ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

ダンヒル バックル修理

2017-04-19 09:00:30 | ダンヒル修理

ダンヒルの丸型のバックル修理です。
バックルの足が開いて来て、外れてしまったんですね。
外れた時にバネごと飛んで行ってしまったのでしょう。
部品は欠品ですが、あってもすでに寸法が変わって来ているの原因なので、
どのみち作らないと修理はできないです。
こうなると、純正部品での修理は不可能ですね。
足を戻すと折れてしまうので、対症療法しか方法がありません。



原寸に合わせて部品を作ります。
根本的な原因はバックルの強度ですから、しばらくするとまた開いてはずれるかもしれません。


組み立てて修理完了です。



ダンヒルのリバーシブルベルトです。
回転部分のネジが緩む故障が多いバックルです。


分解しないと、修理できないという構造も問題だと思います。
しかも分解が容易でない。
上手にやらないと、バックルが曲がってしまいます。


今度は緩まないように処置して組み立てます。
こういうワッシャの入っていないネジは、ネジ止めの処置をしないとはずれてしまいます。
ちょい手間を惜しむのでこうなるんですね。



これも同じ症状で、他のお客様からの修理依頼品です。



分解します。


ネジを締めました。
組み立てれば完成です。


こちらのバックルは、お客様から、もう壊れて欲しくないという強い要望でした。
もともとの設計は変えられないので、出来る限りの方法は取りましたが、
絶対はないと思います。
そもそも作りが絶対壊れないような設計ではないので。


リベットが抜け落ちないように、貫通で直します。
軸を上から入れるので、下から抜け落ちることはないと思います。
もちろん、カシメて上からも抜けないようにはします。


こんな感じになります。
あとは仕上げれば完成です。


ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。

「ダンヒルのベルトなんだけど・・」みたいにご連絡してこられる方がおりますが、
ダンヒルだけでもいろいろバックルの種類、症状がこれだけ、いや、これ以上にあるので、こちらでは状態が把握できません。

あと、「ブルガリのベルトの修理してますか?」とか、文章だけで送られても、
弊社ではブルガリだからできるとか、出来ないとかは区別していないですし、
症状によって、どんなブランドでも出来る出来ないが変わります。
必ず画像を添えてご連絡ください。

お引き受けできるのは、メールかLINEで画像を送れる方、
ご連絡の取れる方のみとなりますので、ご協力お願いいたします。

これだけくどくど書いても、減らないんです;;
ほんと、お願いします><


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

革巻きのカラビナキーホルダー

2017-04-12 08:45:40 | 革小物

お世話になった方への感謝の気持ちで作りました。
今まで何個か作ってますし、自分でも使っているのですが、
手が掛かり過ぎるので、非売品、もしくは別注品扱いです。
春なので、明るめのカラーで作りました。

以前作った時は、バイオリンケースの付属に使いたいと言うことで、作ったことがありますが、よほどこだわりを持って作られるようなものにしか付属できないくらいの、工賃になってしまうので、あまり量産はしていません。

今回はキーホルダーなので、横谷さんへ出向き、付属の金具を探してきました。
丁度、店舗に社長がいたので、しかも手が空いてそうなのが社長だけだったのでw
こういう金具って、自分で組み合わせて選んで使うのかどうか聞きました。

リングと小さいナスカンを選んで組み合わせるんだよ。
と、教えていただき、さっそくチョイス。
同じメッキのもので在庫があるものを探すのがなかなか難しいです。

通常、革小物屋さんとかが、あまり親しげに社長と話すことはないとは思いますが、
私は幼少の頃から家業の配達にくっついて廻っていたので、よく知っていたりします。

普通、いくらお店にいたからって、社長にこんなの聞けないですよねw
知らずに店員さんだと思っていれば、聞けるとは思いますが。

細かいパーツなので、現金で買うつもりでしたが、サンプル扱いで持ってっていいよと、いただいちゃいました><
ありがとうございます。


最近、ちょいちょい、革小物も作っております。
あまり、難易度の高いものでなければ、ご協力出来るかもしれません。
革小物の職人さんも少なくなってきてますからね。

よろしくお願いします。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メッシュベルトのバックル交換

2017-04-10 08:59:35 | ベルト
メッシュベルト愛用の方が結構いらっしゃるようで、今回もメッシュベルトのお直しです。
私個人的には、メッシュベルトは使ったことないのですが、お使いの方はずっとメッシュベルトだったり、すごくこだわりを持ったご依頼が多いので、気にいると、病みつきになるのかもしれません。
今回のご依頼は、バックルの塗装が剥げてきたので、新しいものに交換したいというご依頼でした。
バックルを探しに行ったらそっくりなの発見です。


ただ、既存のバックルはダイキャストに塗装、新しいものは真鍮鋳物を研磨してメッキなので、似て非なるものですがね。
作りが全然違いますから。
もちろん後者のほうが、圧倒的に良いものです。

これで良いかなと思っていたら、実は艶消しのシルバーよりも、
光っているものが良いとのご希望が後から参りまして、
ちょっと平べったくなるのですが、ご希望のニッケルメッキのバックルを見つけました。
艶のないニッケルはソフトニッケルメッキ、こちらはニッケルメッキです。




両方並べて最終的に選んでいただきました。



完成です。




ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。

お引き受けできるのは、メールかLINEで画像を送れる方、
ご連絡の取れる方のみとなりますので、ご協力お願いいたします。
直接いらっしゃる場合でも、事前に画像送付お願いします。
直せないものも多々ございますので。



伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いベルト作成とヘビ革ベルトの直し

2017-04-06 11:22:20 | ベルト
福岡県のお客様からです。
白いベルトがだいぶ傷んでいるので、作り直したいとのご依頼です。


作成したベルトと、作成前のベルトですね。



ヘビ革のベルトも一緒にお直しです。
ベルト通しが壊れています。

見るとホチキスのようなもので留めてありました。
ホチキスでも、留めた後にハンマーで叩いて仕上げれば割と留まるんですけどね。
もちろん修理依頼なので、ちゃんとベルト通し用の「カスガイ」ですね。
子はかすがいの、かすがいです。
で、仕上げてがっちり取り付けてます。




ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。

お引き受けできるのは、メールかLINEで画像を送れる方、
ご連絡の取れる方のみとなりますので、ご協力お願いいたします。



伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

HTCベルト バックル交換

2017-04-04 08:41:16 | HTC修理
HTCベルトの修理です。
HTCのバックルは錫なので素材としては バックルに向いていません。
錫って、半田なんかと同じですね。
あの、グニャグニャしたやつです。
アメリカは錫の産地なので、錫産業が発展したのだと思いますが、
バックルがこんな状態になってしまっては困りますね。
代わりのバックルを探しに金具問屋さんへ現物持って出向きました。
金具問屋さんに、このバックル錫なんですよと言ったら、
なんでまたそんなものでバックル作るんだか、リスク高すぎて信じられないと言ってました。
それほど、日本では錫のバックルなんて、よっぽど造形にこだわったものでも無い限り、使わないのです。



この中から、右側の真鍮でできたバックルをお客様に選んでもらいました。
ちなみに一番左は、メッキしていない生地の状態なので、好みのメッキを付けられますが、一点だけのメッキなので、その分、実費料金が加算されてしまいます。


さて、糸をほどいて、バックルはずして交換ですが・・・


いや、こんなベルト初めて見ました。
裁断曲がってますよ?
こんなので何万もするのに、いくらなんでも作りが悪いでしょ。
普通、こんなの返品されます。


HTCっぽく無くなったといえばそれまでですが、ものは遥かに良いものが付いてます。
これで安心して使えます。


ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。

お引き受けできるのは、メールかLINEで画像を送れる方、
ご連絡の取れる方のみとなりますので、ご協力お願いいたします。



伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


コメント
この記事をはてなブックマークに追加