心のつぶやき

美しいものを一枚の写真に残したい。

選挙

2016-06-23 | つれづれなるままに

が、はじまりましたね。

この国も今、様々な脅威にさらされつつあります。

国防も大事だ。

 

草莽崛起の人を望む外頼みなし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自ら

2016-06-19 | つれづれなるままに

自分の直面している逆境のほとんどは自分が作り出したものなのだ。

困難の原因はすぐ目の前の状況にあるのではなく、

たいていは「流される」習慣と時間の経過によって、

さまざまな状況が絡み合った結果うまれるものなのだ

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル
きこ書房
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の百名山

2016-06-11 | つれづれなるままに

 

花の百名山』(はなのひゃくめいざん)は、田中澄江が、1980年昭和55年)に発表した随筆集。

1980年に第32回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞。また、同書で紹介された100のも指す。(Wikipediaより)

という書籍があるようです。読んでみたいな。

 

山野草には、薔薇のような華麗さはないのだけれど

人をほっとさせるものがありますね。

イワウチワ いただきもの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ穴

2016-06-05 | つれづれなるままに

マイナスの思いと言葉で持って、人を評価する人と接するとき、

どどっと疲れを感じて、しばらく気持ちが重いもの。

自分と同じように、お前も感じるだろうという思いに

同調したらいけない。同じ穴の貉になってしまうから。

相手の思惑をそのまま受け取らず、さらさら流す。

色眼鏡を掛けず、ありのままの相手を見つめて行きたい。

宜しくない部分があれば、その本人に伝えるのが愛かなぁ。

巡り巡って相手に伝わるのが一番いけない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲間なら

2016-06-04 | つれづれなるままに



何故、その人が荒れているのかを心から聞いてあげるべきではないのか?

何故、突き放したような見方をするの。

身近な仲間にこそ施すべきではないの? 抜苦与楽を。


webニュースのコメント欄を読む機会があるが、

実に様々な意見があって驚いてしまう。

何が正しくて何が間違っているのか、現代人には、心の指針が必要だね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加