映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

ワンダーウーマン

2017年08月26日 18時33分24秒 | 映画 わ行
評価:★★★☆【3.5点】



遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。



女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育った
プリセンスのダイアナ。
最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。
そんなある日、外界から隔絶されているその島に、
アメリカ人パイロット、スティーブ・トレバーが乗る飛行機が
不時着する。
初めて見る男の姿に興味津々のダイアナだったが、
スティーブから外の世界では大きな戦争が勃発し、
ドイツ軍が開発中の兵器によって破滅の危機が迫っていることを知る。
そこで自らドイツ軍の恐るべき野望を阻止すべく、
スティーブとともに島から旅立ち、
イギリスへと渡ったダイアナだったが…。
<allcinema>



『ワンダーウーマン』の主人公に大抜擢され
全米で興行収入的に大ヒットとなり記者会見の場で
満面の笑顔を見せていた彼女の映像を見て
何故だか知らないが心の底からホッとした親の心境なのである(笑)

少し前、『ワイルド・スピードMAX』から3作続けての
脇役で多少なりとも、その名を世に知らしめたものの
それ以降、大作映画にはパッタリ姿を見せなくなっていた。

年齢的にも今が旬で最も美しいのにも拘らず
このまま祖国イスラエルに帰国する?みたいな。

そういった惜しい女優になるギリギリのところで
このキャラクターを見事射止めたのである。
ワタシ的にガル・ガドットは好みの女優ではないけれど
記者会見で見せた『ワンダーウーマン』の決めポーズが可愛くて
ついつい応援したくなる不思議な感情が(←それ好きってことだろ)^^;


【今週のツッコミ】

・久しぶりにアマゾネス軍団を見た気がする。
 それにしても、今のスタント・ウーマンは男性顔負けですね。

・落馬シーンやら空中2回ひねりで射手する曲芸は感動モノ。
 ロビン・ライトさんもまだまだ体が動くようでなによりです。

・ところでワンダーウーマン(ダイアナ)は不老不死?
 せめて不老長寿ぐらいにしておかないとアデラインのように
 恋が出来なくなりそう。

・っていうか粘土からこの世に生まれたあり得ない状況なので
 そんな小さいことは気にしないかもね。

・ダイアナの祖国パラダイス島の設定は『ヴィレッジ』へのオマージュか。
 (いや、こちらの方が原作古いですから)

・ダイアナの母の名がピッポリタってメタボのサプリメントみたい。
------------------------------------------------------------------
監督:パティ・ジェンキンス
脚本:アラン・ハインバーグ
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演:ガル・ガドット/クリス・パイン/ロビン・ライト

『ワンダーウーマン』




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベイビー・ドライバー | トップ | エル ELLE »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (ここなつ)
2017-08-29 12:46:12
こんにちは。
昨日、TBの際にコメントを入れさせていただいたのですが、反映されていないようでした。
でも、もう一度改めてする程のコメントでもないのですが…
>っていうか粘土からこの世に生まれたあり得ない状況なので
と書かれてますが、私はアレ、ダイアナの母が小学生相手にするような性教育の一環のハナシなのかと思っていました(笑)。で、ダイアナ自身は、粘土?!んなはずないじゃん、ママンったらー!!とかなんとか。
美神女神を愚弄するようなコメントですみません。
ここなつさんへ (ituka)
2017-08-29 22:16:15
コメントの件、難儀させてしまって申し訳ないです。
なんだろう、このサイトが重いのかgoo自体の問題なのか^^;
粘土の件で母親が教育の一環として使用するというのは
思えば、なかなかいい方法ですね(笑)
そういえば、『メッセージ』の時も幼い娘が粘土でエイリアンを作ってましたが
あの時と今回と粘土が絡むといつもここなつさんのプロフィール画像思い出すんですよ(笑)

Unknown (えふ)
2017-08-30 20:32:55
ワイスピに出てたなんてすっかり覚えてないけど、
今回はガルさんインパクトありすぎでした!
そしてアマゾネスのみなさん、
すごい身体能力で戦闘シーンにテンション上がりました♪
これからはガッツポーズよりも手をクロスするにつきますね(笑
えふさんへ (ituka)
2017-08-30 21:13:57
『ワイスピ』のころは単なる綺麗な美女という立ち位置でしたが
今回は堂々とセンターに配置されましたね(笑)
うんうん、なんといっても今回のワタシの収穫はアマゾネスの皆さんでした。
序盤のあのシーンまでなら満点評価でしたよ(笑)
手をクロスは今後流行るのかもしれませんね。
但し手を直角にするとウルトラマンになるので気を付けましょう(爆)
声が低い (笛吹働爺)
2017-09-03 09:31:27
ガルさん、ヴィジュアルは完璧だが日本基準でみると声がかなり低いね。
メイキング https://www.youtube.com/watch?v=I2b9pdeyw1w
笛吹働爺さんへ (ituka)
2017-09-03 11:01:24
確かに一般からすると低いですね(笑)
これも二児の母からなるものでしょうかね~^^
メイキング観ました!
デビュー戦から結構インパクトある活躍してましたね。
まったく記憶にないワタシはなんなんでしょう^^;
Unknown (mariyon)
2017-09-15 14:25:29
スルーの予定でしたが、友人に誘われて観ました。
思いのほか良かったです。

>落馬シーンやら空中2回ひねりで射手する曲芸は感動モノ
そうなんです!!このアマゾネス軍団が
一番の見せ場だったのでは・・・と、思いましたよ。
ロビンライトも、ペンがとれて久しいですが、
まだまだ綺麗でかっこよかった。

ラスト、写真を送ってきたのは。。。
って、ちょっと思ったんですが、違ってました。
mariyonさんへ (ituka)
2017-09-15 20:20:35
初めて主演のガル・ガドットを応援したくなるという
ワタシがこんな気持ちになったのはなんでだろう?みたいな(笑)
たぶん、会見の場で共演者も引くくらい嬉しさを前面に出していたからでしょう。
こういうところ素直でよろしい!(爆)

確かにアマゾネス軍団のシーンがいちばん迫力ありました。
ワンダーガールのアクションシーンは所詮CGですし
アマゾネスの方は多少でも本物でやってますからね。

ペンの取れたロビン・ライトさんが、まさかこういう役を引き受けるとは意外でした(笑)


コメントを投稿

映画 わ行」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

「ワンダーウーマン」 (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。
劇場鑑賞「ワンダーウーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
信じるは、愛の力… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250000/ 『ワンダーウーマン』オリジナル・サウンドトラック [ ルパート・グレグソン=ウィリ......
『ワンダーウーマン』 2017年8月25日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ワンダーウーマン』 を鑑賞しました。 やっぱりガル・ガドット綺麗ではまり役だね 【ストーリー】  人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
[映画『ワンダーウーマン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・マーベルコミックスのヒーローたちを一堂に会させたのが「アベンジャーズ」。 そして、DCコミックスのヒーローを参集させたのが「ジャスティス・リーグ」。 今作は、ジ......
ワンダーウーマンIMAX3D★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこと......
『ワンダーウーマン』 (こねたみっくす)
やっぱり彼女の前ではどんな男も霞んでしまう。ただしスティーヴだけは…違った! マーベルに押されまくりのDCコミックに救世主現る!もはや男性ヒーローなんて、特にマザコンヒ......
ワンダーウーマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を......
ワンダーウーマン (風に吹かれて)
愛が女を覚醒させる 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman 監督: パティ・ジェンキンス  「モンスター」 ゼウスが創った女性だけが暮らす島に生ま
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
『ワンダーウーマン』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
<DCフィルムズ>という日本独自の呼び名は一向に定着しないようなので、改めて<DCEU>と呼びますが、それの第三弾!「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で鮮烈なデ......
「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣は......
ワンダーウーマン (だらだら無気力ブログ!)
ガル・ガドット、かっけー。
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
「ワンダーウーマン」Wonder Woman (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。 もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)......
タイトルデザイン_53 Greenhaus GFX『ワンダーウーマン(Wonder Woman)』パティ・ジェンキンス監督...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ワンダーウーマン』Wonder Woman監督 : パティ・ジェンキンス出演 : ガル・ガドットクリス・パインロビン・ライトコニー・ニールセンダニー・ヒューストンデヴィッド・シューリスエレ......
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......