いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

(2/2)食で病気を治す方法!(マクロビオティック)

2017-01-30 20:59:27 | マクロビオティック(食養)

ポッチ! あなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ



昨日は食で病気を予防したり

治療したり出来る事を

話しました


しかし、それを考える以前に

社会毒を排除する努力が

先決である事もお話致しました


当たり前で使っている

スマホやテレビ、電子レンジ

IH加熱機器,無線LAN、LED球

など危険がいっぱいです


またサプリメントなども

ミネラル、栄養の偏りが

生じ、かなり注意を

必要とします


またやたらに薬を飲む事は

次の病気を作り出す原因とも

なりかねません


さてそれらを可能な限り

排除してはじめて、

健康になる食事とは

どんなもの?

と考える事にしましょう


食事に添加物が含まれない事

これは極めて重要な事です


マクロビオティックでは

食事の陰陽のバランスを

取る事を重要視しています


これは宇宙の摂理であり

バランスを取る事が

重要なのです


出来るだけ中庸に平均が

いくように食事の種類を

考えて献立を考えます


食材で陰性、陽性

両極端な物を食べる時は

それなりに工夫が必要です

また体質を考慮しなくては

いけません

陰陽表(食べて良いもの)
http://www.ci-kyokai.jp/img/yin_yang.pdf

陰陽表はこちら


この表を見ると気がついた方が

いるかと思いますが

肉、卵、牛乳、まぐろ などが

記載されていません


マクロビオティックでは

それらを食べる事を

推奨していないからです


それ自体が直接、体に害を

及ぼすからです

これは陰陽とは別の問題

だからです


人間は本来獣肉を食べるのに

適した体の仕組みがないからです


猫やライオンとは体の

仕組みが違います


それでも実はライオンは

原則草食獣を食べて

胃の部分から食べ始めます


つまりそこで野菜を

食べているのです

つまり肉食動物も

野菜は必要なのです


人間は肉食を食べる事は

可能ですが、それはたまにと

ごく少量という条件が

ついています


つまり食べる事は出来るのですが

食べると病気になるから

この表の中に入れていません


もし食べる時は、その数倍の

野菜を食べるようにしてください


それでも全く害がない訳で

はないので、食べ過ぎには

注意しましょう

それも現在重病の方は

避けるようにしましょう


また肉、卵食、養殖魚

の場合は飼育の際の

飼育中の薬の投与や

飼料の農薬も

問題となっています


また色を悪くしないための

薬の使用も問題になることが

あります


食事は中庸が良いのですが

陰性の物を多く食べる時は

陽性の物も献立に並べるように

します


お米は出来るだけ

玄米を食べるようにしましょう

玄米には繊維質の他

豊富なミネラルや

必要なビタミンが含まれています

また多くの乳酸、酵素の

宝庫にもなっています


また近年の小麦は

何かと問題が多くなっています


小麦を自分で使う時は

出来るだけ国産を用います

古代麦ならベストです


だから普通の小麦なら

小麦食を全体に減らす努力も

必要です


輸入の果物は最小限にしましょう

また自分でエビを料理する時は

養殖物でなく天然物を

使う努力を


また魚介類は輸入でなく

国産で天然物が

安全性が高いです


合成甘味料は危険な添加物です

でも白砂糖もお勧め出来ません

白砂糖は精製が激しく

ほとんど化学薬品です


血糖値を急激に上げ

体を極陰性に傾け

体の力を抜き、あらゆる

病気の原因を作っています


また果糖ブドウ糖液糖
(通常糖類と表示)


は出来るだけ避けるべきです

成人病の大きな原因となっています



添加物の入っている

加工食品は避ける


陰陽のバランスを考えた
野菜食を中心に


白砂糖、合成甘味料を
避ける


小麦食の比率を下げる


家庭では出来るだけ
玄米で


毎日、本物のみそ汁を
飲む


納豆、ぬか漬け、
梅干し、などの
発酵、乳酸食品を食べる


肉、卵、赤身の魚を
出来るだけ少なく



食事は体の健康を

左右する大きな要素です


献立次第であなたの体は

健康にも

不健康な体にもなるんです


それと大事な事

何を食べてもよく噛む事


そして栄養のバランスを崩さない事

栄養の一部を取り出して

食べる事は危険です


食べ物はその食べ物すべてを食べて

そこに配合される食べ物から得られる

ミネラル、ビタミンなどの栄養素

繊維質などをすべていただく事


それによりミネラルの取り過ぎ

ビタミンの取り過ぎを防止

する事になります


人間の体は取らない事よりも

取り過ぎの方が余程

危ないのです


こんな詳細はまた改めて

別の機会にお知らせしたいと

思います


本来人間が食べるのに

適した食べ物が

マクロビオティックで

推奨されている

食べ物だとお考えください


健康がこの人生で最高の幸せ 一緒にポッチお願いします! 
代替療法 ブログランキングへ

*今後とも代替医療部門1位の応援をお願い致します

野菜食を中心に
ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (1/2)食で病気を治す方法!(... | トップ | 病気はチャンス!運が良い事? »
最近の画像もっと見る

マクロビオティック(食養)」カテゴリの最新記事