JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「粉ミルクから30ベクレル」後日譚 NPOが発見 最初明治は無視 【NBO】

2011-12-14 12:10:17 | 政治
2011年12月14日(水)

 明治の乳児向け粉ミルク「明治ステップ」から放射性セシウムが 

【30Bq/kg】 検出された『事件』では、『明治に罪はない、下手人は東京電力』

 という論調が多く、当ブログでも、そのような論調で書いてきた・・・

 しかし、今日の 【日経ビジネスオンライン】 (NBO)によると、

 NPO 【TEAM二本松】 が11月はじめに検出して明治に連絡した時点では、

しばらく放置され(実際にはNPOのデータなど信用できないと放置した?)、

NPO 【TEAM二本松】 から外部の専門検査機関に依頼して、その取材に来た

共同通信の記者に、明治に直接現物を持って行ってもらい、再測定を依頼。

すると間もなく「明治ステップで放射性セシウムを検出」が公表されたという。

そういう意味ではマスコミの影響力は、今なお大きいといえるようだ。

 もちろん、NPO 【TEAM二本松】 は、明治の粉ミルクだけを抜き打ちで

検査した訳ではなく、主なものは全て測定した結果、発見したものである。

     ****************

 「NHKや日赤などに募金しても、迅速性が無いし、誰に亘ってどのように

使われたか解らないから不安だ!」 という方々は、

このような NPO に寄付されては如何だろうか?

 粉ミルクなどの検査で、NPO 【TEAM二本松】 がどんな活動をしたかは、

この記事を御覧ください。 

「粉ミルクから30ベクレル」の波紋
できたばかり、二本松市のNPOが最初に検出

 日経ビジネスオンライン - 2011年12月14日(水)
 


NPO 【TEAM二本松】に寄付されたい方は、ここをクリック

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

「粉ミルクから30ベクレル」の波紋
できたばかり、二本松市のNPOが最初に検出
                     藍原 寛子
  【日経ビジネスオンライン】 - 2011年12月14日(水)

 乳児向け粉ミルク「明治ステップ」から、1キログラム当たり最高で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出され、メーカーの明治(東京都)が、対象の40万缶の無償交換を始めたというニュース。福島県内にも衝撃が走った。

 粉ミルクの検査は、厚労省が7月から8月にかけて、市販品25種類を対象に実施済みで、その検査では放射性セシウムは検出されなかったからだ。さらに今回、セシウムを最初に検出したのは、明治でもなく、国県など公的に検査を行っている行政側でもなく、震災以降活動を開始した、できたてほやほやのNPO(非営利団体)である「TEAM二本松」(佐々木道範理事長、福島県二本松市)だったからだ。福島県内をはじめ、全国各地で次々に市民放射能測定所が開所しており、市民の活動が注目を集めることになった。

 明治が発表した翌日、TEAM二本松のメンバーや佐々木さんを訪ね、話を聞いた。

 佐々木さんは二本松市の真行寺副住職で、1歳から大学生まで5人の子どもの父親だ。「測定を始めたきっかけは、本当に個人的なこと。子どもたちが食べているものが本当に安全なのか、それが知りたいと思って始めた。それに寺で幼稚園を経営しているので、安全なものを提供したいということだった」。

保護者の間で広がった不安

 佐々木さんとともに、子どもの安全や内部被ばく予防に関心を持つ二本松市の30代から40代を中心とした保護者の有志によりグループが結成されたのが今年7月。

 以後、放射性物質について理解を深め、取り組んでいこうと、地域の除染活動や放射線の測定、勉強会などの活動を開始した。やがて、仏教関係の友人らから支援金が寄せられ、それを活用して食品などの放射線が測定できる500万円相当のヨウ化ナトリウムシンチレーション測定器を注文。9月下旬には測定器が到着した。同市内では最も線量の低い岳(だけ)温泉地区を選び、空き店舗を借りて測定室を開設。会員や知人、地域の人たちが持ち込む食品、農作物の測定を始めた。

 「とにかく最初は、子どもが食べるもの、飲むものを測ろうということになった」と佐々木さん。子どもが普段飲んでいる牛乳、乳児が毎日飲む粉ミルクから開始。粉ミルクは測った8検体のうち、「明治ステップ」からのみ、1キログラムあたり40ベクレル近い超える放射性セシウムが検出された。

 「粉ミルクは大丈夫かと思ったけれど、数値が出ましたね」と、TEAM二本松で測定を担当し、一番最初に明治ステップの放射性セシウムが検出された際に立ち会った福田恒輝さんは話す。


TEAM二本松で行われている食品測定

 「食品や野菜から放射性セシウムが出るのは、福島に住んでいない人からすればビックリするようなことかもしれない。でもこれまでの測定では、野菜やキノコ類でも放射性セシウムが出ているので、驚かなかった」。

 今回の測定では、1キログラムあたり約30ベクレルと、国の暫定規制値200ベクレルを下回った。しかし厚労省は、保護者や消費者の関心が高いことから、市販の粉ミルクや乳児向け食品を定期的に検査することを決定。今後は、乳児・子ども向けの食品基準の策定なども進めていく見通しで、1つのNPOが「子どもを守りたい」という動機から始めた測定は、国を動かし始めた。 


 2週間の公表遅れ、なぜ?
 粉ミルクから放射性セシウムが検出されたことは、いくつかの課題を浮き上がらせた。

 まずは、市民団体などによる測定に対するメーカー側の対応の問題

 共同通信は9日、「明治、セシウム情報を2週間放置」との見出しで、明治が連絡を受けていながら約2週間、詳しい検査に乗り出さなかったことを報じた。市民(消費者)と、食品メーカー(生産者)の間に、放射性物質の問題に対する温度差があることを浮き彫りにした。

 TEAM二本松が最初に検出したのは11月初め。明治に連絡すると「原料は北海道産なので大丈夫」との返事がきたが、それきりだった。再度連絡すると、「検査もしているから大丈夫」などと言われただけだったという。

 ここで、TEAM二本松のメンバーや、県外の活動支援者から「外部の専門検査機関に依頼しては」という声が挙がった。費用を払って測定を依頼すると、ここでも30から40ベクレルが検出された。「全国で粉ミルクを飲ませている保護者は、数値を知るべきではないか」という意見が出てきた。

 そこで、この検査機関に取材に来ていた共同通信の記者に依頼して、明治に直接現物を持って行ってもらい、測定を依頼。すると間もなく、「明治ステップで放射性セシウムを検出」が公表されたという。

 測定された放射性セシウムの数値は暫定規制値よりも低いものの、消費者から寄せられた情報に対して企業は適切に対応しなければ、問題をより深刻にする可能性がある。特に粉ミルクは乳児の“主食”。今回、無償交換となる850グラム缶は1週間から約10日で消費されるというが、放射性物質への感受性が高い乳幼児が飲むものだけに、明治側により丁寧な対応が求められる場面だった。

 もう1つの課題として、加工食品を製造する過程での放射性物質の混入防止対策が浮き上がってきた

 明治では、放射性物質が含まれていたのは原料ではなく、乾燥させるために使った外部の空気に放射性物質が混じっていたと見ている。震災直後はSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク)も公表されず、明治側で防げる可能性は低かったのかもしれないが、第三者機関に測定依頼するなど、さらなる対応も必要だったかもしれない。

 放射性物質の問題は、今後も様々な課題を生む可能性がある。食品メーカーは消費者と対峙するのではなく、全国の市民放射能測定所と連携して、適宜お互いに情報交換し合うようなことがあってもいい。生産者と消費者の間の温度差をなくす工夫が必要だろう。

「微量で、健康被害を心配する必要なし」

 検出された1キログラムあたり最大で30.8ベクレルという放射性セシウムの数値について、日本産科婦人科学会は8日、「たいへん微量であり、この粉ミルクから余分に受けた被ばくに関して健康被害について心配する必要はない」との見解を示した。6日に明治が公表、その翌々日の見解発表と、極めてスピーディーな対応だった。

 この中では具体的な数値を示して「仮にこの汚染ミルクを毎日60グラム、4か月間飲み続けた児(乳児)であっても、粉ミルクから受けた被ばく量はたいへん微量」とし、さらに「お母さん方の安心のため、各メーカーで、製品中に含まれる放射性物質に関する調査結果を、適切に開示することが望ましい」とした。

 だが、やはり母親の間では不安が残る。 


 二本松市の主婦で3児の母、遠藤文美代さんは「30ベクレルだろうが、1ベクレルだろうが粉ミルクに入っていたら、子育てしている親は不安でしょうがない。10年、20年先を考えて、『あのミルクを飲ませなければよかった』『あそこに行かなければよかった』と言うようなふうにはなりたくない。市民グループが測って指摘したことで、今後、東電や国の対応が変わってくれれば」と、涙ぐみながら話した。

 福島県内のお母さんたちも参加して、母乳に含まれる放射性ヨウ素や放射性セシウムの測定を行ってきた「母乳調査・母子支援ネットワーク」代表の村上喜久子さんは、「粉ミルクを飲んだ乳児の早急な実態調査と健康測定が必要」と明治側の対応を求める。

 「赤ちゃんはミルクしか飲まない。しかも体重は3~5キログラムと小さく、放射性セシウムが含まれる母乳や粉ミルクの影響は大きい。お母さんたちにも、該当の粉ミルクをただ交換するのではなく、購入した時期や、いつから赤ちゃんに飲ませたかなどの記録を取ることをお勧めする」と、父母らに記録を取るようアドバイスしている。

チェルノブイリからの報告

 TEAM二本松が粉ミルクへのセシウム混入を独自に測定して明らかにしたように、福島県内では父母らを中心として、子どもの内部被ばく予防への関心がますます高まっている。

 チェルノブイリの小児科医、ウクライナ放射線医学研究センターのエフゲーニャ・ステパノワ教授による25年間の子どもの健康観察についての講演会が11日、福島市で開かれた。


25年間の子どもの健康観察の結果を報告するステパノワ博士 国際環境NGO (非政府組織)、グリーンピース・ジャパンの主催で、会場には120人を超す市民が来場した。

 ステパノワ博士は、チェルノブイリ原発事故が大事故であるという認識が遅く、医療当局へのタイムリーな情報が不足し、ヨウ素配布の遅れて、子どもの健康に大きな被害をもたらしたことを説明。

 被ばくした住民グループのなかで特にリスクが高いのは子どもで、チェルノブイリ事故が起きた1986年生まれの子どもに対する追加被ばく線量は年1ミリシーベルトで、全生涯で70ミリシーベルトを超えないことがウクライナの法律で定められたことも述べた。

 また、ウクライナの汚染地域では、子どもの内部被ばくの原因で最も大きいのが牛乳、次いで肉、ジャガイモ、野菜などで、汚染されていない乳製品の入手が困難な地域が今もあるのだという。ちなみに、子どもの食品については、1キロあたり40ベクレルが上限基準で、日本の暫定規制値よりも低い数値になっている。粉ミルクに放射性セシウムが混入した問題については「30ベクレルなら、私たちの法律では範囲内」と話した。 


 だが、ステパノワ博士は、今後の内部被ばくの低減策を重視。放射性物質による低線量内部被ばくによる症状と、それ以外の原因による症状とでは、明確に原因を区別できるような診断方法は、まだ確立していないという。ただ、「子どもが複数の病気にかかりやすくなったり、以前には子どもには見られなかった病気が見られるようになった。チェルノブイリ事故後、子どもたちの健康状態は悪化した。主たる原因について断言できないが、放射能やストレス、親の経済状態などの要素が複合的に絡んでいるのかどうか、今後も議論し続けるだろう」。

 そして最後に、放射性物質による被ばくのリスクが高い子どものケアが大切で、「毎年1回は甲状腺被ばく検査を受けてほしい。早期治療で病気に対処できる。汚染されていない地域に子どもたちを移して保養させることも大切」と話し、定期的な健康診断と観察、短期間でも汚染地域からの避難などを提言した。

市民放射能測定所の開設が相次ぐ

 ちょうどこの日は、東日本大震災発生から9か月。

 もう9か月だが、9か月経ってもまだ、子どもの内部被ばくや放射線問題についての市民の不安がやまない現状。福島県内では市民放射能測定所の開設が相次いでいる。この日の講演会に殺到した人々の熱いまなざしには、必死さもにじんでいた。

 多くの子どもが甲状腺がんになったチェルノブイリ事故は、「汚染されていない食品を食べることで、内部被ばくを防ぐ」という大切な教訓を残した。この教訓を今後の測定や食品の安全確保に役立て、国民の安心感につなげることができるだろうか。

 ステパノワ教授は最後に力強く言って講演を締めくくった。「チェルノブイリの悲劇は、全人類の悲劇です」。 


藍原 寛子 (あいはら・ひろこ)

 フリーランスの医療ジャーナリスト。福島県福島市生まれ。
 福島民友新聞社で取材記者兼デスクをした後、国会議員公設秘書を経て、現在、取材活動をしている。
米国マイアミ大学メディカルスクール客員研究員として米国の移植医療を学んだ後、フィリピン大学哲学科客員研究員、アテネオ・デ・マニラ大学フィリピン文化研究所客員研究員として、フィリピンの臓器売買のブローケージシステムを調査した。
現在は福島を拠点に、東日本大震災を取材、報道している。フルブライター、東京大学医療政策人材養成講座4期生、日本医学ジャーナリスト協会員。

【フクシマの視点】 (このコラムについて)
 東日本大震災は、多数の人命を奪い、社会資本、自然環境を破壊したが、同時に市民社会、環境、教育、経済、政治や行政など、各分野に巨大なパラダイム・シフトを起こしている。我が国はどのような社会を志向していこうとしているのか。また志向していくべきなのか。「原発震災」で、社会の姿が大きく変わりつつある福島、震災のフロントラインで生きる人々の姿から、私たちの社会のありようをグローカル(グローバル+ローカル)な視点で考える。





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次期戦闘機 【F35】 選定へ し... | トップ | 大元の想定が極めて低く、強度安... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚きました (coquille)
2012-01-13 18:27:41
TEAM二本松さんの指摘を、明治が無視していたというこちらの記事に大変ショックを受けました。TVのニュースでは、そんなことひとことも言ってませんでした!!

私自身、妊娠中なので人ごとではないです。今まで、乳幼児向けの商品はきちんと検査されているだろうと、企業を信頼していたので、それが根拠の無い、一方的な思い込みでしかなかったことを知り、恐怖感すら感じました。

この事件の詳細を少しでも多くの人に知って欲しいと思い、私の運営するサイトからこちらのブログにリンクを貼らせていただきました。(事後承諾で恐縮です)

http://www.sealing-wax.net/uneisya.html

放射能とは何の関係もない趣味のサイトなので、もしリンクがふさわしくないようでしたらご連絡ください。


coquille コキーユさま (JUNSKY 管理人)
2012-01-14 00:37:58
コメントありがとうございます。

coquille とは、確かフランス語で「貝」
という意味だったでしょうか?

既に「TEAM二本松」さんの公式サイトも訪問された御様子ですので、多言は無用ですが、地道な活動をされているようです。

各地でのこのような活動が、政治家にも動かせないような世の中を、少しずつ動かそうとしています。

多くの方々に広げてください。

頑張ってください (coquille)
2012-01-14 11:40:26
はい。coquilleは「貝」のことです!名前の逆読みが同じ音なので。

他の記事も拝見しましたが、とても勉強になります。

知りたいと望んで探せば、誰かが情報を発信してくれている。インターネットって凄いなとあらためて思いました。

また、訪問させていただきます!
Unknown (肛門に香水を塗る岡田克也)
2012-11-26 10:49:07
民主党 岡田克也 韓国人売春婦をこよなく愛し、生活保護を与えたがる変質者 強姦大国韓国のDNA
岡田克也 被災者よりエタヒニン在日韓国人の利益が最優先の異常者
岡田克也 在日韓国人に選挙権を与えたがる売春大国韓国のDNA
岡田克也 民主党 福島の子供より牛肉、福島の子供より韓日友好
岡田克也 正体 在日 イオン 民主党 wiki aa 夫人 事務所 香水 選挙区
異常者 岡田克也 異常者 岡田克也 岡田卓也 岡田元也 高田昌也 韓国が信念 イオン ジャスコ
イオンの電子マネー「ワォン」は韓国通貨「ウォン」への憧れ 寄生虫キムチの無審査輸入 
民主党は朝鮮人帰化人政党 朝日新聞社の秋山耿太郎は朝鮮人帰化人 9条と叫ぶ奴は朝鮮人 中国様の核ミサイルには沈黙
エタヒニン野中広務「横田めぐみは帰ってこないんだよ」 
被災地より韓国 被災者より在日韓国人 民主党 朝鮮人帰化人政党
9条と叫ぶ奴は朝鮮人 中国様の核ミサイル臓器売買には沈黙
9条と叫ぶ奴は朝鮮人 中国様の核ミサイル民族虐殺には沈黙
9条と叫ぶ奴は朝鮮人 中国様の核ミサイル不正蓄財には沈黙
9条と叫ぶ奴は朝鮮人 中国様の核ミサイル領土略奪には沈黙
北朝鮮様の核ミサイル 拉致 麻薬 偽札 公開処刑 強姦 売春には沈黙する在日朝鮮人の9条信奉者 何とか言えよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
一字なら「絆」より、今年の漢字は「呆」 (逝きし世の面影)
『ネット今年の漢字2010が決定! 2010年、今年の漢字は「呆」』 今年の漢字に理事長親子が逮捕され禁固刑が求刑されている悪名高き『日本漢字能力検定協会』の選んだ文字は『絆』だが、ネットが選べば間違いなく『呆』の一字である。 今年の一字が『絆』に決まったら....