映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ダイバージェント

2014年07月12日 20時31分49秒 | 映画 た行
評価:★★☆【2,5点】


すべてが中途半端で残念な結果に(笑)

本作、全米で初登場1位は分かるとしても、その後の興行収入で
今現在1,51億ドル(約153億円)ものメガヒットらしいが^^;



近未来。
人類は最終戦争の教訓を糧に、国家や宗教という概念を捨て、
新たな社会体制を築き上げていた。
それは、人類を性格ごとに“勇敢”“高潔”“平和”“無欲”“博学”
という5つの共同体に振り分け、それぞれが与えられた役割を担うことで
社会を支えるという仕組みになっていた。
人々は16歳になると“選択の儀式”と呼ばれる性格診断テストを受け、
診断結果が示した共同体への所属を義務づけられる。
そして、その5つに該当しないと診断された者は
異端者=ダイバージェントと呼ばれ、
危険分子として秘密裏に抹殺される運命にあった。
そんな中、“無欲”出身のベアトリスは選択の儀式を迎えるが、
結果は非情にも異端者と診断されてしまう。
しかし彼女を不憫に思った検査官トーリの計らいで判定は改ざんされ、
“勇敢”へと加入できることに。こうして彼女は名前もトリスと改名し、
異端者であることをひた隠し、軍事・警察機能を担う“勇敢”で、
過酷な戦闘訓練に身を投じていくのだったが…。
<allcinema>



全米ヒットの裏にティーンエイジの圧倒的底力があったのか。
只今売出し中の俳優がこぞって出ているとか
原作本がバカ売れしていたとか、ま、どちらでもいいんだけど
雰囲気的には『ハンガーゲーム』の後釜を狙っているような感じ。

未来的世界観はいいとしても、もうひとつ説明不足なので
5つの派閥から漏れた人間(異端者)の危険度が伝わってこない。
おそらく、そこがいちばん重要なはずで、
そこをしっかりと映像で表現するべきだったと思う。
簡単な台詞と過去を回想するシーンでもいいじゃないかと。

全体的に分類された5つのうちヒロインが入った“勇敢”だけに
物語が集中したため近未来の全体像がまったく分からないのが痛かった。


そんな映画の中でも、ひとつ嬉しかったことがあった。
映画にいっぱい出ているアシュレイ・ジャッド(爆)

それまでも年1本ペースで出演はされてはいたけど
大作にはカメオのような出演で小品には病的な役とか
過去の名声はいったいどこへ?みたいな^^;

本作では彼女の待遇もずいぶん改善されたようで安心しました。


【今週のツッコミ】
・いつかは女性戦士の映画に出演したかったとアシュレイ談。
 そんな彼女の夢がこの映画で実現できたのではないでしょうか。
 僅か数分の銃撃シーンではあったけど、
 楽しく演じておられたように見えました^^

・っていうか、まだまだ十分に華があり主演だって出来るはず。
 できればラブコメにいちど挑戦してほしいものだ。

・この映画、3部作にしてもっと政治的背景を最初に描くべきだった。
 よく分からない度でいえば『スノーピアサー』と同等か。

・“無欲”の派閥とホームレスの違いに大差なかった^^;

・手のひらをナイフで切れない怖がりがひとりぐらいいてもいいのでは?
 そんなワタシも自分の血を見て失神するヘタレです(爆)

・シェイリーン・ウッドリーの魅力がよく分からない^^;
 『さよならを待つふたりのために』(2014)でさらに大ブレイク中とか。
 第2のジェニファー・ローレンスになり得るか注目しよう。

・今月末までにユナイテッド・シネマの招待券を消費しないと
 単なる紙くずになるってことで2枚有るうちの1枚を使用。

・残りは期待の超大作『GODZILLA ゴジラ』に使えばいいんだけど
 すでに前売り買ってるし、TOHOのシネマイレージも貯めたい(笑)
 なるべくなら他作品に残りを充てたいってことで
 『プレーンズ2』にでも行ってこようか悩むわ(爆)
--------------------------------------------------------
監督:ニール・バーガー
脚本:エヴァン・ドーハティ/ヴァネッサ・テイラー
音楽:ジャンキー・XL

出演:シェイリーン・ウッドリー/テオ・ジェームズ/アシュレイ・ジャッド/
    マギー・Q/ケイト・ウィンスレット/



『ダイバージェント』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パークランド ケネディ暗殺... | トップ | 複製された男 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-07-12 21:06:24
アシュレイ・ジャッドってトリスの母親ですよね!?
見覚えのある顔だけど誰か思い出せなかった!
すっきり(爆
そう、スノーピアサーのようによく解らなかったですわ(爆


えふさんへ (ituka)
2014-07-12 21:18:53
こんばんは。
そうですそうです!トリスの母親(笑)
昔はサスペンスミステリーの女王みたいな感じで
モーガン・フリーマンとよく共演してましたよ。

本作は内容より、そちらの方に目が奪われました(爆)
無欲の為せる役割とは… (ぺろんぱ)
2014-07-17 19:38:56
本作、先日まで通勤経路の某通路にまるで行く手を阻むかのように大きくポスターが貼られていたことがありまして、そこに「たった一度の性格判断で未来は決まる」ってなコピーがあり、「なんじゃそりゃ?!」と思っていたのですが・・・。(^_^;)
以来そこを通る度に何となく想像の翼を広げて楽しんでおりました。

“勇敢”“高潔”“平和”“無欲”“博学”
なるほど、そういう5カテゴリーに分類されるのですね。

ところで、「それぞれの役割を与えられる」ってことですが、“無欲”の派閥の人はいったいどのような役割を与えられるのでしょうか???

>期待の超大作『GODZILLA ゴジラ』

これ、ちらっとTVで観ました。
スクリーンで観ないと!的な作品でしたね。レヴューを楽しみに致しております。
ぺろんぱさんへ (ituka)
2014-07-17 21:07:17
こんばんは。
本作、ヒロインのトリスの性格判断でマギーQが困惑してましたが
この分類も結局は最終判断は個人で好きなの選んでねみたいな感じで
おそらく映画を見てたほとんどのひとが「だったら何のための儀式なのさ」だったことでしょう(笑)
ネタバレになるのでこれ以上言えませんが、勇敢と博学、高潔は今の世界でいえば
警察、科学者、医者という感じですかね(そのまんまだわ・笑)
平和と無欲がよくわからなくて、決まった役割といえば農業系でしょうか(爆)
下手すればホームレスとなんら変わりないみたいな^^;

『ハンガーゲーム』の雰囲気にかなり近いので世界観はよかったです。

>『GODZILLA ゴジラ』

おそらく、そこそこイケると思いますが今年最大の目玉なので頑張ってほしいです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダイバージェント~恐怖を克服する者 (佐藤秀の徒然幻視録)
オール・ユー・ニード・イズ・ジャンプ 公式サイト。原題:Divergent。ヴェロニカ・ロス原作。ニール・バーガー監督、シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ケイト・ウィン ...
『ダイバージェント』 2014年7月3日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイバージェント』 を試写会で鑑賞しました。 なぜだかたとても眠かった 【ストーリー】  世界が崩壊してから100年後の未来。復興を果たした人類は、16歳で受ける選択の儀式によって人々を軍・警察にあたるドーントレス、政権を運営するアブネゲーション、教育・研...
ダイバージェント (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Divergent監督:ニール・バーガー出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ケイト・ウィンスレット、マギー・Q、ジェイ・コートニー
ダイバージェント (あーうぃ だにぇっと)
ID:8g92w0 ダイバージェント@よみうりホール
ダイバージェント (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DIVERGENT】 2014/07/11公開 アメリカ 分監督:ニール・バーガー出演:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー 、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル....
「ダイバージェント」☆ややハンガーゲーム (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
きりりとひとつに結わえて果敢に戦いに挑んでいく凜とした姿がどことなく似ていて『ややジェニファー・ローレンス』なヒロインと 唇のぽってりしたかんじがなんとなく『ややチャニング・テイタム』なヒーローが繰り広げる 更にゲーム色の強い『ややハンガーゲーム』なお...
ダイバージェント/シェイリーン・ウッドリー (カノンな日々)
新人女性作家ヴェロニカ・ロスによる全米ベストセラー小説を『リミットレス』のニール・バーガー監督が映画化したSFアクション・ムービー。異端者(ダイバージェント)として生まれた ...
ダイバージェント (Break Time)
今日は、台風一過の日で・・・
劇場鑑賞「ダイバージェント」 (日々“是”精進! ver.F)
運命は、自分で決める… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407110001/ ★枚数限定ポスター★【シェイリーン&テオ版】[映画ポスター] ダイバージェント (DIVERGENT) [R...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽...
ダイバージェント ★★★ (パピとママ映画のblog)
アメリカでベストセラーを記録した、ベロニカ・ロスの小説「ダイバージェント 異端者」を実写化したSFアクション。軍事や警察を統括するドーントレスを筆頭に、五つの共同体で社会が構成された未来を舞台に、いずれにも該当しない異端者と判断された少女が自身の宿命をめ....
ダイバージェント (だらだら無気力ブログ!)
まだ『ハンガーゲーム』の方が面白かった。
[映画『ダイバージェント』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・なんか、『トワイライト』シリーズ、『ハンガーゲーム』シリーズ、そして、この『ダイバージェント』シリーズと、アメリカの人気小説の映画化を見てきて、アメリカにも、ライトノベルの流行があるのだなと思った。  最近のライトノベルは、日本の『オール・ユー...
No.394 ダイバージェント (気ままな映画生活)
全人類が16歳になると強制的に5つの共同体に振り分けられ、その中で生涯を過ごすことで平和を築いた近未来世界。少女ベアトリスは、ファクションに振り分けられる「選択の儀式」に ...
映画『ダイバージェント』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-62.ダイバージェント■原題:Divergent■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:139分■料金:0円(ポイント使用)■鑑賞日:7月20日、TOHOシネマズ有楽座(有楽町) □監督:ニール・バーガー◆テオ・ジェームス◆シャイリーン・ウッドリー◆アシュレ...
ダイバージェント (いやいやえん)
【概略】 最終戦争から100年後の近未来。16歳のベアトリスは、強制的に選別される5つの共同体に該当しない異端者と診断され…。 SFアクション たった一度の適性検査でに分断された人類。そのいずれにも属さない少女トリスは、反逆者として管理された世界に立ち向...
「ダイバージェント」 (或る日の出来事)
スパルタ・スポ根トレーニング中心だったような印象が。(笑)
ダイバージェント (銀幕大帝α)
DIVERGENT 2014年 アメリカ 139分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/07/11) 監督: ニール・バーガー 『リミットレス』 原作: ベロニカ・ロス『ダイバージェント 異端者』 出演: シェイリーン・ウッドリー:トリス/ベアトリス テオ・ジェ...