映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

エル ELLE

2017年08月27日 20時42分59秒 | 映画 あ行
評価:★★★【3点】




このヒロイン、少女時代のトラウマから何かしらの精神疾患に
侵されているのではないか。



新鋭ゲーム会社で敏腕女社長として辣腕を振るうミシェル。
彼女はある日、ひとり暮らしをしている自宅で
覆面をした男に襲われる。
男が去ると、何事もなかったかのように振る舞い、
訪ねてきた息子を迎える。
その後、ミシェルの行動を監視していると思われる嫌がらせメールなどから、
レイプ犯が彼女の身近にいると確信するミシェル。
それでも幼いときのトラウマから、決して警察に頼ろうとしない彼女は、
自ら犯人探しを始める。
そんなミシェルの周囲には、
犯人になりうる動機を持つ怪しげな人物が何人もいたのだったが…。
<allcinema>



鬼才ポール・ヴァーホーヴェンが贈る第二の『氷の微笑』か^^;

新鋭ゲーム会社の社長という肩書の裏で
私生活ではことごとく謎めいているミッシェル(イザベル・ユベール)。

ある日、自宅で覆面男にレイプされるのだが何故か警察に通報しない。
彼女の中では少女時代に経験した重要事件のトラウマから
レイプされたにも拘らず本能的に悦びに近い感覚があったのではないか。

物語が進むにつれ、彼女の取る行動の異常性に気づき
それが一般人の感覚と大きくズレていることが分かる。
彼女は、性欲に関しアブノーマルな嗜好性をもっているのか否か。

物語はテンポこそ悪いものの予測できない結末に最後まで見入ってしまう。



【今週のツッコミ】

・63歳のヒロインが演じるからこそ常軌を逸しているようにみえる。
 監督のキャスティングは大成功なのだろう。

・原題の「ELLE」このフランス語を訳すと“彼女”なのだそう。
 なので彼女自身を嘗め回すように拝んでくださいと解釈(爆)

・でも、ワタシ的にはもうちょっと肌に艶のある女優さんがよかった。
 あ、でもでもオッパイは年齢に似合わずいい形をしてましたな~(おい)

・レイプ犯は誰だ!最初に思うのが近しい人間が怪しいというのが一般的。
 但し、何度も彼女の中でレイプシーンを回想するものだから
 犯人の体格などから大体の目星が付いてしまうのが痛いといえば痛い^^;

・下半身を見せて留まるか、人としての尊厳(あの場合チョット)を守り抜くのか!
 あの社員はまだ割礼を受けていなかった?(字幕見逃したわ)^^;

・イザベル・ユベールさんの名前こそ知ってはいたものの
 彼女の映画は本作がお初かも知れない。
---------------------------------------------------------------------------
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
脚本:デヴィッド・バーク
音楽:アン・ダッドリー
出演:イザベル・ユペール/ロラン・ラフィット/アンヌ・コンシニ

『エル ELLE』




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンダーウーマン | トップ | 新感染 ファイナル・エクス... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ELLE, フランス語で「彼女」を意味 (もののはじめのiina)
2017-09-14 10:58:47
> 下半身を見せて留まるか、人としての尊厳(あの場合チョット)を守り抜くのか!
犯人をユダヤ人だと疑っていたのですね。

少女時代のトラウマから警察に通報しないのは、なんとなく理解できますが、・・・あるいは、そういう性向があるとも いえるのでしようか・・・。

iinaさんへ (ituka)
2017-09-14 15:41:20
結局はあの時が初めてではなく、もうすでに数年前からの
レイプごっこだったのではないでしょうか。
なので真犯人が分かったときも彼女に驚きの表情はなかったですからね。
ある意味、クールなのか、人としての感性が可なり歪んでいたのかは
謎の部分として大事にしておきたいです(←なにそれ)^^;
こんにちは! (ここなつ)
2017-09-21 12:43:00
こんにちは。
「犯人の体格などから大体の目星はついて」いたのですか?す、すごい。私、全然判りませんでした。あ、ハサミ刺したから、これで明日外出したら誰が犯人か探せるわね!良かった良かった!ぐらいの低レベルさ(笑)。
しかし、社員のパンツを下ろせ、って命じるなんざセクハラ・パワハラの極致ですよね~?
ここなつさんへ (ituka)
2017-09-21 21:53:09
犯人さんの大柄でガッチリした筋肉質な体格の登場人物が他に居なかったことが
キャスティングミスといえばそうなのかもしれませんね^^;
それにしても、フランス人全般なのか彼女特有の性癖なのか
結構、エロ満載な感じでワタシには刺激が強すぎました(笑)

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エル ELLE (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、これは自分には合わなかったなぁ。
エル ELLE (映画と本の『たんぽぽ館』)
バイオレンスと陶酔 * * * * * * * * * * ゲーム会社のCEOミシェル(イザベル・ユペール)は、 ある日、自宅に侵入してきた覆面男に暴行を受けてしまいます......
『エル ELLE』 (こねたみっくす)
犯人探しが目的ではない。性欲を満たすことも目的ではない。ただ歪んだ彼女を受け入れることが目的なのだ。 さすがポール・ヴァーホーヴェン監督作品だと称賛する前に、さすがイ......
[映画『エル ELLE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品! これが観たいから、いちいち、そこでしかや......
エル ELLE / Elle (勝手に映画評)
社会的にも成功した女性が、ある日、自宅で男に襲われるが、なぜか警察に届けようとしない。女性が警察に届けようとしないのには、理由があった・・・。 中々複雑な人間関係です......
エル(ELLE) (映画的・絵画的・音楽的)
 『エル ELLE』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)主演のイザベル・ユペールがこの作品で様々な賞を受けているとのことなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞......
エル (もののはじめblog)
(原題:ELLE, フランス語で「彼女」を意味する) サスペンスとして評判が高いというので、公開初日8月25日に観てきた。 近くの映画館では公開してないため、ららぽーと横浜まで車......
「ELLE」 (ここなつ映画レビュー)
イザベル・ユペールが凄い。どう凄いかというと、どうもこうもなく凄い。それでは身も蓋も無いのでこう言おう。強い女…だがしかし常に芯の部分では孤独にしか生きられなかった、......
エル ELLE (心のままに映画の風景)
エル ELLE <allcinema>
「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が......
エル ELLE (ネタバレ映画館)
ココアのバンホーテンと間違えやすい