映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

J・エドガー

2012年01月30日 13時56分25秒 | 映画 英数行
評価:★★★☆【3,5点】


ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。

今回、クリント・イーストウッド監督とタッグを組み
それまでにも、『タイタニック』のジェームズ・キャメロンから始まり
『セレブリティ』のウッディ・アレン
『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』『ディパーテッド』
『シャッター・アイランド』のマーティン・スコセッシ
『ワールド・オブ・ライズ』のリドリー・スコット
『インセプション』のクリストファー・ノーランと、そうそうたる顔ぶればかり。
しかしながら、数々の巨匠作品に主演しているにもかかわらず
またもやオスカー(今回、ノミネートすらなかった)を取り逃がしました。

これって、もしかしたらアカデミー会員に完全否定されているのでは?
なんてことを想像してしまうほど。
もしかしたら、未だに彼は子供扱いなんだろうか。
会員いわく「お子ちゃまにあげるのは、まだ早い」とか(ファンのかたごめんなさい)
そういう彼も、もう38歳だもんね~。「そうなの?お母さん」(ってフーバーかよ)



人生の終盤に差し掛かったFBI長官J・E・フーバー。
彼は回顧録の作成にとりかかり、部下に書き取りを命じて語り出す。
1919年、司法省に勤務していたフーバーは、長官の目に留まり、
新設された急進派対策課を任される。
これを機に、秘書室のヘレンにプロポーズするが断られてしまう。
それでもフーバーは、彼女を個人秘書として
生涯にわたって雇い続けることに。
その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となったフーバーは、
片腕となるクライド・トルソンと秘書のヘレンだけを信頼し、
自らの信じる正義を実現すべく、
捜査の近代化と権力の集中を進めていくのだが…。



色彩を極端に落とした映像とディカプリオの甲高い声に
ノイズという邪魔者と共存しなければならない137分でした。
数々の名作を世に輩出してきたクリント・イーストウッド監督の
独特の世界観なんですが、今回はそれが妙に苦痛に感じたのです。

そういうことから、悪くはないんだけど良くもなかった感じですかね^^;


48年間もの長きにわたりFBI長官を務めてきたJ・エドガーの
光と影を赤裸々に語る一大叙事詩ってところでしょうか。
イーストウッド監督特有の表現でしっかりと描いてくれます。

ただ、なにはともあれ、ディカプリオの老け顔メイクが
どうにも馴染めなくて、ビジュアル的に、あれは失敗だろう!
さらに、彼の右腕となるアーミー・ハマー演じるクライドの
同じく老け顔メイクにはそれ以上の違和感出まくりで
どうにも物語に集中できなかったのが痛かったですね^^;

物語はアメリカの治安を維持するに当たり
FBIに初めて科学捜査を導入させた先駆者エドガー・フーバーの
苦悩を描いた、ちょっと重たい雰囲気の映画でした。

ということで、前半はゆったりしたテンポで油断すると
睡魔との闘いになってしまい、ところどころ記憶がないんです。
それでも、中盤以降はテンポよく進み、ある程度は惹きこまれました。

少年時代からの母親の影響からか、本来ゲイであることを母には隠し
心の奥底には、強い男として“それ”恥じる部分があったのです。
母の死後、母の形見の服を着てみせるところは、ある意味衝撃です。
そう!意外にもお似合いでしたから(笑)

まあ、そういう意外性のある人物像だからこそ映画になったんでしょうけど
ワタシ的には、ゲイの部分は大して興味はなく
彼のバイタリティある行動力だけで十分な気がしましたが、どうでしょう。


おまけ)
・ディカプリオが演じる実在の人物には異常なる潔癖症が多い。
 本作のJ・エドガーも含めハワード・ヒューズもそうだったし(笑)
 次はできれば『コンテイジョン』の続編に出演してもらいたい(って、続編ないし)

・母親役のジュディ・ディンチが『ブラックスワン』の母親エリカ
 (バーバラ・ハーシー)を彷彿させる勢いだった。母は強し!^^

・『ソーシャル・ネットワーク』で双子の青年を演じた
 アーミー・ハマーがこんなにも美形だったとは意外だった。
 彼のオールバックの髪形とスーツ姿は30年代のギャング映画にもお似合いか。
 ディカプリオとのツーショットで親子ほどの身長差は
 彼が196センチもの上背のためなんでしょうね^^;

・1932年に起こったリンドバーグ誘拐事件の犯人は
 本当にドイツ系ユダヤ人ハウプトマンだったのか?
 科学捜査で浮かび上がった容疑者は後に死刑遂行されているが
 本作のスピンアウトとして、この事件こそ映画にしてほしい。
 っていうか、イーストウッド監督は幼児誘拐事件をすでにやってましたね^^;
 因みに、この時は1920年代のロサンゼルスで発生したゴードン・ノースコット事件。
 『チェンジリング』でございます。

・公式の場に呼ばれたときに遅刻するのは相手に失礼というのは誰でも知ってるが
 早く着くことは、それ以上の失礼に当たるということを初めて知った。
 これは、準備中である相手の裏舞台を覗いてしまうことを意味してるのかな。
 映画って、こういう何気ない会話から社会勉強できるのがありがたい。
----------------------------------------------------------------
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド


出演:レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/
    ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デンチ/



『J・エドガー』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きみはペット | トップ | ドラゴン・タトゥーの女 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お仕事お休みですかぁ~?(笑) (オリーブリー)
2012-01-30 16:53:13
ある意味…時の権力者って、皆、似たようなことやってますよね(苦笑)
興味深く拝見できました。

確かに、老けメイクは大失敗でしょう。
まあレオ君はそれなりに何とかいけたとは思いますけど、皆、身体のラインが若いのに顔が老け過ぎ(苦笑)
イーストウッドがハマーの代わりやれば?!とか思っちゃいました(大爆)
でもこの三つ巴(?笑)長生きさんですね!
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-01-30 18:52:38
こんばんは。

今日から夜のお仕事なんですよ~。
って普通にいえば夜勤週なんですけどね(笑)
今年から夜勤が個人的に復活して時差ボケでてんやわんやの大騒ぎです。

イーストウッドだから大コケはしない安心感はありますけど
これは、ビジュアル的にはコントギャグみたいなメイクでしたよね^^;
顔だけじゃなくもっと猫背にするとか、手のしわを強調するような努力がほしかった(笑)

>イーストウッドがハマーの代わりやれば?!とか思っちゃいました(大爆)

お~!そいつは名案!(爆)
身長も似たようなもんだし、老けたハマーといえば誰も気が付きませんよね!(って、それはどうかな)^^;
あの三つ巴全員が同性愛者だったらしいですね。
めずらしい三角関係とか、こんなことってあるんですね~^^;

老けきれない (mariyon)
2012-01-31 11:06:04
レオ君の演技のとかの問題以前でしたね~。
あのメイクを見たとたんに、あきらめて晩年は別の役者さんを探すべきだったでしょう。
わたしは、まだ、出番が少ない分、ハマーの老けマイクのほうがましでした(彼の元々の若さも加味して>苦笑)
それにしても、あんな人生なのに、心から想ってくれるパートナーがいたなんて、フーバーはそれなりに幸せもんだったんですね~~。

mariyonさんへ (ituka)
2012-01-31 18:00:18
こんばんは。

あの老けメイクも毎回相当の時間が掛ったでしょうね^^;
あ、でも撮影時間の短さで有名なイーストウッド監督だから1回のメイクで終わってたりしてね(笑)
そう!晩年は別の役者にバトンを渡すべきですよね~。
ハマーのメイクのほうがましでしたか^^
ワタシ、ディカプリオのあのメイクに眉間にしわを寄せて「う~ん」と力むところで
頭が膨れて爆発するかもしれない緊張感ありました(苦笑)

握手する行為を人一倍気にしてたフーバーが進んで手を握りに行ってましたもんね。
最初、毎回手を拭いてたのはゲイとしての自意識過剰行為だったのかな~^^
2/18から (笛吹働爺)
2012-02-08 22:11:37
ユアン・マクレガー&メラニー・ロランの「人生はビギナーズ」見たいがミリオン座でしかやらないんだ。
今期は他に見たい映画がないんです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-02-10 00:21:23
こんばんは。

来週末から公開なんですよね!
そうか~、ミリオンだけでしたか^^;
もう、会員でなくなったから映画代チケットまともに払わなくてはいけなくなりました。
ここに来て1800円は恐ろしく高く感じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
J・エドガー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領...
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
J・エドガー (あーうぃ だにぇっと)
J・エドガー@よみうりホール
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】J・エドガー FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ 【あらすじ】 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕...
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
J・エドガー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
映画レビュー「J・エドガー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
映画「J・エドガー」 (FREE TIME)
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。
「J.エドガー」フーバー長官の秘密 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
老けメイクが・・・「J・エドガー」 (茅kaya日記)
 誇張もてらいもなく、事実に即し、淡々としたドラマはイーストウッド監督らしい作品。ただ、レオ君って、老けメイクが全く似合わない!!!なんで、わざわざ老けメイクで演技させようと思ったのか?年老いたときは、他の役者さんにしてほしかった。
『J・エドガー』 (ラムの大通り)
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半....
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
FBIを創った男~『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
J・エドガー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:J. Edgar監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチetc・・・まだまだ若い!ディカプリオ。
『J・エドガー』 (Cinema+Sweets=∞)
この間の映画の日は府中まで足をのばして、TOHOシネマズ府中で『J・エドガー』を観てきました。 映画の日だし、何本か観ようかなーと思っていたんだけれど、結局この日はこの1本の鑑賞しかできず、ちょっ...
J・エドガー (to Heart)
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン....
偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』 (水曜日のシネマ日記)
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長社労士のブログ)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...
J・エドガーという人 (笑う学生の生活)
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の映画日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J....
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握って...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
映画『J・エドガー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ...
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
「J・エドガー」  !!(゜ロ゜屮)屮マザコンでホモかよ! (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
レオナルド・ディカプリオ主演映画来ましたよ[E:sign03] しかも[E:si