映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

メッセージ

2017年05月20日 15時52分56秒 | 映画 ま行
評価:★★★★☆【4.5点】



宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。



ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が
地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。
その目的が判然とせず、世界中に動揺と不安が広がる。
やがて、最愛の娘ハンナを亡くした
孤独な言語学者ルイーズ・バンクスのもとに、
アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。
こうして同じく軍の依頼を受けた物理学者のイアンとともに、
アメリカに飛来した飛行体の内部へと足を踏み入れたルイーズ。
7本脚の異星人との接触を試み、飛来の目的を探るべく
彼らが使う言語の解読に没頭していくのだったが…。
<allcinema>



【ネタバレあります。要注意】


これは進化した『未知との遭遇』なんだろうか。

ファースト・コンタクトを試みる言語学者ルイーズと
理論物理学者のイアンが最終的に彼らの言語を解読するわけだが
言語哲学という、とても難解な方向へ導かれていくから
ワタシの様な脳内処理能力の低いものにとっては
かなり辛いものがあり、下手すれば置いて行かれそうだった。

一人娘を難病で失い、生前のしあわせな時がフラッシュバックし…

と思っていたら、途中で気づきましたよ!
過去ではなく、すべてが彼女の未来図であったこと。

3度目の船内コンタクトで防護服を脱いだところから
なにかが変わった!頭足類エイリアン(ヘプタポッド)からの
メッセージがうっすらと解り始め、以降は不意に現れる予知夢など
どんどん解読スピードが上がっていくルイーズ。
実は、彼らはとても友好的だったのだ。

ただし、他国との連携が中断する中、お隣の中国が宣戦布告を!

よかった!面白かった!
終盤なんて時間との闘いでハラハラしまくりだった。
音響と映像と無駄のない知的なセリフと文句なし。


【今週のツッコミ】

・せめて、娘の命くらい救ってやってよへプタポッドくん。

・現実世界でイアンが言う“非ゼロ和ゲーム”を未来の娘に教える。
 また未来で中国シャン上将が携帯番号とメッセージをルイーズに伝え
 現実世界の有事が回避されるのだが、あのシーンは未来、
 過去の自分の行動を知ってるはずだが、なぜ知らなかったか謎。
 (パーティーでシャン上将と会話してたシーン)
 これもすべて時系列という概念がない世界だからなのか?^^;

・流線型のモノリスはなかなかイケてる。

・娘が作った粘土細工にちゃっかりヘプタポッドがありました^^

・イアンが勝手に名付けた2体のヘプタポッド「アボットとコステロ」
 これはアメリカの有名なコメディアン名らしい。

・言葉の勘違いから始まった、てんやわんや劇だったが
 エイミー・アダムスの一人芝居は『ゼログラ』のサンドラ・ブロック並みだ!
 特に、初めてコンタクトに向かうときのシーンは秀逸。

・最後、ガラスの奥に入ったルイーズの前に現れた1体のヘプタポッドが
 なぜコステロの方だと分かったのか不思議?(単に立ち位置?)
 っていうか彼らもその名を受け入れてましたな~笑える。

・船内に秘密裏に爆弾を仕掛けた兵士の罰則が知りたい。

・3000年後にいったい何が起こるのだろう。
 そして人類が、いや救世主ルイーズが未来に残すものとはいったい…
--------------------------------------------------------------
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ハイセラー
音楽:ヨハン・ヨハンソン
出演:エイミー・アダムス/ジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー


『メッセージ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーソナル・ショッパー | トップ | 夜に生きる »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-05-20 16:33:26
こんにちは。

>音響と映像と無駄のない知的なセリフと文句なし。

ですね~。文句なし、素晴らしい作品でした。

娘が作った粘土細工にヘプタポッドがあった…さすが、細かい所までご覧になっていらっしゃる!

が、お茶らけたコメントを失礼を承知で…あの宇宙船に最初に乗り組むヘプタポッドは、やっぱり船の側面を吸盤で張り付いて搭乗口に行くのですよね…?出入り口は下方にしかついていないように見えるのですが、恐らく上方にもついていて、最初に乗り組む乗員は下方の搭乗口を開けるために船を浮かさないといけないのですものね?
ここなつさんへ (ituka)
2017-05-20 17:26:35
基本、当ブログはお茶らけがベースですのでお気になさらず(笑)
無人の宇宙船内に最初に乗り込むヘプタポッドは吸盤を利用し壁伝いに操縦席に向かう方法もありますが
おっしゃるように、宇宙船を浮かす作業をする最初の船員が上の搭乗口から入るしかないと思うのが地球人の考えで
実は、宇宙船自体、縦にも横にも静止できる機能が備わっているのではないかと。
この辺りは異次元空間で育った彼らですから人類の英知を超える搭乗方法がありそうです(笑)

にしてもヘプタポッドの壁ドンはイケメン高校生のそれとはパワーが違いますね(爆)
こんばんは (yukarin)
2017-05-20 23:21:39
冒頭のシーンが未来だったとわかった時は切なかったです。こういう過去だと思ったら未来だったというような話は好みです。
3000年後が気になりますよね~
yukarinさんへ (ituka)
2017-05-21 08:42:28
ワタシもてっきり失意の中大学へ通ってると思ってました。
そして、過去の思い出を回想してるんだな~って。
で、中盤から少女のシーンだけ未来じゃないの?
ってことで彼女は2体(←その言い方やめなさい)の子を産むんだとばかり^^;
ただのSF映画でなかったですね。こういうの大好きです。
Unknown (えふ)
2017-05-21 19:34:48
てっきり娘が亡くなった・・・
と思って観てたので途中で???でした。
映画館ではあまり理解できなかったけど、
後からネットでしらべたら、、、
じわじわとくる内容でした。
アカデミー賞に名を連ねたのは納得ですね。
えふさんへ (ituka)
2017-05-21 21:00:15
1回目の鑑賞後、頭の中で整理できなかったので速攻で2回目鑑賞しちゃいました。
ふつうこんなこと絶対しないのに、いい映画だったから(笑)
あの編集は意図的なトリックですよね。
音響もある部分では『複製された男』と似たなんとも言えない
重苦しさがありルイーズの心情を代弁してるようでしたね。
単なるSFと思えない作りは、さすがドゥニ監督でした。
近年で一番かも (笛吹働爺)
2017-05-25 11:28:47
数学の世界では、4次元5次元では時間は軸の一つだが一方向ではない、つまり空間と同様、だとか。
☆(5-0.5)。お色気がなかったからね!(><;)
エイミーアダムス、やっぱええわ!
笛吹働爺さんへ (ituka)
2017-05-25 20:31:58
ホワイトボードにイアンが計算してた数式見ただけで
チンプンカンプンであのまま小難しい理論を説くシーンがあったら眠くなっていたかもしれません。
はい、お色気はなかったですね(笑)
エイミー・アダムスが緊張から体調が悪そうなファースト・コンタクトのところ
ワタシ的に結構セクシーでしたよ^^
こんばんは〜 (margot2005)
2017-05-25 22:19:06
ホント映像がとっても綺麗なSF映画でした。
シャン上将とルイーズの未来での会話は私も良くわからなかったですね。
そうそう娘の粘土細工にヘプタポッドありました。そして娘が描いたパパとママの絵に鳥かごが描かれていたは、二人が異星人とコンタクトする時いつも置いてあったのと関係していたのかも?
ドゥニ・ヴィルヌーヴは素晴らしい監督です。
margotさんへ (ituka)
2017-05-26 20:46:34
綺麗な映像だけならテレンス・マリックという名匠もいますが
ドゥニ監督はそこから人間の内面を上手に表現しますよね。
ワタシもシャン上将の未来図は一瞬意味不明でしたし
数か所解らない部分があったので、同日に再見する早業でした(笑)
そのお陰で見えてなかったところも再発見できたしよかったです。

少女の絵はルイーズが“お父さんとお母さんが動物と会話してるの”と子供に何度も話したんでしょうね。
鳥かごも一緒に描かれてるのも風情がありました(笑)
ドゥニ監督、『ブレードランナー2』もどんな風に味付けてくるのか楽しみです。
もちろん、もう一人の天才監督の『ダンケルク』もかなり期待してます^^
Unknown (mariyon)
2017-06-03 00:34:42
完成度が高い作品でした。
2度鑑賞(その日のうちに)なさったんですね!!
たしかに、もう一度見たくなる。
つらい未来がわかっても、決して絶望しない。
それを受け入れることができる。

娘を亡くして生きる力を失っているヒロインと言う
勝手な想像から(そういう示唆がうまい)、
すべてがそんな風に見えてくる。
それが違うと気が付いた時、いろいろなことが納得できる。
面白かったです。

ただ、それがわかると、
娘が亡くなる病院のシーンに父親の姿がないのは、なんか違う気がしました。
mariyonさんへ (ituka)
2017-06-03 19:35:58
ドゥニ監督はいろんなジャンルを撮っているようですけど
そのどれもが素晴らしい作品ばかりで
ワタシとしては「灼熱の魂」←これを見てないのが凄く悔やまれます。

同日に再見しました~(笑)
こういった静かに流れるSF映画って結構好きなんですよ。
「月にとらわれた男」もそういう系統でした。

過去と思っていたら未来だった!なんて
足元が崩れ落ちるような絶望感ですよね。
でもそこを敢えて希望に変える作りはさすがは天才監督でした。

>娘が亡くなる病院のシーンに父親の姿がないのは、なんか違う気がしました。

そんな薄情な!と思いましたが
きっと病院のどこかに居たと信じたいそんな映画でした^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
メッセージ (Akira's VOICE)
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。  
「メッセージ」第29回東京国際映画祭 (ここなつ映画レビュー)
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないと......
『メッセージ』 2017年4月13日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『メッセージ』 を試写会で鑑賞しました。 上映後にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と関根麻里が登壇した。 関根麻里は出産後初仕事?(かなり顔もふっくらした印象で分からなかった)......
劇場鑑賞「メッセージ」 (日々“是”精進! ver.F)
答えは、自分の中にある… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705190001/ メッセージ オリジナル・サウンドトラック [ ヨハン・ヨハンソン ]
メッセージ / Arrival (勝手に映画評)
ネタばれあり。 『宇宙船のモデルは、“ばかうけ”だった』、監督が衝撃の告白をした(冗談ですよ)、話題の作品。 うーん、この手の接近遭遇ものでは、地球外生命体から人類が......
メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言......
メッセージ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは......
メッセージ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
それでも、あなたに会いたい。 ネビュラ賞、スタージョン賞を受賞した、テッド・チャン作の傑作SF短編小説「あなたの人生の物語」を、ケベック出身の若き異才ドゥニ・ヴィルヌー......
メッセージ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ARRIVAL】 2017/05/19公開 アメリカ 116分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ ある日突然......
「メッセージ」:日本の墨絵にも似て (大江戸時夫の東京温度)
映画『メッセージ』は、かなりハウブラウな所を狙っておりますね。結構アタマ使いなが
"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダム...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト......
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態......
メッセージ (ハリウッド映画 LOVE)
メッセージ〜村上春樹的UFO (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Arrival。テッド・チャン原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ。世界12......
「メッセージ」☆これこれしかじか (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も高く映像も美しい、思わせぶりな映像の連続と謎の宇宙人との緊迫したやりとりに目が釘付け。 重厚そうに見えて実は判りやすい「メッセージ」は良いとして、ラストの着地点......
メッセージ (映画と本の『たんぽぽ館』)
しっとりとした人間ドラマ * * * * * * * * * * 卵をもっと細長くしたような縦長の宇宙船。 これはもうUFOとは呼びたくない。 何かの物語の予感がします。 予......
メッセージ/ARRIVAL (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞作品賞ノミネート テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基に、 「ライト/オフ」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のエリック・ハイ......
[映画『メッセージ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。 これまでの......
「メッセージ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Arrival」2016 USAある日、宇宙からやって来た巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に現れる。攻撃もせずただ上空にふんわりと浮かんだまま動かない。目的は?何のために地球にやって......
メッセージ (風に吹かれて)
異文化交流における選択 公式サイト http://www.message-movie.jp 原作: あなたの人生の物語 (テッド・チャン著/ハヤカワ文庫)監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 
メッセージ (♪HAVE A NICE DAY♪)
謎の物体が世界各国に出現・・・ SFなのか?エイリアン系なのか? でもアカデミー賞でもノミネートされてましたし どんな作品なのか?楽しみにしてました。 いや~~~面白かっ......
映画「メッセージ」 (FREE TIME)
映画「メッセージ」を鑑賞しました。
「メッセージ」 (或る日の出来事)
なかなか地味どしたなあ。
映画「メッセージ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『メッセージ(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60 点にします。 なお、原作:テッド・チャンの短編小説「あな......
メッセージ (だらだら無気力ブログ!)
なんで未来が分るんだっけ?
メッセージ(2016) (映画的・絵画的・音楽的)
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は......
メッセージ (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、宇宙人とのファーストコンタクトものと思い、実際その通りなんだけど、見終わってみれば生きることの意味や家族とは何かといった哲学的命題を考えさせられる傑......
『メッセージ』感想 (えらそーかんそー)
質は良さ気だが。。。 原作未読だが、大分端折ってる重要箇所が幾つかあり、それにより良い所と悪い所があるがそれらについては割愛する。 ちょっと前の『インターステラー......