映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ソーセージ・パーティー

2016年11月05日 19時45分39秒 | 映画 さ行
評価:★★★【3点】


エクストリームわいせつアニメも時にはいいもんだ(爆)



スーパーマーケットの棚で人間に買われていくことを夢見る食材たち。
彼らは外の世界には“楽園”があると信じていた。
ある日、ソーセージのフランクは、
2人でホットドッグなると誓い合ったパンのブレンダと、
ついに2人揃ってカートに入れられ大興奮。
しかし思わぬアクシデントで2人は店内に取り残されてしまう。
そのおかげで自分たちを待ち受ける衝撃の運命を知ったフランク。
残忍な人間たちから自分たちの楽園を取り戻すべく、
仲間たちとともに反撃へと立ち上がるが…。
<allcinema>



擬人化した食材キャラを普通に受け入れられるか否か(笑)

ひとって不思議なもので、違和感しかないキャラ造形に
最後には普通に慣れてしまって感情移入までできてしまうんだ(笑)

それにしても、こんなおバカで下劣なアニメーションを
よく作ったものだ。
ラストを除いた大部分は、こういう映画によくある下ネタで笑いを取るのだが
人間(何の罪もない買い物客)への防御攻撃で勝利を収め
直後の、食材たちの全員参加の乱交パーティーには驚いた!

え~!そこまで描いていいの?だったり
そこまで描いてくれてありがとう!だったり、結構ドキッとしたものだ。

まあ、何はともあれ、キャラクターが人間だったら
ほとんどNG表現でも食材だから映倫を通過できるという見本か(笑)



【今週のツッコミ】

・全米でまさかのサプライズヒットとなった本作。
 製作費:19億円、興行収入:96億円(2016/10月時点で)

・セス・ローゲンのコメディは基本的に好きでない。
 っていうか下ネタコメディが笑えないワタシは完全置いてけぼり。

・なんと!ジョナ・ヒルまで原案と製作総指揮してたのね(笑)

・こういうおバカお下劣映画って意外とスターが多く参入している。
 3年前の『ムービー43』もその一例。

・ヒロインの声を担当したクリステン・ウィグのセクシーボイスがなかなか!
 女性版『ゴーストバスターズ』のときもお気に入り女優のひとりだった。

・そういえば、ギロチンで首をはねた青年の生首が異様に生々しかった^^;
 CGアニメの本領は死体描写にあるというのが今回の発見かも!
-----------------------------------------------------------
監督:コンラッド・ヴァーノン/グレッグ・ティアナン/
脚本:カイル・ハンター/アリエル・シェイファー/セス・ローゲン/エヴァン・ゴールドバーグ/
音楽:アラン・メンケン/クリストファー・レナーツ/
出演:セス・ローゲン/クリステン・ウィグ/ジョナ・ヒル/ジェームズ・フランコ/

『ソーセージ・パーティー』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリジット・ジョーンズの日... | トップ | コウノトリ大作戦! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ソーセージ・パーティー』をトーホーシネマズ六本木2で観て、不謹慎で大儲けだふじ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲ソーセージの面々 五つ星評価で【★★★超下ネタ映画だがラスト一発で大笑い】 要点三つ。 ・ラストの落とし方は感動的ですらある。  あのメタな落とし方はホドロフスキー......
ソーセージ・パーティー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ソーセージが知った、世界の真実(笑 最初から最後まで下ネタ全開、アホらしくて最高。 神様(人間)に買われると「楽園に行ける」と信じているスーパーマーケットの食品たちが、......
「ソーセージ・パーティー」(2015年、アメリ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「ソーセージ・パーティー」(原題:SausageParty)は、2016年公開のアメリカの3DCGアニメーション映画です。コンラッド・ヴァーノン/グレッグ・ティアナン監督、セス・ローゲン共同脚本......