二銭
       を葱白茎、燈心ひとにぎり、蜜二匙を煎じた湯で空腹時にふくようする。

硼砂散    沙石淋の急痛を治す。
    処方 硼砂・琥珀・赤茯苓・蜀葵子陳橘皮各三銭を作末し二銭を葱白二茎、麦
       門冬二一粒、蜜二匙で煎じた湯で服用する。

<膏淋>
小便が濁ること膏に似て、ういてかたまるのは油のようである。
鹿角霜丸・秋石元・海金沙散・香児散を使う。

鹿角霜丸   膏淋の黄・白の脂膏に似て、淋瀝で痛みおぼえる症を治す。
    処方 鹿角霜・白茯苓・秋石を焙ったものを各等分にして作末し、麵糊で梧子
       大に丸め空腹時に米飯で五〇丸呑み下す。

秋石元    膏淋の黄・赤・白黯の膏と油蜜のような症を治す。
    処方 白茯苓一両、桑螵蛸・鹿角膠珠・秋石各五銭、を作末して糕糊で梧子大
       に丸め、空腹時に人蔘湯で五〇丸呑み下す。

海金沙散   膏淋を治す。
    処方 海金沙・滑石各一両、甘草二銭、を作末し、毎一銭を麦門冬・燈心を煎
       じた湯で服用する。

香児散    血淋・沙淋・膏淋などを治す。
    処方 真麝香五分に葱白一根をついて汁をとり、孩児茶三銭半、琥珀二分半を
       作末し百沸湯に葱汁を入れ、空腹時に同時に服用する。

<沙淋>小便から細砂が出る症だが、膀胱の陰火が焼けて津液が凝結した症で、軽いと砂になり、
重いと石になる症である。
沙淋に二神散・魚石散・苦杖散・琥珀散を使う。

二神散    砂石淋の急痛を治す。
    処方 海金沙七銭半、滑石五銭を作末し、二銭を取って木通・麦門冬・車前草
       の煎じた湯に蜜を少し入れて服用する。

魚石散    砂石淋で茎中が痛むのを治す。
    処方 石骨首頭中骨五対を焼いて粉末にし、滑石五銭を作末して二回に分けて
       服用するが、木通湯で調服すると砂はみな出て治る。

苦杖散    砂石淋か小便のときに落ちて痛むときに使う。
    処方 虎杖根を切って毎一両を水五杯を入れて煎じるが、一杯ぐらいになった
       ら、滓を捨て麝香・乳香を少しづつ入れて調服する。

琥珀散    砂石淋を治す。
    処方 琥珀・滑石各二銭、木通・当帰・木香・欝金萹蓄各一銭を作末し、毎三
       銭を蘆葦葉煎じた湯で空腹時に調下する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東医宝鑑を観る30 | トップ | 東医宝鑑を観る32 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。