映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ジャージー・ボーイズ

2014年09月27日 20時16分46秒 | 映画 さ行
評価:★★★☆【3.5点】



「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;

洋楽は邦楽よりも好きで昔からよく聴いていたが
ほとんど、曲の心地よさを感覚でとらえるだけなので
フォー・シーズンズというグループ名も今日初めて知った次第(おい)



ベルヴィル。
そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。
1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、
しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、
美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ
(のちのヴァリ)を自分のバンドに迎え入れる。
フランキーの歌声は地元マフィアのボス、ジップ・デカルロも魅了し、
サポートを約束する。
最初は鳴かず飛ばずの彼らだったが、
才能豊かなソングライター、ボブ・ゴーディオとの出会いによって
大きな転機を迎える。
ヴォーカルのフランキー、ギターのトミー、ベースのニックに、
キーボードと作曲を担当する最年少のボブが加わり、
バンド名を“フォー・シーズンズ”と改めた4人は、『
シェリー』を皮切りに次々とヒットを連発、
ついにスターダムへとのし上がるのだったが…。
<allcinema>



アメリカのブロードウェイでも何度も公演されている
定番中の定番劇らしい。
で、その公演のオリジナル俳優が本作のリードボーカルとなり
その独特の歌声を披露している。

イギリスのビートルズかアメリカのフォー・シーズンズか!と
言われるくらい、当時の人気は凄かったらしい。

確かに、ラジオ番組で名曲として何度も流れていた記憶はあるが
さすがに、誰が唄っているかまでチェックするほどではなかったなー。

こうしてみると、ステージ上では華々しい活躍をしてても
それは彼らからすれば家族を養う仕事であり、
ステージを降りれば、普通の家族同様、いろんな苦悩もあるわけで、、、

また、人気絶頂であってもグループ内の確執やら
金銭問題など一筋縄ではいかない難しさもあって、
決してお気楽な絶頂期だったとは言えないのだ。

グループのリーダー、ギターのトミーが金銭問題を起こし
メンバー全員で巨額な借金を仕事で返済しようとし
その反動が家族をないがしろにする難しさなど丁寧に描き込んでいる。

イーストウッドの緻密で繊細な人間描写はまだまだ健在だった。


【今週のツッコミ】
・ドラマは素晴らしいものがあるが、40年後のメンバー老けメイクが!
 先回の『J・エドガー』同様、特殊メイクが苦手と確信した^^;

・こういっちゃなんだけど、どこにもいるんだ。地味なメンツ。
 ビートルズのリンゴ・スターを引き合いに出していいの?(笑)

・あのトミーと10年も相部屋だった低音担当ニックに同情票!

・あ、トミーの老けメイクだけは自然でよかったよ(笑)

・ボーカルのフランキーと作曲ボブのふたりだけでも十分稼げそう(こら)

・十代のフランキーがデビュー当時の郷ひろみに似てる(笑)

・知ってる俳優はクリストファー・ウォーケンひとりだけ^^;

・フランキーが家出した娘をダイナーで諭すシーンに
 もうちょっとで涙腺が緩みそうだった。

・本作、全体的に出演女優が魅力的な人ばかりだった。
 イーストウッドと感性似てるんだろうか(なんちゃって)
 できれば、『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』に出てた
 オズワルドの母マーゲリートも出てほしかった(なんだよそれ)
---------------------------------------------------
監督:クリント・イーストウッド
脚本:マーシャル・ブリックマン/リック・エリス
音楽:オリジナル曲


出演:ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/
    ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/


『ジャージー・ボーイズ』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アバウト・タイム ~愛おしい時... | トップ | 記憶探偵と鍵のかかった少女 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2014-09-27 20:57:22
私も「シェリー」と「君の瞳に恋してる」
くらいしか聞き覚えがないけど、
なんか感無量でした。。。

あ、でもトミーと10年も相部屋だったら・・・
私だってメンバー脱退しますわ!(苦笑
えふさんへ (ituka)
2014-09-27 21:37:28
彼らの有名な楽曲といえばこれくらいしか分かりませんでした。
ファンからすれば、こういうのってたまらないんでしょうね。
えふさん、もしかして涙が流れましたか?^^

あのトミーのがさつさは半端ない酷さでしたね(笑)
ワタシも相部屋だったら自腹切ってもいいから部屋変えてもらいたいです(爆)
ダイナーのシーン (rose_chocolat)
2014-09-27 21:39:42
あれはよかったですね。
ああいう所にもきっちりと主張を出してくるのが、やっぱりイーストウッドが好きな理由です。
roseさんへ (ituka)
2014-09-27 22:30:13
娘の行動を非難するのではなく、前向きに意見を言うフランキーの冷静さに感心しました。
嘆いて愚痴ってる時間がなかったからと本人は言いそうですが
あのシーンはほんと、よかったです。
主役がちょっと苦手(-_-;) (mariyon)
2014-10-08 16:51:26
もう少し主役の彼の顏が嫌いなタイプでなかったら
もっともっと感動してたろうなぁ~~。
さだまさしもびっくりな借金生活、
歌だけで完済してしまうのはほんとすごい!!

それにしても、あの名曲「君の瞳~」が
あんな風に生まれたなんて、ビックリ。
しかも、日の目をみなかったかもしれなかったし。。。
mariyonさんへ (ituka)
2014-10-08 23:17:57
同じく主役のお兄さんが苦手だったワタシです(笑)
ミュージカルの舞台では大きく主役張ってるようですが
彼が主演だったら、特に観に行こうとは思わないかも^^;

>さだまさしもびっくりな借金生活、

そうだったんですか!それは知らなかった。
思えば、あの時代の50万ドルっていえば日本円で、え~と、、、
1ドル=360円くらいだったでしょうか(笑)
約1億8千万円?

最後の方で作曲をしていたボブが自分がいたからこれだけヒットメーカーになることが出来たとか
やたら得意げに言ってましたが、たしかにその通りでしたね(爆)
老けメイクは (ami)
2014-10-18 15:05:53
酷かったですね~^^;
え?まさかこの老けメイクで終わりってことないよね?・・・と一瞬固まりましたが
(ニックがリンゴを引き合いに出した時も固まったけど・笑)
思いっきり楽しいラストでよかったです。

amiさんへ (ituka)
2014-10-19 00:27:41
でしょう!(爆)
あれは意図的にネタにしてるのかと思ってしまいましたよ^^;
真面目に老けメイクしてるとは、とても思えませんってことで
スタッフ調べたら「ジェームズ・J・ムラカミ」という方で
なんと『硫黄島からの手紙』からイーストウッドのファミリーのようです。
ってことで、今後もイーストウッドの映画には彼が携わるんでしょうね(アーメン)^^

ラストダンスはインド映画かよ!ってツッコミ入れてました(笑)
大満足 (笛吹働爺)
2014-10-22 15:43:30
✩4.5
基本的にミュージカルものは好きなんです。ステージも見たかったが、日本版は難しいだろうな。
三女の小さい時の子役が可愛かった。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-10-22 20:59:22
大満足されたようでなによりです^^
近年のミュージカルって昔のコテコテ(台詞までメロディ付き)のものとちがい
ほとんど、音楽関係ならミュージカル映画と言ってるので
それならワタシも何とか付いていけます(笑)

随分前の『エビータ』で懲りましたから^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
『ジャージー・ボーイズ』 2014年9月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャージー・ボーイズ』 を試写会で鑑賞しました。 ミュージカルっぽいけど、ドラマな映画。 この作品は良かった 今週末には劇場公開されますので是非 【ストーリー】  ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃...
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる (まぜごはん)
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ~ JERSEY BOYS ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
『ジャージー・ボーイズ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる 「君....
ジャージー・ボーイズ (映画と本の『たんぽぽ館』)
日本人はきっと気にいる・・・ * * * * * * * * * 60年代、世界的人気を誇った米ポップスグループ、フォー・シーズンズ。  その栄光と挫折の物語です。 えーと、例によって私たちぴょこぴょこコンビが出てきたのは、  クリント・イーストウッド作...
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
ジャージー・ボーイズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ザ・フォー・シーズンズというグループの名前は知りませんでした。 でも、聴いた事のある曲は2曲ありました シェ~エリ~シェリベイビーと 題名は知りませんでしたが あの曲は「君の瞳に恋してる」と言うのですね 主役のフランキー役のジョン・ロイド・ヤングの声が高....
『ジャージー・ボーイズ』 (こねたみっくす)
「君の瞳に恋してる」に込められた様々な想い。 元はブロードウェイミュージカルだったものを舞台俳優をそのまま映画俳優として起用した、この良くも悪くもクリント・イーストウ ...
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
「ジャージー・ボーイズ」 (或る日の出来事)
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
ジャージーボーイズ (映画に耽溺)
「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって~~~」 「あら~~そうなの??」 「うん。」 「でもさ今はDVDとかブルーレイとか通信回線でってのもあるしおウチでご覧に...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の...
ジャージー・ボーイズ (いやいやえん)
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というく...
また新たなイーストウッドの鮮やかな (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...