goo
出世をするために「副業」が必要になるとしたら?
2016-12-06 / 取材・連載関連
副業とは、本業以外で収入を得る、仕事などの行為を指す。例えば、会社員が休日に飲食店でアルバイトをすれば「副業している」ことになる。あるいは、ネットショップを開店して自分が制作した絵画を販売するのも副業。マンションの部屋を貸して家賃収入を得たりするのも、広義には副業と言える。別の言い方でサイドビジネス、デュアルワーク、兼業とも。「ムーンライター(moon lighter)」と呼ばれることもあります。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「真田丸」がサラリーマンに残す教訓
2016-11-28 / 取材・連載関連
ご当地に限らず全国から注目を集め、まもなくクライマックスを迎えようとしている大河ドラマ「真田丸」。その人気は堺雅人氏が演じる主人公の真田信繁(幸村)だけでなく、草刈正雄氏が演じた父・昌幸や小日向文世氏の豊臣秀吉が亡くなった際に「○○ロス」として話題になったほど、視聴者の心をつかんできた。 このドラマは、地上波での本放送よりも早い時間帯にオンエアされるBSでの放送(愛称は「早丸」)の視聴率が高いこ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


簡単にAIに奪われない仕事に共通する特徴
2016-11-22 / 取材・連載関連
コンピュータなどで人間と同様の知能を実現させようという試みがスタートしたのは1950年代。チェスをさせる程度の人工知能から始まり、1980年代に入ると人間の脳神経回路をまねするニューラルネットワークによるアルゴリズム(手順)が注目された。当時の技術では人間を超える性能を発揮するまでには至らなかったが、研究開発は進み、現在の人工知能は第三のブームに突入したといわれている。キーワードはディープ・ラーニ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


若手でも評価が収入に響く時代 しどろもどろで上司は務まらぬ
2016-11-15 / 取材・連載関連
職場の上司は人事評価で部下の昇給やボーナスを決めることが可能。だからこそ、できれば部下は上司から高い評価をもらいたいと考える。ところが「いくら頑張っても評価を上げてくれない」と、上司に不信感を抱いている部下は少なくありません。とくに最近は、若手社員でも評価に応じて給与やボーナスが大きく変わる場合もあり、それゆえ「上司の評価」に対する目は厳しくなってきた。そこで、若手でも評価が収入に響く時代の上司の . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


そろそろ本気で考えたい「65歳以上の働き方」
2016-11-07 / 取材・連載関連
自民党の小泉進次郎農林部会長ら若手議員による2020年以降の経済財政構想小委員会が、「人生100年時代の社会保障へ」と題した社会保障制度全般の改革に関する提言をまとめた。「痛みを伴う改革から逃げてはならない」として年金支給開始年齢や、70歳以上の高所得者の自己負担額の上限、さらに介護サービスの自己負担額の上限の引き上げなどを主張。中期的な改革を求めたことが話題になっている。では、今後はどうなるのか . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「働きがいのある会社」に選ばれても社員は喜べない事情
2016-10-31 / 取材・連載関連
どうせ働くなら「働きがいのある職場」で働きたいもの。自分の関わる仕事に意義が見出せて、充実感を得られる。そして会社や社会に貢献できていると実感する。これこそが「働きがい」を感じられる職場の条件。最近、この「働きがい」に関するランキングがあらゆるところで作られ、公表されるようになった。それに伴い、これらにランクインするために、人事部が必死になる会社も現れている。こうした取り組みで会社が良い方向に向か . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「事務希望の女性」が多すぎるという大問題
2016-10-25 / 取材・連載関連
転職したい人が誰でも希望する仕事がみつかるというわけではない。これだけ求人倍率が上昇しても、1.0を超えない、仕事も幾つかある。 その代表的なひとつがオフィスワークと呼ばれる事務職。書類作成やデータ入力、などの事務作業から、電話や来客応対など幅広い役割が求められている。この職種で転職希望をするのは大半が女性で、転職希望者がたくさんいるが、退職者が少なく、求人数も多くないため、自然と転職求人倍率は . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


部下に足りない力は何か
2016-10-17 / 取材・連載関連
Instagramのようなアプリの登場で、スマホで写真を撮って共有する文化が広まった。さらに、周囲でシェアされる機会が増えたためか、写真のクオリティも大幅にアップ。最近では、スマホで撮影した写真や映像がビジネスの現場で業務報告に活用されることも多くなった。こうした写真などの方が文章による報告書よりも臨場感があって、わかりやすいのは明らかだから。ただ、写真・映像だけに頼った報告は人材育成において、あ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


上から目線上司と付き合うには
2016-10-14 / 取材・連載関連
エラルキーとは、階層制や階級制のことで、おもにピラミッド型の組織構造を指す。もともとカトリック教会や正教会などが階層的な組織を持っていたことに由来し、例えば、カトリック教会なら教皇―大司教―司教―司祭というヒエラルキーが存在する。これが、職場となると、上司―部下や先輩―後輩という具合に階層的になってくる。このヒエラルキーを実感するのは、直属の上司と軋轢があるときではないか。ジェイキャストで本テーマ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


転職の際「部下」を連れていくことの大問題
2016-10-11 / 取材・連載関連
転職する際、かわいがっていた前職の部下を引き抜いていきたがる人がいる。大きな成果を出すためには1人ではなくチームで取り組むほうがよく、人柄も力量もよく知っている仲間を連れていくことが必要ということかもしれない。ただ、転職先の会社からみて、その部下たちは本当に必要なのか?東洋経済オンラインで記事を書かせていただいた。 「課長」から始める 社内政治の教科書 クリエーター情報 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ