映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

ハクソー・リッジ

2017年06月24日 19時15分39秒 | 映画 は行
評価:★★★★☆【4.5点】




メリハリあるドラマと音楽の使い方で人は簡単に泣ける。



アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、
看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、
激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。
しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、
上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。
それでも決して信念を曲げないデズモンド。
とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、
晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。
こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、
通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。
<allcinema>



主人公が戦地に着くまでを描いたのが第一章とするなら
沖縄の高知で衛生兵として任務に当たるのが第二章となるのだろう。
この映画の全体像を見てみると、どことなくスタンリー・キューブリックの
『フルメタル・ジャケット』を思い起こす。

一人の異色の兵士物語として彼の生まれ育った環境や
自ら志願し兵士になろうとした理由など丁寧に描かれていたと思う。
兵役を全うするためキャンプで兵士の訓練を受けていくなかで
異種人種と周りからとことん叩きのめされた方が後の効果は倍増する。

にしても、さすがはメル・ギブソン。
彼の軍事裁判をここまで盛り上げてくれるとは…。

前半のドラマの盛り上げ方はまったくもってスキがなく見事の一言!
ワタシ的にここでエンドロールならば、間違いなく満点評価なのだが
後半の熾烈な戦闘シーンは若干間延びした感がちょっと惜しかった。



【今週のツッコミ】

・それまで、超絶リアル&グロ映像の戦争映画といえば
 『プライベート・ライアン』だったのだが、この映画の登場で
 後世に語り継がれる伝説映画は本作に切り替わるだろう(笑)

・しかし、爆風でこちら側に吹っ飛んでくる兵士の足を見た衝撃は凄い!

・先陣隊の死体の山をかき分けて進む感じはゾンビ映画もびっくりだ。

・ブラジャー型のもやい結びを彼から学ぼう!(笑)

・サム・ワーシントンが老けてきたぞ!ヤバい^^;
 でも大丈夫、すでに撮り終えているらしいですから(なんの話だ)

・本作メインである主人公の衛生兵としての活躍ぶりが
 少しばかり盛り上がりに欠けてしまい残念である。
 仲間が後退し崖を降りた後もひとり黙々と息ある兵士を探し回るが
 あそこは70人以上の数を助けたんだよ!を見せたかったんだろうけど
 もう少し別の描き方とか脚色でスッキリさせてほしいところだ。

・看護師ドロシー役のテリーサ・パーマーは確かに美形であるが
 女戦士としてのイメージが頭から離れないため別の女優の方が・・・
 できれば無名の俳優をこういうところで使うべきだな。

・敵に見つかる寸前、とっさに土に埋める兵士こそあの憎まれ役を!
 あそこは何度も主人公をバカにしてたスミティ(ルーク・ブレイシー)で!
 そしてそこから彼の感情が変化していくみたいにすればよかったのに。
 なので最後まで殺してはいけないのだ。(って実話だから)←そこは脚色で←おい

・2名の日本兵まで救出してたのね!もはや神の域だよデズモンド。

・この映画のキモは主人公の父(ヒューゴ・ウィーヴィング)である。
 彼がヨレヨレの旧軍服姿で正装し軍事裁判で語るシーンに涙腺決壊だ!
 『北の国から』の純と蛍の父・五郎(田中邦衛)と被りまくったわ(笑)
----------------------------------------------------------------
監督:メル・ギブソン
脚本:ロバート・シェンカン/アンドリュー・ナイト
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演:アンドリュー・ガーフィールド/サム・ワーシントン/ルーク・ブレイシー

『ハクソー・リッジ』
 
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キング・アーサー | トップ | フィフティ・シェイズ・ダーカー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2017-06-24 19:43:33
仲間が崖を降りたとももくもくと助けているのは、
さすがにおいっ!と思いましたが、
なんだかんだ言ってもその働きっぷりに涙でした。
さんざん仲間にふるぼこにされたのにね~~
そこは素直に感動しました。

看護師ドロシー・・・
わかれた彼女、
エマ・ストーンに似てるな~と。。。(苦笑
えふさんへ (ituka)
2017-06-24 20:28:21
こうしてみるとアメリカ兵もかなりビビっていたのが新しい発見でした。
新米兵士らがライフルなのに軍曹だけマシンガンって
あんた不公平だよ!でした(笑)
にしてもあれだけのリンチを受けても口を割らなかったことで
この男の信念は生半可じゃないと思いましたよ。

あ~元カノを思い出しましたか~(爆)
戦地の看護師なら『パールハーバー』のケイトを思い出すワタシです^^;
Unknown (mariyon)
2017-07-06 20:52:41
おひさしぶりです~~!
ちょっとブログをさぼっておりましたが、
復活しましたのでよろしくです。

>『プライベート・ライアン』だったのだが、この映画の登場で後世に語り継がれる伝説映画は本作に切り替わるだろう(笑)

わたしも、プライベート~パスです。
どこがいいのかさっぱりわからない。

実話のすごさと、映像のすばらしさ、
話の展開も良くてほんと感動しました。
ひとつだけ、アンドリュー君がダメなんです。
あの濃さが。。。。(;´・ω・)

mariyonさんへ (ituka)
2017-07-06 21:27:31
お久ですね!
ブログはマイペースで行きましょうよ(笑)
この映画は反戦映画として十分見ごたえがある内容でした。
あらま、アンドリューくんが苦手だったのですね。
確かにルックスの濃さはありますけど
ワタシ的には彼はモジモジくんっぽくて、本キャラにぴったりと思いました。
なのでまるで彼が主人公そのままに見えて
キャスティングの成功と思いました。
こんにちは (ここなつ)
2017-07-19 13:12:20
こんにちは。
私もどこかで見た事が…と思っていたら、「北の国から」の田中邦衛だったのですね!>ドスの父
でも、裁判の国アメリカの割には当時は法的解釈も結構いい加減だったんですね。上官の上官のそのまた上官がいいっつってんだからいいんだよ!的な。
ここなつさんへ (ituka)
2017-07-19 20:35:18
上官の上官、そのまた上の上官でしたね(笑)
「北の国から」で純が何かをやらかして、その謝罪のため先方に出向く父子。
その前に純とラーメン屋で腹ごしらえするんですが、何故か麺が1本だけ田中邦衛の肩の乗っかってるんですよ。
唯一持ってた古い背広ですが、肩に麺って!
どんな食い方してたん?みたいな(笑)
その麺に気づいた純が、そっと取ってあげる。

と、そんなシーンが懐かしく蘇ってしまいました(笑)
あの軍事裁判でもドスパパの肩に何か乗せてほしかったです(←おい)

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハクソー・リッジ (ハリウッド映画 LOVE)
『ハクソー・リッジ』 2017年6月15日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ハクソー・リッジ』 を試写会で鑑賞しました。 メル・ギブソンは監督に転向した方がいいね 【ストーリー】  第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は......
ハクソー・リッジ (あーうぃ だにぇっと)
ハクソー・リッジ@よみうりホール
映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 1.はじめに信念があり、2.試練があって、3.ヒトは大きな...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監督が「エキセ...
劇場鑑賞「ハクソー・リッジ」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、助ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706240001/ 【輸入盤】Hacksaw Ridge [ ハクソー・リッジ (原題) ]
優しい人間が一番強い。『ハクソー・リッジ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りしたアメリカ兵の実話物語です。
ハクソー・リッジ / Hacksaw Ridge (勝手に映画評)
沖縄戦の「前田高地」での戦いに際し、その思想信条的理由から、兵器を持たずに活動して多数の兵士を救ったことにより、名誉勲章が与えられた実在の人物、デズモンド・T・ドスの......
『ハクソー・リッジ』 (こねたみっくす)
武器を持たずに英雄になった兵士がいた。 これが信仰の為せる業なのか。これが実話だというのか。 沖縄戦終結から72年。衛生兵としてハクソー・リッジこと前田高地にて75人の兵士 ......
ハクソー・リッジ (Akira's VOICE)
あとひとり助けさせて下さい!(ドスのきいた声で)  
ハクソー・リッジ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HACKSAW RIDGE】 2017/06/24公開 アメリカ PG12 139分監督:メル・ギブソン出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ......
ハクソー・リッジ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で......
「ハクソー・リッジ」 (或る日の出来事)
銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。
映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ハクソー・リッジ(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー 田舎......
「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられ......
映画「ハクソー・リッジ」 (FREE TIME)
7月1日のファーストデーに映画「ハクソー・リッジ」を鑑賞しました。
ハクソー・リッジ (風に吹かれて)
もやい結びで もうひとり あともうひとり 公式サイト http://hacksawridge.jp 実話を基にした映画 監督: メル・ギブソン バージニア州で育ったデズモンド(アンドリュー・ガーフィー
『ハクソー・リッジ』のウソとマコト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映......
ハクソー・リッジ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)......
【映画】ハクソー・リッジ (アリスのさすらい映画館)
  ハクソー・リッジ(2016) オーストラリア・アメリカ 原題:Hacksaw Ridge  監督:メル・ギブソン脚本:アンドリュー・ナイト/ロバート・シェンカン/ランダル・ウォレス/グ...
ハクソー・リッジ (映画と本の『たんぽぽ館』)
非武装の勇気 * * * * * * * * * * 第二次世界大戦、沖縄戦で 75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話です。 デズモンドは宗教的信念から、 人......
ハクソー・リッジ (こんな映画見ました~)
『ハクソー・リッジ』---HACKSAW RIDGE---2016年(オーストラリア/アメリカ )監督: メル・ギブソン出演: アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、テリーサ・パーマー 、ヒ......
ハクソー・リッジ (だらだら無気力ブログ!)
後半の戦闘シーンの描写が凄い。
「ハクソー・リッジ」 (ここなつ映画レビュー)
メル・ギブソン監督作品。宗教という名の信念の下に、人を殺さないと誓って戦場に赴く衛生兵の物語。実話をベースにしている。人を殺さないで戦場で何ができるのか?そう、傷つい......
ハクソー・リッジ (銀幕大帝α)
HACKSAW RIDGE 2016年 オーストラリア/アメリカ 139分 戦争/アクション/ドラマ PG12 劇場公開(2017/06/24) 監督: メル・ギブソン 『ブレイブハート』 出演: アンドリュー・ガ......