goo
「待ちの姿勢」では限界がある
2017-01-18 / 取材・連載関連
東洋経済オンラインの記事でダイレクトリクルーティングを題材にアップ。待ちの姿勢では企業の採用力には限界がある。ただし、採用させる求職者には注意すべきことがたくさんある・・・ことなど書かせていただいた。 入社1年目を「営業」から始める君へ クリエーター情報なし 日本実業出版社 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


人の評価は時代とともに変わる 
2017-01-13 / 取材・連載関連
米国のトランプ政権発足から、世の中の動きが激しくなる予感を示唆するような論調がマスコミを賑わすようになってきた。確かに、その兆候は日本にも見られる。過去のスタンスではありえなかった安倍政権の韓国に対する強気な姿勢。あるいは民間企業の世界に目を移すと、倒産件数に占める業歴30年以上の老舗企業の割合が急増。「昔ながらの商品構成や経営が時代にマッチせず行き詰まったケースが目立つ」という(東京商工リサーチ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


東洋経済オンライン今年第一弾の記事
2017-01-02 / 取材・連載関連
東洋経済オンラインの今年、第一弾の記事がアップした。昨日は大転換となりそうな出来事が世界中で起きた。それが、どのように展開していくのか?注目していきたい。 2016年の世界では「大転換」につながる事件がたくさん起きた。その象徴的なものが、ドナルド・トランプ氏の第45代米大統領への当選。トランプ氏は過激な発言が注目されているが、所属するのは保守派の共和党。オバマ大統領の民主党からの政権交代で政策が . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


謹賀新年2017
2017-01-01 / 日々想うこと
謹賀新年。 新しい1年が始まる。今年は都内でのんびり過ごしているが、天候もよく、富士山が眺められる。何かいいことが起きそうな予感。みなさまにとっても素晴らしい1年になることを心から願っている。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


嫌われる仕事「営業」を人気にする2つの視点
2016-12-20 / 取材・連載関連
営業職は求人数が多いのですが、求職者が大幅に足りない状況が慢性的に続いている不人気職種。不人気の理由のひとつに長時間労働をあげる人がたくさんいる。取引先から勤務時間外での打ち合わせを指定される。会食・接待で夜遅くなる。あるいは翌日の商談の準備のための残業を上司が強要する…このような、時間外・残業が恒常化して、長時間労働が当たり前になっているというイメージが広まっているから。ついには「 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


リマインドは責任回避のため? 
2016-12-16 / 取材・連載関連
会議に来ない人がいて、その結果、みんなが損をしたり、嫌な思いをするのであれば、「僕からメールを送っておこうか?」など、自分から手を挙げて積極的にリマインドをする。そういう意識を持つことがとても大事ではある。ただ、間違えてはいけないのが、リマインドをする目的。ジェイキャストで本テーマを題材に記事を書かせていただいた。 なぜ若手社員は2次会に参加しないのか 困った若手・女性社員・残念 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


出世をするために「副業」が必要になるとしたら?
2016-12-06 / 取材・連載関連
副業とは、本業以外で収入を得る、仕事などの行為を指す。例えば、会社員が休日に飲食店でアルバイトをすれば「副業している」ことになる。あるいは、ネットショップを開店して自分が制作した絵画を販売するのも副業。マンションの部屋を貸して家賃収入を得たりするのも、広義には副業と言える。別の言い方でサイドビジネス、デュアルワーク、兼業とも。「ムーンライター(moon lighter)」と呼ばれることもあります。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「真田丸」がサラリーマンに残す教訓
2016-11-28 / 取材・連載関連
ご当地に限らず全国から注目を集め、まもなくクライマックスを迎えようとしている大河ドラマ「真田丸」。その人気は堺雅人氏が演じる主人公の真田信繁(幸村)だけでなく、草刈正雄氏が演じた父・昌幸や小日向文世氏の豊臣秀吉が亡くなった際に「○○ロス」として話題になったほど、視聴者の心をつかんできた。 このドラマは、地上波での本放送よりも早い時間帯にオンエアされるBSでの放送(愛称は「早丸」)の視聴率が高いこ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


簡単にAIに奪われない仕事に共通する特徴
2016-11-22 / 取材・連載関連
コンピュータなどで人間と同様の知能を実現させようという試みがスタートしたのは1950年代。チェスをさせる程度の人工知能から始まり、1980年代に入ると人間の脳神経回路をまねするニューラルネットワークによるアルゴリズム(手順)が注目された。当時の技術では人間を超える性能を発揮するまでには至らなかったが、研究開発は進み、現在の人工知能は第三のブームに突入したといわれている。キーワードはディープ・ラーニ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


若手でも評価が収入に響く時代 しどろもどろで上司は務まらぬ
2016-11-15 / 取材・連載関連
職場の上司は人事評価で部下の昇給やボーナスを決めることが可能。だからこそ、できれば部下は上司から高い評価をもらいたいと考える。ところが「いくら頑張っても評価を上げてくれない」と、上司に不信感を抱いている部下は少なくありません。とくに最近は、若手社員でも評価に応じて給与やボーナスが大きく変わる場合もあり、それゆえ「上司の評価」に対する目は厳しくなってきた。そこで、若手でも評価が収入に響く時代の上司の . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 前ページ