このまちが好き! 栃木県 宇都宮市 雀宮

このまちが好き!第1回雀宮学校音楽祭 宇都宮工業高校音楽部 平成28年3月19日土曜日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

内閣官房 内閣法制局 内閣府 宮内庁 国家公安委員会・警察庁 総務省 法務省 文部科学省 厚生労働省

2016-10-09 00:39:35 | 裁判所のコンプライアンス
タイトルは宛先を書きました。

ネット炎上を期待しているのですが、訪問者さえ少なく、色々と工夫しております。
大げさにしなければ成りません。

災害は忘れたころに遣ってくる。
宇都宮病院事件・広瀬裁判は、もうはるか彼方、昔の事件です。
この事件が発生した時には裁判所は精神障がい者について真剣に検討し、対策を
しました。

時が経過し宇都宮家裁は、当時の事をしる方はおらず、風化し、精神障がい者等の考え方が歪曲して判断・判決をしている。

平成23年度栃木県精神保健審議会に宇都宮家裁判事 篠原 礼が参加を最後に、
その後、宇都宮家裁判事は栃木県知事に反旗を翻し、5年連続不参加である。

平成23年度に参加した篠原 礼判事は自己紹介の時に精神関係・精神障がい者について
全く知らないと無知である事を証言した。

こんな処置入院・保護者選任制度も知らない無知な篠原 礼判事に裁かれ、判決に不服・不満であるから判決に従わない。宇都宮家裁は弁護士と結託し、司法権益を死守するために見せしめの判決文で本人訴訟は何を具申しても全て却下、差押命令など発せられ、人権侵害だ。
国家権力の濫用は人権侵害だ。

自暴自棄に陥っている。
宇都宮家裁判事・調停員・書記官から真綿で首を絞められ死刑判決を同じだ。
親父は自決しろと言われたことは、前に書いている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮家裁判事・調停員に不平・不満

2016-10-06 13:35:28 | 裁判所のコンプライアンス
宇都宮家裁判事・調停員に不平・不満


国家による冤罪判決で生きる道を絶たれた。
冤罪判決であるので判決に従わないから
債権差押命令をだされ、預貯金を没収された。

マイホームも、競売に掛けるでしょう。

国家権力は、間違った判断でも生命与奪の権利を与えられている。

宇都宮家裁判事・調停員が死んだら認めて遣るなどと
言われた。

録音されていないと云う事で言いたい放題・遣りたい放題だ。

娘が4回、措置入院したが全て、適切に対応したが、宇都宮家裁は判決文で
適切な対応でないと判断し判決した。

処置入院は、殺人企図が3回、自殺が1回、全て適切に処置し、社会正義を果たした者は
罰だ。

娘は統合失調症で担当した宇都宮家裁判事 篠崎礼は栃木県の実施する精神保健審審議会で自己紹介で精神障がい者のことについては全く、知らないと述べる。

こんな宇都宮家裁判事・調停員の判断で判決され自暴自棄になった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

司法関係者に処置入院・保護者選任制度経緯啓発活動

2016-10-01 21:06:57 | 裁判所のコンプライアンス
判決は覆えらないが、社会正義を果たした栗原敏勝は不満不服遣りきれない。
妻に退職金は全て使い果し、定年後に稼いだ金員は、裁判に不服であるから
支払いに応じず、僅かばかりの金員を差押没収され、老後の生活は、出来ない。
僅かばかりの年金があるので生活保護は受けられない。
生活保護を受けられれば、健康保険代金や医療費が無料になるので老後の
生活が出来る。
宇都宮家裁は、老後は刑務所に入って生活しろと言わんばかりである。

調停員や判事・書記官の判断に疑問を持ち、過去5年以上、
継続して栗原敏勝は自力で調べた。

その結果、宇都宮家裁は精神障がい者に対し偏見と差別している
ことが判明した。
これは、司法関係者に全て帰納する。

細部については栗原敏勝で検索して下さい。

家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。
他の障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。

治療方針の相違から夫婦は破綻した。

妻の良子は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。
意見の相違から、寝室にナイフを準備する。
裁判では性行為を拒否するためと弁論したが事実は、証拠が残らない
精神制御された人間であり、証明は極めて困難である。
カルト宗教の影響で精神制御され栗原敏勝にナイフで斬り付ける。
口頭弁論で2度も弁論している。宇都宮家裁判事は、敏勝は曲解している
と結論付けた。
判決では先祖霊の信仰は一時的としているが継続している。

栗原敏勝は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。
栗原良子は、オカルト宗教、占い師、祈祷師に頼り理沙の治療に専念。
この相違が、全ての要因である。

文章が長くなるので次の用語で検索して下さい。

1 検索用語:栗原敏勝
2 検索用語:宇都宮家庭裁判所 判事 間部 泰
3 検索用語:宇都宮家庭裁判所訟廷事務室(平成28年3月15日)
4 検索用語:ネットで調停や裁判を本人訴訟
5 検索用語:法律を遵守しない宇都宮家裁判事
6 検索用語:栗原敏勝 意見・要望 最高裁判所
7 検索用語:統合失調症の娘から惨殺される
8 検索用語:平成28年(ル)第77号
9 検索用語:宇都宮家裁は栃木県地方精神保健審議会
10 検索用語:受診状況書・岡本台病院診断書
11 検索用語:娘の精神障がいの治療等
12 検索用語:娘の4回処置入院経歴を公開
13 検索用語:宇都宮地方裁判所206号法廷

3女の娘が15年前に統合失調症を羅漢し、悪の循環。
精神障がい者を持つ家族の多くは悲劇を持って終わる。

妻は栗原敏勝の退職金を全て子供の為にと使い果した。

定年後に稼いだ老後の資金は全て、裁判所に差押没収された。

宇都宮家裁の判決について不服であるので支払い命令には応じない。
近い将来、家屋等も競売される。

娘が精神障がい者になり処置入院を繰返し、栗原敏勝は
懸命に事件・事故を未然に防止し、
社会正義を果たした栗原敏勝に対して本人訴訟であるが故に
判決は全て敗訴、到底承服できない。

宇都宮家裁調停員から言われた死んだら認めて遣ると
言われたが死んでも認めない。
死人に口無だ。

警察官による取り調べは行き過ぎと裁判官は判断し、覆すが
調停官・調停員そして判事等には、それがない。

裁判は名目上公開制であるが裁判所の都合によりしばしば非公開である。

司法関係者に処置入院等について、啓発活動が必要である。

この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不服不満を持つ

2016-08-08 16:00:39 | 裁判所のコンプライアンス
宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不服不満を持つ栗原敏勝。

1 処置入院を全く理解していない。
2 平成27年(家)第675号 保護者選任申立事件の目的を全く理解していない。

判決文を精査すれば、統合失調症を持つ家族は、誰でも知り得る事である。

本人訴訟は、宇都宮家裁は密室で闇打された。
インターネットで検索すると闇打ちされる・切り捨て御免される・多くの方々から
危険だと言われていましたが忠告を無視した。

全く、その通りでありました。
これは法の下の平等・職業による差別でる。

調停や口頭弁論の過程で電子記録を意見具申しましたが全て却下。
口頭弁論調書も主張した内容が記録されていない部分は、毎回、
意見書を提出。
調停から最高裁まで争いましたが全て敗訴。

裁判は確定し、債権差押命令、平成28年(ル)第77号・平成28年(ル)第431号です。
平成23年(家ホ)第20号 離婚等反訴請求事件判決
平成25年(ル)第878号 債権差押命令
 
判決は覆えらないが、社会正義を果たした私は不満不服遣りきれない。

調停員や判事・書記官の判断に疑問を持ち、過去5年以上、
継続、自力で調べた。

その結果、宇都宮家裁は精神障がい者に対し偏見と差別している
ことが判明した。
これは、司法関係者に全て帰納する。

細部については栗原敏勝で検索して下さい。

家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。
障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。

治療方針の相違から夫婦は破綻した。

妻は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。
私は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。
この相違が、全ての要因である。

文章が長くなるので次の用語で検索して下さい。

1 検索用語:栗原敏勝
2 検索用語:宇都宮家庭裁判所 判事 間部 泰
3 検索用語:宇都宮家庭裁判所訟廷事務室(平成28年3月15日)
4 検索用語:ネットで調停や裁判を本人訴訟、闇打ちは本当であった。
5 検索用語:法律を遵守しない宇都宮家裁判事
6 検索用語:栗原敏勝 意見・要望 最高裁判所
7 検索用語:統合失調症の娘から惨殺される
8 検索用語:平成28年(ル)第77号

3女の娘が15年前に統合失調症を羅漢し、悪の循環。
精神障がい者を持つ家族の多くは悲劇を持って終わる。

この記事をはてなブックマークに追加

【修羅場】旦那が痴漢の冤罪で捕まった【2ちゃんねる実話/修羅場・浮気・不倫etc】

2016-07-19 18:34:27 | 裁判
【修羅場】旦那が痴漢の冤罪で捕まった【2ちゃんねる実話/修羅場・浮気・不倫etc】


痴漢とDVは、証明が難しです。
ネット炎上すると良いんでね。
私は、3女が精神障害になり、現代医療で治療を夫婦で共に生きている限り、面倒見ようと決意しました。
しかし、妻は信教宗教に騙せれ、相談すれば全て嘘と決めつけ、マインドコントロールされました。
ある晩、就寝中にナイフを首に突き付けました。
それから、恐ろしくなり何とか、元の妻になって欲しいと多少、命と財産を守るために行為しました。
DVで訴えられました。
宇都宮家裁調停審判官・調停員は、死んだら認めて遣ると密室で言われました。
死刑の判決です。
死刑の判決は死刑になる社会的批判を浴びなければ成りません。
宇都宮地方裁判所・東京高等裁判所も同じです。

最高裁は三行半を突き付けられ却下です。
調停・離婚裁判と続きましたが、調停の段階で、判定され、その後は、全て敗訴です。
DVは、男性の意見は聞きません。
これに対して不服です。
いくら、正直に答えても全く信用されません。

痴漢の証明も人生の大半を浪費して証明しなければ成らず、男性に不利な立場に置かれています。
ネットで調停や裁判を本人訴訟をすると闇打ちされるとは本当であった。
絶対勝てない事実だ。
平成24年9月18日火曜日 曇り 10時から親族問題第1回調停が調停室で実施された。
裁判官&調停官は近藤壽邦
(宇都宮家裁所長 定年退官 平成26年7月30日)、
調停員は男性が小松、女性が今井であった。
今井が調停員が殺害されずに生きているのではないかと言った。
死んだら認めて遣ると言われ憤りを感じた。
しかし、記録は残っていない。
すべて、調停などの段階から可視化が必要である。
その時の裁判所書記官 大竹 幸子

栃木県精神保健審議会を5年連続欠席続ける宇都宮家裁判事委員
http://www34.atpages.jp/kingjp/saiban/hanjihihan_1.jpg 
https://www.youtube.com/embed/09jt0ZrX7-E?rel=0

宇都宮家裁所長に質問状を提出 返信回答なし 偏見と差別だ
欲求不満 どなた様か解消法教えて!助けて!!
  http://suzumenomiyanow.jimdo.com/
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加