試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

クハ103-828[ツヌ304F-2] (クハ103-826[元ラシ314F-3] 改番) ※クハ103-821 ベンチレーター再交換

2017-07-29 21:29:39 | 国鉄/JR103系
指定解除。

KATO製クハ103-819(元ラシ314F)は車体更新と同時に改番を行いクハ103-821(ツヌ304F-2)として竣工した。
元ラシ314Fで編成を組んでいたクハ103-826は無瑕疵ながら転用先都合で休車を余儀なくされた。
クハ103-826もツヌ304F-2の先頭車へ起用されるため復活へ向けての準備に入る。


国鉄103系クハ103-826(元ラシ314F)。

クハ103-826は当時半端な存在に陥ったクハ103-819(塗装変更車→クハ103-821)を活かすため単独投入した。
種車は中古製品のクハ103-828(黄色5号)で[関スイ]の電略標記を持つ旧LOT品である。
ツヌ304F-2組成に当たりクハ103-826はクハ103-828へ改番される。
再びクハ103-828に復帰する珍しい展開となった。
クハ103-821をクハ103-826で車体更新しクハ103-828(ジャンク車両)を未改番で済ます方法も考えた。
しかし印刷再現とインレタ再現ではフォントに差が生じる。
見附統一の観点からクハ103-828はクハ103-819の車体更新用に充当された。


入工中のクハ103-826。

クハ103-821は現行LOTベンチレーター化を行った。
しかし共用する中間車8両はAssyベンチレーター搭載車だった。
よってクハ103-826の工程は改番のみとなった。
そのためクハ103-828への改番後にクハ103-821をAssyベンチレーターへ再交換する。
組成変更をデータだけに頼った結果無駄な作業を生んでしまった。
やはり予め現況確認をするべきだった。


[クハ103-826]。

クハ103-826の車両番号印刷消去はペイントリムーバー式で行われていた。
グリーンマックス製インレタは簡単に崩れた。
しかし除去は転写糊と一体化してしまい粘着物質の拭き上げに時間を取られている。
ラプロス式印刷消去ではこの様な現象は出難くペイントリムーバー式の弱点だろう。
塗装被膜を溶かして印刷を落とす際に黄色5号の表面も変質させてしまう。
現在はラプロス式若しくは爪楊枝式が主流で初期竣工車に限り改番時は注意が必要となる。


[クハ103-828]:TOMIX製High-Grade製品用インレタ。

インレタはクハ103-821に揃えTOMIX製High-Grade製品付属品を起用した。
ブロックインレタは経年によるフィルム部の劣化が懸念される。
ただバラ数字の転写で標記が乱れるよりは数段良い。
仮に劣化が進んだ場合にはその時に対処を考えたい。
クハ103-828(←クハ103-826)はAssyベンチレーター搭載車でその他車体に手を加える必要が無かった。
台車周りへの清掃を追加し点灯試験へ移行した。


クハ103-828 点灯試験[53C 中野]:前照灯。


クハ103-828 点灯試験[53C 中野]:尾灯。


クハ103-821 点灯比較[53C 中野]:前照灯。

長期休車指定により走行機会そのものが無くライト基板の通電状態が心配だった。
しかし前尾灯とも一発で点灯し不具合は生じていない。
前照灯照度もクハ103-821と同程度である。
ここはLOTの近いクハ103形用床板で揃えた効果だと思う。




クハ103-828(ツヌ304F-2:改番)。

クハ103-828は何の支障もなく竣工した。
残る作業はクハ103-821のAssyベンチレーター復帰である。
再び予備品が減少するAssyベンチレーターは今後の対応に備え纏まった数量を発注した。
これで慢性的なベンチレーター不足から解放されるだろう。




Assyベンチレーターに再交換されたクハ103-821。

Assyベンチレーター化されたクハ103-821は車体更新前の屋根上コントラストに戻っている。
クハ103-821,クハ103-828入場は編成単位でのベンチレーター統一を進めている最中に組み入れられた。
入場時期がずれていれば気にしなかったかもしれない。




クハ103-821(Assyベンチレーター化)。

クハ103-828の改番が終了しツヌ304F-2は出場を迎える。
元ラシ314F時代と変わらず中間車は他編成に依存する。
しかしツヌ304F-2では中間車8両全車を同一編成と共用するため組成の手間は軽減された。
長期休車が解除されるクハ103-821,クハ103-828は確実に登場機会が増えると思う。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クハ103-821[ツヌ304F-2] (ク... | TOP | 国鉄103系津田沼電車区304F (... »

post a comment

Recent Entries | 国鉄/JR103系