かもめのぶろぐ(JIA神奈川ブログ)

日本建築家協会関東甲信越支部 神奈川地域会(JIA神奈川)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第27回 JIA神奈川建築WEEK かながわ建築祭 2016

2016-01-26 | イベント・セミナー・見学会
「JIA神奈川建築WEEK かながわ建築祭 2016」を2月26日(金)〜 2月28日(日)の期間に開催いたします。

どなたでも自由に参加いただけます。ぜひ、ご家族や友人知人の方々もお誘い合わせのうえ、会場に足をお運びいただければ幸いです。
皆様のご来場、ご参加をお待ちしております。

特設Webサイトはこちら

フライヤー(チラシ)はこちら
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

第26回 JIA神奈川建築WEEK 横濱建築祭 2015  〜CROSS×CROSS〜

2015-02-23 | お知らせ
「JIA神奈川建築WEEK 横濱建築祭 2015」を いよいよ明日、2月24日(火)〜 3月1日(日)の期間に開催いたします。
どなたでも自由に参加いただけます。ぜひ、ご家族や友人知人の方々もお誘い合わせのうえ、会場に足をお運びいただければ幸いです。
皆様のご来場、ご参加をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 第26回 JIA神奈川建築WEEK 横濱建築祭 2015  〜CROSS×CROSS〜
 http://www.jia-kanto.org/kanagawa/event_week/2015/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このたび第 26 回の JIA 神奈川横濱建築祭を開催いたします。
もともとこの試みは、普段なかなか目に触れることの少ない建築家の活動を広く市民の方たちに知ってもらい、
建築が、単なる 生産活動ではなく、社会、文化を発展させる上で不可欠な役割を になっていることを認識
いただく機会、と位置付けています。 2014 年度から JIA 神奈川は新しい体制になりました。
「Think Local Act Grobal」を新スローガンに掲げ、公益社団法人とし て、より社会に開き、
地域に寄り添う様々な活動を展開し始 めています。横浜市と包括連携協定を結び、私たちの専門性 を公に示す
機会を得たこと、あるいは、幾つかの、都市問題 に関する研究会を立ち上げ、社会に発信する準備を進めている
ことなどもその一端です。 今回の横濱建築祭では、従来の催しに加え、これらの成果を、 市民の皆さんと共に
更に深化させるべく、シンポジウムなど も企画されています。 この催しを通して、建築家の職能、活動をご理解
いただき、 建築というフィールドを通して、より良い社会の実現を多く の方たちと共有したいと思います。
(JIA 神奈川代表 飯 田 善 彦)

 ■会 期 : 2015年2月24日(火)〜 3月1日(日)
 ■会 場 : みなとみらい線馬車道駅コンコース / 開港記念会館 / 横浜情報文化センター / さくらWorks/ 19th CLUB
 ■料 金:入 場 無 料(※一部 料金記載のあるイベントのみ有料)
 ■主 催:公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部神奈川地域会 (JIA 神奈川)
 ■後 援:神奈川県/横浜市建築局/一般社団法人 神奈川県建築士会/一般社団法人 神奈川県建築士事務所協会
      一般社団法人日本建築学会関東支部神奈川支所/一般財団法人神奈川県建築安全協会
      公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部/ tvk(テレビ神奈川)/神奈川新聞社/横浜高速鉄道株式会社
 ■協 賛:時久商事株式会社/総合資格学院/石井造園株式会社/BoConcept/協進印刷

 ■まちづくりシンポジウム
 1)これからの横浜都心部を考える 〜10年後の関内・関外を楽しい街にするために〜
   日 時:2月28 日(土)17:40 ー 20:00 場 所:開港記念会館(中区本町1ー6)
   パネリスト:飯田 善彦(建築家 飯田善彦建築工房)、小泉 雅生(建築家 小泉アトリエ)
         佐々木龍郎(建築家 佐々木設計事務所)。杉浦 裕樹(ヨコハマ経済新聞編集長)
         近澤 弘明(近澤レース) 
   モデレーター:西田 司(建築家 オンデザイン)
 2)これからの郊外居住はどうなるのだろう
   日 時:2 月28 日(土)15:00 ー 17:00 場 所:さくらWORKS(中区相生町3ー61ー2F)
   パネリスト:饗庭 伸(首都大学東京)、山田 宏幸(横須賀市水道局)、秋元 康幸(横浜市建築局)
   モデレーター:小泉 雅生(建築家 小泉アトリエ)
 3)横濱らしい「横浜」戦災復興
   日 時:2月28 日(土)9:30 ー 11:45 場 所:横浜情報文化センター 情文ホール(中区日本大通11)
   パネリスト:森 日出夫(写真家)、山崎 洋子(小説家)、藤岡 泰寛(横浜国大)
   モデレーター:笠井 三義(建築家 カサイ アーキテクチュラルデザイン)

 ■展 示
 日 時:2月24 日(火)13:00 ー 3月1日(日)18:00  会 場:馬車道駅コンコース
 1)建築家のしごと
 2)ヨコハマ建築探訪
 3)復興橋梁+防火帯建築
 4)まちをつくる建材・技術

 ■コンクール・コンペティション・展示
 展示期間:2月24 日(火)13:00 ー 3月1日(日)18:00 会 場:馬車道駅コンコース
 1)学生卒業設計コンクール「神奈川の大学の卒業設計展示・公開審査」
  公開審査 :3月1日 9:30 ー 18:00
  審査委員長:柳澤 潤(建築家 コンテンポラリーズ)
  審査委員 :西田 司(建築家 オンデザイン)、平田 晃久(建築家 平田晃久建築設計事務所)
        室伏 次郎(建築家 スタジオアルテック)
 2)茶室デザインコンペティション/建築家が考えるデザイン茶室「一番小さな交流のかたち」
  公開審査 :2月28日(土)13:00
  審査委員 :飯田 善彦(建築家 飯田善彦建築工房 JIA 神奈川代表)
        室伏 次郎(建築家 スタジオアルテック)、堀越 英嗣(建築家 堀越英嗣ARCHITECT5)
        青木 恵美子(建築家 A・A プランニング)、中川 憲造(グラフィックデザイナー NDC グラフィックス)

 ■参加型イベント
 1)建築家と歩く近代建築街歩き
  日 時:3月1日(日)9:30 ー 12:00 13:30 ー 16:00
  申込先:JIA 神奈川 まち歩き建築ガイド 笠井 三義(JIA 神奈川)
  費 用:資料+保険代:500 円  集 合:馬車道駅 改札口前
  事前予約:JIA 神奈川へFAX またはe-mail にて
 2)こども空間ワークショップ
  日 時:3月1日(日)13:00 ー 15:00
  申 込:会場にて先着順  会 場:馬車道駅コンコース
 3)馬車道茶会 (設計競技で選ばれたデザイン茶室でお茶会)
  日 時:2月28日(土)11:00-16:00
  申込先:会場にて先着順  会 場:馬車道駅コンコース
  協 力:武者小路千家

 ■その他の交流イベント
 1)駅ナカ建築トークショー
  日 時:2月24日(火)ー 2月27日(金)18:00 ー 20:00
  会 場:馬車道駅コンコース
  出 演:JIA 神奈川の大勢の建築家
  24日 緑でかかわる地域の創造
      石井 直樹(地域コーディネーター 石井造園)
  25日 照明と建築の甘い関係
      岡本 賢(照明コンサルタント リップルデザイン)
  26日 場を豊かにするランドスケープデザイン
      熊谷 玄(ランドスケープデザイナー stgk)
      鈴木 裕治(ランドスケープデザイナー オンサイト計画設計事務所)
  27日 音楽ナイト チェロ演奏
      久保寺 敏郎(建築家 久保寺敏郎都市・建築設計事務所)
 2)デザインレビュートライアル
  日 時:2月27日(金)15:00 ー 17:00 会 場:馬車道駅コンコース
  出 演:柳澤 潤(日野公園墓地納骨堂)ほか 共 催:横浜市建築局
 3)CROSS×CROSS PARTY(パーティ※有料3,000円)
  日 時:2月28 日(土)20:00 ー  会 場:19th CLUB
  参加費:3000 円 どなたでもご参加いただけます

 ▼詳しくはWEBにて
  http://www.jia-kanto.org/kanagawa/event_week/2015/index.html
 ▼フライヤー(チラシ)はこちら
  http://www.jia-kanto.org/kanagawa/event_week/2015/week2015.pdf
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【「横浜市新市庁舎建設計画に関する要望書」を横浜市に提出しました。】 2015.02.07

2015-02-06 | 研究会活動
 昨年の3月以来、継続的に議論を重ねてきました横浜市とJIA神奈川・横浜新市庁舎研究会との意見交換の成果の一つとして「新市庁舎建設計画に関する要望書」を横浜市に提出しました。
また、新年度より建設に向けての手続きが開始されることを受けて、今後もJIA神奈川と設計に係る相互連携活動を継続的に維持するよう要請致しました。

以下ここに報告致します。

横浜新市庁舎研究会とは

■目的、趣旨
 2020年までに竣工させるためデザインビルド方式が決定された、現在進行形の新市庁舎を考える研究会。
横浜市との包括連携協定を背景に、すでにデザインビルドが決定している横浜市新市庁舎に関して市役所内担当部局と関係を保ちつつ、意見交換を行い、横浜の文化性、敷地のポテンシャルを生かした、より良いシティーホールの実現を目指す。特に建築環境性能に準拠すべき高層部、周辺へのつながりを重視し、市民利用を促す低層部の構成について、あるべき姿を提案し、担当部局と共有する。

■コアメンバー
黒田和司◎/小泉雅生〇/飯田善彦/曾我部昌史/青木恵美子

■横浜新市庁舎意見交換会履歴
26年 3月10日 「新市庁舎の事業手法についての提案」市長提出、鈴木副市長と面談。
    3月28日 第1回意見交換会 担当部課長顔合わせ、趣旨説明。
    4月11日 第2回意見交換会 坂和局長、新庁舎担当チームと全体意見交換。包括連携協定申入れ。  
    5月 2日 第3回意見交換会 低層部アトリウム、市民利用施設、水辺の構成。EVコアの配置。               
    5月30日 第4回意見交換会 国内外庁舎事例、超高層、水辺事例、EV配置事例の資料提供。
                      各事例の資料140例提示。コンセプトの方向性。
    7月11日 第5回意見交換会 アトリウム、高層タワーEVコア配置、緑化計画。包括連携協定合意。
    8月29日 第6回意見交換会 アトリウム構成、周辺とのつながり、まちづくり。今後の進め方。
    9月29日 第7回意見交換会 LCCM、建築環境について小泉レクチャー。
    9月30日 研究成果発表会  横浜市担当部局を交えてのシンポジウム開催。
                      一般市民、横浜市、会員参加
   10月20日 今後の意見交換についてJIA内部意見調整。
   10月27日 第8回意見交換会 水辺、緑化、街路計画。
   10月26日 第9回意見交換会 馬車道駅とのつながり、アトリウム、議会部門配置。
   12月22日 第10回意見交換会 全体計画の提言、今後の方向性。継続的な関わり要望書。
27年 1月30日 第11回意見交換会 都市デザインとの関わり。デザインコンセプトブック意見交換。
■今後の予定
27年2月20日 第12回意見交換会 デザインコンセプトブック意見交換。今後の方向性を意見交換。
  2月〜3月 提案モデル成果品まとめ。(予定)
27年2月28日 建築祭にて研究会成果報告、シンポジウム開催。(予定)


横浜市新市庁舎建設計画に関する要望書
JIA神奈川地域会 横浜市新市庁舎研究会   141222

1.新市庁舎の設計理念について

まず、新市庁舎の計画を進めるにあたって、新しい市庁舎はどのような役割を担うのか、そのためには市庁舎はどうあるべきか、その理念が明確に示され、関わる人々の間で共有化される必要がある。以下に、横浜市庁舎計画の理念となるべき、基本的な考え方−ガイドラインを挙げる。
〇行政中心から市民中心へ
議会、行政を象徴するモニュメンタルな建築ではなく、すべての市民に開かれた開放性とこれからの時代の規範となる先進性を備えるべきである。そこで「低層部」と「景観」がキーワードとなる。誰もが入りやすく、様々な市民イベントが可能であり、またカフェ、レストランなど滞留に楽しい多くの仕掛けを備えたシティーホールと称される低層部、これまでの横浜の都市デザインの歴史を継承し、横浜の都市景観をリードする、省エネ、環境配慮が十分に反映されたタワー状の高層棟、その二つが実現されることが必須である。
○旧市街地と新市街地の結節点であることを自覚する
市庁舎が、旧市街地である関内地区と新市街地であるみなとみらい地区をつなぐ位置に建つことを十分に考慮する必要がある。新市庁舎が、中継点としての魅力を発することで、新旧市街地を回遊する人々の流れを生み出し、両地区を有機的に連携させていくことが可能となる。
○河川、道路、隣地との連続性を考慮する
大岡川河口に接し、水際線に近く、関内地区とみなとみらい地区の境界に位置する特別な敷地であることを、十分に活用すべきである。すでに桟橋が整備されている大岡川と、機能的に、また視覚的に連携することは、特に重要である。この場所の特殊性を理解し、ここでしかできないアクティビティ、空間デザインを実現すべきである。
○新旧交通の結節点と位置付ける
新市庁舎の立地は、様々な交通の結節点でもある。みなとみらい線馬車道駅から直結するだけではなく、バス、カーシェアリング、レンタバイクのステーションとして位置づけ、さらにこれからの都市交通手段として検討されるであろうシーバスやLRTなどと連携させていくことも検討すべきである。湾岸やそれに直交する交通軸の結節点となることを計画に取り込むべきである。
○自然への親和性・周辺環境への配慮を表現する
様々なレベルの環境に配慮して、良好な環境を作り出していくことも重要な視点である。緑豊かな屋外空間を作り出し、太陽光、太陽熱、風(安定した海洋風)などの自然条件を十分に考慮、活用したデザインを生み出すべきである。さらに、近隣街区と連携を図り、良質な都市空間を作り出していくことも求められる。それらの配慮を通じて、建築のあるべき姿を示し、都市景観をリードする先進性を実現してほしい。
○シティーホールの魅力・個性を創る
低層部を市民広場と定義し、アトリウム、ショップ、市民活動サポートスペースなど、市民主体の空間として整備することに加えて、横浜の新たなシティーホールを魅力付けるファンクションとして「都市センター」を提案したい。そこには横浜市全体の大模型や、進行中、計画中の様々なプロジェクトが展示されるほか、まちづくりのデザインレビューや活動レビューができるプレゼンテーションスペースも用意される。また、横浜市に関わる図書、映像、資料などのアーカイブなど、横浜の魅力、活力を内外に発信する拠点となる。官からの一方向の情報発信ではなく、官、産、学、民を横断し、市民を含めた様々なステークホルダーが集い、議論を行うことのできる場所とする。

これらの理念を実現するための具体的な事項を以下に提言する。

1.設計・発注プロセスについて
事業者選定
1. デザインビルド(DB)における事業者(設計者、施工者)選定にあたっての評価軸を明らかにし、設計提案を重視する方針を示してほしい。特に、文化性、品格、市民目線での品質を重視し、地域との連携、まちづくりといった定性的な視点も含むものとされたい。
2. 事業者選定の評価プロセスを開示し、選考の透明性を確保していただきたい。
3. 低層棟の提案内容に関して、市民に対する公開プレゼンテーションを行い、その評価を事業者選定評価に加えることとされたい。
基本設計
4. 基本設計を含めた形のDBとして発注するにあたっては、基本設計の質を確保するための具体的かつ実効的な方策を講じていただきたい。
5. 基本設計、実施設計業務成果に対して、事業者選考委員に加え、地元代表者、地元公益建築・まちづくり団体、学識経験者等を加えた委員会でのデザインレビューを行うこととされたい。
6. 建設費の面から当初の要求水準からの見直しがなされる場合には、上記の委員会での十分な議論を行うこととされたい。
設計・事業者の体制
7. 参加事業者の設計能力を担保するために、専業設計事務所とのJVを資格要件とされたい。
8. 商業エリアの計画にあたっては、商業専門プロデューサーを起用し、横浜としての地域性をいかした明確なコンセプトを定め、独自性を持たせていただきたい。
9. 優れた夜景を生み出すために、照明デザイナーをチームに加えることを検討されたい。

2.配置計画・建築計画について
a 全体構成・動線計画
2-a-1 下層部の3層及びグランドレベルは市民利用施設とし、議会部門は3層から上層、執務部門は4層から上層とすること。下層部と上層部は施設管理、セキュリティをそれぞれ分離できる計画とすること。
2-a-2 議会部門議場は特徴的な外観とするとともに、広場、アトリウムから視認できる開かれたしつらえとすること。
2-a-3 国道133号側に沿って展示ギャラリーを設け、足下での街路空間への表情を作り出すこと。
2-a-4 みなとみらい大通り側は将来のトランジットモール化にも対応ができるように、車関連のスペースを廃し、歩行者のための広場としてしつらえること。アトリウムとの連続性を担保し、キッチンカーが乗り入れできるようにするなど、市民が憩える広場空間とすること
<動線計画>
2-a-5 上層部へのエレベーターホールは3階に設け、1、2階からはシャトルEV、及び エスカレーターによる輸送とすること。
2-a-6 複合建築として、UR、YCCとの有機的な連携をはかっていくこと。またそれが可能な動線計画とすること。
2-a-7 みなとみらい大通り側からの一般車寄せは地下に集約すること。地上は来賓客、緊急車両だけのスペースとし緑化スペースを増やすなど、アプローチ空間を豊かにすること。

b アトリウム
2-b-1 下層部の3層吹き抜けの空間に市民利用施設、EVホール、議会部門ロビーを含めた各機能が立体的に重層する構成とすること。
2-b-2 下層部3層のEVシャフト等のコアは極力小さくし、アトリウムのアクティビティを損ねない計画とすること。
2-b-3 アトリウムは、年間を通して夜間、土日も市民が利用可能な設えとすること。具体的な運営団体を想定し、運用についての検討を行い、計画に反映すること。
2-b-4 アトリウムから大岡川の水面が見える、もしくは感じられるような動線計画として、アトリウムと大岡川との連続性を十分に考慮した構成とすること。
2-b-5 大岡川沿いの商業施設とアトリウムをパサージュなどで連続的にしつらえ、日常的な賑わいが感じられるような計画とすること。
2-b-6 みなとみらい線地下駅との連続性を考慮し、地下駅コンコースからのアプローチ 空間に外光が差し込むようにすること。
2-b-7 アトリウム内に都市デザインセンターを併設し、横浜市の現在が分かる展示を行うなど、まちづくりの情報発信、意見交換を行える場をつくること。
2-b-8 アトリウムと連続する位置に議会部門ロビーを設け、議会の様子が望めるギャラリーとすること。
2-b-9 市民情報センターはアトリウム空間に開かれた図書館のようなしつらえとすること。
2-b-10 URにつながる回廊デッキを設け、アトリウムを上部から見下ろせるカフェを設けること。
2-b-11 歴史的建造物であるYCCと連携して、プレゼンテーションやバンケットとして利用できるような計画とすること。

c 水辺、商業スペース
2-c-1 市庁舎低層棟のシティホールから直接川に出られる,シーバスに乗り込めるなど、ここでしかできないアクティビティ、横浜らしい設えを実現すること。
2-c-2 弁天橋、北仲橋橋詰に大岡川と市庁舎を繋ぐ広場を設け、大岡川沿いのボードウォークとスロープ等により連続させ、一体的な散策空間とすること。
2-c-3 大岡川に向かってなだらかに下る敷地形状を活かした断面構成として、河岸と緩やかに連続するランドスケープデザインとすること。
2-c-4 大岡川水辺に面して商業スペースを設け、川沿いの賑わいを創出すること。また、その計画にあたっては、川面との空間的繋がりや視認性を重視すること。
2-c-5 商業スペースの計画にあたっては、横浜としての地域性をいかした明確なコンセプトを定め、それに基づいた整備を行うこと。  
2-c-6 商業スペースは、来客の回遊性を生み出すように、屋外デッキやたまり空間を各所に配し、メザニンや吹き抜けを設けるなど断面構成の工夫を行うこと。
2-c-7 商業スペースは、上下階の連続性、アトリウムとの連続性を重視した構成とすること。
2-c-8 川沿いにフォリーのような屋外店舗を配置したり、キッチンカーが乗り入れ可能なしつらえとしたりして、市民が気軽に憩えるオープンスペースとすること。ただし、フォリーなどが水際線への見通しを妨げないよう配慮すること。
2-c-9 水辺に面してオープンカフェなどに用いられるデッキを設けること。水辺から見上げる高層棟嵩の圧迫感を軽減するしつらえとすること。
2-c-10 橋詰広場から商業スペースの上階デッキに連絡するブリッジを設け、回遊性を図ること。

d 都市デザイン、景観
2-d-1 周辺建築物のスケールや特徴を踏まえて、街並みとの調和を図ると共に、新しい時代の建築デザインを追求すること。 
2-d-2 立地特性を活かしたファサードデザインとし、安易な疑似様式的デザインは排除すること。高層棟の頂部にも様式的なモチーフは用いないこと。
2-d-3 高層棟の周りに低層棟を配置し、低層棟の高さを周辺の歴史的建造物の軒高にそろえ、街並みの一体性を作り出すこと。それを超える中層部はセットバックをして分節をすること。
2-d-4 高層棟の最高高さは165mを超えない高さとすること。また建物嵩比が横広とならないように、150mを下回らないこと。
2-d-5 高層棟の壁面構成はUR高さの120mを目安に、その高さ方向に分節すること。  
2-d-6 高層棟の壁面構成はそのボリューム嵩を抑えるように縦方向に分節すること。
2-d-7 大岡川に面する高層棟の壁面は、低層部から十分なセットバックを確保すること。

e 環境配慮   
2-e-1 環境未来都市・横浜の政策目標に沿った環境性能を持つ、次世代型の建築とすること。
2-e-2 ゼロエネルギービル(ZEB)を目指し、エネルギー消費の最適化を図った建物とすること。
2-e-3 運用時だけでなく、建設時のエネルギー消費、CO2排出量の削減に努める建築とすること
2-e-4 東西南北面のファサードは、各面の日射取得量を考慮して、異なる性能を付与し、4面での違った表情を作り出すこと。
2-e-5 ファサードエンジニアリングについて、コスト、性能を勘案した、積極的な提案を募ること。特に日射遮蔽性能、自然換気性能を適切に組み込んでいくこと。
2-e-6 省エネルギーだけでなく、BCPも考慮し、自然通風の活用、採光を積極的に行うこと
2-e-7 オフィス棟の奥行きを極力浅くして、自然採光で十分な執務環境を担保すること
2-e-8 過度に機械による自動制御を行うのではなく、マニュアルで制御を行う部分を残し、職員・市民の意識の啓発に努めること
2-e-9 商業スペースでのエネルギー消費に関しても、明確なガイドラインを作成するなど、テナントの意識向上をはかること。
2-a-9 敷地内、建物内外を積極的に緑化し、それを市民が楽しむことができるような計画とすること。
2-a-10 ビル風を防ぎ、日差しを遮る緑陰を設けること
2-a-11 近隣に超高層が林立することから周辺地域へのビル風についての十分な検討を行い、中間層にボイドを設けるなど、ビル風を軽減する建物形状とすること。

3.周辺計画について
1. 環境未来都市の市庁舎として、市庁舎建設を機に関内地区全体をカーフリー化するなど、関内地区全体のモビリティについての先進的な提案を盛り込んでいただきたい。
2. 将来的に、車線数の縮小、歩行空間の緑化、交差点の歩行者優先等により、みなとみらい大通りのトランジットモール化を検討していただきたい。
3. みなと横浜の市庁舎として、大岡川沿いに水上バスターミナルを設けるなど、水上交通のネットワークの構築を検討いただきたい。同時に、水上ターミナルから市庁舎への魅力的なアプローチを確保いただきたい。
4. 大岡川のボードウォークを北仲橋、北仲北地区水際、シルクプール内水面へとつなげることで、汽車道をのぞむ水際のプロムナードの整備を検討いただきたい。

以上




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【デザインレヴュー研究会】第3回開催のお知らせ

2014-11-17 | お知らせ


Archiship Library&Caféにて第3回デザインレヴュー研究会を開催します。
3回目となる今回は横浜市建築局長・坂和伸賢氏をゲストに迎え、これまでの議論の共有と実践の方法を探ります。興味のある方はどなたでもご参加頂けます。

日時:12/16(火)18:00〜
場所:Archiship Library&Café/横浜市中区吉田町4-9

【デザインレヴュー研究会研究会とは?】
市民―建築家を結ぶ回路がほとんどない現況を踏まえ、例えば、公共施設の設計者が、そのデザインの意図や構成を、市民にプレゼンテーションすることを義務付け、機会を設けるよう行政に提言する。具体的方法やマニュアルの整備など議論し、恒久的仕組みとするよう、議論を深め実践する研究会。

【メンバー】
飯田善彦 委員長
黒田和司 副委員長
長島孝一
鈴木伸治
山家京子
近澤弘明
柳澤潤
中川エリカ
藤末萌
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【郊外住宅+団地再生研究会】開催のおしらせ

2014-11-10 | 研究会活動
JIA事務局にて第3回郊外住宅+団地再生研究会を開催します。
興味のある方はご参加ください。

日時:11月11日(火)18:00〜
場所:JIA神奈川事務局/横浜市中区南仲通4-43大津ビル

【郊外住宅+団地再生研究会とは】
戦後、都市近郊に大量に供給された団地、宅地造成とセットでハモニカ型の整然とした市街地を形成してきた戸建住宅地。老朽化、少子高齢化と共に崩壊の危機にある郊外型生活空間を研究する。総花的にではなく、実際の団地、住宅地を対象に、実践的に関わりケーススタディを試みる。

【メンバー】
小泉雅生 委員長
蔀 健夫
秋元康幸
青木恵美子
西田 司
鈴木信弘
山下祐平
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【横浜新市庁舎研究会】開催のおしらせ

2014-11-09 | お知らせ
JIA事務局にて第6回横浜新市庁舎研究会を開催します。
興味のある方はご参加ください。


日時:11月17日(月)16:00〜17:50
場所:JIA神奈川事務局/横浜市中区南仲通4-43大津ビル
議題:「アトリウム、低層部の構成」


【横浜新市庁舎研究会とは】
2020年までに竣工させるためデザインビルド方式が決定された、現在進行形の新市庁舎を考える研究会。
市役所内担当セクションと関係を保ちつつ、周辺へのつながりも含め、横浜の特性、文化性を生かした
より良いシティホールの実現を目指す。
特に建築環境性能、市民利用低層部の構成について議論し横浜市担当部局に提案していく。


【メンバー】
黒田和司 委員長
小泉雅生 副委員長
飯田善彦
曾我部昌史
青木恵美子
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「防火帯建築研究会」開催のお知らせ

2014-11-05 | 研究会活動
「防火帯建築研究会」開催のお知らせ       2014.11.05研究会活動

(有)カサイ アーキテクチュラル デザイン 事務所にて防火帯建築研究会を開催します。
興味ある方は、どなたでも参加いただけます。

日時:11月11日(火)pm18:00〜20:00
場所:(有)カサイ アーキテクチュラル デザイン事務所
   横浜市中区吉田町10都南ビル4階

〔防火帯建築研究会とは〕
第2次世界大戦後、戦災復興建築が各地で数多く多く計画・施工された。
横浜では、占領軍による接収が7年ぐらい続いた。1952(昭和27年)年の講和条約により接収解除が進んだ中、
1950年から60年代に戦後初の都市計画として、ドイツハンブルグ市の復興計画を参考に、幅員8m以上の街路
沿いに防火建築帯を形成する街づくりが行われた。
横浜市建築局、横浜市建築助成公社及び神奈川県住宅供給公社の3社により大小400棟を超える耐火建築アパート
が建築され、横浜の都市部の復興が実現された。現在でも関内地区やその周辺に数多く残っている。
しかし、老朽化が進み、区分所有法の前の共同ビルの為、管理組合の合意形成もままならない状況になっている。
横浜の歴史的建造物(築50年〜60年)ではあり、横浜らしい景観の一つであると認識しこの建物群を今後の活用
を含め研究する。



〔メンバー〕
笠井 三義(委員長)JIA
山口 賢(副委員長)JIA
桂 有生(横浜市都市デザイン室)
中井 邦夫〔神奈川大学)
林 一則(NPO法人アーバンデザイン研究体)
藤岡 泰寛(横浜国大)
松井 陽子(県住宅供給公社)
田川 尚吾(JIA)
田中 克樹(JIA)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【デザインレヴュー研究会】開催のお知らせ

2014-10-21 | 研究会活動

Archiship Library&Caféにて第2回デザインレヴュー研究会を開催します。
興味のある方はどなたでもご参加頂けます。

日時:10/28(火)18:00〜
場所:Archiship Library&Café/横浜市中区吉田町4-9

【デザインレヴュー研究会研究会とは?】
市民―建築家を結ぶ回路がほとんどない現況を踏まえ、例えば、公共施設の設計者が、そのデザインの意図や構成を、市民にプレゼンテーションすることを義務付け、機会を設けるよう行政に提言する。具体的方法やマニュアルの整備など議論し、恒久的仕組みとするよう、議論を深め実践する研究会。

【メンバー】
飯田善彦 委員長
黒田和司 副委員長
長島孝一/鈴木伸治(横浜市立大学)/山家京子(神奈川大学) /近澤弘明(近沢レース)/柳澤潤/中川エリカ/藤末萌(飯田善彦建築工房)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【横浜市とJIA神奈川が包括協定締結】

2014-08-26 | お知らせ
7月28日横浜市とJIA神奈川が【まちづくり・建築分野の課題解決に関わる包括連携協定】を締結しました!

副市長室で鈴木伸哉副市長と飯田新代表が調印し、握手を交わしました。
・快適で魅力的なまちづくり
・災害に強く安心安全なまちづくり
・安心で豊かな住生活の実現
・環境に配慮した建築物の普及 
包括的な内容ですが、横浜という都市の地域社会の形成と発展に寄与することを目的にJIA神奈川が横浜市と連携協力する協定です。

横浜市のHPトップに掲載
http://www.city.yokohama.lg.jp/
記者発表も掲載
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/archi/kyote/

さあ、これからが問われます。
飯田代表の元、黒田、曽我部、小泉新副代表ですでにいろんな研究会が立ち上がり活動を推進して参りますので、会員のみなさまもご協力よろしくお願い致します。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

子供空間ワークショップ(山下会主催の子どもフェスタ)

2014-08-26 | お知らせ
山下公園で開催された山下会主催の子どもフェスタで、子供空間ワークショップ行いました。暑い中、大勢の子供たちと楽しく汗をかきました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

飯田善彦新代表の新任挨拶まわり

2014-08-26 | お知らせ
飯田善彦新代表の新任挨拶まわり。青木恵美子前代表、黒田和司副代表と共に神奈川県庁、横浜市庁を訪問。県知事および副市長と面談を行いました。

写真は黒岩祐治県知事とお目にかかった際のもの。より良いまちづくりのために行政にも積極的に協力と働きかけをしていきます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

飯田善彦新代表へバトンタッチ

2014-08-26 | お知らせ
青木恵美子前代表から飯田善彦新代表へバトンタッチ、飯田新代表より所信表明の発表および役員の発表が行われ、他の議案も全て賛成多数で可決されまして、正式に新体制が承認されました。

本年度は、青木前代表がかかげていた「Think Globally Act Locally@神奈川」を少し変えて、「Think Local Act Global@神奈川」を新たなスローガンに、地域に向き合い、議論を深め、そのプロセスや成果を社会に発信していいきます。

「JIA神奈川の会員建築家226名はもとより、所属していない若手の建築家にとっても目に見える何か残し、活性化ができたら」と就任にあたっての挨拶を締めくくりました。

いよいよ船出した飯田新代表率いる新生JIA神奈川、どうぞご期待ください。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

第25回 JIA神奈川建築WEEK 横濱建築祭 〜CROSS×CROSS〜

2014-01-08 | イベント・セミナー・見学会
日 時 : 2014年2月28日(金)ー 3月3日(月)
場 所 : みなとみらい線馬車道駅コンコース会場 / 横浜創造都市センター(YCC) / 関内小ホール

日本建築家協会は昨年度新法人として25年を迎え、さらに今年度新々法人として、公益社団法人となりました。
神奈川地域会(以下JIA神奈川) 設立当初から建築及び県下の大学卒業設計コンクール(以下大卒コン)をそれぞれ実施し、これらの事業も25年を迎えます。
3年前からは市民との交流(CROSS&CROSS)を強く意識し、大卒コンを合体させた「建築祭」として開催してきましたが、今回は25周年記念事業です。

メイン会場は馬車道駅コンコース。開かれた公共空間の中で大卒コンや様々な展示、ワークショップ等を行う他、関内ホールや横浜創造都市セ ンターにおけるシンポジウムや街歩きなど、周辺会場とも一体となって、市民が建築文化を楽しみつつ建築家と交流するイベントです。

建築やまちづくりに興味のあるかたなら、どなたでもご参加いただけます。会場への入場は無料です。
皆様のお越しをお待ちしております。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年 代表挨拶

2014-01-06 | お知らせ
JIA神奈川 会員の皆様へ

JIA神奈川 第8代代表 青木恵美子


謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。

昨年はJIAが公益法人としてスタートし、地域会としても法人へ向け整備など大変な年でもありました。
その中で、JIA神奈川らしい活動として各委員会活発に活動をしました。
 ・「かもめの学校」でのまちづくり連続シンポジウム
 ・市民の建築相談を受ける建築相談室
 ・まちづくり保存の復興橋梁の調査
 ・子ども空間ワーク&元気になるまちづくりなど住育研究会  などなど

また、2月28日〜3月3日まで恒例の建築祭が開催されます。
横濱建築祭2014 今回は3月1日にまちづくりシンポジウムをメインに展開致しますので、是非みなさまいらしてください!
近々ちらしが完成しますので、詳細をお知らせ致します。

すでにご案内の茶室デザインコンペも建築祭で行います。
こちらは1月10日が締め切りです。今からでも間に合いますので是非是非応募お願い致します。
http://www.jia-kanto.org/kanagawa/pdf/design_2014.pdf


今年もJIA神奈川 よろしくお願い申し上げます。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

平成26年三会合同新春賀詞交歓会のおしらせ(平成26年1月17日(金)開催)

2013-12-14 | お知らせ
新しい年のスタートとして三会合同新春賀詞交歓会が開催されます。
皆さま、お誘いあわせの上、ご参加くださいますようお待ちしております。

  日時: 平成26年1月17日(金) 15:00〜16:40(受付14:30〜)
  会費: 6,000円(当日)
  会場: ホテル キャメロットジャパン(横浜駅西口) TEL.045-312-2111
  申込: 申込書記入の上 メール gashi26@j-kana.or.jp  
           または FAX 045-212-3807 にて
  締切: H26年1月10日(金)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加